ソフトボイルド

検索結果:3件

  • 運び屋の季節3 秋 11月

    今回は久しぶりのアクションがあります。

    2,400

    30


    2021年9月19日更新

    神戸を拠点に活動する運び屋を営む俺は旧知のレストラン経営者から、広島の客人の観光案内と広島までの送迎を依頼された。 当初は単純な手伝い程度と高を括っていたのだが、広島の客人からの要求により雲行きが怪しくなってしまい……。 表紙の写真は主人公運び屋ブレードこと戌亥 狗狼の愛用する折り畳みナイフを掲載しました。 上の二本はガーバー製 アップルゲート・コンバットフォルダー。世界初の折り畳み式コンバットナイフでレックス・アップルゲイトが開発に携わったとして有名。上の刃を出しているモノは刃長11センチと結構大型。下は刃長8センチのショートバージョン。エマーソンやストライダー等、数多くの戦闘用折り畳みナイフが作り出された現在でも「これでないと」と使用している方がいるようです。(海外より写真を提供頂いた方もその一人。これ日本で所持出来ないデザインに見えるのですが?) 下はスイス、ビクトリアノックスのマネージャー。ナイフ、プラスドライバ、マイナスドライバ、コルク抜き、缶切り、やすり、キリとバーのマスターやカフェのバリスタに愛用されているモデルです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 運び屋の季節2 秋 九月

    今回は作品の構成上、赤面する名称あり。

    2,100

    0


    2021年8月16日更新

    今年の4月、最後の仕事として請けた依頼で、何故か中学三年生の少女、野島 湖乃波と同居することになった俺。 とりあえず彼女との生活費および学費を稼ぐ為、運び屋の仕事を続けることとなった。 しかし、何がどうしたのか、彼女の中学卒業までの1年間だけ面倒を見るはずが、高校卒業までの四年間に延長することとなったのだ。 さあ、どうする! この物語は、俺の愛と苦闘の日々を記録したものだ。 ※今回の表紙は主人公である運び屋ブレードこと、乾 狗狼の愛用するアイテムです。 左上:バギーポートの革製 キーケース(プジョーの鍵付き) 車のキーを挟み込めるキーケースは滅多に無い為、とても重宝しています。 小銭入れ部分には札を折りたたんで入れられるポケット有り。 右上:ハルミトン カーキフイールド(自動巻き) アメリカ軍用時計から発展した時計メーカー。現在はスイスのスウォッチ傘下。 丈夫で見やすく、かつ安価で普段使いするのもってこいの逸品。 左下:ポケットバーナー1 強力な炎の出る小型バーナーライター。 色々な事に使えます。 右下:アークロワイヤル ワイルド・カード 甘いコーヒーのフレーバーが特徴的なタバコ (写真は旧BOXパッケージ。個人的にはソフトパッケージが気に入っています)

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 運び屋の季節 1

    格好良くない、おじさん運び屋と少女の物語

    2,500

    0


    2021年7月22日更新

    引退を決意した四〇代運び屋の引き受けた最後の依頼とその荷物とは。 兵庫県神戸市を舞台にしたソフトボイルドノベル。 写真は運び屋の愛車、プジョー207SW。 2021年7月22日 「運び屋の季節 春 四月」をエピソード単位に分割。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間6分

    この作品を読む