ネカマ

検索結果:5件

  • ネカマの鈴屋さん【コミカライズ版掲載中】なろう版120万PV突破!

    身悶えするラブコメ→コミカライズ化掲載中

    24,500

    200


    2023年1月27日更新

    週1回、読者様をニヤッとさせたい、楽しませたい、そんなSFラブコメを連載中です 「ネカマの鈴屋さん編」完結済! ついに元の世界で出会った二人。 その結末は…… ────────────── 『鈴屋さんのネカマとしての物語』は完結しましたので 『ネカマの鈴屋さん2』をサブタイトルとして続編の連載を開始しました 今後もよろしくお願いします (2021/7/2) ────────────── オンラインRPGの冒険中にパーティが全滅し、最寄りの街に死に戻りした俺。 気がつけばそこはモニター越しに見ていたはずの世界だった。 そして傍らには仲のいい1人のプレイヤー。 彼女の名前は鈴屋さん。 徹底したロールプレイで、男性プレイヤーから惜しみないサポートを受けてきた自称ネカマプレイヤーだ。 そのロールプレイがあまりに完璧すぎて、そのことを唯一知らされていたはずの俺まで、いつの間にか… 果たしてこの可憐すぎる鈴屋さんは 本当に「ネカマ」なのか。 それとも「ネカマ」を装った「女子」なのか。 ついでに俺達は元の世界に戻れるのか。 思わずニヤニヤしてしまうラブコメ日常! ファンタジー×ニンジャの戦闘! たまにやってくる切ない話! 3人のヒロインに翻弄されながら 時に笑い、時にシリアスに、時に切ない ニンジャの俺と、サモナーの鈴屋さんによる 甘酸っぱさ120%のラブコメ異世界奮闘記 ------------------ ※『なろう』にて連載中のものを改稿し、こちらで掲載しております。こちらに掲載した時点で、なろうでは200話を超えております。連載も2年を超えた長編です。 『ラジナニ』などのコーナーでは、リアルタイムならではの話があり、こちらではタイムラグが生じております。(連載〇周年の話題やFAイラストをもらった話がなど) 修正はいたしませんので、それも込みでお楽しみいただければ幸いです。

    読了目安時間:34時間43分

    この作品を読む

  • 【嘘報】グレートちゃっぴー大先生(笑)、深窓の令嬢だった事が判明!!

    アバター「藁人形」配布、まだっスか?

    2,300

    0


    2022年10月2日更新

    ああ、もう「兵馬俑」で代用すっかな・・・。(投げやり)

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • ノーバディーズ・パーフェクト

    はなチョコ。こと和道は完璧なネカマで……

    2,422

    0


    2020年12月29日更新

    はなチョコ。こと和道45歳は、ネットゲームで完璧なネカマを演じていた。男性からはもちろん、女性からも疑われたことがない。彼、否、彼女は完璧なネカマとしてネトゲ上に存在していた。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • ワナビ百合少女が恋した女流Web作家はネカマの男子クラスメイトだったと思いきやそのお母さんでした

    少女が憧れた女性作家の謎めいた正体は?

    1,600

    0


    2020年9月6日更新

    恋愛小説家を夢見るペンネーム「川原ヒナ」こと高校生の河原陽菜子はチャットで知り合った先輩の女性作家、「早志深幸」に憧れる。 ところがクラスメイトの男子、松代幸一郎に入学早々、小説家を目指していることを知られてしまう。 主婦を自称しながらファンタジー小説を書く深幸に惹かれていく陽菜子と、ラノベ好きの仲間ができて嬉しいとアタックをかけてくる松代。 あるとき、この二人に妙な共通点があることに気が付いてしまう陽菜子。 人気のネット作家、「早志深幸」の意外な正体とは……?

    読了目安時間:1時間26分

    この作品を読む

  • 俺はマルス。NPC。プレイヤーの彼女ができました。

    NPC、プレイヤー、双方視点の純愛物語。

    1,000

    0


    2019年9月7日更新

    俺はマルス。NPCの騎士だ。最近プレイヤーの彼女、ユイちゃんができた。金髪がふわりと揺れるかわいい16歳の女の子だ。料理も得意で魔法が得意な理想の彼女だ。 彼女の世界の事はよく分からない。ネカなんとかっていったいなんだろう。 でも、俺は、ユイちゃんのことを愛してる。 そんな俺らの前に、強力な魔獣たちの群れが現れて……。 NPCが主人公の甘く切ない両想い系恋物語。 ※ 小説家になろう、カクヨム、マグネットにも本作は掲載しています。 ですが、今後ノベプラオンリーの作品も作っていきたいです。

    読了目安時間:32分

    この作品を読む