ノベルアップオンリー

検索結果:5件

  • 大正伝奇物 in 女学校(百合あります)

    ♡106,266

    〇9,138

    歴史/時代・連載中・19話 鳥越ホクト

    2019年11月21日更新

    大正九年東京市。鳥の異能を持つ少女が、女学校でお姉様やら妖怪やらにほっとかれない話です。 カラスの翼を持つ少女――飛鳥きふ(愛称Q)は人生の岐路に立たされていた。 札幌での家族四人の暮らしはもう続けられない。 第七師団の父はシベリアに出兵した。母は妖憑のせいで神戸に行ったきり帰って来られない。 そして兄が獣憑との共学校の寄宿舎に入ってしまった。もう家族は誰もいない。 Qはひとりぼっちになったのだ。 そして決めた。帝都に居る祖母からの勧めで耶蘇教の女学校を受験することに。 叶わなかった家族との生活の代わりに心ときめくS(ほぼ百合)が待っている女学校への入学を目指すQ。 だが、その前に障害が立ちはだかる。 帝京には結界が張られていて妖怪の侵入を防ぐようにはなっているが、結界内で死んだ人が悪霊や動物霊になってしまうのは防げない。 そいつらは生前の記憶を持たず、ひとびとに悪さをする存在となりさがる。 ひとに憑き、その人と周りを不幸に陥れてしまう。 そんな良からぬものに対処できる大人は戦争や抗争にかかりっきりだ。 誰が帝京にはびこる妖憑を撃ち祓うえようか? 「武蔵七宮廻れば七里、空は七空、七迦楼羅。太陽の化身たる高知能な烏さん。神烏と家都美御子大神を守護神とする飛鳥きふです。ちからを貸してください。高周波活性旭光耽極《サンライズ レイヴン》」 数え十四の鳥憑乙女がやるしかない。 妖憑の元となる浮遊霊や動物霊の発生を防ぐために、夜な夜な帝都上空を巡回し。 動物霊に憑かれた妖憑たちを時には扶け、ときには滅す。 もちろん女学生たちとの憩いのひとときは無碍にはしない。当然だ。 そして三年と半年ちょっとののち、帝京に襲いかかるは未曾有の大災害である関東大震災!!! これは非情な運命に抗い、数々の障害を打ち破り、楽しい女学校生活(百合の園)を確保したらんとする飛鳥きふ(Qちゃん)の物語である。 (プレオープン時より『鳥憑処女奇想譚』のタイトルで連載していましたが、令和元年10月20日に改題しました)

  • 感情とは刃物よりも鋭利な凶器に成りうる

    ♡26,224

    〇2,000

    純文学/文芸・連載中・10話 泉海 みらゐ

    2019年10月25日更新

    【ノベルアップ+ 正式オープンに伴い】 感情を殺して生きてきた少年と、不治の難病を患う一人の少女が織り成す、出逢いと別れの物語。 『人間の感情』をテーマにした、あらすじ無しという、小説の概念を根底から覆す『切ない青春小説』です。 中盤~終盤にかけて、物語がふたつの意味でひっくり返ります。 ●あえてあらすじは書きません。それはこの作品のコンセプトによるものです。 この作品において、あらすじを書く必要はないのです。 あらすじを書かない理由は、この作品の完結後に後書きにてお伝え致します。 【十万字以上~十五万字以内完結予定】です。

  • 少しゾクッとさせたくて……。

    ♡100

    〇0

    ホラー・完結済・1話 時雲

    2019年10月10日更新

    小学校高学年、日進月歩に精神が成長して行く時期。そんな年齢の主人公たちの、少し悲しくて少しゾクッとする。そんな話を書いてみました。気に入って頂けると嬉しいです。

  • 女の子にお姫様抱っこされたい作者が書く。

    ♡5,500

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・20話 くろこん

    2019年8月31日更新

    哲学とは! 語義的には「愛智」を意味する学問的活動である。古代ギリシアでは学問一般を意味し、近代における諸科学の分化・独立によって、新カント派・論理実証主義・現象学など諸科学の基礎づけを目ざす学問、生の哲学、実存主義など世界・人生の根本原理を追及する学問となる。認識論・倫理学・存在論などを部門として含む。 (広辞苑調べ) 舞台は、『アヴァロム』という職業によって全てが決まる場所。哲学のての字も無いような場所へ、哲学の申し子『教授』が転生する!! 今、全く新しい『哲学×俺ツエーーーーーーーー道!!』が開幕する! くろこんの書く異世界王道ファンタジー!

  • 箱庭系惑星創造SFです

    ♡37,390

    〇0

    SF・連載中・12話 らぶもあい

    2019年7月5日更新

    いじめられっこである丸田まる雄はいつもの様に自分のオモチャをいじめっこに壊され、泣きながら帰路についていた。 そんなまる雄の前に現れたのが、白い髭を生やした小太りの男であった。 直ぐ様防犯ブザーを鳴らそうとするまる雄だったが、見た目とは裏腹に素早い動きでまる雄の意識を刈り取る謎の男。 まる雄が次に目を覚ますと、そこには知らない天井と、禿げたおっさんが一人。そして、おっさんはまる雄にこう言った。 「君は神になりたくはないかい?」 ひょんなことから小さな惑星の創造主となったまる雄が、時に悩み、時にめんどくさくなってゲームに夢中になるあまり文明が崩壊したり、時に推しCP布教の為に尽力をしたりと、己の欲望に忠実に創造ライフを送る。そんな物語です。 ※本作にはメタ表現、パロディ、ブラックユーモアが多く含まれております。用法・用量を守って正しくお使いください。なお、本作を読むと大概頭が悪くなる可能性があります。しかたがないので甘んじてIQを低下させてください。