ハーレム(?)

検索結果:5件

  • ダイス進行ですが、チートになりした。

    ♡300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・11話・39,175字 ササキ=サン

    2021年1月17日更新

    神々が暇だったので、現実世界に介入して遊び始めたお話。 1億分の1の確率を引き当てた人を選んで、プレイヤーとして遊戯場にご招待。一週間に一度、週末に危険なエネミーが蔓延る不思議な世界にプレイヤーはとばされます。 レベルがあってステータスがあって、魔術や魔法、スキルに武術などもあります。これによりプレイヤー達は徐々に超人化。現実世界に戻ってもそれは引き継がれます。なので当然、政治的に色々利用されます。テロリストのプレイヤーとか、それを止める正義感あふれるプレイヤーとか、人類の技術を一気に進歩させるプレイヤーとか。 超人的な能力を持つプレイヤーで現実世界は大混乱。神々はそれを愉しそうに見つめています。 そんな世界で、平穏な生活を送りたいけど予想外の幸運でチートをもらい、プレイヤーの中で最も強い存在になってしまった男の子のお話。 基本的にダイスを使って、ランダムで好感度や物語の展開などを決めています。もしかしたらぼっちかもしれないし、ハーレムかも知れないし、ホモォにもなるかも。 現在、初期ダイスが神がかった引きを見せたので、主人公がチートになりました。 自己小説レビュー。この小説の中で作者が面白いと思っている部分を紹介します。 ①主人公が現実世界で無双しますが、ゲームの世界には死力を尽くしても勝てない敵がたくさんいるので、俺TUEEEとギリギリの戦いが作品の中で両立しております。 ②現実世界で主人公が無双するので、非常に強い政治要素が関わってきます。様々な国が主人公の動向に気を遣うようになっております。なお、主人公は自身の正体を必死に隠しております。 ③ゲームの世界から永久機関など、とんでもないものを色々と持ち込めるので、現実世界でたくさんの技術革新が起きます。そういった経済の動きなどは、拙いながらも色々と調べて、実際にそういうことが起きたら現実でどのような変化が起きるのかをできるだけ緻密にシミュレーションしながら書いております。 ④ストーリー展開やキャラクターの主人公への好感度などをサイコロを振って決めておりますので、常に先が読めないワクワク感があります。 ⑤魔術、魔法、武術、スキルなどの戦闘方法に詳細な設定を盛り込み、厨二心くすぐるバトル展開を構築しております。 ⑥無気力系主人公が少しずつ人間的に成長していくお話になっております。

  • 築500年。トイレ・バス・キッチン・最強

    ♡1,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・34話・56,338字 鈴木竜一

    2021年1月17日更新

    お人好し冒険者のドミニクは、ふとしたことからダンジョンで超激レアアイテムを手に入れる。これを売れば貧乏生活から脱却できるはずが、悪徳業者に騙され、酒で酔っている間に無理やり契約を交わされてしまい、欲しくもない豪邸を買わされてしまった。おかげで報酬の大金は一夜にして泡と消え、残ったのは渡された豪邸の鍵だけ。仕方なく、その豪邸とやらに移り住むため、顔馴染みの情報屋アンジェと共に向かうのだが、その豪邸にはドラゴンの幽霊とその孫娘が住みついていた。動揺するドミニクとアンジェを尻目に、豪邸に取り憑く霊竜エヴァは、ドミニクをここへ住まわせる代わりにあるお願いをする。 そのお願いとは――エヴァの孫娘である竜人・イリーシャの両親捜しだった。 こうして、冴えない若手冒険者と情報屋、そして竜人幼女と伝説のドラゴンによるほのぼの(?)冒険が始まった!

  • 息抜きがてら、ぜひ読んでみて下さい。

    ♡5,750

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・33話・69,334字 血迷ったトモ

    2020年7月21日更新

    ネット小説大好きなオタク青年、荒井聡(あらいさとし)は、ある日異世界に召喚されてしまう。 ―――魔王の手によって。 魔王曰く、普通、異世界召喚された者には、超強力なスキルが与えられるという。しかし聡には、強力どころか、単体では一切役にたたない、所謂、外れスキルが与えられていた。 思わず悲嘆に暮れかける聡であったが、魔王からとある依頼をされてしまう。その依頼は、聡の運命を、大きく変えるものであった。

  • 平和のために血を吐き叫ぶ。彼は───、

    ♡300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・25話・72,755字 ハルカ

    2020年6月27日更新

    かつて、人と妖怪の間に戦争があった。 たくさんの人が死に、たくさんの恐怖を植え付けられた戦争は、ひとりの子供の出産だなんて小さな、そして優しい理由で終戦を迎える。 かつては殺しあった人間と妖怪。その両者が共に暮らす街を守る、祓魔師という存在が在る────。 少年少女が血を吐き、叫び、妖怪と人間の蟠りを取り払う。 本物の平和を目指して駆けずり回る────これは、そんな神話の一ページである。

  • 真っ直ぐストレートに疑って恋愛しましょう

    ♡23,985

    〇255

    恋愛/ラブコメ・連載中・136話・663,458字 川村幸輝

    2019年11月30日更新

    『好きですっ! 付き合ってくださいっ!』という告白をうっかりしてしまった。ボイスレコーダーで。 間違いなく振られると思っていた俺(清永誠)の耳に聞こえてきたのは「――――――は、はい……」という彼女(木崎夕夏)の返事だった。 出合ったばかり、何のフラグも、何の思い入れもないはずの彼女がなぜOKしてくれたのか? 彼女は俺に惚れてるの? 惚れてないの? どっちだぁー! これは、どうしたって恋人を信じられない俺の、疑心暗鬼恋愛物語。 ※ https://twitter.com/kawamura00kaku