スローライフ

検索結果:41件

  • 異世界ファンタジー
    連載中 22話 / 2019年6月18日更新

    『勇者が居るからこの村は襲われるんだ』そういって同じ村の仲間たちはシグルドが勇者だと分かった途端、勇者は生贄に出来ないからと、両親と妹を火炙りにして笑いながら『怨むなら勇者を怨め』と言っていた。 勇者として生まれてきた自分に責任がある、そう感じたシグルドは人に対し心を閉ざしソロで魔王を討伐する旅をはじめ、ついに魔王軍最後の幹部を倒せるというところで魔王軍と人類が和睦をしたことを王から知らされる。王の偽物だと思ったシグルドは王に斬りかかるが魔王によって阻止され、王に対しての反逆罪でシグルドは死刑になって首を落されてしまう……。ここから勇者 シグルドの第2の人生が始まる。

  • 女子高生&三十路男ソロキャンパーの物語

    ★5,520

    恋愛/ラブコメ
    連載中 31話 / 2019年6月18日更新

    「そうだ。執筆キャンプしてみよう」 人気女子高生小説家の【新宿 泊】は、思いつきでキャンプ用品をそろえるとバイクでキャンプ場へ出かけた。 ところが彼女は初キャンプで、テントもまともに張ることができない。 困っていると、ソロキャンパーの三十路オジサンに助けられる。 それが腐れ縁の始まりだった? キャンプインストラクターである作者がお届けする、まったりとアウトドアやその道中を楽しむだけのお話。 現実のキャンプ場や道の駅などの情報も盛りだくさんで役立つこともあるかも!? 変わり者の中年ソロキャンパーと、初心者女子高生ソロキャンパーの泊。 そして泊の友人たちも交えて、楽しいキャンピングデイズの始まりだ! ※※※注意※※※ ・毎日10時に公開! ・本作では、実在する商品、場所などを紹介もかねて実名を出しているものがありますが、執筆時の情報で書いているため、現状と異なる場合がございます。 ・本作はフィクションのために触れていませんが、キャンプ場によっては未成年だけのキャンプ場利用が規制されている場合があります。実際の利用に関しては、キャンプ場にご確認ください。 ・エピソードの最後に、商品の画像などが見られる参考ページへのリンクがある場合があります。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 65話 / 2019年6月18日更新

    魔獣によって両親と故郷を同時に失った少年トア・マクレイグは、幼馴染で片思いの相手であるエステルと共に、仇を討つため魔獣討伐を主な任務とするフェルネンド王国聖騎隊への入隊を目指す。十四歳となり、お互いトップクラスの成績で養成所を出たのだが、最後の適正職診断で明暗が分かれることになった。 大魔導士という将来の活躍が約束されたエステルに対し、トアの適性は「洋裁職人」という戦闘にまったく役立たない地味なもの。エステルが着実に英雄としての道を歩む一方で、なんとか彼女に追いつくため必死に修行を積むトア――だが、ある日エステルが大貴族の子息と婚約を発表する。 彼女の近くにいるべき存在は能無しの自分ではないと悟ったトアは聖騎隊を辞め、ひとりで新たな生活を始めるためフェルネンド王国をあとにした。 次の仕事を探す途中、ひょんなことから立ち寄ったのは終戦によって用済みとなった旧帝国の要塞。そこで、トアは自分に与えられた真の適正――《洋裁職人》ではなく、《要塞職人》に目覚めた。廃棄された要塞を立派に住居としてリフォームし、誰にも縛られない自給自足の快適なスローライフを始める……はずだったが、なぜか美少女エルフ(脳筋)だったり喋って動き回る甲冑だったり伝説のモフモフ狼少女だったり世界を救った英雄やその子どもたちだったりと、自分の意図しないところで要塞に住み着く仲間が増えていく。お人好しのトアは新しい住民たちを受け入れていたが、いつしかその要塞村は周辺国家から注目される存在になっていくのであった。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 3話 / 2019年6月18日更新

    主人公、佐谷真矢は理学療法士を目指す二十歳である。ある日、眠りにつき起きると、そこは異世界だった。しかも佐谷の姿は、赤ちゃんだったのだ。バーニーズマウンテンドッグのルシと出会い、理不尽な世界、クセが強すぎる仲間達と共に、この世界を強く生き抜く物語である

  • 現代ファンタジー
    連載中 15話 / 2019年6月17日更新

    「このスキルを使えば俺めっちゃ金持ちになれるんじゃないか?」 社畜として酷使され続けた尼田士郎はブラック企業を辞め、祖母の家へと引っ越した。 引っ越し先が異世界に繋がっていることを知った士郎は、日本の物を異世界に持ち込んで商売することを思いつく。 これは等価交換スキルで異世界の通貨を日本円に替え、どんどん金持ちになっていく心優しい男の物語。

  • 日本出身の天女様が異世界を堪能します

    ★4,640

    異世界ファンタジー
    連載中 27話 / 2019年6月17日更新

    「ちょっと異世界行ってきてね。」そんな神様の一言から始まった天女の天樹姫さんの異世界転移。 魔王討伐?建国?そんな仕事はありません。ただただ暮らしているだけでいいらしい。 神様に自分を祭ってねーとか何とか言われたので森のど真ん中に神社を立ててみた天樹姫さん。 参拝客来るのだろうか……?

  • 色んな属性が出現します!毎日更新予定!

    ★450

    恋愛/ラブコメ
    連載中 18話 / 2019年6月17日更新

    東京、のくせには辺鄙な某所にある建物――山鹿荘。 繁く茂る森林を間近に控え、小鳥がさえずるこの場所は、危うく東京だということを忘れそうになる。 とはいえここは理想の田舎別荘というわけではなく、ただ単にしっかり事実的に蘭々高校の寮である。 この寮では、今日もゆるゆるな時間が流れている。 北海道から上京して来た身長190センチの高身長、北海道のなまりはないに等しく、現代人っぽくスマートフォンまで使いこなす、超カッコイイイケメン男子、つまり俺を筆頭に……。やめておこう。あらすじからナルシストの偏見を持たれては困るからな。って、あらすじって。 かなり責任重大なことを任されてしまったな……。こういうのは澪香恵留あたりがやることじゃないのか? とはいえ、あらすじねえ。んなこと言われても、方向性とか何もないから困るんだが。またずいぶんな面倒ごとを押し付けられたもんだ。 ともかく、簡潔に表現するならば、まさに『自由』がモットーだ。 誰も彼もが生き生きと。 俺を筆頭に、澪香恵留、小岩井先輩、坂本先輩、里々朱先輩、金沢さん。寮のみんながみんな、奔放に日常を過ごす。それがコンセプトだ。 おはようからおやすみまで。 この俺が、責任を持っておもしろおかしく物語を紡いでみせよう。 ではでは。 愉快痛快な我らの物語の、始まり始まり。

  • 垢のパスが分からなくなったので変えました

    ★7,720

    異世界ファンタジー
    連載中 15話 / 2019年6月17日更新

    勇者シキは職業教会から勇者→料理人(シェフ)と言われた! 正直勇者なんてどうでもよかったシキは心良くシェフに転職し店を構える、常連さん、エルフお姉さんそして魔王!?そんかスローライフがしたい勇者がシェフに転職してゆっくり楽しむおはなし。

  • ほのぼのしながら、スライム先生と大活躍!

    ★5,550

    異世界ファンタジー
    連載中 22話 / 2019年6月17日更新

    人に見えない〈精霊〉が見える少女マオは、名門トトリカ魔術学園で一人前の錬金術師を目指していた。 スライム先生ことアイザックの弟子として活動するマオだが、失敗ばかりで成果は芳しくない。 アイザックにかけられたスライムの呪いの期限が迫る中、マオは伝説の霊薬〈フェニクル〉を生成しようとしていた。だが当然のように大失敗してしまい、さらにライバルにはバカにされてしまう状況だった。 ライバルを「ぎゃふん」と言わせ、恩師にかけられた呪いを解くためにもマオはアイテム集めに励む。その最中、マオはたくさんの人々と心を通わせていく。 これはほのぼのとしながらも錬金術で様々な試練を乗り越え、成長していく少女の姿を描いた〈ものづくりファンタジー〉である! ◆◆◆◆◆ この作品は『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しています。

  • ミステリー
    連載中 7話 / 2019年6月17日更新

    探偵は、事件に巻き込まれる。 そう、なぜなら彼は「探偵」だから。 けれど、そう。 この物語はミステリでも探偵小説でも、ない。 故に彼は、彼らは、淡々と日常を過ごすのだ。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 12話 / 2019年6月17日更新

    勉強ができるわけでもなく。 運動神経が良いわけでもなく。 体型も、容姿もいたって並。 彼女いない歴いこーる、年齢。 そんな俺、橘遙人。 まさか、彼女すらできないまま人生を終えるとは思いませんでした。 ひょんなことで異世界に転生するはめになりましたが、第一異世界人発見したと思ったら知り合いで、転生先が前世と似てる、ファンタジー世界。 異世界に転生した実感ないんですけど、ここほんと異世界? と思いながらも俺は平和に暮らすのでした。 そう、その生き物と出会うまで。 この子に会うため、そしてこの子たちを殖やすため、俺はこの世界に転生したのだ。 そう直感した俺は、画してこの世界をこの子たちで征服……否、満たすため計画を練るのであった。 ……不老不死とか、勇者スキルとか色々持ってるらしいけど、まぁ、せいぜい牧場建設に役立てれたらいいなっ!? 基本不定期。 というか、カクヨム・なろうの1話分投稿したと同時に投稿してます。 小説家になろう カクヨム にも連載しております。 一部残酷描写、暴力描写ありますのでご注意を。

  • 幼女(魔王)のほのぼのスローライフ

    ★17,410

    異世界ファンタジー
    連載中 44話 / 2019年6月17日更新

    とある世界。魔界と人間界はお互いの存亡をかけ、持てる全てを投じてぶつかりあった。その結果、勇者の刃は魔王の心臓を穿った。 己(おの)が消えゆく生命を受け入れる魔王であったが、魔界のために尽力したこれまでの功績を認められ、異世界に幼女として転生させられることとなった。 目を覚ました幼女(元魔王)を襲ったのは――とてつもない空腹であった。 幼女に転生した元魔王は、お腹が空いて空いて空いて、それ以外のことなどどうでもよくなってしまった。 「とにかくおいしいものをたらふく食べるぞ! それこそ、わしが転生した理由じゃ!」 自分が魔王だったことすらどうでもよくなり始めた幼女の日常が、今始まる――

  • 現代日本で繰り広げられる心温まる百鬼夜行

    ★1,300

    現代ファンタジー
    連載中 2話 / 2019年6月17日更新

    妖怪という存在が認知されているもう一つの現代社会。 高校で起きた謂れなき暴力事件の犯人に仕立て上げられ、勘当同然で母の古い知り合いだという家に預けられた少年・不知燈真。 関東某所の山間にある魅雲村は人口の八割が妖怪という、現代社会の陰にある隠れ里のような秘境だった。 様々な妖怪に囲まれ、その中で接していくうちに、燈真は今まで得られなかった家族愛というものを感じ取っていく。 これは現代の日本で繰り広げられる、ハートフル・ゴーストパレード。 ◆ 一話あたり2000~4000文字です。サクッと読めるので、暇潰しのお供にどうぞ。 ◆ 誤字脱字、誤用などありましたら気軽に報告してください。 ◆ 小説家になろう様にて投稿しているものと同一の作品です。

  • 転生鍛冶屋生活とちょっとトラブル

    ★1,480

    異世界ファンタジー
    連載中 7話 / 2019年6月17日更新

    猫を助けるためにトラックにはねられた「俺」は、実は重要だった猫を助けた見返りに他の世界へと転移することになった。 そこで「俺」が選んだ仕事は鍛冶屋。家族が増えたり事件に巻き込まれたり、バタバタするけど、「俺」は果たして最後は静かにクリエイティブな暮らしを満喫できるのか。 カクヨム様でも連載中です。第4回カクヨムWeb小説コンテスト異世界ファンタジー部門大賞受賞作。

  • 無力な少女が織り成すヒューマンストーリー

    ★300

    恋愛/ラブコメ
    連載中 2話 / 2019年6月16日更新

    念願の異世界にやってきた私、木崎舞は不幸なことに奴隷に転生! しかし、死ぬまでこき使われ、ボロ雑巾のように捨てられると覚悟した私に、ご主人様が出した提案は奴隷とは思えぬ好待遇で・・・ 優しい貴族のご主人様と、奴隷の私のほのぼの異世界生活記録が今幕を開ける。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ※不定期投稿です。気が向いた時に更新します。 ※コメディーですが面白くないかもです。 ※それでも良い方のみお楽しみください。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 8話 / 2019年6月16日更新

    田中みいなは怠け者の女子中学生。 資産家の祖父が亡くなって莫大な遺産を手に入れたみいなは、学校にも行かず自堕落な生活を送っていた。 いつものように惰眠を貪っていたある日、気づけばみいなは草原に立っていた。 どうやら異世界を救える存在として女神に見定められ、強制的に転移させられてしまったらしい。 みいなは女神から授けられた惰眠スキルと様々な加護を駆使して、自堕落なスローライフを目指す。 若干の百合要素あります。 基本ほのぼの。

  • 狼と精霊のほのぼの子育てライフ

    ★2,920

    異世界ファンタジー
    連載中 10話 / 2019年6月16日更新

    森の奥深くには、かつて魔法使いと共に国を救ったが今は人喰い狼と恐れられる魔狼が住んでいた。 あるとき、魔狼は森の入口で赤ん坊を拾う。 周囲の人の気配はない。どうやら捨て子のようだ。 自分も昔は親から捨てられた身であった魔狼は悩んだ末、引き取り手のない赤ん坊を育てる事にした。 これは、親に捨てられた魔狼が、同じく親に捨てられた人間の少女を美しく育て上げるまでのお話。 ※小説家になろう、マグネット! と同時投稿です。 火・木・土・日に投稿。全十七話を予定。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 5話 / 2019年6月16日更新

    20××年の現代社会ではそれほど珍しくもない〝過労死〟 私も就職してからずっとブラック企業に勤め、辞めることが出来ないまま十年以上経っていた。趣味で読んでいたラノベも殆ど読めなくなって楽しさを感じない淡々と仕事をこなす私がいた。そして、私も30代前半で〝過労死〟した。 .........次に目が覚めると見慣れない風景。「死んだはず。」と思って、とうとう頭がおかしくなったのかと思って自分の頭部を触る。 「.....もふもふ....してる。」 これは、異世界で獣人になった私が今世では楽しく自由に生きていく物語。

  • 楽しく読んで頂けたら幸いです。

    ★100

    異世界ファンタジー
    連載中 48話 / 2019年6月16日更新

    転生する前は、元有名な暗殺一家だったが、とある事情により自分の人生が終わってしまう。そんな時に、光に包まれた先には、ゴシックロリータを来た少女が、手招きをしている。そして、自分が死んだ事と過酷な場所で生きて来た事を思い女神様は、別の世界でゆっくりと生きてみてはと誘われる。 そして―― 僕が世界に行く事を決める答えを出すと? 子供は、素直で宜しいと何故か頭を撫でながら笑う少女の女神様が凄く可憐に見える。末っ子でいいので、アットホームな家庭にと言うと、良し解ったと了承してくれる。そして、僕は、異世界に旅立つのだった。

  • 異世界転移は突然に。

    ★14,900

    異世界ファンタジー
    連載中 22話 / 2019年6月16日更新

    不登校気味の高校二年生 榊原 萃(サカキバラ カナメ)の元に突如訪れた『番号も何も無い通話』により、彼は異世界転移される。 目を開くとそこは、騎士そのものといった甲冑やファンタジーな見た目をした冒険者たち、踊る道化師や数多の走り去る馬車、商店でひしめき合う、剣とスキルと魔法の世界だった。 かなめは目覚めた電話ボックスの中で、一枚の案内状を見つける。 案内先は『冒険者ギルド』 色々あって仲間になった、魔法剣士リンカと魔術師マコの二人と共にこの異世界へ来た理由を探求する。 これは一本の通話と電話ボックスから始まった、Lv.0の『異世界人』の物語である。