サッカー

検索結果:29件

  • エゴイストキング 元フットサル選手が古豪高校サッカー部を再建するべくコーチとして命がけで奮闘する物語

    サッカーバカJK×Fリーガーコーチ×青春

    125,431

    1,335


    2021年11月23日更新

    [現在、サッカー部編 の前段階] 荒畑宗平(あらはたそうへい)は、得点力が突出しているフットサル選手である。 彼は選手としての価値、現役選手として生きていきたいと思いが誰よりも強かった。 そのため、オフシーズンでも彼はただひたすら個人で練習に励んでいた。 しかし、運命は残酷だった。 彼が持っていた致命的な弱点によって、彼は転落したのだ。 転落したら止まることはなく、彼は今シーズン出場する機会を得ることが出来ず解雇されてしまう。 一所懸命努力する荒畑にとって、解雇されたことはショックが大きく、荒れた生活を送っていた。 そんな彼に転機が訪れる。冬解けが始まった三月一日。 JFLに所属するエスガバレー埼玉スカウト、マーキス・ホールが彼の家を訪れたのだ。 荒畑は彼から選手としてスカウトされる。 選手としてプレーしたいという思いが強い彼はこれを承諾した。 そうして月日は流れ、契約当日。 彼はエスガバレー埼玉クラブハウスでGMの初音友恵(はつねともえ)に出会う。 初音は、荒畑を言葉巧みに褒めたたえ、とある契約を結ばせる。 その契約の実態は、荒畑が望んでいた選手としての価値を愚弄するものだった…… こうして、一月が流れる。 世の中では新しい生活が始まっていた。 この流れは、勉学や部活動に精を出す生徒達が多く在籍する沢江蕨高校でも同じだった。 そんな学校に在籍する霧原接那(きりはらせつな)は、男子サッカー部に女子マネージャーとして入部しようとしていた。 彼女の目的は、昔憧れた選手に接触するためだった。 果たして、その人物とは一体誰なのか―― そして、荒畑宗平が辿っていく未来とは―― 絶望した男と、希望を見た女子高生。 互いに行き着く「未来」とは―― これは、高校生達と一人の元Fリーガーがサッカーに真剣に向き合う物語。 ※「*」は分割投稿したところです。 ※HJ大賞2021後期に応募しています。 ※ 総合:日間4位、週間9位、月間12位 ジャンル:日間1位、週間1位、月間1位、総合日間4位 いつも応援ありがとうございます!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間37分

    この作品を読む

  • アタシをボランチしてくれ!

    サッカーに興味持って頂くと嬉しいです

    10,400

    0


    2021年11月22日更新

    「アタシをボランチしてくれ!」 突如として現れた謎のヤンキー系美少女、龍波竜乃から意味不明なお願いをされた、お団子頭がトレードマークのごくごく普通の少女、丸井桃。彼女の高校ライフは波乱の幕開け! 揃ってサッカー部に入部した桃と竜乃。しかし、彼女たちが通う仙台和泉高校は、学食のメニューが異様に充実していることを除けば、これまたごくごく普通の私立高校。チームの強さも至って平凡。しかし、ある人物の粗相が原因で、チームは近年稀にみる好成績を残さなければならなくなってしまった! 桃たちは難敵相手に『絶対に負けられない戦い』に挑む! 一風変わった女の子たちによる「燃え」と「百合」の融合。ハイテンションかつエキセントリックなJKサッカーライトノベル、ここにキックオフ!

    読了目安時間:6時間59分

    この作品を読む

  • 僕のサッカー日誌2020 ~高校サッカーレベルの僕だけど、本気で天皇杯優勝を目指す。~

    完結記念プレゼント企画やります

    3,700

    70


    2021年10月31日更新

    ここはコロナが蔓延しなかった世界。 高卒社会人2年目の主人公、武田凡平は20歳の誕生日に代々伝わる秘密を打ち明けられる。それは自分が望んだ人間を4人まで生み出せる能力であった。夢か現実か……生み出したのは伝説の名ゴールキーパー、ヤシンの生まれ変わりだった。 ――― 2021年元日決勝に向けた第100回サッカー天皇杯予選が各地で始まった。高校で一緒だったサッカー部仲間11人。そして凡平の生み出した伝説級のサッカー選手たちは、優勝を目指し天皇杯予選に参加するのであった…… ※この作品はフィクションです。実在する人物、団体とは一切関係がありません。 第一部 2020年12月25日~2021年1月9日 毎日17時30分更新 第二部 2021年9月16日~2021年10月15日 毎日17時30分更新 終章1(ハッピーエンド) 2021年10月18日~2021年10月23日 毎日17時30分更新 終章2(バッドエンド / ビターエンド) 2021年10月28日~2021年10月31日 毎日17時30分更新 第1話~55話 各2000文字 第56話(最終話) 1111文字 全56話 計111,111文字 ※この物語はマルチエンドになっています。最初のエンディングはハッピーエンドです。ハッピーエンドを楽しみたい方は、最後の「終章2」は絶対に読まないでください。 * * * * * 【完結記念プレゼント企画 実施中】 詳細は以下のツイートをご確認ください。 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1455097280604696578 ※応募にはツイッターのアカウントが必要です。ご連絡にツイッターのダイレクトメール(当人同士にしか見えない機能)を利用しますので、アカウントをお持ちではない方は新規作成してください。

    読了目安時間:3時間42分

    この作品を読む

  • クイズ(サッカー、歴史)

    サッカーや歴史モノが好きな人は是非

    0

    0


    2021年10月17日更新

    国内外のサッカーと、戦国などの歴史・時代に関するクイズ集です。 ニコニコQでのシステムと画像を利用しますので、そちらのリンクを貼っていきます。 全て自分の出題したものになります。 2021年10月16~17日 13時20分 公開

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • テクニカルエリアから変わる世界

    サッカーの監督・コーチメインの話

    900

    0


    2021年10月14日更新

    サッカーの巧い同級生達と一緒に進学校に進んだ天宮陽大。 「仲間が優秀だし、あわよくば、一回くらい全国行けたりしない?」と期待していたが、進学校ゆえに予算無し、クラブ支援体制無し、果ては前年から監督が事故で不在というありさまであった。 仲間の推薦で監督役になってしまった天宮は持てる知識を使ってチーム強化に乗り出し、やがて自分達にしかできないサッカーを目指していく。 ※フォーメーションなどについては「サッカーの箱」様のテンプレを使用しております。

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

  • 楽しいサッカークラブのつくり方

    女子高生×サッカー×青春

    113,350

    170


    2021年10月11日更新

    「だ、だったらサッカークラブ、つくりませんか?」 高校一年生になったばかりの四月。入る予定だった地元のサッカークラブが解散し、途方にくれていた時に発した藍那(あいな)の言葉だった。 「いいわよ」 「賛成だよー」 その言葉に応じたのは藍那と同じように困っていた千佳(ちか)とみさき。二人もサッカーをするならば、と藍那の考えに同意した。 それが物語の始まり。 これは「サッカーをしたい」と思った女子高生三人が集まり動きだした青春三年間の物語。

    読了目安時間:5時間2分

    この作品を読む

  • 神様のいたフットサル部

    フットサルを頑張る少女たちの青春物語です

    8,800

    0


    2021年9月21日更新

    新堂良子は東北から引っ越してきたばかりの、元気いっぱいの女の子。 フットサルが大好き。 千葉県にある佐原南高校に通うことになるのだが、 なんとそこは、フットサルの神様である佐治ケ江優が在籍していた学校だった。 ビビビと運命を感じた良子は、さっそく入部するのだが、 しかし彼女は、幼稚園児の方が遥かにマシというくらい、ボールを蹴るのが下手だった。

    読了目安時間:10時間16分

    この作品を読む

  • 風裂 隼人は陰キャだった。 高校からはモテる為にサッカー部へと入ったが、偶然にも大会の決勝。得点を上げ、チームを勝利へと導く。 そこで、ある女性記者と出会い、一目惚れをしてしまう。 よし、その女性記者には期待されてる様だし、また会いたいし、俺はもっとサッカー上手くなるぞ!! 俺は死ぬ気で努力する。 とりあえずは見た目から変えてみるか。 「こ、これは!? とんでもない逸材だ!!」 「え?」 「ぜひサロンモデルに!!」 「は?」 ※勢いで書いてます!それとサッカーの事も分からないです! 気楽に読んでください!

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 転生した俺が天才的頭脳で世界一の選手と呼ばれるまで

    サッカー好きな方をターゲットにしてはいま

    300

    0


    2021年6月16日更新

    生まれ変わった高校3年生の空野和弥は、 神様から『頭脳明晰』という天才になれるスキル をもらい、ドイツの地にて生まれ変わることに。 あらゆる経験を通して成長していきながら 世界最強のストライカーへと至る サッカーサクセスストーリー!!

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • エゴイスティックだっていいじゃない!

    プレーも愛も恋もすべてわがままで何が悪い

    1,550

    0


    2021年5月29日更新

    中学最後の試合のラストチャンス。これを決めれば同点でPKに持ち込めるという大事な場面で、外してしまった渡辺幹人。 その後の彼の生活はずさんなものになってしまう。何にもやる気が起きず、受験勉強にすら手を付けない日々。 そんな彼がある日、覆面の男たちによって拉致される。たどり着いた場所は山奥の大きな建物だった。幸か不幸か彼の生活はこのきっかけにより1転してしまう。 彼に幸せは訪れるのか、またしても大事なところで失敗してしまうのか。 そんな彼の、いや、彼らの青春物語である。 よろしくお願いします。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • スーパーサブ

    青春の本格ギャグサッカー小説

    1,000

    0


    2021年5月8日更新

    前半を終え、試合前の予想に反し勝敗は均衡していた。 天才サッカープレイヤー高梨ケントの力をもってしても、戦況を覆すことは難しかった。 敗戦ムードが漂う中、均衡を破ったのは意外なプレイヤーだった。 タイトルのスーパーサブは、試合途中から出場し活躍する優秀な控え選手を指す用語です。 サブは、先発メンバーから外れたベンチの控え選手(サブメンバー)の呼び名です。 控え選手だった主人公が成長していく青春の本格ギャグサッカー小説。 カクヨム・アルファポリス・マグネット マクロリンクで重複投稿しています。

    読了目安時間:1時間44分

    この作品を読む

  • オーデナリージャンプ

    スポーツ小説です、よろしくお願いします。

    7,700

    20


    2021年4月25日更新

    「戦わないとは言ってない!」彼の武器はオーデナリージャンプ(普通のジャンプ)ただ1つ。 不良も黙らせる九州男児の父とその父を黙らせる少々天然の母そして自分の世界に口出しさせない弟と暮らす今川 誠(いまがわ せい)。 彼は体が小さく細身で頼まれたらイヤと言えない、好きな女の子ともまともに喋れない真面目でシャイな性格。 父に言われるまま始めたサッカーは嫌いでたまらなかった。 中学になったある日1人の友人からの「頼むよ、頼むよ。」攻撃に自分の決めた課題がクリア出来たら入ると条件をつけて初めてバレーボールと出会う。 そこにはパワハラ監督が待ち受けてあらゆる傷つく瞬間を体験する。 彼の初試合の光景は残酷なものだった。 誠はいきなり父のチャレンジで好きな子に告白も出来ずに家族とニュージーランドへ移住する。 慣れない環境で助けてくれたのは嫌いなサッカーだった。 サッカーを始め個性的な仲間と共に独特感を持つライバルに小さな体をフル活用して立ち向かう。 ある日一通の手紙が届き、その中の一行でまた誠はバレーボールを始める事を決意する。まだニュージーランドでバレーボールはマイナースポーツで。バレーボールをする人達を探すことから始めないといけない誠。 しかし彼は戦うことを諦めない。 たった1つのオーデナリージャンプを武器に異国で自分の道を切り開き成長していく少年の物語。 今日も彼は「戦わないとは言っていない!」と立ち上がる。

    読了目安時間:3時間32分

    この作品を読む

  • ナイスパス!

    悩むな!決めろ!

    900

    0


    2021年4月8日更新

    荻野ゆいなは、クラスメイトの純平がサッカー部だとは思わなかった ※シュート!の続き

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 若者チョコレート

    中学サッカー部の青春友情物語

    200

    0


    2021年3月31日更新

    サッカー部、中学2年の上村龍太は、同級生でチームメイトの前田吉斗にちょっとしたことをきっかけに冷たい言葉をかけてしまう。 一人の中学生の、人間関係と苦悩のシリアスコメディ物語。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • J1チームを追放されたおっさん監督は、女子マネと一緒に3部リーグで無双することにしました

    共に頂点へ!

    200

    0


    2021年2月28日更新

    東北の地方都市。 解散された企業サッカー部。 その元選手たちと、熱狂的なファンたちが作る「俺達のサッカークラブ」 沢山の人の努力と絆、そして少しの幸運で紡ぎだされる、夢の様な物語。 (※「ベガルタ仙台」と言う実在のクラブの歴史にインスパイアされて書いた作品です)

    読了目安時間:2時間41分

    この作品を読む

  • 最後列のファンタジスタ~禁断の移籍を敢行した日本人キーパーは、神秘のバルセロナ美少女との邂逅で超越する~

    アルファポリスキャラ文芸月刊21位

    700

    0


    2021年2月24日更新

    《アルファポリスキャラ文芸月刊(2020/9)人気順21位、日間(2020/9/26)12位、エブリスタ青春ジャンル日刊ランキングで2020/8/22に63位、8/6に69位になりました》 《小説家になろうネット小説大賞2次落選》 禁断の移籍。それはサッカー選手の宿敵のチームへの移籍を意味し、移籍元のファンは時に荒れ狂い怒り狂う。 天才キーパー神白樹は幼少時からスペインの超強豪サッカーチーム、ルアレ・マドリーダの下部組織に所属しており、ファンに愛されていた。だが神白は15歳で、ルアレの永遠のライバルチームであるバルセロナSCに移籍する。 18歳になった神白は、バルセロナの下部組織の年齢別カテゴリの頂点、フベニールAに所属していた。そして試合に出場し、PK戦に臨む。しかし神白の目の前に、怒れるファンが投げた豚の頭が落下する。ファンから逃げて、スタジアム内のチャペルに逃げ込む神白。そこで慶長遣欧使節団の末裔の少女が天から舞い降りてきて……。 温厚篤実で努力家ながらも過去の移籍が原因で心の闇を持つ青年が、神秘的な美少女との出会いを通じて自分の殻を破り成長する様を描きます。 (作者はサッカー経験者で、海外サッカーの大ファンです。サッカー物で新人賞一次も数度通過しています)

    読了目安時間:2時間40分

    この作品を読む

  • サポーターズサイドストーリー

    彼女がサッカーのサポーターになった理由

    6,300

    0


    2021年1月8日更新

    架空のクラブ「アベイユ福岡」のサポーター達の悲喜こもごもな物語集です。 いくつかの短編集となっています。 ・笹倉祥子の場合 ごく普通の少女。むしろ大人しめのスポーツに縁の無かった少女が、架空のサッカークラブ「アベイユ福岡」のサポーターになってしまうまでの物語を描きました。 ・赤峰龍太の場合 サポーター二世である彼が応援する架空のサッカークラブ「アベイユ福岡」が、一部リーグへと昇格できるか否かの瀬戸際。彼にある個人的なもう一つの願い事について描きました。 不定期にアップしていこうと思います。

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • ディエゴ・マラドーナ(60)死去

    マラドーナ追悼

    1,000

    0


    2020年11月26日更新

    今日、驚くべきニュースが飛び込んできました。 サッカー界のレジェンドの一人、D・マラドーナ(60)がこの世を去った、と。 サッカーに興味がある人はもちろん、サッカーにあまり興味がない人でさえも、その名前は聞いた事があるのではないでしょうか。 今回はそんなマラドーナについて、少しだけ語りたいと思います。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 文化研究部

    フットサルものです。

    1,000

    0


    2020年10月25日更新

    高校入学を控えた5人の中学生の物語。中学時代少々難があった5人が偶々集まり、高校入学と共に新しく部を作ろうとする。しかし、創部を前にいくつかの問題が襲い掛かってくることになる。 ※カクヨム、小説家になろう、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む

  • 渡り鳥

    前代未聞の超本格サッカー小説

    100

    0


    2020年10月19日更新

    最後の砦 "CB(センターバック)" ディフェンスラインの中央に位置するこのポジションは年々、存在感を高めている。屈強なフィジカル,正確な足元。そして的確な判断力。役割は多様化し、複雑化する一方だ。しかし、それら全てをこなしてみせる怪物たちがいるのも事実。そんな選ばれし彼らだけが、最高の舞台で戦うことを許されるのだ。 この物語は,あるCBコンビの一年間を描いた成長譚 同世代屈指の天才 司馬 千五(しばせんご) と 高身長だけが取り柄の凡才 菅木 真二(すがきしんじ) が 県下強豪弓川高校を舞台に巻き起こす、熱くもクレバーな 数々の死闘の軌跡を描く前代未聞の超本格サッカー小説 「渡り鳥」 ースポーツの全てがここにあるー

    読了目安時間:44分

    この作品を読む