トラウマ

検索結果:33件

  • 銀と赤とヘビの牙。 

    「死にたい」ではなく、「消えたい」。

    100

    0


    2021年10月22日更新

    心が動かなければ、傷付かない。穴は空かない。痛まない。 だったら、そのほうがいいだろ? 「BOYSFANコン」募集テーマ『お題フリー』 黒髪、華奢な体、白い肌。 大人になった今でも、消えたいと思う『オレ』には、別れてから半年経つ元カレが居る。 たまたま行ったバーで働いていた男。 銀髪、長身、整った顔立ち。 この男なら、男も女も選びたい放題なのに、男はなぜか『オレ』に声を掛け、持ち帰った。 そして初めて会ったその日、男は『オレ』を抱いた。 砂糖を大量に入れたコーヒーみたいに、甘ったるいセックスだった。 常に声を掛け、気遣い、気持ち悪いくらい優しく、丁寧に『オレ』を抱いた。 真っ赤な舌を這わせ、体中を舐めまくる男を、ヘビみたいだと思った。 「ねぇ、俺と付き合ってよ」 何が気に入ったのか、ただの遊びなのか。それとも、いいおもちゃを見つけたとでも思ったのか、男が言った。 そして四ヶ月ほど経つと、男は別れを告げ、『オレ』のもとを去っていった。 それから半年。 なんの前触れもなく、突然、その元カレが訪ねてきた。 「ヤりに来た」と。 ただ、今日の男は、『オレ』が知っている男ではないみたいだった。 基本、甘ったるいセックスをする男。それが、今日は違った。 気遣いや優しさなんて感じられない乱暴なセックスに、一方的な暴力。 そして、いつも気持ち悪いくらい優しかった男に、初めて、傷を付けられた。 まるで、呪縛のような首輪が付いた『オレ』の首に、男は歯を立て、咬傷を残した。 その行為に、何か意味があったのか。 男は何を考えているのか、何がしたかったのか。 本当に、ただ「ヤりに来た」だけなんだろうか。 ※『白と黒とガラス玉。』と、対になっています。

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 鬼の忌み子の鎮魂歌(レクイエム)〜〜虐げられた2人が温もりを知り、愛を知る。〜〜

    重く、優しく、2人を包む愛。

    100

    0


    2021年10月17日更新

    「鬼の忌み子」と呼ばれた少年・グリヤ。 額に角を一本生やした彼は、村の子供達から異端扱いされ、いじめられていた。 そんなある日、グリヤは1人の少女と出会う。 その少女は色白で美しく、黒く長い髪をしていた。 グリヤはその少女に声をかけると、その少女は何も言わずに走り去ってしまった。 それ以降会うことはなかったのだが、それから5年後。 16歳になった彼は、遊郭街・吉原で最も治安の悪い「羅生門河岸」で取り立て屋として働いていた。 この仕事をやることで徐々に自分の容姿に自信を持つようになったグリヤはある日、ある少女に無言で助けを求められる。 何事かと思ったグリヤは、すぐさま自分の家に匿ったのだが、その少女は5年前に声をかけた少女で……!? 運命的に出会ったワケありの2人が、不器用ながらも少しずつお互いに理解し、歩み寄っていく、和風ファンタジー純愛物語である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 手動鉛筆削り人間

    だが考えたって何にもならない。

    2,500

    0


    2021年10月6日更新

    ――新しい鉛筆の下部十分の一ほどのところにカッターナイフを入れ、斜め下に削り落とす。……この瞬間が俺は嫌いだ。 低温純文。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,400

    385


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む

  • お見合い相手は大嫌いな同級生だった!

    大嫌いな同級生との再会!!

    400

    0


    2021年8月5日更新

    「雪乃、明後日の日曜日にお見合い決定やから!」と突然母に言われ 付き合っている相手もいなく 三十路手前の私、羽山雪乃27歳には断る理由もすべもなく仕方なくお見合いを受けるはめになった・・・。 そしてお見合いの席で私は中学の時の同級生、横山丈一郎と再会した・・・。 「雪乃久しぶりやなぁ」と大嫌いな奴が爽やかな笑顔で私に微笑み立っていた・・・。 お見合いの相手が、まさかの同級生・・・その頃の奴の一言のせいで私はトラウマになったんや!!! 誰がアンタなんかと結婚するか!! 絶対に断ったるからな!! 表紙と丈一郎の挿絵(4ページ目にあります)を エブリスタのBeeさんに描いて頂きました☺ 素敵な絵をありがとうございました🎵 ⬇Beeさんのリンク⬇ https://estar.jp/users/512222951

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 無事解決!

    世の中で一番怖いのは、生身の人間

    200

    2


    2021年7月25日更新

    実家に子供連れで帰省した佳代。そこで予想外の出来事に遭遇したが、取り敢えず無事に解決。でも思わぬところに影響が出てしまうことに。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • ナナシは怪異(?)に好かれてる

    オカルトホラー✕コメディーの短編集

    2,200

    0


    2021年7月21日更新

    ナナシは激しく恐怖する! ナナシは皆さんがご存知の、あの愛すべき国民的キャラクター、らしき存在に遭遇します。 それは、あの可愛らしい猫型ロボット、または頭がパンの愛すべきヒーローなど。 しかしナナシには、その存在そのものが恐怖の対象になってしまうのです。 それは純粋ゆえか、サイコパスゆえか、はたまた変態ゆえか…。 私達が可愛らしいと思うあの瞳が、ナナシには瞳孔を開き獲物を狙う恐ろしい眼球に見え、手助けするその優しい手が、ナナシを襲う禍々しいまでの悪魔の拳に見えるのです。 そしてナナシは、一人で苦しいもがき、恐怖におののき、自らを窮地に追い込むのです。 そんなに愚かで可愛らしいナナシの日常を、短編形式でお送りいたします。 ナナシの一挙手一投足をご堪能ください。 ※作品内に登場する様々な有名キャラクターらしき存在をディスるための短編小説ではありません。

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • あなたの顔に色なんて必要ない

    青年はなぜ手を隠し、少女は理解したいのか

    200

    0


    2021年6月18日更新

    注意事項ですが、展開が進む毎に精神的に辛くなるかも知れません。 心の強い方、考え過ぎて病んだりし難い方にお勧めします。 複雑な思春期の心と、背負い込んだ過去を持つ青年と少女を題材にしています。 彼らは過去に何があり、今をどう生きていくのか。 そして二人だからこそ分かり合える幸せの大きさ。 そんなテーマで書いている作品です。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • クラゲが人間になる時

    あの日からずっと、すべてが曖昧なままで。

    4,100

    0


    2021年5月24日更新

    僕はクラゲだ。あの日からずっとそうだった。 征薙先輩に、出会うまでは。 トラウマを抱えた男子高校生と先輩との、出会いと恋の物語。 ※この作品は個人サイトに載せていた短編を手直ししたものです ※小説家になろうにも重複投稿しています

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 雨の日に

    青空なんてずっとこなければいいと思ってた

    500

    0


    2021年4月30日更新

    「青空なんて、ずっとこなければいいと思ってた」 晴れの日が嫌いで、雨の日が好きな高校生、二野 真(にの まこと)。 彼は今日も晴れた青空の眩しさに、目を細める。 だがある日、雨の日に差し出された赤い傘。 それは、彼の晴れ嫌いを揺るがしはじめた。 真は、晴れの日に煌めく少女に眩しさを覚えてしまう。 彼が晴れの日を嫌う理由とは──?

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 世界が色付くまで

    このまま、静かに朽ちて逝くと思っていた。

    400

    0


    2021年4月20日更新

    時が止まった狭い静かな無彩色の世界で、静かに朽ちて逝くだけだと思っていた。そんな漠然とした予想を抱いていた恭子だったが、数年前の彼女の目の前に広がった世界は、少しずつ確実に新しい自分を作り上げていった。しかし時折追いかけて来る過去が彼女の心身を覆い隠し、心の中に薄闇を広げる。そんな変わり映えしない日常の中、自己中心極まりない雇い主から受けたとある指令で、恭子は自分とは相対する立場の人間と真正面から向き合う羽目に陥った。 【夢見る頃を過ぎても】続編。背負った重荷の為、互いに自分の感情を容易に表に出せない男女の、迷走する恋愛模様を書いていきます。

    読了目安時間:16時間25分

    この作品を読む

  • Seventh Phobia

    以前書いた作品を徐々にアップします!

    0

    0


    2021年4月11日更新

    歳を取る毎に悪化する、恐怖症《トラウマ》…… このままでは生きていくことすら難しい。 そういえば、この恐怖を最初に感じたのはいつだったのか… 曖昧な幼少期の記憶を手繰り寄せ、 ---集団セラピーに臨んだ青年が辿り着く答えとは---

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間52分

    この作品を読む

  • ナメコたちは想像する

    祖父との思い出

    1,000

    0


    2021年3月30日更新

    ある日、前ぶれもなく消えた祖父。 祖父との思い出にひたり、少年はなにを思うのか。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 清潔の部屋

    身体の中も白く塗りつぶせればいいのに。

    0

    0


    2021年3月25日更新

    姉の指先に惑わされてしまった少年のお話。 【Twitter企画タグ:#週一創作ワンライ】 お題 ・欲 ・人混み ・頭が痛くて、 ・一回やってダメだった ・「こんなに美味しい○○ははじめて」 ※この作品はTwitter(@ojitw)・カクヨム・アルファポリス・小説家になろう・ステキブンゲイ・エブリスタ・ノベルアップ+・Novelism・pixiv等に掲載しています。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 【悪逆の翼】絶望の世に堕ちた魔王は、家畜の為に人類に復讐する

    怒りをテーマにしたダークファンタジー

    7,100

    0


    2021年3月12日更新

    『怒り』をテーマにしたダークファンタジー。 主人公、終夜鴉紋が幼馴染の五百森梨理と異世界転移したのは、赤い瞳の人間を『ロチアート』と呼び、家畜の様に管理して喰らう世界であった。 秩序も規律も守られ、犯罪も起きぬ泰平の世界。その住人に何の悪意もなく大切な人を喰わされた鴉紋は、腕を黒く変化させ人ならざる剛力の力を発現する。 怒り迸り何もかもを破壊しながら、鴉紋はその世界を統治するという9人の天使の子を殺し尽くし、自らの願う世界を創造する為に闘う事を決意する。 始めは一人であった鴉紋だが、その道すがら志を共にする仲間に出会う事になる。 幼馴染に似たロチアートの少女セイル。 ロチアート農園の教育者死人使いのフロンス。 貧民街の快楽殺人鬼、夢使いのシクス。 いずれも特殊な性癖を持つロチアートである彼等に、自らも人間であることを悟らせた鴉紋は、彼等と共闘し都の憲兵隊、そして天使の子と激闘を繰り広げ、世界そのものに反旗を翻す。 しかし、彼がこの世界に訪れてしまった事も、その世界を破壊するといった、ある種異常に思える意志すらも、彼の内に潜む別の人格による因果のものである事を彼は知らない。 そして壊れていく。ロチアートも同じ人間だと言いながら、ロチアートの為に人間を殺戮していく悪魔へと。平和な世界に堕ちて来た、ただ一つの悪意として。 そしてもう一人の主人公、騎士ダルフ・ロードシャイン。 両親を鴉紋に殺された事で復讐の鬼となり、幾度となく戦いを挑んでは敗北を喫する。しかし彼の内に滾る執念が、異形の力を呼び起こしていく。 宿敵と何度も剣を交えるうちに、ダルフは否定していた筈の鴉紋の言葉に、ある疑念を抱き始める様になっていた。 ――ロチアートとは何なのか、正義とは何なのか。 自分の信じた正義の在り方に疑問を抱いたダルフは、瞳の無い少女、リオンと共に宿敵を追う旅路に出た。 ダルフは奇しくも鴉紋と似た経験を経ていく事となるが、導き出される結論は決して交わらない。 辛く険しい旅路を繰り返し、ダルフは一つの結論に至った。 そうして彼は民草の為だけに、鈍色の巨大なクレイモアを振るうのだ。 悪魔を滅し、安寧を取り戻す為に。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間23分

    この作品を読む

  • 30年の軌跡。ボクからあなたに、今だから伝えられること。

    【実話】大人には分からない子供の気持ち。

    5,300

    0


    2021年2月24日更新

    2020年の1月で30歳を迎えた私が、毒親に育てられ、不登校や引きこもりを経験して、ようやく掴み取った幸せ。 今回はボクの親の話をしたいと思います。今、毒親という言葉をよく聞くようになりました。苦しんでる、悲しい思いを誰にも言えずにいる子供たちがたくさんいる。 ボクは、この話をすることで少しでも多くの人にこういう子たちがいることに気付いてもらえたらいいなと思います。悲しい思いをする子が減ることを願ってます。 大人たちが向き合わなきゃいけない現実。決して他人事にしないでほしいこと。 ニュースの中だけの出来事ではないということを、知ってほしい。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 【恐怖チョコ三題噺】佐崎ユウナは繰り返す

    彼女が見つめる先には……。

    2,900

    0


    2021年2月14日更新

    2月14日、バレンタインデー。天霧マキは幼馴染の佐崎ユウナに手作りチョコの作り方を教えてほしいとお願いされる。ユウナは二人の共通の幼馴染、神崎ヒロに告白するのだと息巻いていた。 マキはそれを了承。そこに友人の牧原アカネも参加する。 放課後、チョコを作ったユウナは、早速ヒロに渡すために学校をあとにする。面白半分で告白現場を見に行こうとするアカネをマキは止めたが、アカネはユウナを見かけて告白現場へとやってくる。 そこでアカネが見たものは。 そして、マキがアカネに告白したものは。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 咲夜。人の寿命が見える私と、来年までに死ぬ彼の話。

    第三回ライト文芸大賞奨励賞受賞作品

    426,080

    3,042


    2021年1月28日更新

    加護咲夜(かごさくや)、高校一年生。 彼女には、不思議な能力があった。それは、他人の寿命が〝年数〟で見えること。彼女には大きな未練があった。それは、寿命一年である事を知りつつ見過ごしたことで、とある女性を救えなかったことだ。 咲夜は高校の入学式の朝、屋上から空を見上げる男子生徒の姿を見かける。なんとなく視界の隅に入った彼、今泉京(いまいずみきょう)の寿命は──〝一年〟だった。 先輩が来年までに死んでしまう運命を変えられた時、私が背負った罪の十字架も下りるのかな? 次々現れる寿命一年の人物を救いながら辿り着いた世界で、ついに咲夜は彼の死の間際に直面する。 「先輩──!」 伸ばしたその手は届くのか──。 偽善か──それとも贖罪か。死神の目の使い方。 ※アルファポリス主催、第三回ライト文芸大賞最終選考。 ※HJ小説大賞2020後期、最終選考。 ※読み手のネコ様のレビュー企画で、長編一位の評価を頂きました。 ※表紙用のイラストは、『SKIMA』を利用してmu様に、タイトルロゴは草食動物様に作って頂きました。 ※Part51の挿絵として、ミカスケ様のフリーイラストを使わせて頂きました。

    読了目安時間:7時間57分

    この作品を読む

  • ときこぼれ

    秋は笑いの季節

    2,700

    0


    2020年11月20日更新

    秋のまっただ中のことだった。その知らせは突然にやってきた。 秋といえば紅葉。赤、真っ赤、真っ赤っ赤。だけど私の秋は、タコみたいに色をかえた。白、真っ白、真っ白け、黒、真っ黒、真っ黒け。 秋といえば、運動に、おいしい食べ物に、芸術に読書。『なんとか』の秋が多すぎなのは何でだろうね。 でも私には関係ない。みんなが楽しそうにしてるだけで充分。見てるだけで楽しい。それだけで笑顔になれる、それだけで笑える。だから、私にとっては、秋は、『笑い』の秋。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 初のスクールライフ改造記録 ~元・自殺志願者が完全無欠の男の娘になって囮役をがんばる~

    いじめ→失恋→自殺→ハイ〇ース→男の娘

    800

    0


    2020年10月24日更新

    改造とは救いである。いじめと失恋をきっかけに中学二年生にして立派な自殺志願者となった少年、春日 初(かすが はじめ)は、自殺決行寸前で謎の女に命を救われるが、その条件として謎の女の代わりに男性からの告白を引き付ける囮役を務める男の娘になることを受け入れることになる。一年に渡る殺人的教育という改造を施された彼は完全無欠の令嬢・千条院 初(うい)として高校デビューを果たすが、その後も事件があるごとに改造され、時に誰かを改造していく。やがて彼は過去のいじめや失恋に端を発する問題に直面して……。この物語は運命に翻弄されるクズ系男の娘の足跡をたどるコメディです。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間18分

    この作品を読む