サキュバス

検索結果:5件

  • 小説キャラの容姿の伝えづらさから着想

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・6話 ちゃま

    1970年1月1日更新

    ボク――ルミィはサキュバスの子供。魔界のみんなを楽しませるために毎日常闇の街へ繰り出すんだ。別にいやらしい事してるんじゃないよ? 有名なプロデューサーの所でオーディションを受けて、夢だったアイドルになった所なの。デビューした途端に物凄い人気が出て、休む暇もなくファンのみんなの前で歌いっぱなし。今日だってこれから立派なステージで喉が枯れるまで歌うの。でもね、その人気は偽物だったんだ……。

  • TSです。白濁にまみれよ!!! ……うっ

    ♡57,770

    〇500

    異世界ファンタジー・連載中・66話 木野裕喜

    2019年8月17日更新

    男をめくるめく快楽へと導く夢の恋人、それがサキュバス。 不慮の事故により、17歳の若さで命を落とした少年、蓬莱利一(ほうらいりいち)は、転生支援課の勘違いでサキュバスに転生させられてしまう。サキュバスが生きていくためには、男の精気をしぼり取り、食らわなければならないのだが、元男の利一は死んでもそんな真似はできないと断固拒否。 精気の代わりとなる食材は存在するのか。 ありました! それはなんと――――牛乳!! しかし、異世界には他種族の乳を飲む習慣はおろか、そもそも牛という種族が存在しなかった。 転生支援課から特例で乳牛を一頭だけ支給してもらえはしたが、利一は己の生命線となる牛を命懸けで飼育しつつ、過酷な異世界でサキュバスの性質に抗いながら生きていく羽目に。 しかも、どうやらその牛も普通の生物ではなかったようで……。 平穏を望む思いに反し、いつしか利一は世界の命運を左右する争いにまで巻き込まれていくのだった。 一緒に事故に遭った親友も遅れて転生するが、両者とも姿が変わっており、互いの存在に気づけない。 果たして利一は親友と再会できるのか――!? 再会した先で、前世のような友人関係でいられるのか――!? ―――――――――――――――――――――――――――――― 毎日21時に更新させていただきます。 本作は小説家になろうにも投稿しています。 https://ncode.syosetu.com/n2100di/ 長らく更新が止まっていましたが、近日完結予定です。 2017年8月にモンスター文庫より刊行。 3巻まで発売中です。

  • 百合ハーレムな現代ファンタジーです

    ♡16,290

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・79話 root-M

    2019年8月17日更新

    「あなたは異世界の大魔導師(男)の生まれ変わりです」 ごく普通のJK、千歳美也子は、突如部屋にやって来た獣人の少女エイミにそう告げられた。 前世の記憶など一切ないが、美也子を「ご主人様」と慕うエイミのことは何故か覚えがあり、可愛くて仕方がない。とりあえず同居を始めることにしたが……。 母への説明、友人の意外な正体、前世の関係者たちが起こすトラブルは、何も思い出せない美也子を悩ませる。 ――獣耳少女といちゃらぶしつつ前世と周囲に翻弄されるJKの現代ファンタジー。 女性キャラ多めで、TS要素及び主人公無双はありません。ただし百合面では無双! 主人公の百合ハーレムに加わるのは、献身的なケモミミ、前世サキュバスJK、口は悪いけど優しい魔女、強~い大悪魔! 時に仲良く、時に嫉妬し合いながらもまだまだお子ちゃまなJK主人公を優しく見守ります。 ※イラスト:siroma様 ※小説家になろう、カクヨム、マグネットにも投稿中

  • 人外美少女しか出てきません

    ♡400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・12話 ぺんぐうぃん

    2019年7月24日更新

    主人公(夢を見る達人)が足を踏み入れた夢部、そこには夢を食べる獏一族のおちこぼれ(美少女)がいた。 半ば強引に入部させられた主人公の前にサキュバス(ロリ)、上級獏(クール系美少女)が次々と現れる。 そこへ人類を脅かす事件が起きて……。

  • 異世界に放り込まれたカップルの話です

    ♡0

    〇未参加

    異世界ファンタジー・連載中・10話 宮島更紗/三良坂光輝

    2019年6月19日更新

    白石悠人と東条つばさ。 十六歳の高校生、幼なじみである二人はお互いに意識をしながらも進展のない日々を送っていた。 そんなある日、二人は光輝く石碑に遭遇する。 状況の分からないまま何者かに襲われたふたりは、愛する者の死を見つめながら死んでいった。 【序章】 気がつけば、そこは魔族の街だった。 つばさが目覚めると、目の前にいるのは人外の姿をした魔族達。そして、つばさの体も赤子の魔族になっていた。 「ちょっと、変な姿の人たちがいっぱいいるんですけど。……でも、お母さんもお父さんも優しいし、生意気だけど可愛い弟もできたし、ま、いいか」 平和な世界で第二の人生を得たつばさは、スローライフを堪能する―― ―― 一方、…… 大陸東半分を支配する強国『ルスラン王国』。 その第五王子として生まれ変わった悠人は苦悩していた。 「周りを見渡せば、謀略、策略。親族は皆、敵か味方か分からない。本当に、この世界は過酷だ」 誅殺を避けるため辺境国の守護任務を受け入れた悠人に、新たな魔の手が忍び寄る―― ――それぞれの世界、それぞれの事情。転生したふたりの男女が織りなす、群像物語。