ハーレム無し

検索結果:5件

  • 異世界転移物です

    ♡2,600

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・5話 桃太郎

    2020年8月5日更新

    漫画と変身ヒーローとバイクとを、こよなく愛する主人公は、何処にでもいそうで、ここにしかいない中学1年生だ。 ある日の事だった。 自宅玄関の手前、落下してきた『剣』に串刺しにされた。 主人公は、自らを串刺しにした『剣』の言葉に従い、異世界転移の呪文を唱える。 『剣』と主人公は、融合した状態で、異世界転移を果たす。 だが、主人公は、瀕死の状態であり、『剣』が融合する事で、延命しているに過ぎない。 そして、主人公のみが、帰還するには、必要な『魔力』が、不足していた。 そこで、主人公と『剣』は、共闘し『魔力』を回復すべく、狩りをする。 獲物は、『力ある者』(『龍族』『魔族』)である。

  • 紡がれた想いの、その先へ──。

    ♡18,900

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・4話 葵(あおい)

    2020年8月4日更新

    鬼によるレスティア襲撃から三週間。 ライアとセツナの二人は、各々の目的を胸に辺獄地帯へと向かう。 かつての黄金都市ヘイメスは過去の華やかさを失い、今や崩落都市と化していた。 其処で出会った竜族の男と対峙する二人は、以外にも早く終わりへの道標を識る。 その一方で。 空中都市楽園《エデン》へと連れ去られたフィンドラは、囚われている牢獄で一人の竜族の少年と出会う。 その出会いが、彼女の生き方を大きく変える真実へと繋がる。 『貴女も自分の信じる道を進めばいい。私が信じてあげる、私が認めてあげる。貴女という存在を、私が大切にしてあげる』 『……たった今、探し物は見失った』 『大好きだからこそ……せめて、私の手で──』 『誰かが欠けた未来なんて、生きる価値すら無い』 交差する数多の想いは、辺獄地帯で勃発している竜と鬼の戦争へと関わっていく。 戦争のカギを握るのは“月の方舟”と呼ばれる封印された魔法だった。 たった一人を救う為の戦い。 全ては繋がり──物語は今再び動き出す。

  • 超高速ハイレベルバトル!

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・27話 無糖ユウ

    2020年7月10日更新

    遥か昔──世界は一度滅びた。 わずかに残った人族は、永い年月を掛け、少しずつ数を増やしていった。 だが、突如現れた『魔族』によって、世界は支配される。人族は、いつ滅ぼされるか判らない恐怖の中を生きることになった。 そこで、魔族からの解放の意味を込め、人族は『解放軍』という組織を作る。 それから時は流れ、ある日の迷宮探索中、解放軍は光り輝く剣を発見する。だが、誰も剣を抜くことができなかった。 そんな中、村の外れに住むアーサーという少年は、運悪く魔族に遭遇してしまう。 魔族から逃げるために入った迷宮で、アーサーは光り輝く一本の剣を見つける。 これは、聖剣に選ばれた少年が、終末の世界で成長していき、大切なものを守るために戦う物語。 ◇◆◇◆◇ 一話が二千から三千文字程度で読みやすいと思うので、気軽に見て頂けると幸いです。 すでに完結まで書き終えているので、毎日更新の70話ほどで終わります!

  • ありがとう、私の大切な──。

    ♡513,810

    〇3,765

    異世界ファンタジー・完結済・86話 葵(あおい)

    2020年5月14日更新

    呪術師との戦いを控えたレスティア王国。 依然として過去の傷跡を抱えたまま、街の復興は続いていた。 戦争を前に渦巻く思念、戦う者達への影なる冒涜。 物語は。 黄金都市ヘイメスから帰還したライアが目を覚まし、それから一週間後より始まる。 『私の全てを知ったくせに、自分は隠し事をするの?』 『その時はもう、貴女の知る私じゃない』 『物語は、いつか終わる』 ルオーネルとの全面戦争まで残り三日。 有限を、共に過ごす事を決意する少女達。 残された時間の中で、各々の想いが交差する。 復讐か、決別か、或いは──。 少女達はただ歩む、望んだ結末の為に。 失う悲しみを知る少女達の、一糸纏わぬ想いの衝突。 此れより、物語は加速する──。 ※会話文の「」を『』にしています。 ※第一部の続編となっています。

  • さようなら、私の大切な──。

    ♡237,250

    〇8,521

    異世界ファンタジー・完結済・76話 葵(あおい)

    2020年2月16日更新

    宛も無く彷徨っていたライアは、偶然訪れた街で一人の少女と出会う。 その街には古くからの習わしで、一年に一度だけ若い女性を生贄に捧げるという掟が存在した。 神と崇められた白き大蛇、それを前にした二人はある決断をする。 『その強さ......私、貴女に興味があるの』 『ごめんなさい、レズっ気は無いの』 そんな街での出来事を超えて、二人は行動を共にする事となる。 その出会いは後に、二つの勢力を交えた全面戦争へと繋がる。 狂った歯車の是正、それは彼女達に託された。 『さようなら、私の大切な──』 これは、少女達が紡ぐ一つの復讐の物語。 終わりへの道標が今──示される。 ※『じゅかのうた』と読みます。 ※復讐ダークファンタジーです。 ※能力による戦闘ものです。 ※会話文の「」を『』にしています。