ハーレム無し

検索結果:9件

  • ネガティブステータス【短命】を選んだ私の人生。

    その手に掴めるモノなど、たかが知れている

    37,300

    0


    2021年6月20日更新

    初恋相手と交際を始めた戸松百合恵は、初めてのデートの最中、交際相手の桐谷幸人と共に、本来なら有り得ないような事故に遭遇。そして即死した。 そして、死後の世界で、運命の女神ラケシスに、地球での幸せな転生を持ちかけられるが、恋を諦めきれない百合恵は女神に懇願する。 「絶対、幸人と幸せになりたいんです!!」 女神ラケシスは、記憶を引き継いだ状態での異世界転生を了承する。 そして、百合恵はネガティブなステータスを背負う事で、帳尻合わせに有用なステータスを得られると言う条件を女神より引き出した。 そして、百合恵が選んだネガティブステータスは【短命】だった。 27歳までしか生きられない運命を背負った百合恵は、リリウム・リリィと名乗り、異世界で生きて行く。 ※無双要素なし、チート要素無し、ハーレム要素無し。追放ややあり。困難大いに有り。最後はハッピーエンド。 カクヨムにも一話遅れで掲載中

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間6分

    この作品を読む

  • 毒姫達の死行情動

    其れが──私達の死行情動。

    486,800

    3,230


    2021年6月20日更新

    亜暦2300年。 過去最悪の大災害により、人口は大幅な減少をみせる。 生き残った者の一部に降り掛かったのは、形容し難い身体の異変だった。 死した者の生命を喰らったと揶揄され、巡る輪廻に異常をきたした者達は望まずして異能力に目覚める。 後に、その災害は『命の再分配』と名付けられた。 異能力の行使により国は荒れ果て、犯罪者を裁く組織ですら機能しない地獄と化す。 そんな中、政府により結成されたのは『還し屋』と呼ばれる異能力に目覚めた者を狩る組織だった。 物語は──特別警戒区域アリスと呼ばれる場所で、柊 弥夜《ひいらぎ やえ》が、夜葉 茉白《よるは ましろ》と名乗る少女と出会う事から始まる。 繰り返される還し屋との争い。 互いの過去を知った二人は、荒廃した世界でも生きる為の理由を見付ける。 其れは──死ぬ為に生きる事だった。 ※グロ描写があります。苦手な方はご注意下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間47分

    この作品を読む

  • トガビト

    悪魔とともに歩む人間の物語

    0

    0


    2021年5月4日更新

    2121年、世界は変わらずに回り、進んでいる。そこで起こっている、神と人との戦いに気づかないまま。 物語や妄想が好きな高校生、足立 琢磨(あだち たくま)は変わらない毎日に退屈していた。物語を読み、妄想するたびに積もる退屈は、クラスメイトとのくだらない冗談をきっかけに、悪魔召喚に手を染める。召喚された悪魔、デメルと契約できてしまった琢磨は、悪魔との契約者、「トガビト」となり、非常識へと踏み込んでいく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 呪華の詩 III

    紡がれた想いの、その先へ──。

    635,700

    975


    2021年4月11日更新

    鬼によるレスティア襲撃から三週間。 ライアとセツナの二人は、各々の目的を胸に辺獄地帯へと向かう。 かつての黄金都市ヘイメスは過去の華やかさを失い、今や崩落都市と化していた。 其処で出会った竜族の男と対峙する二人は、意外にも早く終わりへの道標を識る。 その一方で。 空中都市楽園《エデン》へと連れ去られたフィンドラは、囚われている牢獄で一人の竜族の少年と出会う。 その出会いが、彼女の生き方を大きく変える真実へと繋がる。 『貴女も自分の信じる道を進めばいい。私が信じてあげる、私が認めてあげる。貴女という存在を、私が大切にしてあげる』 『……たった今、探し物は見失った』 『大好きだからこそ……せめて、私の手で──』 『誰かが欠けた未来なんて、生きる価値すら無い』 交差する数多の想いは、辺獄地帯で勃発している竜と鬼の戦争へと関わっていく。 戦争のカギを握るのは“月の方舟”と呼ばれる封印された魔法だった。 たった一人を救う為の戦い。 全ては繋がり──物語は今再び動き出す。 ※会話文の「」を『 』にしています。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間0分

    この作品を読む

  • コップ イズ ストーリー 僕の心殺人事件

    人殺しと名探偵

    2,100

    0


    2021年1月15日更新

    自分を救うための物語が始まる。 主人公は高校1年の青年、行方彼方(いくえ かなた)。 ホラーとファンタジーが混ざったような、青春物語です。 人殺し、名探偵、怪物、死神、神父、月の住人、小説家、いろいろ出てきます。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • シンケンショウブ

    異世界転移物です

    56,200

    0


    2020年9月2日更新

    漫画と変身ヒーローとバイクとを、こよなく愛する主人公は、何処にでもいそうで、ここにしかいない中学1年生だ。 ある日の事だった。 自宅玄関の手前、落下してきた『剣』に串刺しにされた。 主人公は、自らを串刺しにした『剣』の言葉に従い、異世界転移の呪文を唱える。 『剣』と主人公は、融合した状態で、異世界転移を果たす。 だが、主人公は、瀕死の状態であり、『剣』が融合する事で、延命しているに過ぎない。 そして、主人公のみが、帰還するには、必要な『魔力』が、不足していた。 そこで、主人公と『剣』は、共闘し『魔力』を回復すべく、狩りをする。 獲物は、『力ある者』(『龍族』『魔族』)である。

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む

  • 聖剣使いの英雄譚

    超高速ハイレベルバトル!

    500

    0


    2020年7月10日更新

    遥か昔──世界は一度滅びた。 わずかに残った人族は、永い年月を掛け、少しずつ数を増やしていった。 だが、突如現れた『魔族』によって、世界は支配される。人族は、いつ滅ぼされるか判らない恐怖の中を生きることになった。 そこで、魔族からの解放の意味を込め、人族は『解放軍』という組織を作る。 それから時は流れ、ある日の迷宮探索中、解放軍は光り輝く剣を発見する。だが、誰も剣を抜くことができなかった。 そんな中、村の外れに住むアーサーという少年は、運悪く魔族に遭遇してしまう。 魔族から逃げるために入った迷宮で、アーサーは光り輝く一本の剣を見つける。 これは、聖剣に選ばれた少年が、終末の世界で成長していき、大切なものを守るために戦う物語。 ◇◆◇◆◇ 一話が二千から三千文字程度で読みやすいと思うので、気軽に見て頂けると幸いです。 すでに完結まで書き終えているので、毎日更新の70話ほどで終わります!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間9分

    この作品を読む

  • 呪華の詩 Ⅱ

    ありがとう、私の大切な──。

    584,710

    3,845


    2020年5月14日更新

    呪術師との戦いを控えたレスティア王国。 依然として過去の傷跡を抱えたまま、街の復興は続いていた。 戦争を前に渦巻く思念、戦う者達への影なる冒涜。 物語は。 黄金都市ヘイメスから帰還したライアが目を覚まし、それから一週間後より始まる。 『私の全てを知ったくせに、自分は隠し事をするの?』 『その時はもう、貴女の知る私じゃない』 『物語は、いつか終わる』 ルオーネルとの全面戦争まで残り三日。 有限を、共に過ごす事を決意する少女達。 残された時間の中で、各々の想いが交差する。 復讐か、決別か、或いは──。 少女達はただ歩む、望んだ結末の為に。 失う悲しみを知る少女達の、一糸纏わぬ想いの衝突。 此れより、物語は加速する──。 ※会話文の「」を『』にしています。 ※第一部の続編となっています。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間24分

    この作品を読む

  • 呪華の詩

    さようなら、私の大切な──。

    292,000

    8,871


    2020年2月16日更新

    宛も無く彷徨っていたライアは、偶然訪れた街でセリカと名乗る少女と出会う。 その街には古くからの習わしで、一年に一度だけ若い女性を生贄に捧げるという掟が存在した。 狂った街での出来事を超えて、セリカが王国所属の魔導師である事を知ったライアは、我を忘れて刃を向ける。 『この人殺し』 『ごめん……ごめんね……だから私達はね、もう二度と同じ過ちを繰り返さない為に毎日必死で戦っているの』 二人は想いの吐露を経て、利害の一致から行動を共にする。 その出会いが後に、二つの勢力を交えた全面戦争へと繋がるとも知らずに。 『さようなら、私の大切な──』 目覚める呪華と呼ばれる力、儚くも交差する想い。 此れは、復讐の炎に苛まれた少女達が、赦し合う事を識る物語。 ※『じゅかのうた』と読みます。 ※故意的に会話文の「」を『』にしています。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間4分

    この作品を読む