ピアノ

検索結果:44件

  • Sonora

    パリの花屋をロリとショタで経営する話。

    58,100

    1,100


    2023年2月7日更新

    フランスのパリ8区。 凱旋門やシャンゼリゼ通りなどを有する大都市に、姉弟で経営をする花屋がある。 ベアトリス・ブーケとシャルル・ブーケのふたりが経営する店の名は<ソノラ>、悩みを抱えた人々を花で癒す、小さな花屋。 そこへピアニストを諦めた少女ベルが来店する。 心を癒す、胎動の始まり。 ※Kindleにてまとめて電子書籍で出ています。1冊99円となっているので、まとめて読みたいという方は、よろしくお願いいたします。

    読了目安時間:2時間57分

    この作品を読む

  • Réglage

    ピアノ調律というあまりノベルで見ない話。

    71,850

    1,051


    2023年2月4日更新

    フランスのパリ3区。 ピアノ専門店「アトリエ・ルピアノ」に所属する少女サロメ・トトゥ。 職業はピアノの調律師。性格はワガママ。 あらゆるピアノを蘇らせる、始動の調律。 ※Kindleにてまとめて電子書籍で出ています。1冊99円となっているので、まとめて読みたいという方は、よろしくお願いいたします。

    読了目安時間:2時間1分

    この作品を読む

  • 今夜もピアノバーで俺は歌っている

    とあるピアノ弾き語り男子のお話し。

    5,600

    0


    2023年1月15日更新

    時は20X X年。 経済は大恐慌、単純労働はAIに切り替わり、温暖化が危惧された過去も実際には一年の約半分以上が雪に閉ざされた世界になっていた。 ピアノバーで歌う青年、九条守(くじょうまもる)は退廃的な生活を送りながらもピアノ弾き語りで生計を立てていた。 夢や希望を置き忘れてしまった彼だが、触れ合う人々や言葉によって少しずつ生きる力を取り戻していく。 古びたグランドピアノは行き交う人々の心を映し出す。 今夜も九条は弾く。そして歌う。背広をなびかせながら。 今夜も彼は何を感じるのか。 「今夜もピアノバーで俺は歌っている」

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • 別れの曲

    本気小説"第一弾"です

    43,526

    888


    2023年1月14日更新

    『今の私が書ける、本気の小説作品でこざいます。最後までお読みなさった方には、どうか思ったことを何でも宜しいので書き記して教えて頂ければと思います』 〜あらすじ〜 森下陽和は幼少の頃、ピアノを弾くことが好きだった。 そんなある日、医師から『楽譜“だけ”が読めない学習障害を持っている』と診断されたことをきっかけに、陽和はピアノからは離れてしまう。 月日が経ち、高校一年の冬。 ピアニストである母親が海外出張に行っている間に、陽和は不思議な夢を視る。 そこで語り掛けて来る声に導かれるがまま、読めもしない楽譜に目を通すと、陽和は夢の中ではピアノが弾けることに気が付く。 夢の中では何でも自由。心持ち次第だと声は言うが、次第に、陽和は現実世界でもピアノが弾けるようになっていく。 時を同じくして、ある日届いた名無しの手紙。 それが思いもよらぬ形で、差出人、そして夢の中で聞こえる声の正体——陽和のよく知る人物が隠していた真実を紐解くカギとなって……

    読了目安時間:4時間19分

    この作品を読む

  • 水縹のメロディ

    雨×音楽×カフェ=きらきら星

    16,600

    0


    2023年1月3日更新

    父親の転勤の都合で、社会人になって地元に戻った夏紀。 親友とも再開し、新しくできたカフェで定期的に会うように。 そんなとき、知らない青年に声をかけられる……。 「俺のこと、ハルって呼んで。 あ──あんた、ピアノ弾ける?」 雨と恋と、音楽と。 そのメロディは近くて遠く……。 【執筆期間:2016/09/02~2017/06/09】

    読了目安時間:2時間34分

    この作品を読む

  • なんとなくする絶望

    少し暗く、そして結局色々暗いお話達です!

    3,000

    0


    2022年12月21日更新

    円卓の旋律 歪なピアノを弾く。何かがそれを聴く。音だけは綺麗で、拍手が贈られる。それでも何かは演奏をやめてくれという。 誰も入り込めない森の奥、空の円卓が隠す不思議なピアノに子供はとり憑かれているのかもしれない。 合言葉はそう、「ピアノはどこに?」

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • CANTABILE

    ほっこりヒューマンドラマです♪

    3,900

    0


    2022年12月17日更新

    ここは水の都『ヴェネツィア』。 私、山野杏奈は、この素敵な水の世界を舞台とした小説を執筆している者でございます。 相方のソフィアさんや、町中で出会う知り合いとの、何でもないふわっとしたひと時をお楽しみいただければ幸いです。

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • NOISE

    その音は模倣か、それとも新たな世界か

    33,900

    130


    2022年10月30日更新

    ある1つのライブに魅せられた結城光。 そのライブは幼い彼女の心に深く刻み込まれ、ピアニストになることを決意する。 そして彼女と共に育った幼馴染みのベース弾き・明里。 唯一無二の"音"を求めて光と明里はピアノとベース、そして音楽に向き合う。 奏でられた音はただの模倣か、それとも新たな世界か––––。 女子高生2人を中心に音を紡ぐ本格音楽小説!

    読了目安時間:5時間5分

    この作品を読む

  • 放課後の音楽室、私はアイの夢を見る。

    旋律と共に思い出されるCの記憶

    2,100

    0


    2022年10月1日更新

    過ぎ去ってしまえば全て過去、そんなこと、言ってしまえばそれまでだけど……本当はそんな簡単に割り切れる訳がない。 放課後の音楽室、私は愛の音を聞く。 ――それは、先輩が奏でる誰かの偶像だった。 放課後の音楽室、私はIの音を見る。 ――それは、忘れることのできない“彼女”の記憶だった。 放課後の音楽室、私は哀の夢を見る。 ――それは……先に進むことのできない、私と先輩の過去だった。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 朗読作品『ピアノを弾くオッサン』

    朗読動画です。良かったら覗いてみてね。

    1,800

    10


    2022年7月20日更新

    女にモテたい。それは男にとってもっとも偉大な本能である。BY 五十嵐行雄 五十嵐行雄はピアノ講師の一条沙代子と見合いをするのだが、 沙代子に気に入られたいために、自分はピアノが弾けると嘘をついてしまう。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 君の好きを響かせて

    『好き』で居続けるって孤独なことなの。

    3,800

    120


    2022年5月6日更新

    シロクマはピアノを弾く少女に出会い、少女の曲を『好き』になった。 『好き』という感情を持ち続けることの難しさと孤独について繊細に描いた純文学作品。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • レインボーメロディー〜世界を救う虹色の旋律〜

    JSピアニストとピアノの異世界冒険物語

    1,600

    0


    2022年5月6日更新

    ※しばらく休止致します(内容見直しの為)。 初めてのホールコンサートでピアノを演奏していた夜魔刃あぽろ。 その最中、大地震が起こりステージの天井が崩落。 気付くと、見知らぬ世界。 隣には見知らぬ女性。 ここは、どこ? おうちにかえりたい。 そんなあぽろの願いを叶える為、女性・クラヴィと仲間になったまるちゅの冒険が始まる。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • D.S. al Coda(ダル・セーニョ・アル・コーダ)

    あなたの演奏を聴かせてね

    200

    0


    2022年3月28日更新

    武蔵野の森にグランドピアノの音が響く。 音楽学校の演奏会の本番を控え、ピアノ科の女子生徒・美里(みさと)はレッスン室で最後の通し練習に励んでいた。その演奏を傍らで見守る先輩・凜音(りおん)は、心地よい旋律に身を委ねながら、妹分と過ごした日々に想いを馳せる。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 二重奏

    兄弟はドラゴンに立ち向かったが!?

    3,900

    0


    2022年1月30日更新

    僕と弟は、炎と氷、2つの頭を持つドラゴンに対峙した。 それぞの武器である弓矢、徒手で立ち向かうも、なかなか倒せない。 その原因は……。 どうぞ、お話の最後までお付き合いくださいませね。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 志茂塚ピアノ練習録【音源あり】

    日々のピアノ練習の記録です。

    13,400

    0


    2021年12月18日更新

    趣味のピアノについて、練習風景を記録してまいります。 素人演奏の記録ですので、聞き苦しい点があるかと存じますが、温かくお見守り頂けましたら幸いです。 なお、あくまでも私的な演奏記録でございますので、リクエスト等にはご対応できかねます。 ご了承くださいませ。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • あなた以上の音は無く

    BLコミック原作小説コンテスト参加中です

    0

    0


    2021年11月30日更新

    「もう一度、二人で世界のトップに」 そう差し出した手を、僕はとりたくはなかった…。 ーー 小さな頃から「まるで天使の吐息のようだ」ともてはやされた ピアノの天才児だった主人公『樫木響生(かしきひびき)』。 そして同じように「神様からの贈り物だ」と言われていた 『桔梗律稀(ききょうりつき)』。 彼らは日本中が将来を期待する程の才能を持っていた。 しかし、とある事件をきっかけに、 響生は表舞台からも律稀の前からも突然姿を消す事になる。 逃げるように音楽の業界を去り静かに暮らすこと数年。 暮らしに慣れてきた頃、突然響生の元に現れたのは親友で相棒だった律稀だった。 夢と才能と一緒に捨てたはずの元親友は、響生に手を差し伸べてこう言った。 「もう一度、二人で世界のトップに」 律稀は今もピアノ界でトップを走り続けている本物の天才だ。 そんな律稀が頭を下げてこう言うのだ。 「自分に足りないのは情緒だ」 「それを埋められるのはお前しかいない」 「俺の先生になって下さい」 響生は昔を思い出し拒否しようとするも、律稀の真剣な眼差しに射抜かれると 少年時代に熱く燃やしていたピアノへの情熱が静かに冷えた心を暖めてきて…。 これは、ハッキリと点数が出ないピアノの世界で頂点を目指す 元親友で、今も結局唯一無二の二人の物語。 才能に愛されたが故に 沢山のものを失いながら進み続ける二人に待っている結末とは。 トラウマのその先に待っている未来とは。 大切な物を取り戻したい。 大切な物をもう二度と失いたくない。 そんな二人が織りなす物語です。 ーー 以下お題でBLコミック原作小説コンテストに参加させて頂きます。 ・バディ

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 希う

    こいねがう。

    1,000

    0


    2021年11月1日更新

    月が空にあってはいけません 月が空にあってはいけません うつくしいあの人が甦ってしまうでしょう?

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 夏の前奏曲(プレリュード)

    さわやかな青春をイメージして書きました。

    3,200

    0


    2021年7月26日更新

    ピアノを弾くことを生きがいに感じていた朝倉はしかし、突然やってきた転校生にその自信をへし折られる。 前を向く心をなくしてしまった朝倉はある日、学校の音楽室から流れてきた拙いメロディを聞く……。 高校生の時にノリだけで書いたものです。数年経った今でも、その勢いだけは自分の中で評価できます。 記念すべき投稿作品第1号を担ってもらいます。「拙い」作品ですが、どうぞご一読ください。感想、お待ちしております。

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • シューマン「色とりどりの小品(Bunte Blätter)」作品99についての覚え書き

    覚え書きです

    700

    0


    2021年5月30日更新

    全14曲の小品から構成されるシューマンの傑作について、覚え書きを残そうと思いました。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 愛の喜びとか、悲しみとか……

    あなたとの出逢いが私のピアノを変えたのよ

    28,300

    1,100


    2021年5月10日更新

    一流のピアニストとして活躍するためには何としても優勝しなければならなかったコンクール で大失敗をした真音(まお)は、ピアニストになる夢を諦め、ショッピングモール内の楽器店でピアノ講師をしていた。 鬱屈とした毎日を過ごす真音の前に現れた、3歳年上29歳の新しい生徒である瀬尾幸人(せのお ゆきと)が、同棲している彼女の誕生日にプレゼントしたいという曲は、初心者には不可能に近い難曲、ラフマニノフ 作曲の『愛の喜び』だった。 初めは、瀬尾に対して嫌悪に近い感情を抱いていた真音だが、彼のひたむきな姿に次第に心惹かれ、心の奥底に封印した感情が一斉に溢れ出し…… ♪ 美しい表紙絵は、まかろんKさんのフリーイラストをお借りしました。ありがとうございます→Twitterアカウントは @macaronk1120 です ♪

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • クレッシェンド・アイランド

    音を紡いで平和を奏でよ!

    1,900

    0


    2021年4月10日更新

    俺は……最期の瞬間まで演奏者でいたいんだ! 数々のコンクールを総ナメにしてきた 弱冠17才の天才ピアニスト 鈴井 奏助 ある日、幼馴染みの神楽 優歌の父で、 自身のピアノ講師でもある神楽 弦の書庫から 1枚の古びた譜面を見つけ演奏するが 「その曲を弾くな!!!」 滅多に怒鳴らない弦に驚く奏助は、 その日を境に、不気味なメロディに包まれて行く そこには奏助の知らない ある世界の存在が関わっていた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • to 「 」 from 「 」

    憧れです

    0

    0


    2021年3月3日更新

    愛と哀と そんなお話しです

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • あの時が聞こえる

    「小説家になろう」に掲載済みの作品です。

    7,100

    0


    2021年2月12日更新

    都内で、ピアノコンクールエントリー者が駅のホームから突き落とされるという事件が発生する。音楽雑誌ライターの成田は胸騒ぎを覚え、独自に事件について調べ始める。 ともに語られる思春期の物語。北国のとある高校。水泳部所属の飯塚は放課後に偶然聞いたピアノ曲、ドヴォルザークの「ユモレスク」の演奏者を探し出そうとするが。それはすべての元凶だったのだろうか? 「才能は諸刃の剣となる。 過去は現代に復讐する」 才能がなくて苦しい。才能があってもつらい。大人に振り回される子供たち。嘘の甘さと真実の苦味。それぞれの想いが個々に曲を奏でだす。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間16分

    この作品を読む

  • ヴィシュタイン・コピーライト

    ピアノ × 冒険 × スチームパンク‼

    633,250

    18,060


    2021年2月1日更新

    あらすじ: 時は20世紀初頭、イングレス連合王国首都、ロンドン。 産業革命による蒸気機関の急激な発達によって人々の暮らしは豊かなものとなり、 芸術文化の花開く土壌が、上流階級から労働者にまで幅広く広がっていた。 パトロン付きの十七歳のピアニスト、アンジェラは、一ヶ月後に迫るロンドンピアノコンペティションで優勝しないと家を追い出されてしまう。 しかし調子は絶不調。諦め気味のアンジェラは夜になると屋敷を抜け出し、街のバーでジャズピアノを弾く毎日。 そんなある日、ピアニストとしても一流の調律師、アドニスと出会う。 とある依頼でアンジェラは、超絶技巧の右手専用ピアノ曲『右手のためのピアノ独奏曲』を演奏しなければならなくなり、 アドニスのレッスンを受けて、その才能を開花させていくのだが……。 その裏では、大きな陰謀が渦巻いていた。 曲に隠された秘密。 謎多きピアノ調律師。 裏世界で暗躍する男達。 霧煙る街ロンドンで、人々の思惑は交錯し、複雑に絡み合う。 十七歳の少女が奏でるピアノが、それを解きほぐす鍵になるとも知らずに。 --------------------------------------------------------------------- コンセプトは、ピアノ × 冒険 × スチームパンク‼ 読んでてワクワクする! 続きが気になる! そんな気分になってもらいたくて書いてます。 ついに全三部、完結! (2021/2/1) --------------------------------------------------------------------- 2022/2/22 第34回星海社FICTIONS新人賞 座談会に取り上げられました! 2021/11/1 メフィスト賞2021下期 印象に残った作品に選ばれました! ※作者Twitter: https://twitter.com/tomoyuki2019 ※表紙絵: 小石のような男 @koishiotoko 様

    読了目安時間:12時間42分

    この作品を読む

  • 異世界ピアノ工房

    突然異世界に飛ばされたピアノ職人の物語

    7,100

    0


    2021年1月20日更新

    町の小さなピアノ工房に勤める調律師兼ピアノ修理職人の飛石蔵人(とびいし くろうど)は、ある日突然異世界に飛ばされてしまう。 何もかもが元の世界と異なる場所に、なぜか世界的に有名なピアノメーカー『ROADSTONE(ロードストーン)』社製のピアノを見つけた蔵人は、導かれるように演奏し、ズレた調律を合わせ、さらには修理を行なうことにした。 ロードストーンのピアノが法律によって厳重に管理される世界でそれを修理したことにより、蔵人の運命は大きな変化を迎えることになる。 遙か昔に異世界勇者からもたらされた12音階を基準とする音楽文化とロードストーン社製のピアノを始めとする楽器類、それを元に作られる異世界産のピアノやその他楽器、木工技術に優れたエルフ、冶金技術に優れたドワーフ、細工の得意なヴィロノーム、オリハルコンのピアノ線、ミスリルのチューニングピン、ドライアドの祝福を受けた木材、スライムを溶かした塗料、冒険者との素材取引、異世界素材を使ったピアノの修理、風と水の魔法で再現されるスプレーガン、オリジナルな状態を頑なに守ろうとするロードストーン工房との軋轢、ロードストーンがロードストーンであらねばならない理由等々……。 こんな感じのことをうまいこと絡めていこうかなと思っておりますので、よろしければご一読を!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間55分

    この作品を読む

  • 帰郷、そしてワルツを。

    エブリスタで掲載していた作品の続きです。

    300

    0


    2020年11月15日更新

    男は一つの箱を持って田舎の町へ。 待ち人と会うために、長い時を経て実家へと帰る。 そして、男を待っていた人たちに、数曲、ピアノの演奏をささげる。 前日譚は今後掲載予定。 もちろん単品でもお楽しみいただけます。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 君色の朝

    夢を追う君へ

    300

    0


    2020年9月15日更新

    私の娘ちよこは、今日、家を出る。 玄関の前、旅立つ君に贈る言葉に私は悩んでいた。 ※加筆修正いたしました。 ※16日、ほんの少し再修正。これ以上の修正はありません。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 目指した音色

    どんな音色を響かせたいですか?

    1,600

    60


    2020年9月11日更新

    ピアニストを目指す弟と、天才ピアニストの姉。 さて。今日はなにを弾こうか?

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • それが私のピアノ道

    一通の手紙、それで私は私を取り戻した

    300

    0


    2020年9月9日更新

    私はピアノを諦めた。 でもさ、結局また鍵盤を奏でていた。 あーあ。やっぱ私ってバカなのかな?でもさ、結局、私は私でいれたらそれでいいんです。 だから、ありがとう。私。 私はいつの日か、私が私であることを思い出した。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • バーニング・クラシック

    AMG夢コン参加作品です。

    14,600

    10


    2020年8月25日更新

    教科書通りの無個性な演奏しかできず少女のピアノ演奏は閉塞していた。そんなおり、いつものように思うような結果の出せなかったコンクールの帰り、幼馴染みの徹平に「おまえのピアノは冷静すぎるんだよ!」と言われてしまう。その言葉にどうにも腹の虫のおさまらない彼女は深夜に徹平の家を訪ねるのだが……。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む