サークル

検索結果:8件

  • 怪異を暴き、理不尽を超えるホラーノベル!

    ♡311,340

    〇2,055

    ホラー・連載中・149話・509,638字 勿忘草

    2021年1月17日更新

    Q.心霊現象が出現したらどうする? A.全身全霊で暴き出す! 日常に潜む怪異を暴き出す、とある大学のオカルトサークル(自称)。 ――その名は”夕闇倶楽部”。怪異、心霊、超常現象なんでもやってます! この物語は、ほのぼのとした怪異譚。自由気ままに語られる怪異譚。 謎が謎を呼んで世界を覆すような大事件に巻き込まれることはなく。 人が何人も死んでいく悲惨で猟奇的な事件に関わってしまうこともなく。 日常を生きる怪異を明らかにして、理不尽を超えていく日常系オカルティックホラーコメディ! 第一章【呪いのゲーム】 プレイしたものは狂ってしまうという、呪いのゲーム。 科学に潜んだ怪異。矛盾を抱えた怪異に夕闇倶楽部の面々が挑む。 第二章【忌児の廃寺】 忌み嫌われた子どもを『供養』していたという廃寺。 山奥で眠っていたその地には、どんな怪異が生きているのだろうか。 第三章【禁呪の魔本と理想の主人公】 願いを叶える呪いの本に唐突に現れた理想の少女。 そして始まる日常の侵食。そうなった時、私たちはどうすればいい? 第四章【異界団地】 黒羽団地には消えてしまった謎の四号棟があるらしい。 人々から忘れ去られ、異界と化したその地に夕闇倶楽部は足を踏み入れる。 第五章【炎失峠と幸福世界】 事故を起こした車が必ず炎上し、搭乗者が焼死する峠道があるという。 その地に眠っている怨念、淵叢なる何かが生み出した幸福世界とは? 第六章 【狂霊映画と幻死病】 見た人すべてを狂気に陥らせるという狂霊映画。 ひょんなことから夕闇倶楽部の面々は撮影に参加し、撮影舞台の廃村に向かった。 呪いの映画を取り巻く怪異、そして映画を見た人がかかる幻死病の正体とは? 第七章【偽欲なる自己像幻視】 目の前に、突然現れた誠也の自己像(ドッペルゲンガー)。 日常に潜んだ血と、欲望と、禁忌の影。狂気の世界が幕を開ける。 第八章【未来占術と魔女の予言】 「未来を予言する」という謎の魔女と出会った誠也。 未来を見通す占い、魔女、そして複雑に絡み合う事件。 少しずつ、だけど確実に日常を侵食する怪異に夕闇倶楽部は挑む。

  • まだ編集中? 間に合うの?

    ♡1,100

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・4,354字 源侑司

    2020年12月13日更新

    ↓↓↓下のタイトル【暁アクトレス】をクリックすると読めます(*'▽')

  • 彦星とかぐや姫のほのぼの現代ファンタジー

    ♡700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・13話・22,372字 やまちゃん

    2020年12月9日更新

    日本の竹取物語に登場する主人公。かぐや姫は実在した。 彼女は不老不死の力を持つ。そのため、村で軟禁以上の過酷な扱いを受けていた。 星野春彦が十歳の時にかぐやと出会い、逃げ出した。 春彦もまた人の願いを叶える力を持つ、彦星の血を受け継ぐ。 それから十年の歳月が過ぎ、二人はアパートで一緒にくらしていた。 ある時、かぐやは学校に通いたいと言う。 現代おとぎファンタジー

  • 僕はなぜ小説を書いてるのだろう

    ♡2,600

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,600字 カンキリ

    2020年8月12日更新

    同人誌即売会の会場。 机に積まれた売れない同人誌を前にして独り、席に座る俺。 一緒に楽しむ仲間もいない。 俺はいったいここで何をしてるんだろう?

  • 白衣のお姉さんは好きですか?

    ♡2,800

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・10話・32,298字 芦都朱音

    2020年8月9日更新

    大学に入学した春乃は、高校から同じ大学に進学した友人である光輝の友達作りの誘いを断り、一人広い校内を散歩していた。散歩先で出会ったのは農学部の大学院生、雪子。研究が好きで大学院まで進学した彼女には、どうしても進学したかったもう一つの理由があった――。華麗なる大学デビューを目指す光輝とお節介な奈緒、お色気全開の紗友里に振り回される大学生活。しかし、神はいた。雪子との再開の機会を得られた春乃に待ち受ける結末とは。少し甘酸っぱい青春ストーリー。

  • 思い出すと、今でも胸が苦しくなる

    ♡3,100

    〇0

    ミステリー・完結済・5話・18,841字 安藤啓太

    2020年7月31日更新

    「世界の仕組みを知る必要など無くとも幸福な人たちが沢山いる」と先輩は言った。僕らが見る日常には沢山の謎がある。川に出来る渦の形だとか、光の動きだとか。でも沢山の謎を解くべきものだと認識せずに、見逃している人たちがいっぱいいる。でもそれは解いたっていいし、解かなくたっていいからだ。 先輩との関係は不確定性に満ちていたけど、僕はそれが大好きだった。あの日々を思い出すと胸が苦しくなるんだ。 ※スピンオフ「あの日の君は今の私をどう思うんだろう」

  • 凡人は、特別になるために足掻く。

    ♡500

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・8話・13,156字 葉山流人

    2020年6月8日更新

    大学1年生の佐野透は、小学校からの腐れ縁の岡村智哉の誘いで文芸サークルの新入生歓迎会に行き、そこで同じ1年生でありながら、小説家の田宮桜と出会う。透は桜からの誘いで書くつもりのなかった小説を書くことに。

  • 鉄道や電車に詳しくない人も楽しめる

    ♡0

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・10話・102,746字 日和(ひより)

    2020年1月30日更新

    この春から上洛してきた少年、佐藤 怜(さとう れい) は、鉄道への軽い興味 本位で大学の鉄道研究会というサークルに入る。 そのサークル内では鉄道関係のあだ名をつけて呼び合う決まりがあった。 先輩たちはひかり, 快速急行,シロクニなど変わった名前が多く怜にもしおか ぜというあだ名をつけられる。 そんな個性の強い先輩たちに教えられ怜はこの学生生活で鉄道の知識を深 めて行くのだった。