サイコホラー

検索結果:51件

  • 都市伝説と洒落怖を題材に異能力バトル

    ♡6,600

    〇0

    ホラー・連載中・93話・416,440字 大太刀

    2020年9月28日更新

    未練を抱えたまま死んだ者が行きつく街、その名は"つつじの宮市"。 つつじの宮市では一部の市民が都市伝説上の化け物の能力を持つ"奇怪人"と化す現象が頻発し、一般市民は奇怪人の脅威に怯えながら暮らしていた。 そんな市民を護るために力を振るう奇怪人も存在する。彼等が所属するのはつつじの宮市民の生活をサポートする"心霊ルポルタージュ"という名の組織。 其処では"口裂け女"の湊、"隙間女"のてね、"怪人アンサー"の光が、組織の最高責任者であるはゆまと共につつじの宮市民の生活を支えている。 ある日、主人公のアキラは記憶を失った状態で深夜のつつじの宮市の路上で目が覚める。"人面犬"に襲われかけていた彼は湊によって間一髪のところで助けられるが、目が覚めて暫く経っても自分が何者なのか、何故死んだのか、どうやってつつじの宮市に辿り着いたのか、何も思い出すことが出来なかった。 行く宛ても無いアキラは、心霊ルポルタージュのスタッフの一員として暮らす事になる。しかし、アキラがつつじの宮市に訪れた事によって彼に纏わる運命の歯車は一気に加速していく。 果たして、アキラの正体とは……失われた記憶の秘密は……そして奇怪人とは、つつじの宮市とは一体何なのか……?

  • 混迷と罪過のスプラッタホラー

    ♡1,400

    〇5

    ホラー・連載中・29話・59,982字 淡月悠生

    2020年9月28日更新

    ※本作は、「敗者の街 ―Requiem to the past―」第一部までのネタバレを含みます。 敗者の街はこちら↓ https://novelup.plus/story/443041701 これは、死者たちの物語。 亡者だらけの空間に、青年は迷い込んだ。 ……けれど、青年は多くのものを失いすぎていた。名前も、記憶も、存在も不安定なまま、それでも歩みを進める。 混ざり合う自我、終わらない苦痛、絡みつく妄念…… 「彼ら」は砕け散った記憶を拾い集め、果たして何を見つけたのか。 ……なぜ、その答えを紡いだのか。 《注意書き》 ※ほか投稿サイトなどにも同名義で重複投稿しております。 ※感覚的な問題で記号の後の空白を挿入しておりません。 ※「敗者の街 ― Requiem to the past ―」のスピンオフ作品です。ネタバレを多分に含みますので、ご容赦の上お読みください。 ※過激な描写あり。特に心がつらい時は読む際注意してください。 ※現実世界のあらゆる物事とは一切関係がありません。ちなみに、迂闊に真似をしたら呪われる可能性があります。 ※この作品には暴力的・差別的な表現も含まれますが、差別を助長・肯定するような意図は一切ございません。場合によっては復讐されるような行為だと念頭に置いて、言動にはどうか気をつけて……。 ※特殊性癖も一般的でない性的嗜好も盛りだくさんです。キャラクターそれぞれの生き方、それぞれの愛の形を尊重しています

  • ある一人の少女に巻き起こる数々の悲劇

    ♡17,500

    〇2,250

    ホラー・連載中・10話・31,211字 文月 絵里奈

    2020年9月28日更新

    【あらすじ】 神隠し。それは本当に神の仕業なのか? ある、ひとりの少女に巻き起こる数々の恐怖と悲劇の物語が 今、始まろうとしている。 【神隠し】 『人間がある日忽然と消え失せる現象。神域である山や森で、人が行方不明になったり、街や里からなんの前触れも無く失踪することを、神の仕業としてとらえた概念。古来用いられていたが、現代でも唐突な失踪のことをこの名称で呼ぶことがある。天狗隠しとも言う。』 『一口に「神隠し」と言っても、行方不明者、迷子、家出、失踪、夜逃げ、誘拐、拉致、監禁、口減らし、殺害、事故により身動きが取れないなど、常識的なものに限っても要因は多岐にわたる。』(Wikipedia引用) 【その他・2020/9/29現在】 日間総合ランキング最高1位 週間総合ランキング最高19位 月間総合ランキング最高94位 日間ホラーランキング最高1位 週間ホラーランキング最高2位 月間&年間&累計ホラーランキング50位以内 【寄せられたご感想の一部】 「サイコサスペンス、かな! 冒頭から謎めいた緊張感のある展開が文字を追う目を急がせます!」 「 人の心の闇の深淵さ。。。。覗きたい、でも怖すぎる。でも次の 展開が知りたくて読み続けてしまうな。アディクトすぎるこれ」 「怖すぎて今日は電気を消しては寝れないと思う。。。でも続きが 早く!うぅぅ、、、、読みたいです」 ノベルアッププラス様にて連載開始し約2週間が経ちました。 いつもたくさんの応援&ご愛読ありがとうございますm(__)m これからもよろしくお願いいたします。 文月絵里奈 Art by 香月

  • 百合要素が多いセカイ系能力バトルモノです

    ♡5,000

    〇5

    現代/その他ファンタジー・連載中・178話・350,420字 華蘭蕉

    2020年9月26日更新

    明るい笑顔が特徴的な少女、筒美紅葉。彼女は誰よりも優しくて、誰よりも壊れていた。紅葉は自分の姉の姿に想いを馳せ、それを模倣し、周りに安息と快楽を与え続ける。自分という存在を確立する為に。そんな彼女がいるのは安息な死さえ訪れる事のない世界で、人間達は闘い抗い傷付き大切な物を失っていく。 『何かを想う事は、何かを壊すという事』それがこの世界の理。 それでも、「どうかこの世界を守らせてください」紅葉達はその想いを胸に世界を守ろうとする。 この作品は、フィクションであり、法律・法令に反する行為の容認・推奨するものではありません。残酷・暴力・性的と作者が判断した話には*をつけています。どうぞご注意のほどお願いします。 また、等作品は『小説家になろう』様、『エブリスタ』様と同時掲載しております。

  • 覚めない悪夢にようこそ!

    ♡176,200

    〇2,250

    ホラー・連載中・80話・187,322字 天寧霧佳

    2020年9月26日更新

    記憶喪失の少女が目覚めたのは、血と錆と暗闇が支配する悪夢の国。 彼女を「アリス」と呼ぶ異形の者達が次々に襲いかかる。 訳も分からず戦う事になった少女。 彼女は、覚めない悪夢の中をもがき続ける。

  • 狂気と因縁のサスペンスホラー、第二部

    ♡10,500

    〇0

    ホラー・連載中・28話・69,039字 オリーヴ・サンダース(訳:淡月悠生)

    2020年9月23日更新

    ※この作品は「敗者の街 ― Requiem to the past ―」の続編になります。 第一部はこちら。 https://novelup.plus/story/443041701 イギリスの記者オリーヴ・サンダースは、友人ロデリック・アンダーソンの著書「敗者の街」を読み、強い関心を示していた。 死後の世界とも呼べる「敗者の街」……そこに行けば、死別した恋人に会えるかもしれない。その欲求に応えるかのように、閉ざされていた扉は開かれる。だが、「敗者の街」に辿り着いた途端、オリーヴの亡き恋人に関する記憶はごっそりと抜け落ちてしまった。 新たに迷い込んだ生者や、外に出ようと目論む死者。あらゆる思惑が再び絡み合い、交錯する。 オリーヴは脱出を目指しながらも、徐々に渦巻く因縁に巻き込まれていく…… ──これは、進むべき「現在」を切り拓く物語。 《注意書き》 ※記号の後の全角空白は私が個人的にWeb媒体では苦手に感じるので、半角にしております。 ※過激な描写あり。特に心がしんどい時は読む際注意してください。 ※現実世界のあらゆる物事とは一切関係がありません。ちなみに、迂闊に真似をしたら呪われる可能性があります。 ※この作品には暴力的・差別的な表現も含まれますが、差別を助長・肯定するような意図は一切ございません。場合によっては復讐されるような行為だと念頭に置いて、言動にはどうか気をつけて……。 ※特殊性癖も一般的でない性的嗜好も盛りだくさんです。キャラクターそれぞれの生き方、それぞれの愛の形を尊重しています。

  • まあ、大したことない一夏の思い出さ。

    ♡0

    〇0

    ホラー・完結済・1話・4,981字 22世紀の精神異常者

    2020年9月19日更新

    とある廃村に住んでいた男が語る、ちょっとした怪談話。 彼が地元の森の奥で体験したお話を、語ってもらいます。 ……相当怖いですよ? 聞く方は覚悟をしておいてくださいね。

  • 色んなタイプのサイコホラーな人が集う町

    ♡1,200

    〇0

    ホラー・連載中・1話・3,684字 霜月セイ

    2020年9月12日更新

    その町では、猟奇犯罪が頻繁に起きる、サイコパスが集う町。 その町の住人はみんなサイコパスで、例外はなし。 そんなやばい町で、一人の警官が懸命に事件を追う。

  • なんでこうなった。

    ♡0

    〇100

    ホラー・連載中・3話・10,994字 夕暮れ

    2020年9月10日更新

    ジュエルと狐は家でテレビを見ていた。すると、突然大統領が現れて……?

  • 同級生の名前は話せない

    ♡600

    〇0

    ホラー・連載中・2話・2,170字 アイララ

    2020年9月9日更新

    籐街信也は学校の図書館でとある同級生に惚れられる。 朝の教室から放課後の帰り道まで、何故か籐街信也に纏わりつく彼女。 だが、学校の先生も同級生も、彼女の存在を知らないと言う。 そしてクラス名簿をいくら探しても、彼女はこの学校にいない事になっていた。

  • 「轢かれた人、遺体が見つからないって」

    ♡200

    〇0

    ホラー・完結済・4話・10,736字 22世紀の精神異常者

    2020年8月7日更新

    とある中学生が住む町で、一件の事故が起きた。 霊媒師だという女性が、ホームから落ちて電車に跳ね飛ばされたというものだ。 その事件には奇妙な噂が付き纏っていた。 これは、そんな事件の裏側に巻き込まれた、不幸な一人の中学生のお話。 ※小説家になろう、カクヨムでも公開しております。

  • ホラージャンルで1位とりたいです!

    ♡100

    〇0

    ホラー・完結済・3話・4,970字 池田 蕉陽

    2020年7月23日更新

    マンションで一人暮らしする松岡伊織が家に帰ると、身に覚えのない使用済みコンドームがゴミ箱に入っていた。彼女は恋人もいないしセフレもいない。いったい誰が……?

  • 狂気と因縁のサスペンスホラー

    ♡71,200

    〇3,215

    ホラー・完結済・92話・245,582字 ロデリック・アンダーソン(訳:淡月悠生)

    2020年7月19日更新

    ※第二部を独立させることにしました! こちらで連載しております~ https://novelup.plus/story/145349951 「たぶん、僕は殺される」 小説家ロデリックの元に届いたのは、未来の日付からのメールだった。 ロデリックは友人の危機に慌て、 幼馴染であり義兄弟であるローランド、ロバートとともに調査を始める。 奇怪なメール「ある罪人の記憶」、 目を離した隙に原稿に書き込まれる文書、 そして、調査報告とともに、失踪したはずの「キース」がロバートの面影になぜか重なっていく。 引きこもりの小説家は気づかない。 既に、自分たちも因縁に絡め取られているのだと。 ……渦巻く狂気の中に、足を踏み入れていたのだと。 ──これは、過去を救い、未来を探す物語。 《注意書き》 ※記号の後の全角空白は私が個人的にWeb媒体では苦手に感じるので、半角にしております(同人誌版では全角です) ※過激な描写あり。特に心がしんどい時は読む際注意してください。 ※現実世界のあらゆる物事とは一切関係がありません。ちなみに、迂闊に真似をしたら呪われる可能性があります。 ※この作品には暴力的・差別的な表現も含まれますが、差別を助長・肯定するような意図は一切ございません。場合によっては復讐されるような行為だと念頭に置いて、言動にはどうか気をつけて……。 ※特殊性癖も一般的でない性的嗜好も盛りだくさんです。キャラクターそれぞれの生き方、それぞれの愛の形を尊重しています。

  • 人の狂気に触れたい方へ。

    ♡200

    〇0

    ホラー・連載中・25話・78,680字 はなの まつり

    2020年7月12日更新

    ※15歳未満閲覧禁止。 ※この作品には、R15指定の残酷性、性的、卑猥、差別、いじめ、暴力、ハラスメント等を想起させるような描写や表現が所々ありますが、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではなく、それらを予めご理解の上、ご閲覧頂きますようお願い致します。 筆者としては、そういった非道な行いを無くしてゆきたい、というメッセージも含めて書いています。異端かも知れませんが、その辺りも汲み取って頂けると幸いです。 ――――――――――――――――――――― 彼女は憎かった。 父が、母が、友達が。 関わる全てを嫌い、拒んだ。 抑圧された少女の心に宿る小さな火。 それに油を注いでしまった人々。 彼女の中で、日に日に大きくなる炎は行き場を失いつつあった。 そんな時、ある人物から渡された、とある「モノ」 それは決して彼女に渡してはいけない、彼女の束縛を解く鍵だった。 解放された炎は勢いを増して溢れ出す。 それだけでは足らないと、真っ赤なそれを欲するように貪り食らう。 彼女を止めることは出来るのか。 ハッピーエンド?バットエンド?トゥルーエンド? 果たして、最後に待ち受けるものとは。 人の狂気?狂喜?に迫るサイコホラーストーリーです。 ――――――――――――――――――――― ※この作品は、フィクションであり、実在する人物、団体名等とは一切関係御座いません。 ※無断転載・転用禁止 ※また、以下のサイト様にも同時掲載しております。 (使い易さとかで、今後リンクは減らす予定です……ww) 《はなのまつり 各投稿先一覧》 ・小説家になろう ・ノベルバ ・ノベルアップ+ ・アルファポリス ・カクヨム ・エブリスタ 《各投稿先リンクサイト》 https://linktr.ee/hanano_matsuri 《SNS等》 ・Twitter(@Hanano_Matsuri) https://twitter.com/Hanano_Matsuri ・Instagram https://www.instagram.com/hananomatsuri/ ・Youtube https://www.youtube.com/channel/UC4DzmYh-0YImxDE0zvKrNkg/

  • もしも感情を抽出・分離できたなら。

    ♡5,700

    〇0

    ホラー・連載中・40話・75,304字 墨崎游弥

    2020年6月29日更新

    人の感情を抽出し、分離する技術が開発された。 時の科学者はそれの研究を進め、ある段階までたどり着いたがどうしても『悪意』だけは分離できなかった。『悪意』を分離しようとすれば、悪意に心を蝕まれ、精神崩壊を引き起こすというのだ。 『悪意』に蝕まれた女ドロテア。彼女を救おうとするヨエル。『悪意』にとりつかれた者たちの末路とは。 ※この作品にはかなり精神的に来る描写があります。精神的にしんどいときは読むのを控えてください。 ※1章ずつ書き溜めています。そのため、章の最後に投稿する登場人物紹介から次の章まで少し間が空くことも多いです。

  • 幼馴染を救うため、邪神と闘う人間のお話。

    ♡10,400

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・33,080字 比護 陸

    2020年5月31日更新

    病室で幼馴染の目覚めを待っている刑事がいた。 20XX年。 刑事と幼馴染は帰宅途中、怪奇事件を引き起こしている犯人に出会ってしまう。 狙われたのは幼馴染の方であった。刑事の助けは一歩間に合わず、彼女は眠りにつくことに。 彼女を助けたい。 そう思いながら、密かに一人で事件を追っていた刑事の前に現れたのは、『邪神ハンター』を名乗る男だった。 ただのいたずらかと思いきや、彼の持つ剣は一人でにしゃべり出す始末。 おまけに男には、何か秘密があるようで――? 幼馴染を救うため、刑事は邪神に銃口を向ける。 ※イラストはジュエルセイバーFREE様よりお借りしております。 サイト→http://www.jewel-s.jp/

  • 読まないとあなたも10年後はホームレス…

    ♡800

    〇0

    ホラー・完結済・1話・19,347字 まだらすかる

    2020年5月22日更新

    将来の目標が特にない新社会人の主人公・小谷の前に現れた謎のホームレス。 そのホームレスは10年後の未来から来た小谷だと言う。 初めは信じることが出来なかった小谷だが、そのホームレスとのトラブルから次第に事態は悪化していき、ホームレスの話が現実味を帯びてくる。

  • クトゥルフ×ブロマンス×サスペンス

    ♡19,400

    〇1,800

    ホラー・完結済・94話・250,709字 長埜恵

    2020年5月21日更新

    クトゥルフ×ブロマンスの異色ホラーサスペンス。 怪しい三十路男とツッコミ体質のお人好し青年が、時に軽口を叩き合い、時に背中を預けながら、名状しがたい怪異に立ち向かっていく。 きっちり着込んだスーツの上に不審者面が乗っかった曽根崎は、知る人ぞ知る“ 怪異の掃除人 ”である。 警察では解決できない不気味な事件を専門とし、必要とあらばあらゆる手を尽くして“ 無かったこと ”にする。 そこにひょんなことからアルバイトとして勤めることになった大学生・景清は、今日も曽根崎に金をちらつかせられながら共に調査に向かうのであった。 ※表紙はヨシモト様よりいただきました。 ※「小説家になろう」「カクヨム」「エブリスタ」にも投稿しております。

  • 狂気に満ちた世界で生きる女の子の話

    ♡0

    〇0

    ホラー・完結済・1話・2,691字 チェウェポン

    2020年4月24日更新

    狂気に満ちた世界で生きる女の子話。 残酷な描写あります…気をつけてください

  • ミステリ作家による恐怖の短編集

    ♡3,200

    〇0

    ホラー・連載中・2話・2,868字 ろき

    2020年4月22日更新

    普段私はノベプラにミステリをあげていますが、ミステリとホラーの親和性はかなり高く、ホラーの技法をよく使わせていただいております。 そんな私が、練習を兼ねて書いた、1000文字前後のすごく短いホラー小説 ミステリとホラーの融合を、是非お読みください。 (ミステリ関係ないやつも結構あります)