コメディあり

検索結果:7件

  • 名前のない神様

    夏が来るたびに、君を思い出す

    124,150

    493


    2022年9月11日更新

    「ぼくを生み出した主を探して欲しいんだ」 絵本作家を目指す大学生、ユズハの前に現れたのは、小さな付喪神の少年と大きな化けガラス。少年の主を探そうと町中を奔走するユズハ達の前に、同じく自分の主を探している付喪神や、子どもの頃一緒にいた付喪神が、ある日突然いなくなってしまったという叔母。そして、少年を捕まえようとする男が現れて……!? これは、付喪神達との不思議な出会いと別れを繰り返しながら、子どもの頃から抱いていた夢と、厳しい現実の狭間で苦しみながらも、夢へ向かって成長していく女の子のお話。 夏は今まで何度も来たし、これからはもっと沢山の夏が来るけれど、この十九才の夏を。私は、一生忘れない━━

    読了目安時間:4時間57分

    この作品を読む

  • 生徒怪長は"ぬらりひょん"

    怪長は今日ものらりくらりです

    10,300

    0


    2022年2月9日更新

    人と人の姿をした妖怪が住む町「降神町」 そのちょっと変わった町にある「降神高校」の生徒会長がいた 名前は詩騙 陽想華(うたかた ひそか) 人は彼女を「生徒怪長」と呼ぶ

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 妖しい、僕のまち

    妖怪百体登場させて百鬼夜行を目論んでます

    176,550

    4,636


    2021年12月31日更新

    ▲タイトル画像提供:hake 様(TwitterID:@hake_choco) 僕は十乃 巡(とおの めぐる)。 降神町(おりがみちょう)役場に勤める公務員だ。 ここ降神町は、普通の町とは違う、ちょっと不思議なところがある。 猫又、朧車、野鉄砲、鬼女…日本古来の妖怪が、人間と同じ姿で市民として普通に暮らす、普通じゃない町。 このお話は、そんなちょっと不思議な降神町で起こる、僕と妖怪たちの物語。 数多くの日本妖怪たちが登場します。中には割とマイナーな妖怪も!? 妖怪バカの作者が、妖怪を愛するすべての人たちにお送りする、涙あり、笑いありの「現代版ドタバタ百鬼夜行」 さあ、あなたも降神町の住人たちに会ってみませんか!? 【注意】 ⚫当作品には、スピンオフ作品として『【短編集】人妖抄録 ~「妖しい、僕のまち」異聞~』が存在し、そちらの登場人物が顔を見せることがあります ↓と併せてお読みいただければ、より深く降神町の物語をお楽しみいただけます ■人妖抄録 ~「妖しい、僕のまち」異聞~ https://novelup.plus/story/502451944

    読了目安時間:30時間50分

    この作品を読む

  • ホテル•キラーズ

    殺人鬼、集めました。

    8,500

    0


    2021年12月8日更新

    巨大なホテルの一室で、殺人事件が起きた。容疑者はどいつもこいつも殺人鬼、探偵の如月と相棒の中田は生きて調査を終えられるのか? 右も左も殺人鬼、話が通じる奴はあんまり居ない! 一週間で犯人を突き止めろ! 不定期更新です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • スウェーレシティ

    2200年、人類の技術は空想を超えた。

    2,900

    0


    2021年11月23日更新

    2200年、人間の技術は空想を超えた。 スウェーレシティは世界の中心都市、暴動鎮圧部隊が徘徊し、暴徒は店を破壊する。大規模抗争は日常茶飯事、テロリストも生き生きしている。そんな街で生きる人々の話。 2022年1月より更新再開予定です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • されど美しき僕らのセカイ

    ほんの少しの意思が、世界を美しくする。

    3,000

    0


    2020年7月21日更新

    □作品紹介□ むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。 彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。 ある日のことだった。隣の家の前に、一人の男の子が立ちつくしていた。いつもは見かけないから、多分、お父さんお母さんが家にいなかったか、鍵を忘れちゃったか、あるいはその両方なんだと思う。 迷った。話しかけてどうするんだ、とも思った。そんなことをしたってどうせ、とも思った。 それでも、彼女は話しかけた。手を差し伸べた。少年は今にも泣きそうな顔を必死に崩さないようにする。きっと相当心細かったんだろう。話しかけてよかった、そう思った。 それから彼女には一人の友達が出来た。なんの問題も起きない、幸せな関係。だけど、そんな時間はすぐに音を立てて壊れていった。 むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。 彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。 だけど、そんなひとりぼっちの時も過ぎて、彼女は今、ちょっとだけ人とは違う、けれど大半はごく普通の人生を送っている。あの日のことは忘れて。これからもずっと。そのはずだった。 ある日、誰かが言ったんだ。世界を変えるのは意思の力だって。 これは、そんな意思の力で、どこにでも広がっている醜いセカイが、美しくなる。そんな御伽噺。 □更新について ・毎週火曜日0時更新を予定しております。 ・今のところ作品中盤までの掲載を予定中です。 ・掲載分以降の連載はカクヨム版をご確認ください。 □参考URL 『されど美しき僕らのセカイ』カクヨム版:https://kakuyomu.jp/works/1177354054892553203 (最終更新日:2020/02/09)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

  • 怪談行李 一梱

    怖い話(ネタ有)の詰め合わせ。全十六話。

    4,650

    0


    2020年6月9日更新

    行李の中には怪談が詰まっている。 短編、超短編、台本も。 雑多な怪談の詰め合わせです。 ※タイトルに「(台本)」とついているものについては、怪談と称したコメディになります。割合としては、怪談要素1:コメディ9 です。 ※読了までの参考時間と怖さ目安をつけました。 読む速度と怖さの感覚は人によって変わると思いますので、あくまで目安程度に思ってください。 (★☆☆:怪談? / ★★☆:雰囲気はある / ★★★:トイレ行けない)

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む