ノベルアップオンリー

検索結果:5件

  • とりつきおとめきそうたん-和風伝奇物です

    ★4,450

    歴史/時代
    連載中 4話 / 2019年6月17日更新

    第七師団の父はシベリアに出兵した。母は妖憑きのせいで神戸から動けない。 その身の不遇故、受け入れるしかない兄とは違い、彼女は獣憑きとの共学を是としなかった。 自分の信念を貫いた鳥憑きの少女は、耶蘇教の女学校を受験すべく祖母の居る帝都を訪ねることとなる。 それは不思議な日常への入り口だった。 カラスの濡れ羽色の翼を羽ばたかせ、飛鳥きふは今日も帝都の空を舞う。

  • 感情とは刃物よりも鋭利な凶器に成りうる

    ★8,028

    純文学/文芸
    連載中 4話 / 2019年6月16日更新

    感情を殺して生きてきた少年と、不治の難病を患う一人の少女が織り成す、感動の物語。 ──笑い、怒り、とは相手を傷付ける一種の凶器。 ──悲しみ、悔やみ、とは自分自身を傷付ける一種の凶器。 そして──人間の感情の黒幕にして最大の凶器、無感情。 「私が笑う理由? それは、明日笑えなくなっても良いようにかな」 「感情でしか、伝えられないことだってある」 「人間やってられるのも、感情があるおかげなんだよ?」 「人間の感情」をテーマにした、切ない青春小説。 *中盤~終盤~にかけて、二つの意味で物語が引っくり返ります!

  • 各種地雷が埋まっているかもしれません

    ★500

    異世界ファンタジー
    連載中 5話 / 2019年6月12日更新

    誰が悪くて誰が良い奴?立場が変われば簡単に認識なんて翻される。大衆は与えられた情報に一喜一憂。社会はそうして今日も夢見る。 伝説の勇者。歴史の闇に葬られた魔王。奇跡の姫君。 今、この世界は本当は何の上に成り立っているのか。閉じた物語の扉を再び開くなかれ。 モノクロとカラーズ。人間と魔属。 ずっと平行線の関係に終止符を打つ英雄は誰か。 大人びた目をしたクラウ(クールアンドドライ) ふわふわとあどけないキル(超絶美少女顔♂) ズバズバとものをいうティア(熱血努力友情!) 俺たちの冒険はまだ始まったばかりだ! 「......まだ始まってねえよ」 「しばらく登場しないみたい」 「しょうがないからお茶でも飲んで待ってるわ!」 第一章 呪いの王子 第二章 過激派の姫(仮) 第三章 反逆の魔王(仮)

  • 恋愛/ラブコメ
    連載中 10話 / 2019年6月9日更新

    「理想はいつだって夢の中にしかない」 引きこもり少年の富原翔一は、レイチェルという名前の好きなアニメキャラクターに会うために明晰夢の体得に励んでいた。 しかし毎日夢の世界に入り浸っているうちに夢見の時間が長期化した富原は、ある時ついに夢の中から出られなくなってしまう。 どうにか夢の世界から脱出しようと苦心する富原の前に現れたのは、ユメと名乗る女だった。 ユメは富原の深層意識下にある自己愛が具現化した存在であり、彼を救いに来たのだという。 自分が夢から目覚めないのは目的を果たせていないからだと考えた富原は、レイチェルに会わせてほしいとユメに申し出た。 富原の頼みを引き受けたユメは、彼をレイチェルが住む夢の深層世界へと案内した。 イラスト出典元『夢で逢ったヒトメーカー』 https://picrew.me/image_maker/28224

  • SF
    連載中 8話 / 2019年6月6日更新

    いじめられっこである丸田まる雄はいつもの様に自分のオモチャをいじめっこに壊され、泣きながら帰路についていた。 そんなまる雄の前に現れたのが、白い髭を生やした小太りの男であった。 直ぐ様防犯ブザーを鳴らそうとするまる雄だったが、見た目とは裏腹に素早い動きでまる雄の意識を刈り取る謎の男。 まる雄が次に目を覚ますと、そこには知らない天井と、禿げたおっさんが一人。そして、おっさんはまる雄にこう言った。 「君は神になりたくはないかい?」 ひょんなことから小さな惑星の創造主となったまる雄が、時に悩み、時にめんどくさくなってゲームに夢中になるあまり文明が崩壊したり、時に推しCP布教の為に尽力をしたりと、己の欲望に忠実に創造ライフを送る。そんな物語です。 ※本作にはメタ表現、パロディ、ブラックユーモアが多く含まれております。用法・用量を守って正しくお使いください。なお、本作を読むと大概頭が悪くなる可能性があります。しかたがないので甘んじてIQを低下させてください。