バカップル

検索結果:12件

  • 悪役令嬢は腐女子である

    完璧お嬢様の秘密。それは腐っていること。

    12,800

    0


    2022年5月19日更新

    容姿端麗。頭脳明晰。成績優秀。品行方正。運動神経抜群。 全て完璧なお嬢様である悪役令嬢の秘密。 それは腐女子であること。 名もないモブが 偶然 その秘密を知ったことから 始まる ラブコメ。

    読了目安時間:5時間10分

    この作品を読む

  • 自殺願望カップル

    死にたがり大学生二人の平凡な日常...?

    127,700

    393


    2022年5月19日更新

    大学生の「ムっくん」と「ムーちゃん」は、恋人同士。 二人の共通点は、強烈な自殺願望。 一日に五十回は「死にたい」と思ってしまうカップル。 この作品は、そのうちの一回を1000字程度の短編で記していきます(一部、連続で進行する話があります。「春夏篇」終盤からは長期のストーリーが展開します)。 今すぐにでも世界から消えてしまいたい。だけど何故だか、死ぬのを躊躇してしまう。 本作は、そんな不器用なカップルを描いた、8割平凡…2割危険な日常です。 自殺願望によって生み出された「死神」と「拳銃」が、作品を構成する鍵…キーワードになります。 後章が開始したので公表をしますが、本作は前章「春夏篇」・後章「秋冬篇」の全二章での完結を予定しております。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 時折ですが、話数内の誤った文章表現を(ストーリーを変えない程度に)改稿する場合がございますので、ご了承ください。 また、小説の他に、おまけ兼筆休めとしてイラストも投稿しています。 イラストはTwitterにも上げております。 2022/01/23に、表紙を新しく変更しました。 2022/01/03に、ジャンル部門で月間10位 2022/05/13に、ジャンル部門で日間1位 2022/05/15に、ジャンル部門で年間29位 2022/05/18に、ジャンル部門で週間2位 2022/05/18に、総合部門で週間42位 にランクインができました。 本作ですが、HJ小説大賞2021後期にて一次選考を通過致しました。 2022/05/19、無事に最終回を迎えました。 ご愛読いただいた方には、感謝の言葉を申し上げます。 これからお読みになる方々は、引き続きご愛読いただけますと幸いです。 何卒、よろしくお願い致します。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間41分

    この作品を読む

  • 私がどうして怒っているかわかる?

    さあ、あなたならどう答える?

    100

    0


    2022年5月12日更新

    積み上げるロジック。導き出す答え。 しかしそれでも解決できない問題がある。それは……。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 「ごめん、航平のことは好きとか嫌いの対象に思えないから」 「え――」 「航平は昔から一緒にいるのが当たり前で、もう家族と一緒って言うか。ほら、家族と恋愛や結婚はできないよね?」 「えっと――」 「だからごめんね航平。航平の気持ちは嬉しいけど、今まで通りの関係でいこう?」 「――――」 中学3年の春休み。 高校進学を前に幼馴染の相沢千夏との関係を一歩進めようと勇気を振りしぼった俺――広瀬航平の初恋は。 こうして見事なまでに粉みじんに砕け散ったのだった――。 そして無気力なまま迎えた高校の入学式。 「ちょっと、こーへい! なに見とれてるし!」 「別にみとれてねーだろ」 偶然、子犬を助けたことで、俺は一人の少女と出会った――。 小説家になろうで日間総合5位、現代恋愛の日間1位&週間1位獲得しました!。

    読了目安時間:3時間22分

    この作品を読む

  • 同じ映画を二度見る理由

    小説家になろうラジオ大賞受賞作と続編です

    11,000

    366


    2022年3月28日更新

    映画鑑賞部に所属する女子高生。 憧れの先輩と映画を観に行く約束をするも、なぜか前日に同じ映画を観に行くのだが……。 「第3回下野紘・巽悠衣子の小説家になろうラジオ大賞」大賞受賞作品です。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 制服が私を呪縛する

    百合+同一CP+自己愛+対物性愛+Fセク

    8,150

    19


    2022年3月14日更新

    ~セーラー服を着ていた頃の私は、鏡に映る自分自身に恋をしていた。~ それから数年後。二十三歳の私は、ちょっぴり劣悪な職場環境に悩む会社員となっていた。 昔の自分を美化し、愛でることで、日々のストレスを癒す毎日。最も輝いていた頃に着ていたセーラー服に、過去の自分の幻影を見ながら。 ところがある日、それが「幻影」ではなくなってしまう! 今の私の前に現れる、過去の私。そうなったなら、元々「私」のことが好きだった私は、私は……! ああ、どうなってしまうの!? ※表紙&挿絵:*sakyo様『女の子素材3』

    • 性的表現あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 神造人間として世界を救ったので、ご褒美に幼妻と結婚しました。邪魔するヤツはワンパンで倒す! ~仮面の勇者アガート~

    ヒーローは絶対に負けないっ!

    9,800

    10


    2022年2月15日更新

    ――――妙光院 静は、神造人間である。 魂を管理する女神によって勇者に選ばれた【シズ】は、超人的な肉体能力と強力な必殺技を放てる【神器アガートラム】を与えられ、異世界へ送り込まれる。 ……それから6年後。 見事魔王を討ち取ったシズは、亡国の王女ダイアナを幼妻(合法)に迎えて辺境の村に移り住んでいた。 シズは元勇者であることを隠し、低ランクハンターとしてスローライフを送る。 しかし、二人の新婚生活を邪魔するように数々のトラブルが舞い込むのだった。 村を覆う不穏な影。 遺跡で見つけた謎の幼女(違法)。 巨乳の変態□リコンダークエルフ(犯罪者)……。 愛する嫁さんとの平和な日常を護るため、シズは今日も【仮面の勇者アガート】に変身する。 「セットアップ! 神衣展開《サモン・アガートラム》……ッ!」 これは《未来》を護り抜く物語である……。 ■まとめると…… 西洋風異世界ファンタジーで、 正義の変身ヒーローが、 ヒロインとイチャラブしながら 襲い来る強敵モンスターとバトルして、 最後に勝利して大団円! というお話です。残虐描写、性描写はライトです。 趣味を詰め込みました。お楽しみいただけると幸いです。 ※カクヨム・小説家になろう・pixivでも同名タイトルで連載してます。 (投稿サイトにより、内容と時系列を一部変更しています)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間58分

    この作品を読む

  • ペンギンのような君に恋をしてしまった僕

    僕と彼女の最高の純愛。最悪な僕の物語

    14,500

    100


    2021年12月14日更新

    高校二年生の春、転校生として飯島結菜は僕らのクラスに来た。明るくて笑顔が絶えない人気者の彼女は、よく隣の席の根暗な僕と関わる。「ペンギン可愛いねぇ……」「他の動物にも同じ事言ってなかった?」「可愛いは正義だから沢山あっていいの!」 最初は惑いながらも徐々に楽しさを覚えるが、彼女に抱いた少しの違和感から歯車が狂い始める。これは、僕と彼女の最高の純愛。そして、最悪になっていく僕の人生の物語。 ※小説投稿サイト・ノベマ!にて公開中です。(完結済み) ※こちらは、ノベマ!にて投稿していた作品に加筆、改稿をしたものになります。 ※平日のみの投稿。16~17時の間です。 ※【HJ小説大賞2021後期】の応募作品です。

    読了目安時間:3時間50分

    この作品を読む

  • 午後八時十七分、シャッター横の路地裏で、

    → 現役JK × 公認ストーカー

    0

    0


    2021年7月20日更新

    馴れ馴れしい見知らぬ女にも 顔を真っ赤にしているそいつにも バカみたいに腹が立った 「……きっしょ」 加えて、そんな感情を抱いた自分が バカみたいに気持ち悪かった *ベリーズカフェでも掲載しています

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 遠坂凜のガンドにはイライラが多分に含まれています

    バカップル(士郎×セイバー)につっこむ凜

    600


    2020年6月20日更新

    「観念しなさい魔術師(メイガス)、貴方に勝ち目は無い」 剣の切っ先を私に向け、厳かに勝利宣言をする敵のサーヴァント。 月の光を背に私をみつめるそのサーヴァントは、悔しいくらい可愛くて、頭にくるくらい可憐な――――――― 「・・・・・・・・・花嫁?」 花嫁だった。 Fate/stay nightの二次創作になります。 何故か最初からラブラブな士郎とセイバー。 遠坂凜は、無知な士郎に聖杯戦争を説明し、覚悟を求めようとしますが・・・・・・・ 「外に出るとなれば目立ちますね。シロウ、何か違う服はないですか?」 「服って言ったって女ものはないぞ。俺のシャツとかで良ければあるけど」 「シロウのシャツ(///)、それでいいです」 「そうか? じゃ、取ってくるよ。」 「・・・・・・・・・・」 「ん、どうしたんだ遠坂?」 「ガンド」 「ぎゃ~~~~~~、何するんだ」 「うっさい、死ね!!」 バカップル(士郎×セイバー)のせいで話は進まず、凜のイライラは積もるばかり・・・・・・・ 果たして、聖杯戦争は真面目に開始されるのだろうか!!! ※ 当作品は拙作「my darlin "シロウ"」の続き・・・・・・・的な話になっています。 コメディですので、何も考えないで読んでください( ´∀` ) 一応ネタバレ注意。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • my darlin "シロウ"

    士郎がセイバーを召喚したあの時のif

    600


    2020年6月1日更新

    少女は宝石のような瞳で、俺を見据えた後。 満面の笑みで、 「―――問おう。貴方が、私のマスターか」 と何やらすごく楽しそうに言った。 Fate/stay night序盤、士郎がセイバーを召喚したあの時のif 何の因果か、運命か、召喚されたセイバーは士郎のことを知っており・・・めちゃくちゃ好いていた。 あまり深く考えないで読んでください(-_-;) むかーし、書いた二次創作作品、公開していたHPもなくなり、埋もれていたものを発掘してみました。 元々の題名はちょっとだけ違いますが、知っている人はいないでしょう(´∀`)

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 2218年 人型ロボにバカップルとエトセトラ

    2218年 人型ロボと一人との記憶

    1,500

    0


    2020年4月29日更新

    西暦2218年 2000年台初頭から始まった人口少子化に加えて科学の発展。 人工AIの発展により、様々なロボが開発された。 それは商業だけではなく…………様々な実験をへて家庭へと流れていく。 AIの可能性、ある老博士が自我を持つAIの開発に理論上成功した。 あとはこれをテストするだけである。 そのテストケースとして、ある博士の一人の子供へと託された。 ※作中で出てくるロボット工学三原則 ・第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。 また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。 ・第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。 ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。 ・第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、 自己をまもらなければならない。 (出典:アイザック・アシモフ『われはロボット』小尾芙佐訳、早川書房) 3000文字のショートショート ロボット三原則コン の書き下ろし他所なし

    読了目安時間:6分

    この作品を読む