ピュア

検索結果:17件

  • 君がいるから呼吸ができる

    私ね、君がいるから呼吸ができたんだよ。

    218,850

    590


    2022年6月19日更新

    登校拒否をしていた子にプリントを持っていったのがすべてのはじまり。 大勢の人の前では過呼吸になってしまう下河雪姫と。特に交友関係もなく時間を持て余していた俺、上川冬希。 次第にお互いが大切な存在になっていって――。 糖度120%。純愛イチャイチャ展開で青春を突き抜ける これだけは言わせて欲しいの。 私ね。 ――君がいるから、呼吸ができたんだよ?

    読了目安時間:17時間3分

    この作品を読む

  • なんとなく告白してみた

    ピュア度高め恋愛ショートショート

    16,435

    41


    2022年4月18日更新

    居残りで課題をする二人。彼氏が欲しい鈴はなんとなく告白してみた。 左肘幸子さま主催の個人企画「告白シーンを書いて描け!【キュン死注意!】」応募作品です。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • あの瞬間キミに恋した

    幼なじみの紗羅と櫂斗のドタバタラブ物語

    1,100

    0


    2022年1月1日更新

    幼なじみの紗羅と櫂斗のドタバタラブ物語をどうぞ♪ 天然美少女「渋谷紗羅」×「岡田櫂斗」 高校の入学式の日に 大嫌いな幼馴染のアイツと再会・・・。 何で今になってアイツと会うなんて・・・。 思ってもみなかった・・・。 そして・・アイツを好きになるとは 全然思ってなかったのに・・・。 略して瞬キミです(*´ω`*) 桜川椿の初執筆作品です( ^_^ ;) ブックマーク登録よろしくお願いします(*´ω`*) スタンプ、コメント、感想、レビューもお待ちしています♪

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • 君の歌が鳴りやまない

    罰ゲームから始まるピュアきゅん系です

    1,310

    0


    2021年11月26日更新

    応募用あらすじ(※ネタばれを含みます) 成瀬蓮(なるせれん)は音楽の道を志す高校三年生。バンドメンバーが提案したゲームに負け、同じクラスの満島夏月(みつしまなつき)という男子生徒に偽りの告白をすることになった。従う気の無い蓮だったが、夏月を観察しているうちに夏月に好印象を抱くようになる。 友人から始まった二人の関係は、ある日変容を迎える。恋人のような存在など自分にはできっこないと夏月が諦めたように言いきった時だった。蓮はとっさに「じゃあ俺がなる」と結局偽りの告白をしてしまう。驚いたことに夏月の返事は「僕も好きだった」なのであった。 罪悪感を抱きながらも恋人として共に過ごすうち、蓮は夏月に対する自分の気持ちを自覚する。知らぬ間に惹かれていたのだ。だが蓮の心には罰ゲームのことが引っかかる。もっと悪いことに彼はある時、そのことを自身の口から滑らせてしまう。夏月はもう関係をやめようと言った。挙句、学校にさえ来なくなってしまった。 未練を引きずったまま蓮は二十歳になる。売れっ子バンドとして音楽番組に出演した際、メンバーはカメラ越しに夏月へ向け、ちゃんと蓮を振って欲しいという発言をした。 まさかとは思ったが夏月との再会が叶った蓮。まだ好きなのだと思いを告げれば夏月の様子がおかしくなる。罰ゲームのことを実は最初から知っていた、と彼は告白を始めた。高校時代、夏月は教師と体の関係をもっていて、事に及ぶ時は必ず蓮たちがバンド練習をする部室の隣の部屋にいたのだった。だから夏月の頭の中では常に蓮の歌が鳴りやまなかった。そして彼は全ての会話を聞いていた。 本当はずっと蓮が好きだったと打ち明けた夏月。夏月を忘れられなかった蓮。遠回りをした二人はこの日、ようやく互いの想いを確かめあったのだった。 (作者、高校生もの大好物侍) ※応募テーマ「③お題フリー」 よろしくお願いします!

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 水色の恋、茜色の約束

    こじらせ両片想いじれじれ系です

    215

    0


    2021年11月24日更新

    ――俺には大嫌いな奴がいる。名前は一条遥。理由? 簡単だ。あいつは俺から大事なモノを奪っていった―― 主人公姫野青には忘れられない人がいた。高校1年の時に出会った東京からの転校生、一条遥(いちじょうはるか)。 ――俺には好きで好きでたまらない人がいる。名前は一条遥。理由? 簡単だ。彼は俺の初恋だった。そして今なお癒えない、青春の傷―― 夏、海、サーフィン、青春、こじらせ両片想い…… (作者の好きなものがドパーン!)

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 万聖節悲哀話【短編】

    学生時代から厭な奴だった……

    8,700

    0


    2021年11月3日更新

    ハロウィンの日、学生時代から嫌いだった厭な男、ビルから『失恋した』という電話がかかって来た。 彼は酒を煽り、時には涙を零しながら、その失恋話を延々と続ける。カボチャや魔女が犇めき合い、お菓子が山と積まれる部屋で。 ハロウィンの今日、ビルはその子と逢う約束をしていたのだ。それなのに、その子は来なかった。 きっとその子は、昨年の万聖節に、元の世界へ帰り損ねた妖精だったのだ。だから、今年、元の世界へと帰って行った。 来年のハロウィンには、きっとビルのところへお菓子をねだりにやって来る。 ビルの愛した妖精は、そう思えるほどの愛らしい子だった。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 第2ボタンより欲しいもの。 ~終わらない初恋~

    卒業して5年後。初恋がまた動き出す――。

    4,300

    25


    2021年8月13日更新

    21歳の麻木(あさぎ)真樹(まき)は、まだデビューして2年目の駆け出しライトノベル作家。本屋さんで働きながら、一人暮らしをしているマンションの部屋でパソコンで執筆する毎日。 そんな彼女には、ずっと彼氏がいない。でも、モテないわけではなく、彼女自身がすべて断っているのだ。 その理由は、「初恋の相手が忘れられないから」。彼女は中学時代、卒業まで丸二年、ずっと一人の同級生に片想いを続けていたのである。 それでも告白すらできず、卒業とともに音信不通となった彼への想いは、5年経った今もなお真樹の中で〝終わらない初恋〟として燻っていた。 そんな4月のある日、真樹のもとに中学校の同窓会の案内状が届く。それと同時に、真樹の片想いの相手だった岡原(おかはら)将吾(しょうご)から電話がかかってくる。 「俺も出るから、お前も絶対に同窓会に出ろよ。お前に伝えたいことがあるから」と。 彼が自分に伝えたいことって――? 真樹はバイト先の店長に有給休暇をもらい、同窓会に出席することに……。

    読了目安時間:1時間16分

    この作品を読む

  • 冬のひまわり

    温かくピュアで切ないラブストーリー

    6,200

    0


    2021年5月8日更新

    ある冬の日、君は『ひまわり』が見たいと言った。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 二キロメートルの恋

    おはよう。

    10,300

    0


    2021年4月28日更新

    高校一年生の主人公は、毎朝片思いの子と同じ電車に乗る。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • キコちゃんはちょっと小さい

    毎日更新でよろしくお願いします!

    8,700

    0


    2021年1月30日更新

    児之原一也、18歳。天涯孤独の高校生。人付き合いは嫌いだ。でも、もしかしたら人ではないのではないかという美少女と、出会った。 「小説家になろう」などの投稿サイトにも、アップロードしております。

    読了目安時間:1時間57分

    この作品を読む

  • 馨の結婚

    すべてが壁となって襲い掛かる、愛。

    1,000

    0


    2020年11月27日更新

    僕の名前は上田馨(かみた かおる)。いわゆる「良家の長男」だ。父は大きな企業の社長だから、僕は跡取り息子ということになる。 幼い頃から父のプレッシャーに耐え、僕は大学入試で、トップの成績目指して必死に勉強した。でも、新入生代表の挨拶を任されて壇上に上がったのは、僕ではなく、女の子だった。 彼女の名前は、園山美鈴。美しく、頭脳明晰で、そして奥ゆかしい、魅力的な女性だった。 僕は入学してから彼女を追いかけ、肩を並べて勉強をして、恋に落ちた。 迷いに迷って思いを告げた。叶わないだろうと思っていたから。でも、彼女は泣きながら嬉しそうにため息をついて、「私も同じ」と言ってくれたのだ。 その日から僕は眩い日々に踊らされて、彼女に夢中だった。 でも、僕の家族はよく思わないだろうとは知っていたから、彼女と交際をしていることは家族には黙っていた。それなのに、目ざとい執事にそれが知れてしまう。 「公原さんは父さんを信頼していると思いますが、僕が「黙っていてくれ」と言っても、聞いてくれますよね?」 そう聞いた時、執事の公原さんは渋い顔のままで、「もちろんそうしますが、それが最善の道とは言いかねます」と、ぶっきらぼうに言い放った。 美鈴さんが大学院に進み、僕が自分の家の会社に入ってから、僕たちは結婚を誓った。 でも、父からは会社のための見合い話を押し付けられ、母からも猛反対されて、「子供の立場で勝手をしないように」と僕は部屋に閉じ込められてしまった。 携帯電話も財布も取り上げられて、僕は追い詰められていた。でも、方法はいくらでもあった。 だから、戸棚から曾お祖父さんの銀時計を取り出して、実印と大学の卒業名簿も鞄に詰め、部屋の窓を、音もなく開けた。 もう頼れるのはあの人しか居ない! この小説は、「小説家になろう」などの他の投稿サイトにもアップロードしております。

    読了目安時間:5時間31分

    この作品を読む

  • 再会した幼馴染は☓☓オタクになっていました

    ☓☓オタクを攻略する方法を教えてください

    30,966

    0


    2020年7月13日更新

    小さい頃から幼なじみの黒炎(こくえん)くんのことが好きな朱里(あかり)。そんな彼は引っ越してしまい、気持ちは伝えられず。しかし、高校で再会することができ、それを喜ぶ朱里だったが、彼は以前とは変わっていて……。 だけど、黒炎くんのお家にお泊りしたり、遊園地では朱里にとっては驚くハプニングが!?二人の距離はどんどん近づいて……。イケメンの幼なじみにドキドキが止まらない!じれったい二人の恋の行方は……? ☆表紙絵は友人作。 ★エブリスタ、カクヨム、アルファポリス等にて同作品掲載中。

    読了目安時間:3時間53分

    この作品を読む

  • 【短編】うちの黒執事

    私はピンク、彼は黒好き

    8,200

    0


    2020年6月5日更新

    人物紹介 ◼️主人公→名前:花千代(はなちよ) ◼️執事→名前:竜道(りゅうどう) 花千代は十代。 竜道は二十代くらいの設定です。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 【短編】ロミオとジュリエットみたいに君とキスしたい

    高校生男子の恋愛模様

    500

    0


    2020年6月4日更新

    いつも同じような時間にバス停のベンチに座っている、あのこ。 偶然話しかけた時に、彼女が持っていた本は「ロミオとジュリエット」。 本にくわしいわけでもないのに知っているこの作品で、話はバス到着までなかなか盛り上がった。 それからの日常は、あのこのことで頭がいっぱいだった。 いつ愛の告白をしよう、と悩んでいた。 読書中に話しかけるのもなんだし、君は読書に夢中だし、僕は本を特に読まないし・・・ あーっ、もうっ!告白しよう、好きですって!! 君が好きですって、告白しようっ! もう、決めた、いつかする!!多分・・・

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 青春のライブラリー

    読んでいただけると光栄です。

    200

    0


    2019年11月28日更新

    早川美奈と矢神真二が高校で初めて出会う。早川美奈は矢神真二に対して苦手意識がある。そんな早川美奈の思いを青春だからこそ変えることができた矢神真二。そんな2人が結ばれることになった経緯を書いた恋愛青春小説です。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 69

    命を賭けて、守ってみたい命がある。

    100

    0


    2019年11月27日更新

    僕は貴女を、狂おしく抱いて 甘く切なく、とろけるように カラダとココロの全て すみずみを口づけましょう。 だから貴女も 僕を、抱きしめて欲しいのです。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 女子高生が年下の恋人にヌードを描いてもらう話

    「タイタニック」を観た女子高生の恋と欲望

    6,500

    0


    2019年7月20日更新

    「ずっと前から決めてたの。いつか優太にヌードを描いてもらおうって」 高校二年生の「私」は、年下の恋人の前でためらうことなく全裸になる。 とある映画のとあるシーンに触発され、ずっとそれを望んでいたから。 二人の濃密なひとときと、その後。全3話。 やや生々しい描写があるため、R15としましたが、ピュア、純愛系です。 ※「小説家になろう」「カクヨム」にも掲載。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む