ジレジレ

検索結果:11件

  • 陽だまりにて待つ!

    コメディ・シリアスあり王道ラブストーリー

    130,400

    120


    2022年5月15日更新

    恋なんてあきらめてた。 けれど 本当は、誰よりも憧れていたのかもしれない。 【あらすじ】 『見た目? 大丈夫、自覚してます。おまけにバカでチビですけど、何か? いえいえ問題ないっす。一人で強く生きていこうって決めてるんで』――と鼻息荒く人生設計を語っていた女子高生、西野彩香。 ……が。気付いたらドタバタに巻き込まれ(もとい、自ら突っ込んで行くことも多々アリ)、いつの間にか爽やかイケメンやら意地悪イケメンやらが周りをウロチョロしていて――。 「うっっざい!お前ら寄ってくるな、巻き込むなーーー!」と心の内外で叫んでいたのに。 ………………なんてこったい。一生の不覚。これが恋ってヤツか!? ※R15は保険。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間0分

    この作品を読む

  • 沈まない太陽〈ある兄妹のEndless Dream〉

    ぐちゃぐちゃした兄妹モノがお好きな貴方へ

    14,600

    0


    2022年4月26日更新

    高校に入学して以来、何だか自慢の兄が冷たくなって……。 兄妹それぞれの葛藤とは? ※エブリスタ、アルファポリス、マグネットで掲載

    • 性的表現あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 一番近くの王子様

    真朱マロさんの「君と王子様企画」参加作品

    2,300

    0


    2022年1月15日更新

    近所のお兄ちゃん。あこがれの王子様。2歳差の壁は大きい。だから私は、お兄ちゃんに彼女ができた瞬間に諦めたんだ。 それから私は王子様を探している。 ドコにも、そんな王子様はいないって分かっているけれど。 ※君と王子様企画 参加作品 ※カクヨムでも掲載をしています。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 深碧の魔女

    魔女が要らない、魔女の世界。

    110,800

    705


    2021年10月29日更新

    『むかしむかし あるところに5つの国がありました。 その国それぞれに優秀な魔女がおり、彼女達は王と一緒に国を守っておりました。 ある時、突然世界は闇を垂らしたかの様に真っ暗となり、世界中を染めていきました。 それぞれの国は話し合い、この暗く寂しい闇をどうすれば払えるかと考えました。 魔女達は口々に「もうすぐこの世界は魔物で覆い尽くされる。そうする前に戦う準備をしなさい。」と言いました。』 _プロローグより_ 不定期更新となります。 なるべく毎日を目指します。 ぼちぼち更新していきますので、よろしくお願いします。 Twitterやってます↓↓ @petrichor0v0. 雨宮 みくるです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間40分

    この作品を読む

  • 父が生死不明のため、婚約破棄されました。今さら『銀行とグルだなんて許さない』と言われても困ります

    婚約破棄から始まる物語

    5,200

    0


    2021年9月14日更新

    子爵令嬢ルシール。ラムルは、夜会で別の女性と踊る婚約者を諦めの目でみていた。 「君はもっと怒ってもいいと思うんだがな」 公爵家子息にして、ハプセント銀行の頭取、エドワルド・ハプセントはルシールに告げる。 ルシールは子爵家の後妻の娘で、貴族の血をひいていない。 そのこともあって、ルシール・ラムルは、婚約者を金で買ったと噂され、婚約者の伯爵家子息フィリップ・ダイナーからぞんざいに扱われている。 「フィリップさま、あそこにいらっしゃるのは、薬の香りのするお嬢さんではありませんの?」 「ふん。相変わらずかわいげのない女だ。金の力で、今度はハプセントさまに取り入ろうとしているのか?」 婚約者と、その連れに、嘲りを受けるルシール。 あたかもルシールが望んだかのように。 しかし。現実は、ラムル家の資産を狙ったダイナー家から打診された結婚だ。 子爵家であるラムル家は伯爵家からの正式な申し込みでは、断りようがない。婚約破棄には多額の違約金が必要となる。 嫌われていて、慕ってもいないのに、大金を払わねば解消できぬいびつな関係。 ルシールの父は娘のため、一攫千金を得ようと、海を越えてバンディ帝国に商談に出かけたのだが、その帰りの船が嵐にあったという連絡を、ルシールと兄は、ハプセント銀行の頭取、エドワルド・ハプセントからうける。 ハプセント銀行によれば、父が出航に当たってかき集めた五千万ゴールドを三か月後には返済せねばならない。 年間の収入よりもはるかに多い金額を三か月で用意など、かんたんにできるわけもない。とてもではないが、望まぬ結婚などする余裕はないと考えたルシールは、婚姻にまつわる書類をみせ、エドワルドに相談をする。 ※この作品は、小説家になろうにも投稿しています。©秋月忍(2021/8/27) 作品の性質上、読むのが辛いなとお感じになられた方は、迷わずブラウザバックをお願いいたします。 ※父が生死不明のため、婚約破棄されました。今さら銀行とグルだなんて許さないと言われても困ります を微妙に改題。(『』を入れました)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間1分

    この作品を読む

  • お前の前でアイスコーヒーを

    勇介と勇也。第七幕。

    5,000

    0


    2021年8月5日更新

    学校の男の娘アイドルの勇也。 クラスの強面勇介。 お互いの気持ちを分かりながらも言い出せない『勇』の字を持ちながらも素直になれない二人のジレジレBL。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 結界の中は秘密

    貴方が全てを教えてくれたから…

    10,100

    0


    2021年5月10日更新

    雇われ結界師のルディア(18)は、次期当主のアルフレッド様(28)に身分違いの恋をしていた。しかし、アルフレッド様には、既にミレディ伯爵令嬢(19)との婚姻が決まっていた。ルディアは、叶うことのない淡い恋を内に秘め、結界師としてグレイス・バーミリア侯爵家に仕えていた。 そんなルディアに執事のアデルバート(26)は、「お前の慕う想いは従者として間違っている」と指摘されてしまう。誰にも知られない様に気を付けていたが、執事として能力の高いアデルバートには、見破られていた。冷静で隙がないアデルバートは近寄り難く、洗練された立ち振る舞いは、そばに居るだけで常に緊張させられた。 ある日、アルフレッド様とミレディ伯爵令嬢のデートに付き添い、湖まで出掛ける事になった。ボートに結界を張り二人を見送っているとアデルバートに「そんな顔で見るな。お前と結ばれることは無い」と現実を突き付けられてしまう。「20歳までに自分の相手を見つけろ」と言われ「私はこのままでいい」と反発してしまう。「妾にでもなるつもりか」と詰め寄られ「アルフレッド様に近寄る女は、私が選別する」と身体を触られてしまう。感度だけを確かめると「素質はあるが色気もないお前では妾にすらなれない。諦めろ」とボート小屋に置き去りにされてしまう。熱を帯びた身体を鎮める事が出来ずに自分を抱き締めると壁に寄り掛かりジッと我慢し続けた。 数日後、領地の視察に付き添い馬車に結界を張るため同行すると、アデルバートと同じ馬車に乗る事となった。気まづい中俯いていると「この間は済まなかった」と謝られる。心配から腹を立ててしまったと弁明された。容姿や能力を褒められ、幸せになれると優しい声で断言された。少しだけ打ち解けると「あの後どうした?キツくなかっただろうか」と自分の行為で傷付いていないか確認された。ルディアは、あの時の自分の身体の状態を話すと「対処法を教えて欲しい」と懇願する。困惑するアデルバートだったが、「まだアルフレッド様の事を諦められないのか?」と聞き返される。「想い慕うだけなら自由」だと告げると辛そうな顔で「なら1人でも耐えられる方法を教えても構わない」と承諾を得た。 ルディアが思っていた内容とは違ったが、二人だけのレッスンが始まると普段見せないアデルバートの態度や表情に惹かれていくのを感じた。けど、今更どうすればいいの?

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間34分

    この作品を読む

  • そして、私は炎に焼かれる

    業火に焼かれ半年前へ。運命は変わるのか

    8,100

    0


    2021年2月14日更新

    『紅蓮の魔術師』であるジャネットは、追い詰められて、帝王ザネスの権力の象徴である『聖なる炎』を操ろうとしたがかなわず、業火の中、自害した……はずだった。 しかし、目を覚ますと、反乱軍の長、銀龍と戦って、大けがをした半年前に時が戻っていた。 そこに現れたハリス皇子に、ジャネットは、反乱軍との内通を疑われる。かつて、父を助けるために必死で婚約者になろうとしていたジャネットだったが、自分の努力が無駄であったことを知って、ハリスに反抗的な態度をとる。 どうせ、自分は助からない。その運命が変えられないのであれば、せめて、今度の人生は自分の気持ちに素直に生きたいと、願う。 そして、ジャネットは帝都の建国祭に招待を受けた。ジャネットは妹を伴い、前回とは違う部下を引き連れて建国祭に向かう。 前回とは違い、魔術師仲間に顔を出しに行ったジャネットは、そこで反乱軍の首領、銀龍と出会う。 前回と同じ出来事が起きても、少しずつジャネットの選択によって変わっていく未来。 建国祭で、前回は合わなかったはずの銀龍と出会ったことにより、ハリスとの接し方もかわっていく。 そして、夜会の帰り。前回とは決定的に違う出来事が起こり、運命が変わり始める。 ジャネットの死に向かう未来は、果たして、変えられるのか? 帝王に囚われた父は救えるのか? そして、ハリスの本心は? 氷に閉ざされた国は救えるのだろうか? 革命+ファンタジー∔恋愛ものです。 ※この作品は、なろう、カクヨム、ノベルアップ+の連載です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間38分

    この作品を読む

  • お前が近くで笑ってくれるなら

    勇介と勇也。第五幕。

    2,800

    500


    2020年12月6日更新

    学園の女装子アイドル・勇也。 クラスの強面・勇介。 名前に『勇』の文字を持ちながら互いに気持ちを伝えられない近すぎるくらい近くにいる二人の男の子。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 侍女にスパイをやらせたら

    イチャイチャ6割、バトルはふんわり

    51,200

    0


    2020年9月12日更新

    侍女であるエヴァ=リタはある日、お嬢様から「わたくしは悪役令嬢で、前世の記憶がある」とカミングアウトされる。今のままならフィアンセからの婚約破棄は免れない。ただ、「推し」の目の前で断罪されることだけは避けたいお嬢様のために、お手伝いをすることに。 一方、お嬢様の「推し」である隣国の王子と護衛騎士は何か秘密を抱えているようで、なんとエヴァにスパイのお仕事を依頼して――! スパイのお仕事中にエヴァを守るのはイケメン騎士のアルベール。人を寄せ付けないオーラを放つアルベールに、人付き合いの苦手なエヴァは戸惑いながら惹かれていく。 ※「小説家になろう」にも掲載中です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間14分

    この作品を読む

  • 白金のイヴは四大元素を従える

    御曹司が恋したのは、貴族嫌いな少女だった

    255,450

    2,310


    2020年3月22日更新

    「……貴族なんか、大嫌い」 貴族嫌いの少女ニーナは森林火災に巻き込まれ、伯爵家で保護されることになった。 貴族への反発心を抱えた暮らしの中、共に保護されていた同居人の青年カディーが失踪してしまう。 その日から、少女は “ イヴ ” と呼ばれ、見える世界は一変した。 伯爵家の嫡男エリヤは、ニーナと過ごす日々の中で彼女への恋心を自覚し、思いを伝えるが……。 不器用な御曹司の前途多難な恋の行方は。 そして、“ イヴ ” の意味とは。 世界の秘密を抱える少女と、伯爵御曹司の、マイナスから始まる本格ファンタジーロマンス。 ――第3章で見える、世界の真実。それが本当の始まり。 ★表紙および本文中のイラスト、画像はすべて筆者の自作です。 ★小説家になろう、魔法のiらんどにも掲載しています。 ★「魔法のiらんど大賞2020」最終選考ノミネート作品。

    読了目安時間:10時間7分

    この作品を読む