ヒロイン一途

検索結果:2件

  • 見習い陰陽師の高校生活

    現代の男子高校生は、修行中の陰陽師?!

    59,800

    530


    2021年4月11日更新

    『科学万能』の言葉が謳われる二十一世紀。 その社会の闇の中、『非科学的』として存在を否定された妖怪たちや、呪術を生業とし、人々を苦しめる者たちはいまだ存在していた。 そんな奴らと戦うことができる、一人の青年がいた。 彼の名は土御門護。月華学園に通う現役高校生である。 そして、平安時代にその名を響かせた「稀代の陰陽師」安倍晴明の子孫である。 修行中とはいえ、警察や探偵では解決できない難事件を陰陽師の術を用いて幾度も解決する……ことはしない。 彼らが解決できない現象を引き起こしたのは、伝承や言い伝えを馬鹿にした人間が引き起こしたもの。いわば、その被害は因果応報。やったことが自分の身に返ってきただけであり、解決してやる必要はない。 それが護の信条であった。 二年生への進級を控えた春休み。幼馴染である風森月美に夢で誘われ、護は単身、出雲へと向かった。 「神の国」と呼ばれたかの地で、護は自分の信条を曲げて立ち向かわなければならない事件に遭遇した。 果たして、その事件の全貌と黒幕の目的は?護は無事に事件を解決できるのか?! 平安の世より千年。科学の力で退けられ、現代社会の影に追いやられながらも、息をひそめ虎視眈々と人々を狙う『闇の存在』に、一人の高校生見習い陰陽師が立ち向かう純和風の陰陽師幻想譚、ここに開幕!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間4分

    この作品を読む

  • 無属性魔法って地味ですか? ~有能なのに「派手さがない」という理由で見捨てられた少年は最果ての領地で自由に暮らす~

    炎も水も風も操れないけど、万能さでは負け

    23,200

    0


    2021年4月10日更新

    社畜リーマンの俺は、歩道橋から転げ落ちて意識を失い、気がつくとアインレット家の末っ子でロイスという少年に転生していた。アルヴァロ王国魔法兵団の幹部を務めてきた名門アインレット家――だが、それも過去の栄光。今は爵位剥奪寸前まで落ちぶれてしまっていた。そんなアインレット家だが、兄が炎属性の、姉が水属性の優れた魔法使いになれる資質を持っていることが発覚し、両親は大喜び。これで再興できると喜ぶのだが、末っ子の俺は無属性魔法という地味で見栄えのしない属性であると診断されてしまい、その結果、父は政略結婚を画策し、俺の人生を自身の野望のために利用しようと目論む。 このまま利用され続けてたまるか、と思う俺は父のあてがった婚約者と信頼関係を築き、さらにそれまで見向きもしなかった自分の持つ無属性魔法を極め、父を言いくるめて辺境の地を領主として任命してもらうことに。そして、大陸の片隅にある辺境領地で、俺は万能な無属性魔法の力を駆使し、気ままな領地運営に挑む。――意気投合した、可愛い婚約者と一緒に。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間47分

    この作品を読む