ダンジョン

検索結果:30件

  • 皆さんの心に残る作品になればと思います!

    ★2,580

    現代ファンタジー
    連載中 33話 / 2019年6月17日更新

    ※※※※※最初の方のネタバレを少し含んでいるので嫌な方はいきなり本編を読んでもらった方がいいと思います※※※※※ 主人公天沢弘旨は極度のシスコン。しかし学校の帰り道、妹のことをストーカーしているとトラックが突っ込んできて、咄嗟に妹をかばうが天沢弘旨は轢かれてしまったのである。 目を覚ますとそこは学校の中庭。教室に戻り友達に話しかけるが誰からも反応はない。そして”死んでしまった”ということを友達から聞かされる。 すると帰りの靴箱で手紙が入っており、書かれた場所へ行くことに。そこに待っていたのは「死後活動部」という謎の部活。そして地下へ連れていかれ、主人公は世界の真実を知るのであった。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 3話 / 2019年6月17日更新

    幼馴染を庇って死んでしまった翔。でも、それは神様のミスだった! 創造神という女の子から交渉を受ける。そして、二つの【特殊技能】を貰って、異世界に飛び立つ。 『創り出す力』と『奪う力』を持って、異世界で技能を奪って、どんどん強くなっていく はたして、翔は異世界でうまくやっていけるのだろうか? なろう、アルポリでも連載中です。

  • 現代ファンタジー
    連載中 32話 / 2019年6月17日更新

    地球にダンジョンが登場してから200年余り。 地表はダンジョンからあふれた魔物の世界となり、人類はダンジョンの中に都市を築き生活をするようになっていた。 ダンジョンシーカー。 それは都市の外、そしてダンジョンの外を移動して各地のダンジョンを探索する者。 その中でも特に国家認定された者達。 ダンジョンシーカーの国家ライセンスを取得するということは、人々の一つの憧れだった。 並野勇気は小学生の頃まではダンジョンシーカーを目指していた。 しかし体格に恵まれず、素質判定の結果は、物理攻撃力極小、魔法攻撃力極小、魔法回復力極小、総合判定:戦闘力皆無であった。 素質とは魔物を倒し続けた時に上昇する身体強化の基本。つまり魔物を倒した時にどれ位強くなっていくかということだ。 この判定の結果、ダンジョンシーカーへの道となるエリート中学校への入学は叶わなかった。 それから約2年、中学3年生となったユウキはアレンジスキルとして非戦闘系のスキル<収納>を手に入れた。偶然起こしたそのアレンジ内容により、ユウキは再びダンジョンシーカーを目指す道へと戻っていくのだった。 ***** この作品は小説家になろうにも投稿しています。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 6話 / 2019年6月17日更新

    チェスターはスキル〈擬態化〉を持ち、一人でDランクの仕事をこなすだけの木っ端冒険者だった。そのスキルゆえに、所属していたギルド〈絆の導き亭〉で仲間を作ることができず、二年間もこそこそとソロでできる仕事ばかりをしていた。ギルドはこの場にふさわしくないと彼を追放する。 失意の彼は、不意に自分のスキルが物に通じないかと考え、自分の得物だったバゼラードに使ってみると、そのバゼラードだったと名乗る全裸の少女が現れる。そこで彼の人生が大きく変わる。 これは、友達がいないぼっち冒険者チェスターが、友達を作り出し、そのついでに成り上がっていく物語である。 ※小説家になろう様にも同名の作品を投稿しています。

  • 幼女(魔王)のほのぼのスローライフ

    ★16,410

    異世界ファンタジー
    連載中 44話 / 2019年6月17日更新

    とある世界。魔界と人間界はお互いの存亡をかけ、持てる全てを投じてぶつかりあった。その結果、勇者の刃は魔王の心臓を穿った。 己(おの)が消えゆく生命を受け入れる魔王であったが、魔界のために尽力したこれまでの功績を認められ、異世界に幼女として転生させられることとなった。 目を覚ました幼女(元魔王)を襲ったのは――とてつもない空腹であった。 幼女に転生した元魔王は、お腹が空いて空いて空いて、それ以外のことなどどうでもよくなってしまった。 「とにかくおいしいものをたらふく食べるぞ! それこそ、わしが転生した理由じゃ!」 自分が魔王だったことすらどうでもよくなり始めた幼女の日常が、今始まる――

  • 少し古風なファンタジーを目指してみました

    ★580

    異世界ファンタジー
    連載中 10話 / 2019年6月17日更新

    主人公の少年カイは、器用で隠密の才に長けた種族スメクランの里に暮らしていた。 しかし、厳しい里の常識と自分の善良で素直な考え方の間で揺れ動き、いつも肝心なところで実力を発揮できないでいた。 やがて族長の娘ガラと関わりや、様々な経験を経て次第に成長を遂げていくカイ。 そして、秘められた大いなる力に目覚めていくことになる。 長編ファンタジーの第一部です。

  • HJネット小説大賞2018受賞作です!

    ★8,850

    異世界ファンタジー
    連載中 29話 / 2019年6月17日更新

    人生に疲れていたおっさん(38歳・独身)は夜の公園で暴漢に襲われて死んだ。 かと思いきや、目覚めればそこはダンジョン! 傍らには毒舌女子高生! おまけにどういう訳か若返っていた! アラフォーおっさんは人生をやり直すために動き出す! モンスターを倒し、依頼をこなし、スローライフを実現するのだ! そのために――まずはアンデッドが跋扈するダンジョンを脱出せよ!! ハーレム展開もあるよ。 ◆報告◆ 2019年HJノベルス様から出版予定 小説家になろう様、MAGNET MACROLINK様にも投稿しています。

  • ほのぼのしながら、スライム先生と大活躍!

    ★4,350

    異世界ファンタジー
    連載中 21話 / 2019年6月17日更新

    人に見えない〈精霊〉が見える少女マオは、名門トトリカ魔術学園で一人前の錬金術師を目指していた。 スライム先生ことアイザックの弟子として活動するマオだが、失敗ばかりで成果は芳しくない。 アイザックにかけられたスライムの呪いの期限が迫る中、マオは伝説の霊薬〈フェニクル〉を生成しようとしていた。だが当然のように大失敗してしまい、さらにライバルにはバカにされてしまう状況だった。 ライバルを「ぎゃふん」と言わせ、恩師にかけられた呪いを解くためにもマオはアイテム集めに励む。その最中、マオはたくさんの人々と心を通わせていく。 これはほのぼのとしながらも錬金術で様々な試練を乗り越え、成長していく少女の姿を描いた〈ものづくりファンタジー〉である! ◆◆◆◆◆ この作品は『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しています。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 19話 / 2019年6月17日更新

    七人の勇者の1人として異世界に召喚される六堂心太は魔王軍討伐の報酬である『自由』を得るために奮起し、七魔王だけでなく、その背後にいた邪神さえも倒してしまう。 その偉大な功績の結果、心太は女神リアディに『夫=生涯勇者』である事を求められてしまう。 「悪いが俺が欲しいのは富でも名声でもない。 それに一生勇者しないといけないなんてただの拷問だ」 心太はもうこの世界にはいられないと思い、新天地へと旅立つ術を探す。 3か月の旅でようやく見つけた異世界転移の術を持つ者は、貫頭衣を纏うだけの巫女だった。 ※本作品は『小説家になろう』、『エブリスタ』でも掲載しております。 よろしくお願いいたします。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 17話 / 2019年6月17日更新

    我はスケルトン、迷宮で生まれし最下級モンスターだ。 来る日も来る日も他のモンスターから逃げ惑う……。 そんなある日、我は自我を持つ一振りの妖刀と出会う。 妖刀により強力な力を得た我は迷宮を支配し、やがて最強の軍勢を率いる魔王となる――

  • 堕天使は人間の味方!

    ★2,100

    異世界ファンタジー
    連載中 26話 / 2019年6月17日更新

    とある惑星のはるか上空。衛星軌道に浮かぶ都市型母艦<箱舟> 最上位天使、熾天使の中でも最強のルシファーは創世主に仕え、妻ルーナとの間に女の子を授かり、穏やかに過ごしていた。 たが創世主への嫉妬から裏切り、怒りにふれ箱舟からの追放を迫られる……。 ルシファーは、自らを慕う天使を集め創世主に反旗を翻し戦いを挑んだ。 戦いは百五十日間にも及び、ルシファー達は敗れ箱舟から脱出し地上に向けて降下し、他の天使達と共に堕天した。 地上より更に深くへと堕ち行くルシファーを突如に黒い靄が覆い、チリチリと放電現象が起き、火花を飛び散らせ、その場から消失させてしまった。 ルシファーが次に目覚めた時、そこはプロエレフシの森と呼ばれる場所で、記憶はそのままだったが、八歳ぐらいの少女の姿になり背中の翼は無くなってしまった。 この時のルシファーはまだ知らないが、創世主との戦いから数十年の時が流れていた。 転生と言うのか時間跳躍と言うのか……。 突如、デブ猫でケット・シーのケッティが現われ、ご主人様と呼ばれる盲目の魔女の下に案内される。 魔女より霊素と魔素について色々聞き、縮崩収納庫が使えるようになった。 その後ルシファーはアテゴラの街に向け旅立ち智天使だったアザゼルと再会する。 少女になり力も以前の三割程になってしまった事を再認識したが、創世主を倒すと言う気持ちは変わらなかった。 アザゼルから<死せる戦士の剣>と体に合う防具を譲り受け、他の同士を集める為にエパルロラの砦を目指すのだが、途中で訪れた港街シパリラで魔女裁判に遭遇してしまう……。

  • 現代ファンタジー
    連載中 68話 / 2019年6月17日更新

    夏休みのある日由緒は自分の部屋にするべくプレハブの掃除をすることになった。するとそこには地下へと続く階段があり友人の健太と2人、奥へと入っていくのだった。

  • 選ばれし英雄たちが波乱を起こす物語

    ★310

    異世界ファンタジー
    連載中 59話 / 2019年6月17日更新

    主人公は神によって、異世界へと召喚された。 その世界には英雄と呼ばれている特殊な力があり、それに選ばれることになる。 英雄には奇跡‐フィデス‐と呼ばれる力が使え、それに加え、心を武器に変換できる異能力を授かる。 同じように選ばれた6人の英雄たちと共に冒険をしていく中、昔存在したという五大英雄たちが残した因縁に巻き込まれていくことになる。

  • 熱いバトルシーンを愛する方へ

    ★2,400

    現代ファンタジー
    連載中 30話 / 2019年6月16日更新

    突如として町の中心に現れ、その場違いな巨大さを周囲に見せつけておきながら、しかし誰にも興味を抱かれないという奇妙な建物【不問ビル】。 そのビルにただ一人疑念を抱き、その正体を探っていた少年,互情竜昇は、ある時誰も見向きもしないはずのそのビルに入っていく一人の少女の姿を目撃してしまう。 【不問ビル】の手がかりを求めて、少女を追って中へと入った竜昇は、しかしそれによって知ることになる。あまりにも不可解なそのビルの、あまりにも理不尽なその正体を。 「ヤバい……。俺こんなゲームやったことがあるぞ……!!」 立ち並ぶ武器、与えられるスキル、そして発動する魔法の力。 戦闘に対して異常なまでの才能を発揮する少女、小原静とコンビを組み、誰に問われることもないビルの中で、今竜昇の脱出のための攻略戦が幕を開ける。 (この作品は小説家になろう、Arcadia、カクヨムの三サイトにも投稿しています)

  • 異世界ファンタジー
    連載中 3話 / 2019年6月16日更新

    国は上州(群馬県)の国定村。 その村に生まれた忠一は幼い頃から剣術を学んでいたが、十六歳からギャンブルにハマり、ヤクザ者となった。 そして上州一帯を仕切る名うての"長脇差"として一家を構えるに至った彼はある日、榛名神社に参拝に行くための道中で刺客に襲われ瀕死の傷を受けて湖へと落ちる。 目が覚めた時、彼がいたのは奇妙な世界だった。 からっ風が鍛え抜いた義理人情、上州博徒の心意気……博奕の音に誘われて、異世界に殴り込む!!

  • 少女ふたりの危険な冒険

    ★600

    異世界ファンタジー
    連載中 16話 / 2019年6月16日更新

    小説家になろう出身の物書きです。 オリジナル異世界ファンタジーを書いてみようという目論見から始めました。 勿論、全て終わっていないのでバランスよくはならないかもしれませんが、頑張っていきたいと思うので応援お願いします!

  • その夜、空からダンジョンが降ってきた。

    ★100

    現代ファンタジー
    連載中 1話 / 2019年6月16日更新

    雲一つない夜。 切り裂かれた星空から、いくつもの光の玉が落ちてきた。 光の玉は散り散りになって飛んでいって、そのうちの一つは我が家の蔵の中に落ちた。 そして――光の玉はダンジョンとなった。 『ある日の日記』より この作品はカクヨム様でも公開しています。 6/17 ジャンル別日間64位

  • 全てのぼっちへ。

    ★10,710

    現代ファンタジー
    連載中 12話 / 2019年6月14日更新

    『このダンジョンはお一人様用です。二名以上でのご利用はご遠慮ください』 ダンジョンという存在が当たり前になった近未来。多くの人にとって冒険者という職業が憧れの的となった時代に、男子高校生の佐藤太郎は平凡な生活を送っていた。しかしある日、何故か自室の本棚の裏にダンジョンの入り口が出来る。 普通なら喜び勇んでもおかしくは無いが、そこは影を極めたような性格の彼。慎重にダンジョンの事を観察しようとするも、ふとした拍子でダンジョンへ入ってしまう事に。意図せずしてレベルとステータスを手に入れた彼は、徐々に現状を変える為に行動を起こしていく。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・事件などにはいっさい関係ありません。

  • スケルトンの恋、お読み頂けると幸いです。

    ★1,460

    異世界ファンタジー
    連載中 49話 / 2019年6月14日更新

    冒険者のケビン・パーカーは遺跡を探索中、落とし穴に落ち死亡してしまった。 それから20年……ケビンの意識が戻ると、なんと自分の体は骨となりスケルトンになっていた。 遺跡には魔物が外に出れないように結界が張られている為外に出れない、失意のまま遺跡を彷徨っていると魔物に襲われている新米の女冒険者コレットを発見する。 その瞬間ケビンはコレットに一目ぼれをしコレットを助けるもコレットは今度はスケルトンに襲われると思いケビンを倒して逃げてしまう。 ところが遺跡の魔力でケビンは復活、その後ケビンは何度も遺跡に訪れるコレットに様々なアプローチをするがその度に倒され、コレットもまたその度に疲労し町に戻る羽目になり遺跡の奥へ進めない。 どうして振り向いてもらいたいスケルトンのケビン、どうしても遺跡の奥へ行きたい冒険者のコレット。 二人の想いのぶつかり合いが始まる。 ※毎週月・木に投稿予定です。 ※この作品は「小説家になろう」さんと「エブリスタ」さんと「カクヨム」さんとののマルチ投稿です。

  • 少年少女の物語が今始まる

    ★1,600

    異世界ファンタジー
    連載中 4話 / 2019年6月14日更新

    曰く、その“門”の中には個人が一生をかけても使い切れないほどの財宝が眠っている。 曰く、その“門”の中には世界中の研究者が集まっても解明できない法則に満ちている。 曰く、その“門”の中には人類の常識を超越するほどの叡知や不死の法が隠されている。 今日も一人、また一人と金銀財宝を求め、あるいは研究意欲を刺激され、あるいは“門”を踏破した英雄となるため、希望と期待を胸にその地へ集う。 本作の主人公『カイ』もまた一攫千金を夢見てこの迷宮都市のある島『アベンド』へとやってきた新米冒険家の一人。 だが、“門”の迷宮に挑む彼の前に現れた一人の少女との出会いによって、彼は迷宮の中に眠る大きな謎を解き明かしていくこととなるのだった。 これは、そんな少年と少女の未知なる迷宮に隠された謎に挑むワクワクとドキドキの冒険ファンタジーである!