ニート

検索結果:15件

  • 殺人電波を発射する少年と受信する少女の話

    ♡1,302,950

    〇47,720

    異世界ファンタジー・連載中・188話 斎藤まめ

    2019年12月8日更新

    ※『キャラクター紹介 ─ 1 ─』 ※『第一章のあらすじ ─ 1 ─』 それぞれを掲載しました。 ※キャラクターデザインを頂きました。 『キャラクター紹介 ─ 1 ─』に掲載してありますので、ぜひ、見てください。 イメージの補完に役立つと思います。 【構外 ─ 全体あらすじ ─ 】 個人の経験、知識、個性を読み取り、それを元にしてオリジナルスキルとして発揮できる。それが完全永住型ファンタジーワールド『アルカンディア』の特徴の一つだった。 少年コウは参加して直ぐに、世界にたった一人だけのレアスキル『デス・レイ』を授かる。 それは掌から大出力電波を放出し、数千℃のプラズマとして照射できる能力。 魔法や現代武器よりも破壊力があり、この世で貫けない物はない力だった。 少年コウは参加した初日にユウナと出会い、その直後、謎の追跡者から命を狙われる。 彼はその危機をデス・レイで戦う。 さらに戦いを通じて掌から発射される電波を利用した金属荷電ナイフを編み出す。 それはどんな刃物であっても、コウが使用すれば原子レベルで物体を両断できる能力だった。 電波を自在に操る少年とどんな波長も受信する少女が織りなす、おなじみのモンスターや最新兵器との対決、戦闘を繰り広げるSF&バトルファンタジーです。 わたしのTwitterアカウントです @type97_chihan

  • やさしい物語

    ♡300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・37話 おねこ。

    2019年12月8日更新

    僕の名前は、久留里 十三。 32歳、バツイチ子持ちで高校の教師をしている。 科学者になりたかったけど現実は厳しく今は、高校の教師をやっている。 担当科目は理科。 イジメありタバコあり酒あり。 なんでもありの反抗期真っ盛りの高校2年の担任を務めている。 僕は、GTOやごくせんのような熱血教師じゃない。 でも、強さだけなら負ける気がしない。 7歳のころからしか数えていないけれど、僕は核兵器を使わずに地球をを約45,700回滅ぼすことができている。 1日約5回は、地球を壊せている。 それをしないのは自由という可愛い娘がいるから…… 僕は、自由のために正義の味方に一番近い存在。 つまり、教師になることを目指したんだ。 さて、そろそろ自由が目を覚ます。 いまから自由との物語を少しずつ話そうと思う。

  • ヤバい魔法少女たちで送るバトルコメディ!

    ♡12,250

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・21話 (的}

    2019年12月8日更新

    24歳で引きこもり・ニート・魔法少女オタクと最悪の三拍子が揃っている熊ノ口すももは、ひょんなことから『空飛ぶ生首』と出会い、自身も魔法少女になることに。 夢が叶ったと喜ぶすももだったが――、現実はそう甘くはなかった。 巨大な怪物に、更には自分より遥かに年下の小学生魔法少女にボコボコにされ煽られて、遂にすももはブチ切れる。 「ぜったい許さない。あのクソガキ共に魔法少女のあり方って奴を叩き込んでやるっ!」 そうして彼女が足を運んだのはなんと魔法少女の死体を最終兵器として改造しているヤバい組織で――!? なにもかもぶっ飛んだ少女たちでおくるバトルコメディ、ここに開幕!

  • 2019年12月8日更新

    ニート。 学校にも通わず。 仕事もせず。 就職活動もしていない人のことを言う。 世間は狭い、世界は暗い。 一度落ちたら抜け出せない天井のない無限の宇宙が広がっている。 就職活動に失敗し続けた俺は、通りすがりの魔王に異世界に飛ばされた。 異世界に飛ばされる=強くなれる。そんな訳もなく。 異世界に飛ばされる=特殊能力が得れる。だったらいいな。 結局俺は、異世界に飛ばされても何も出来ない。 そんな俺でも鍛えれば強くなれるのか? 答えはだれにもわからない。 普通になりたかった。 だけど異世界に転生するのなら普通以上の力が欲しかった。 誰かを護る。 そんな力がほしい。 ※カクヨムさん、メクるさん、エブリスタさんでも公開しています。

  • 剣も魔法もすべて違法 合法的ファンタジー

    ♡5,306,700

    〇110,860

    異世界ファンタジー・連載中・94話 まくるめ

    2019年12月2日更新

    冒険と英雄の時代は、リクが生まれたときにはもう終わっていた。 平和になった世界では、武器も魔法もすべて違法。 かつての英雄は、法律で牙を抜かれ、りっぱな社会不適合者と化した。 そんな世界で。 最強の勇者夫婦の子供として生まれたリク。 彼を監視する幼なじみの法律家アルル。 二人の合法的ファンタジー。 リクは絶大な潜在能力を持つ。 冒険と人助けにあこがれるが、理不尽な法律にしばられる。 彼の武器は「世界の半分を手に入れる」という「ある能力」。 アルルは違法行為をした勇者を完全に無力化できる。たとえ相手がどんなに強くても。 ただし戦う力はない。 彼女の目的は、リクが「ある能力」を自覚しないよう防ぐこと。 平和な日常が続くはずの世界に、消えたはずの過去の奇病がよみがえる。 リクはこの土地を救わなければならない。 かつての最強の英雄たちに接触し、 その中から犯人を見つけ、 倒すのだ。 しかも「合法的」に。

  • 勘違い系ラブコメを意識したものです

    ♡235,300

    〇4,669

    恋愛/ラブコメ・完結済・179話 竜頭蛇

    2019年11月23日更新

    公爵家長男、ガイア・フォース。 彼は勘違いによって国王に国家転覆の嫌疑をかけられ、国外に逃亡。 限界に陥ることで真理に気づき、辺境で美少女専門テイマーになる。 将来伴侶となる美少女を求めて彼は相棒と共にテイム生活を始める。 「ノンストップブレイブ~イケメンメンタリスト(偽)と勇ましいビビり勇者の無限迷宮攻略」を新しく始めたのでよろしければそちらもどうぞ。

  • ダンジョンでニートがチートでHなハーレム

    ♡4,300

    〇205

    現代ファンタジー・連載中・37話 芝乃桜

    2019年11月3日更新

    ある日突然ダンジョンが現れた世界で、ニートをターゲットにした悪法により無理矢理ダンジョンに放り込まれた主人公は世界と戦えるほどの力を手に入れた。 彼は誓った。ニートを捨てたこの国に復讐をすることを。 しかし彼がダンジョンから出てくると世界は大きく変化していた。 巨乳エルフや気弱なウサミミや気の強い猫耳に囲まれながら、彼は復讐を成し遂げるために巨大な敵と余裕で戦うのだった。

  • 最強だけど残念な魔王とニートお嬢様の物語

    ♡2,850

    〇105

    現代ファンタジー・連載中・13話 大魔王マオマオ

    2019年10月29日更新

    強すぎて世界をあっさり掌握してしまった魔王はめちゃくちゃ暇だった。 挑んでくる勇者が育つことを期待して人間達は自由に活動させていたが、待てど暮らせど勇者が攻めてくる気配はない。 うっかり真面目に治世をしたら、上手くいきすぎてしまい世界は平和そのものだったのだ。 かつては凶悪だった側近達も反逆を企てるでもなく、平和な世界でふにゃふにゃになっている。 つまらない世界は手下たちに任せて、魔王はまだ見ぬフロンティアを目指し冒険に出る。 小説家になろうに同時投稿中。

  • 2019年10月18日更新

    魔王討伐のために異世界へ召喚されてしまった少年・二階堂裕也。胸弾むような冒険を期待し、仲間とともに旅に出た裕也だった……が、ゲームを愛する引き籠りだったがために裕也は早々に魔王討伐を諦めてしまった! それに激怒した国王は裕也を王都から一番遠い村へ追放してしまう。働かなくて良い事を良い事にニートライフを満喫しようとしたが、何故か一緒に王の娘まで付いて来て……「働きましょうよ! 勇者さま!」「むにゃむにゃ……あと五年寝かせて」働きたくない裕也と働かせたいお嬢様の争いは今日も絶えないようです。

  • アラサーニート女子よ、運命に抗って戦え!

    ♡33,450

    〇1,565

    SF・連載中・47話 綾瀬アヤト

    2019年10月15日更新

    ▶▶アラサーニート女子よ、VR対戦で勝利と栄光を掴み取れッ!◀◀ 絶対の記憶能力と、幾つもの並列思考を実現する理系女子がココに居る。 だが折角の能力を無駄遣いし、無職アラサーニートとしてゲーマー街道を突き進むのが『桐生リゼ』という喪女だ。 リゼは発売直前のフルダイブ型の対戦VRゲーム《MateRe@LIZE Nexus》のβテスターへ当選し、VR世界では『リーゼ』という男アバターで暴れ回りつつも、ゲーム内フレンド達と充実したニート生活を満喫。 ……だが、次第に様々なトラブルにも巻き込まれてゆく。 そんな折、リーゼは『アルマ』という女性と出逢った。 アルマはリーゼには無いものを持ち、同時にアルマにない物をリーゼは持っていた。 お互いが何か欠けた同士、お互いが埋め合える同士。 次第に二人は、互いの存在をかけがえの無いものだと認識する。 ――そして二人の進む先で、現実世界の『桐生リゼ』がニートとなった原因の一端が《MateRe@LIZE Nexus》内で顕現。 アバター状態のリーゼは未知の力に覚醒するも、それは破壊と破滅をもたらす諸刃の力だった。 この力を抑えこみ、リアルでの未来も掴むため、持ち腐れの能力を今こそ発揮する時が来た! リーゼとアルマ、一人なら何も出来なくても、二人でなら出来る。 共に手を取り合い、VR世界から未来を撃ち抜くんだ―― 「今こそ、叛逆開始っ!」 ※本作品は「ノベルアップ+」版としての専用内容で掲載させていただいております。 ※別サイト「小説家になろう」では、2019年10月より試験的な全面改稿版を掲載しております。 今後はノベルアップ版も改稿版へ差し替えを実施する予定ですので、その際は改めてお知らせ致します。

  • ここまでがテンプレ。これからもテンプレ。

    ♡600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話 神月うな

    2019年8月14日更新

    異世界転生した主人公が、異世界転生を批判するお話です。 少々捻くれてますが、ド〇えもん並の温かい目で見ていただければ幸いです。 ※注意事項 ・ネタです。マジ目に批判しないでください。泣きます。 ・内容にはネットスラングを含む場合が多くあります。良くわからない場合は自己責任で調べてください。 ・万人に受けるものだとは思っていません。誰かが笑ってくれればそれでいいのです。 ・褒めると喜びます。 なんか「西のカナ」の「ト〇セツ」みたいになってきた。←何言ってんの? こいつ。 ・注意書きはお仕舞です。ここまでで十分な方は本編へ。なんか書いてあるから読んでやろうというもの好きは、下へお進みください。 ※以下は愚痴になります。 ・この小説はプロローグを書いてから一度消されています。 作者が間違って保存を押さずに、タブを消してしまったせいです(一話を書いていた時期は寒かった) ・以前書いていたものを改変し、新しく投稿することになりました。 ネット上に上げていたものに納得できず、書き直しを重ねる間に色々余計なものを付け足していってしまった。と深く反省しております。 ・一回下書きに戻してから改稿すると、通知行かないよねぇ? これは運営への不満です。 まぁ、駄文を書く私が悪いのですが。

  • 昔の作品引っ張り出して来ました。

    ♡1,500

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・100話 ヘリック

    2019年8月5日更新

    吸血鬼。 僕はその存在を否定していた。 しかし、吸血鬼に吸血され、同じ吸血鬼になってしまったからには認めない訳にはいかないだろう。 吸血鬼はそれほど良いものではなかった。むしろ弱点が多すぎる。 特に日光はダメだ。灰になる。 昼間は出歩いたらいけないんだよな。だったら、引きこもってもいいよな。 だって、死ぬわけにはいかないからな。 これは僕の吸血鬼としての日常を綴った物語だ。

  • 神なら残酷な判断も時には重要

    ♡11,250

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話 水の中メダカ

    2019年7月3日更新

    天才プログラマーである両親の元で育った、 太田 陽は15歳の誕生日に両親から 【マイワールド】 と言う試作段階のデータをプレゼントされる。 その日を境に、 陽はマイワールドと言う世界にのめり込んで行く。 マイワールドは0から世界を構築し、 様々な人種、 ルールなどを無限に設定できる世界で、 マイワールド内での人々の生活や、 1人の人生を鑑賞したりする事も可能な、 まるで自分が神にでもなってしまったかの様な感覚に陥るものだった。 神になった陽はマイワールド内の世界に、 魔法と特殊能力をを持たせた自分好みの女性を5人創造すると、 世界を5大陸に領地化させ5人の女性達に統治させるのだった。 人間族、 亜人族、 魔族、 竜族、 機械族、 各種族に1人 【俺の嫁】 を配置した陽は、 今日もマイワールドの観察を続けるのだった。 「私達人間族は、 創造神様に1番近い存在なのですっ! 」 「我ら亜人族のプライドを汚すならば……死をもって償え」 「ウフフ…… 貴様らの様な虫ケラが足掻いたところで、 何も変わりはしませんよ? 」 「ふむ…… 竜族は長寿じゃからのう…… 」 「はぁ〜いっ! 争いはよくないですよぉ? ん〜…… 面倒なので一旦全部壊しちゃいますかぁ?」

  • なんとなく書いてみようと見ましたw

    ♡300

    〇300

    現代ファンタジー・連載中・4話 黒華

    2019年6月22日更新

    俺は、ふぁいなるごっどの主人公 神 最後普通にニートをして気楽に生きていたクズです。 この話では、元々クズで使えないニートだった俺がある時を境に神となる自分でも意味のわからない笑いあり涙あり(あんのか?)ナレーターありのぶっちゃけ作者の暇潰し件ネタ切れ小説です。

  • 少し変わった異世界転生です。

    ♡2,360

    〇未参加

    異世界ファンタジー・連載中・6話 さくら

    2019年5月22日更新

    カップラーメンを食べて寝た俺は、息苦しさで目を覚ました。なにか柔らかな肉の塊で窒息しそうだった俺は、異世界でとんでもない者になっていることを知る。