サプライズ

検索結果:7件

  • サプライズ!君に幸あれ

    サプライズをしたあの日のことを書きました

    100

    0


    2022年11月27日更新

    数年前、友人Yのお祝いをするために幼馴染Aとともにサプライズをしたときのことを書きました。初めてのサプライズだったため予想外の出来事もありましたが、とてもいい思い出です。もしこれからサプライズでお祝いをしたい人がいましたらすこしは参考になるかも?しれません(笑)友人Yと幼馴染Aには許可を取ったうえで書いています。 こんな何でもない日が戻ってくることを願いながら書きました。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 速報 カタールワールドカップ あの選手がサプライズ選出!

    SSコンテスト参加作品です

    1,600

    0


    2022年10月14日更新

    2022年カタールワールドカップに向けたサッカー日本代表26名が発表された。 保守派で知られる日本代表監督は、大胆なサプライズ枠を用意していた。 サプライズはないだろうと事前に噂されていた、その多くの予想を覆す、意外過ぎる発表。 その選手の名前が呼ばれたとき、取材に来ていた百名を越す記者たちが、思わず声を大きな上げた。 誰も予想し得なかったサプライズ選手とは―――? SSコンテスト参加作品。 ※コンテストの応募要項は、「嘘」をテーマにした短編小説作品。です。 2022年10月14日 23:40 公開 全1話 1777文字 (関連作品) 僕のサッカー日誌2020 https://novelup.plus/story/551387195 女子サッカー界に新星現る! https://novelup.plus/story/734252281 W杯、日本代表メンバー発表!注目は… https://novelup.plus/story/647072193

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • あなたの心を離さない“健気な”あの子

    拝啓 未来の旦那様

    7,400

    0


    2022年9月19日更新

    オレは彼女と婚約中。彼女の両親も公認の仲。そんなオレの夢は、パティシエになる事だ。専門学校に通い、腕を磨いた。先生の推薦を受けて、オレは1年間のフランス留学へと旅立つ。 出発前夜、彼女が倒れた。病院にいる彼女から連絡があり、「検査のために入院するけど心配はしないで」と言われ、後ろ髪引かれつつ出発。立派なパティシエになって帰国し、彼女と結婚する。結婚式では、立派なウェディングケーキを自分自身の手で作るんだ。その決意を固める。 毎日話したいが、国際電話では料金が嵩む。オレは彼女の勧めで無料で出来るツイッターを始め、彼女との間に一つのルールを作った。それは一日一回、お互い近況報告をする事である。面倒くさがりな俺の性格を知っている彼女ならではの提案だった―――。 2022年9月15日~19日 毎日 19:40 公開予定 全5話 各話2000文字 合計10000文字 ※本作品は、#140字小説百物語より抜粋した、以下の拙作をベースに作ってあります。完全ネタバレになりますが、時間がない方は、500文字ちょっとのショートバージョンでお楽しみください。(URLは以下) 海外留学 https://novelup.plus/story/898738641

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • バレタインにとっておきのサプライズを仕掛けてみた 【セブンポインツチャンネル】

    狂気で混沌で周到なサプライズを楽しもう!

    2,500

    1


    2021年3月29日更新

    動画配信に嵌まっているの悪友、七崎に金で釣られて協力してしまったのが運の尽き。 俺は坂道を転がり落ちるように用意された運命へと導かれていく。 悪夢はバレンタインで始まり、バレンタインに終わる。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 失禁

    掻き捨てられない恥が此処にはある!

    300

    0


    2021年3月10日更新

    私は今日 節目の40を迎えた 寂しい寡暮らし 仕事を終え、バーガーキングで夕食を買い帰路に着いた私に…

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 両親へのプレゼント

    テレドラマとはまた違った感動、涙が...

    400

    0


    2021年3月6日更新

    以前、私が勤めていたホテルで、私が体験をした真実の物語です。 十数年前のある日、女子高校生が突然、ホテルのフロントへ来ると、彼女の両親の結婚記念日(8月16日)に、このホテルに宿泊をしたいと依頼があった。 しかし、その日は、京都で有名な「大文字の送り火」があるため、満室になっていたのだ。 私は満室にも関わらず、彼女に部屋が空いていると言ってしまった。 その後、彼女の父親が重篤な病気であることが判明し、入院をしてしまう。 彼女の両親に宿泊をしてもらうことができたのか? ※当時、携帯電話を持っている人が少なかった時代のお話で、現在のようにネット予約もほとんどなく、電話予約が8割でした。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • As you wish

    思うままに

    7,600

    0


    2020年3月15日更新

    人との出会いやら Twitterにてサプライズ企画などを通して思ったことを綴っただけ♩.◦(pq*´꒳`*)♥♥

    読了目安時間:6分

    この作品を読む