ショートショート

検索結果:1,003件

  • 【 にかのせかい! 】~種山の140字小説集~

    誰にも言えないこともあります。

    0

    0


    2022年5月21日更新

    140字で綴られた物語を集めました。 解釈の幅は無限大。 お好きなように捉えて頂いて結構です。 ちょっとしたスキマ時間にでもお読み下さい。 Twitterに載せた作品以外の、オリジナルも出していく予定です。 不定期更新ですが、どうぞよしなに。 ※表紙絵の無断転載及び無断利用はおやめください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 三十秒で華麗にオチるショートショート

    物語がオチるまで、あと三十秒。

    242,906

    984


    2022年5月20日更新

    星新一賞受賞者のショートショートが毎日読めるのはノベルアップ+だけ! すべてオリジナルですが、既に似たような話が存在したらごめんなさい。

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • てのひらのラナンキュラス

    140文字以内で綴られる小さな世界

    1,800

    0


    2022年5月20日更新

    140文字に収まるショートストーリー。 Twitterに載せたあと、手直ししている箇所もあります。 少しずつ増やしていきます。 表紙のお花でありタイトルでもあるラナンキュラス。 花弁の数は100~200だそうで、今回の主旨に近い為選びました。大好きな花。 Twitter https://twitter.com/kate2006

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • まばたき怪談

    まばたきをする前に読み終えられるかも。

    2,404,099

    10,265


    2022年5月20日更新

    まばたきをしないうちに読み終えられるかも。そんな短すぎるホラー小説をまとめました。どうぞ、お気軽に御覧ください。 ラスト一行の恐怖。ラスト一行の地獄。ラスト一行で明かされる凄惨な事実。 一話140字以内なので、別名「ツイッター・ホラー」。ショートショートよりも短い『まばたき怪談』を公開します。

    読了目安時間:4時間27分

    この作品を読む

  • 手のひらサイズの物語

    twitterにちょこちょこ挙げてる掌編

    125,658

    78


    2022年5月20日更新

    twitterにちょこちょこ挙げてる140字の掌編小説をこちらにまとめることにしました。100という数字は切りが良いので、そこを目標に。1000字くらいに書き直した作品もちらほらとあります。(一部タイトルと内容を変えましたが、140字は超さないようにしています) ※ジャンルは比較的SFが多いためSFとしましたが、いくつかのジャンルが混ざっていますので特定の苦手なジャンルがある方はお気を付けください。

    読了目安時間:3時間14分

    この作品を読む

  • 漢字クイズを思いついたら集めるところ

    知識よりもヒラメキ! たまに難問も

    98,329

    7


    2022年5月20日更新

    読み書きそろばん、と言われたのも今となっては遠い昔、遥か彼方の銀河でのこと。 失われつつある漢字の魅力を取り戻す……などと大それた目的のためではなく、たんなる漢字クイズです。 カンタンなレベルから、「誰が分かるねん」と言いたくなるレベルまで多数そろえてございます。 どうぞお気軽にご参加ください。 (まずは、『ルールとお願い』 を読んでください)

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 【140字小説】夜が灯る五分前

    140字の小さな小さな物語達です。

    3,400

    0


    2022年5月20日更新

    毎日12時に5作品を更新します。 140字小説集①『夜が灯る五分前』(文庫版、160ページ、151作収録) https://booth.pm/ja/items/1698514 140字小説集②『永遠教室の延々』(文庫版、112ページ、103作収録) https://booth.pm/ja/items/2974566 『夜が灯る五分前』は、眠るか眠らないかまどろんでいる時間のことを指しています。 そのぼんやりとした時間には、「明日の仕事は早く終わるのかな」とか「今日は楽しかったな」とか色々なことを考えます。 眠りにつく五分前、そういった喜怒哀楽や未来のこと、過去のこと。 様々な感情が溢れて、どうしようもなく、どうしようもないときがきっとあると思います。 そんなどうしようもない五分前に、沢山の物語を読んでほしい。物語の中から一番近い感情を見つけてほしい。 夜が灯る五分前、あなたにとって生きたいと思えるような時間になってほしい。そんな思いを込めた作品です。

    読了目安時間:3時間23分

    この作品を読む

  • 雉白書屋短編集

    ショートショートです。ジャンルは色々です

    19,800

    0


    2022年5月20日更新

    一話完結のショートショート・短編・掌編。 ジャンル・長さは色々です。不穏なものが多いです。 数が増えたのでオススメに◆をつけました。 お役に立てたのであれば幸いです

    読了目安時間:6時間26分

    この作品を読む

  • 佰肆拾字のお話

    140文字以内なお話。(主に会話劇)

    1,300,601

    1,713


    2022年5月19日更新

    Twitterコンテンツ用に作ったお話です。 せっかく作ったのに、Twitterだと短期間で誰の目にも触れなくなってしまい 何か勿体ないので、ここに投稿しています。 全て 独立した個別のお話なので、何処から読んで頂いても大丈夫! ---------- *テーマ別選り抜き版 「相合傘な140文字」 https://novelup.plus/story/768825916 「正義な140文字」 https://novelup.plus/story/555847635 「もののけな140文字」 https://novelup.plus/story/272864122 「恩返しな140文字」 https://novelup.plus/story/592271231 「霊視な140文字」 https://novelup.plus/story/635367455 「雨な140文字」 https://novelup.plus/story/447751405 「運勢な140文字」 https://novelup.plus/story/655033973 「映画な140文字」 https://novelup.plus/story/397006961 「童話な140文字」 https://novelup.plus/story/645826373 「願掛けな140文字」 https://novelup.plus/story/827606500 ---------- 「結果的連作」の お品書き https://novelup.plus/story/770595863

    読了目安時間:2時間10分

    この作品を読む

  • 流星の翼 -Dive into Orbit-

    翼を傷めた鳥は、再び宇宙を飛ぶ夢を見る

    68,050

    240


    2022年5月19日更新

    これは、翼を傷めて飛べなくなった鳥と、歴史の裏で消えゆく二人の運び屋の物語 【あらすじ】 人類がかつて巨大な宇宙空間研究施設「マザーシップ」を作り上げてから、数十年の時が流れた。 オーストラリア、ブリスベン出身のサッカー少女サラ・スカイフォードは、小さい頃から宇宙へ行くことが夢であった。 シドニーのアマチュアサッカーチームを退団し、マザーシップ内の物流、交通システムを管理するコスモ・トランスポート社へ就職したサラは 相方のアディルと共に、マザーシップ内の "運び屋" としての生活をスタートさせる。 地球人、ヒューマノイド、宇宙で生まれた人間「アウター・チルドレン」。 様々な想いが交錯する中、「フロンティア号」に続く新たな研究用有人宇宙船プロジェクトが動き出したのであった。 2021年8月開催「どうぶつ文芸フェア どうぶつ小説」発、長編SF作品(本編40話+断章(ショートショート)18話、全58話)。 【お知らせ】 ★更新予定★ 第1章(8話+断章3話) ストライカー、運び屋になる 2022.2.27-連載 第2章(8話+断章3話) 宇宙で生まれし子供たち 2022.4.1-連載 第3章(8話+断章3話) トリ扱い注意! 2022.5.4-連載 第4章(8話+断章4話) ??? 2022.6.6-連載 第5章(8話+断章5話) ??? 2022.7.12-連載 更新頻度:数日に1話 注意事項:この作品は特定の国家及び国際情勢を支持または貶めるものではありません

    読了目安時間:2時間9分

    この作品を読む

  • 現代物のSS集

    noteなど掲載したものです

    100

    0


    2022年5月19日更新

    1000字くらいの作品です

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 魔法の煙草

    人生何があるか分からない。

    0

    0


    2022年5月18日更新

    今まで真面目に生きてきた。誰にも迷惑をかけず、平凡な毎日を。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ねこの自己紹介

    猫好きさん集まれ

    5,936

    0


    2022年5月18日更新

    ノベプラ文芸部小説勉強会(仮)第2回 2作目です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 生ハムメロン

    3分で読めるショートショート

    3,200

    0


    2022年5月17日更新

    生ハムメロンが好きだ。 好きで好きでたまらない。 メロンの甘ったるさに脳みそがとろけてしまう。 みかん、かき、りんご、グレープフルーツ、なしもあるのだけれど、メロンがいちばんだ。 食べ応えというか、生ハムと相性はよい。 生ハムのためのメロンだし、メロンのための生ハムだろう。 生ハムメロン専門店に足しげく通う僕は、疑う余地なしに生ハムメロン好きなのです。 安らぎというか、生ハムメロンは僕に癒やしを与えてくれる。 なぜメロンなのかは知らないが、おそらく僕の素性だろう。 未熟か完熟か、むろん青さも新鮮でよいがむしろ僕は完熟し切った芳醇さにやられてしまう。 なぜ熟れたメロンが好きなのか当然ながらわからない。 同じメロンといえども、生ハムメロンはやはり完熟メロンだと無自覚に指名する僕がいる。 病的だと最近は思う。 生ハムメロンが頭から離れない。 仕事中だというのに、僕は常に生ハムメロンを頭の片隅に置いて、客先で商談を笑って進めるのだ。 先方に商談中なのに、生ハムメロンですか、と責められたら正直謝るしかない。 街を歩いていてもどこそこ構わず僕の頭の中には生ハムメロンが浮かんでおり、気を許せばすれ違う人たちに生ハムメロンがだぶって嘔気を覚える。 自宅に着いても気を抜けず、抜けば日用品から生ハムメロンに変わり、気付けば僕は生ハムメロンに囲まれ、吐き気を催して急いでトイレに駆け込み、便器の中に吐瀉するが、吐瀉物までもが生ハムメロンに変わり、からっぽの胃のまま僕はしばらく嘔吐をくり返すのだ。 生ハムメロンが好きだ。 好きだが好きだからこそ僕はこれほど苦しむのだろうか。 幼き日に読んだ芥川龍之介の『芋粥』を思い出す。 けれども氏の掌篇とちがって僕は生ハムメロンを自力で手に入れ、生ハムメロンに浸っていたはずで、まさか生ハムメロンが僕に災難を降りそそぐとは解せない。 あくまで僕は生ハムメロンの主であって従ではないのだ。 金を払って生ハムメロンを愉しんでいるわけで、生ハムメロンに金を払えと強要されたわけではない。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 事故物件

    ある事故物件の、それたる所以。

    200

    0


    2022年5月17日更新

    幽霊の類を一切信じていなかった俺は、ある事故物件に引っ越した。内覧の時、不動産屋の担当者から「この窓は絶対に開けるな」と奇妙な釘を刺されたんだが、知ったことかと、俺はその窓を開けた。すると……。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 一行小説~一行に物語を込めて~

    一話10秒くらいで読めるかも!

    700

    0


    2022年5月17日更新

    ホラーやファンタジー、SFなどのジャンルをたったの一行で紡ぐ超ショートショートです。ここで言う一行とは一つの文章のみを指します。一行というよりは一文に近いです。 一話30文字〜37文字くらいのとても短い小説です。小説家になろうやアルファポリス、カクヨムにも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 詰め込み

    お題などをもとに書いた短編集

    8,600

    0


    2022年5月16日更新

    こんなお話いかがですか、あなたに書いて欲しい物語、三題噺のお題メーカーなどを使って書いた短編(ss)集です。 お題をもらったその日のうちに書いています。 タイトルはお題や書き出しと終わりを書いておきます。 (タイトルを考えるのが面倒とかそういうわけじゃないよ) あとがきには感想だったり、その他妄想を語っています。 アイデアをひねり出す、文章を書く練習なのであたたかい目で見てください。 使わせていただいたもの 「あなたに書いて欲しい物語」 https://shindanmaker.com/801664 「こんなお話いかがですか」 https://shindanmaker.com/804548 「三題噺のお題メーカー」 https://shindanmaker.com/58531 「タロットプロット」 https://tarot-plot.com/ こちらは登場人物を即席アイデアメーカーで出してもらったりしてます

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 1分で読めるブラックジョーク!

    短く、ブラックなジョークを。

    143,450

    0


    2022年5月16日更新

    ブラックで笑えるジョークを投稿します。 一つでも読んでいただいて、少しでも笑っていただけたら幸いです。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 食べる本

    読んでくれたらうれしいです

    4,247

    0


    2022年5月16日更新

    本を好きな少年が古本屋で一冊の本を手に取る。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • さおり山

    昔の作品です。

    0

    0


    2022年5月16日更新

    友人と山。友人の山。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 愛がカタチになった世界

    書いてるうちに自分で混乱してきてしまった

    2,555

    0


    2022年5月16日更新

    ここは愛がカタチになり、目に見えるようになった世界。そんな世界はどう変わり、これからどうなっていくのだろうか。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 壊れた時間は戻せない。〜箱の中の猫はマタタビの夢をみる〜

    博士SFショートショート味。召し上がれ。

    14,700

    21


    2022年5月15日更新

    そうだ。これは私が見た夢の話。あくまでも私はオブザーバー。多元的宇宙での話だ。多元的宇宙?ええと。可能性は無限大ってことだ。そんな世界があってもいいんだ。まあ、話半分に聞いて貰って構わない。 どうせずっと埋もれていて忘れ去られた私の物語の一つに過ぎないのだから。

    読了目安時間:2時間24分

    この作品を読む

  • インスタントフィクション

    現代的ほのぼのデストピア

    500

    0


    2022年5月14日更新

    江戸川乱歩と谷崎潤一郎を足して2で割り、漱石を乗じたイメージ。200 字~ 5000 字の超短編小説集。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 罪と守秘義務

    坊っちゃん文学賞落選

    0

    0


    2022年5月14日更新

    罪の告白をきく話。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 怪談行李 二梱

    不定期掲載。気がついたら増えてます。

    29,582

    50


    2022年5月14日更新

    行李の中には怪談ばかり。 ※怖さ目安をつけました。 怖さの感覚は人によって変わると思いますので、あくまで目安程度に思ってください。 (★☆☆:怪談? / ★★☆:雰囲気はある / ★★★:トイレ行けない)

    読了目安時間:3時間6分

    この作品を読む

  • 戦争がテーマ

    殴り書き

    0

    0


    2022年5月14日更新

    仲の良い二人

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 彼は見える人

    見える彼と二人で細々やっています

    3,500

    0


    2022年5月14日更新

    彼は俗に言う『見える』人で、その力を生かして悩む人らの力になっている。 それは細々と、でも確かに、相談者に寄り添い出来る限り助けていく。 そんな彼と、私のある日のお話。 ノベプラ文芸部第二回勉強会参加作品

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 地蔵の独り言

    小説勉強会(仮)第2回!

    5,700

    0


    2022年5月13日更新

    小説勉強会(仮)第2回作品です。お地蔵にも心があるんです。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 名言っぽいものを思いついたら集めるところ

    名言っぽいものを思いついたら集めます

    379,600

    196


    2022年5月13日更新

    名言、格言、金言、箴言、金句……。 「なるほど、深い!」と思わせるフレーズは数あれども、動もすれば私たちはそれら言葉の重みや意味よりも、”誰がそれを言ったか”に目を向けがちではないでしょうか?。 誰が言ったか? ではなく、何を言ったか? それこそが重要なのではないでしょうか? そこで朝起きてから夜寝るまでの間、なんとなく頭に浮かんだ名言っぽいものをここに掻き集めることにしました。 もしかしたらこういうのが何十年、何百年先にも残り語り継がれるかもしれません。 偉人でも有名人でもない、ひとりの無名がそれっぽいことをただ言うだけ。 読者諸氏の生き方のヒントになったり、考え方を変えるキッカケになったりと、何かしら影響を与えるものになればと思います。 (できるだけポジティブな内容になるよう努めますが厭世的、虚無的なものもたまにあります。また常体、敬体の統一はしていません)

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • 朝っぱらから

    pixivのさなコンに応募した作品です。

    0

    0


    2022年5月11日更新

    世界の終わりまであと七日になったというニュースが流れる。それを聞き、一緒に朝食を取っていた同居人は不思議そうな顔をする。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む