フランス

検索結果:18件

  • Sonora

    音よ、花開け。

    27,400

    1,100


    2022年12月8日更新

    フランスのパリ8区。 凱旋門やシャンゼリゼ通りなどを有する大都市に、姉弟で経営をする花屋がある。 ベアトリス・ブーケとシャルル・ブーケのふたりが経営する店の名は<ソノラ>、悩みを抱えた人々を花で癒す、小さな花屋。 そこへピアニストを諦めた少女ベルが来店する。 心を癒す、胎動の始まり。

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • Réglage

    音よ、甦れ。

    18,200

    1,030


    2022年12月8日更新

    フランスのパリ3区。 ピアノ専門店「アトリエ・ルピアノ」に所属する少女サロメ・トトゥ。 職業はピアノの調律師。性格はワガママ。 あらゆるピアノを蘇らせる、始動の調律。

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

  • Parfumésie(内容修正済み)

    音よ、香れ。

    24,700

    100


    2022年12月8日更新

    フランス、パリの12区。 ヴァンセンヌの森にて、ひとり佇む少女は考える。 憧れの調香師、ギャスパー・タルマに憧れてパリまでやってきたが、思ってもいない形で彼と接点を持つことになったこと。 そして、特技のヴァイオリンを生かした新たなる香りの創造。 今、音と香りの物語、その幕が上がる。 ※イラストは「▼G3(三里)」様です。 話が重複している箇所と、順番が間違っている箇所がございました。申し訳ありません。

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • ペテン師の涙

    勉強会③用、一人称&三人称を混在。

    900

    0


    2022年11月30日更新

    18世紀、イギリス、ロンドン。 ジョルジュ・サルマナザールは、 「台湾」について、博識に語るが――? ※史実をベースにした、フィクションです。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • サン=ナゼールを越えて

    はじめてこちらで小説を投稿させて頂きます

    16,500

    0


    2022年10月16日更新

    第二次世界大戦、ナチスに占領されたフランスの港、サン=ナゼールに殴り込みをかける、イギリス軍特殊部隊員の物語。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • ペテン師の涙

    フランスから来た「自称・台湾人」の話。

    800

    0


    2022年10月14日更新

    18世紀、イギリス、ロンドン。 ジョルジュ・サルマナザールは、 「台湾」について、博識に語るが――? ※史実をベースにした、フィクションです。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • あなたの心を離さない“健気な”あの子

    拝啓 未来の旦那様

    7,400

    0


    2022年9月19日更新

    オレは彼女と婚約中。彼女の両親も公認の仲。そんなオレの夢は、パティシエになる事だ。専門学校に通い、腕を磨いた。先生の推薦を受けて、オレは1年間のフランス留学へと旅立つ。 出発前夜、彼女が倒れた。病院にいる彼女から連絡があり、「検査のために入院するけど心配はしないで」と言われ、後ろ髪引かれつつ出発。立派なパティシエになって帰国し、彼女と結婚する。結婚式では、立派なウェディングケーキを自分自身の手で作るんだ。その決意を固める。 毎日話したいが、国際電話では料金が嵩む。オレは彼女の勧めで無料で出来るツイッターを始め、彼女との間に一つのルールを作った。それは一日一回、お互い近況報告をする事である。面倒くさがりな俺の性格を知っている彼女ならではの提案だった―――。 2022年9月15日~19日 毎日 19:40 公開予定 全5話 各話2000文字 合計10000文字 ※本作品は、#140字小説百物語より抜粋した、以下の拙作をベースに作ってあります。完全ネタバレになりますが、時間がない方は、500文字ちょっとのショートバージョンでお楽しみください。(URLは以下) 海外留学 https://novelup.plus/story/898738641

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 市原ストーリー

    頑張りますので、よろしく!

    900

    0


    2022年1月3日更新

    この作品は30年以上も脱出できずに住んでいる中堅都市、市原のとある住人の随筆文である、恋あり、笑いあり、人情ありのドタバタ物語。自電車に乗って、あくせくと働く市原市民の不満を暴露します、幸せ貧乏でどこが悪い? 市原市というと東京から離れたパッとしない街で昔は不良が多い街で荒れて、さびれた感がある。上流階級は邪魔というのが市原の不文律でもあった。ひとこと多い当たり屋的なやから、殺し屋のようなもの、何となく住んでいる人、並みなぶすめ達、ヘイトスピーチがやたらと上手い女、変顔なおじさん、おばさん達、本当に弱気な男、おっとせい的にいやむささび的とでもいうか東京と市原をいったり来たりして住んでいる人達、たまに現れるだけの奴、大丈夫ではないのに見栄をはっている人達とそれを持ち上げて、大金を取る女たちなどいろいろな人種が市原には生息している。 都会では通用しない、いや逃げてきた。何といっても女はブスが多いし、かわいい彼女はできない街、人からは敬遠される、運が悪くなる、かかわったら終わり、やたらひねくれた奴がいる、家族の仲が悪いなどいろいろと問題を抱えている、やる気がない 人たちが多いようです。ここに住むのは頭がおかしい、いかれているなんかダサい、金の無い街、貧乏、ふつうの街、欲がない、かといって仲が良い、いい服は売ってないし、あってもすぐに売り切れる、雑音がすごい、やくざ者、ムショ帰り、ださい、いも、暴走族、道路は舗装されておらずで区画整理もされていない。道路は舗装されておらずでこぼこ道なんて時代もあり、そんな中、おやじのバンに乗った記憶もある。住民のイライラは募るばかり。友達は外人しかいないというのが特徴的だった。さて、そんなところで、今では昭和時代とは様変わり平成後期時代になってからは時代の流れもあるが、ちょっとしたファッションタウンに生まれ変わり、全国から移住して来た民が大多数だ。ひと昔前の市原とは違う。リトバルスキーやオシムチルドレンなんかで有名な名門サッカーチームのジェフ市原は千葉に移転したが、名前はちゃんと残っている、万年J2にいるのはちょっとね。 なんかやっかいな街、難しい街、普通の人には馴染めない街、口が悪い、下品、人格破壊を起こす。頭悪い、中途半端。でも今ではアリオには映画館もあるし、食事、イベントなんかもあるし、女性が増えた理由はわかる.....

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • ラ・マルセイエーズを高らかに歌え

    WW II以降のフランスが舞台の小説

    1,900

    0


    2021年12月7日更新

    フランス フランスは第一次世界大戦で戦勝国となるものの、膨大な死傷者と荒廃した国土は人々の心に暗い影を落とした。 そして、フランスは混迷の時代を歩むことになる。 軟弱で優柔不断な政治家、旧体制的な軍隊、国民の意気沮喪、日和見主義。 そんなフランスは、やがて第二次世界大戦、第一次インドシナ戦争、アルジェリア戦争を経験することになる。 舞台は第二次世界大戦前夜から1960年代のフランス。 2人の青年を中心に、激動のフランスを生きた人々の物語。 ※時代設定的に現代では差別にあたる文言が含まれますが、差別や偏見を容認、助長する意図はありません。 主要参考文献 『よくわかるフランス近現代史』剣持久木編著/ミネルヴァ書房

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 恋人契約はAmourのはじまり~BARで声をかけてきたフランス人女性とほろにが恋人契約?!~

    日本人男性によるのほろ苦い恋人契約日記。

    500

    0


    2021年11月22日更新

    20××年、フランス・パリ。日本人男性、中村大和は仕事で滞在中にBARで10歳年下のフランス人女性、マリアンヌに出会う。「ねえ、私と100万円で恋人にならない?」と声をかけてきたマリアンヌと酔った勢いで一晩を過ごす。翌朝、処女と知らずに彼女の貞操を奪ったことにより恋人契約することになってーー?!謎多きマリアンヌの一ヶ月の恋人契約の理由とは?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 救国の英雄=ジル・ド・レと、彼の催した悪魔的な晩餐について

    我々が信じた彼についての話です。

    3,000

    0


    2021年10月19日更新

    これはフランソワ・プレラーティが後に語った、ジル・ド・レの催した悪魔的な晩餐についてである。 ※この作品は、カクヨムにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 夏の陽《ひ》燃えて

    「救国の乙女」ジャンヌ・ダルクの面影。

    800

    0


    2021年8月13日更新

    ――もし勝利の女神がいるとしたら、この甲冑の乙女以外の誰だというのだ。 「勝利王」シャルル七世の目を通した「救国の乙女」ジャンヌ・ダルク。 *複数のサイトとの重複投稿です。 ――2021年9月11日、他所で指摘を受けてジャンヌの出身地を「ドンレミ」に修正しました(他の内容は不変です)。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 腐った血

    ゾンビvsヴァンパイア

    100

    0


    2021年7月16日更新

    『ゾンビvsヴァンパイア』 本報告書は、太平洋側で蔓延する疫病 『ゾンビ』に対抗しうる亜人種、 『ヴァンパイア』の行動を調査し 結果をまとめたものです。 但し調査対象に確証は一切ありませんので、 通例の従い秘匿化処理を行ってください。 1990年2月 特殊作戦セクション・サービスZ 提出者 グラーヴ ―――――――――――――――――――― ※本作はフィクションです。 実在の人物や団体・地域・製品などとは 一切関係ありません。 ※作中には差別等の表現が含まれていますが、 当時の時代背景や価値観を反映させたもので、 差別等を許容や助長するものではありません。 予めご理解の上、ご鑑賞ください。 ―――――――――――――――――――― 他サイトでも重複掲載。 https://shimonomori.art.blog/2021/07/16/rotten/ ※本作は横書き基準です。 1行23文字程度で改行しています。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • フランソワーズ・ドルレアック

    カトリーヌ・ドヌーブのお姉さんのお話です

    300

    0


    2021年6月29日更新

    一九六七年六月二十六日、雨の月曜日、ニース空港へ向かう高速道路上で一台の乗用車が事故を起こした。乗っていたのは新進女優フランソワーズ・ドルレアックだった。彼女が乗っていたレンタカーのルノー10は黒煙をあげて激しく炎上。彼女は帰らぬ人となった。彼女の妹はフランスを代表する女優のカトリーヌ・ドヌーブである。 実際に起こった事故を元にカトリーヌ・ドヌーブの一歳半違いの姉、フランソワーズ・ドルレアックの半生を彼女にまつわるいろいろな人物たちへのインタビューという形で浮かび上がらせた作品である。もちろん全てが事実という訳ではなく、事実と創作を融合させている。 事故を目撃したトラックドライバー、共演女優、映画監督、F1ドライバーの元ボーイフレンド、母、妹、とインタビューは進んでいくが、だんだんとフランソワーズの人間像が。性格が、女優としての苦悩がうかがい知れるような構成になっている。 そして自信をもっていたはずの作品の思わぬカンヌ映画祭での低評価と、妹との格差に思い悩んだ彼女は、教会で足の悪い肺病病みの若い画家と出会い、彼を支援することに喜びを見出す。彼、クロードはやがてフランソワーズに恋焦がれるが、彼は日に日に弱っていきついに絵筆すら握れなくなり寝込む。クロードのアパートの大家サビーヌは見かねてフランソワーズに電話をかける。だが彼女は仕事がありクロードの元にはいけなかった。彼女は仕事に穴をあけるのはプロ失格だと妹に言われ喧嘩をしてしまう。クロードはサビーヌと医者に看取られ、フランソワーズの名を呼びながら息絶えてしまう。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 【ゆっくりノベル】 La Résistance ~奴らはマキザールだ~

    赤いベレー帽に気をつけろ。

    0

    0


    2021年5月18日更新

    私ヨハンが、マルセイユに赴任して最初に聞かされたのが、マキザールという言葉だった。 最初この言葉を聞いた時、私はマキザールをよくある地下組織しか思っていなかった。 国家から頂戴した胸の鉄十字勲章を親指で叩きながら、軽く笑って流しただけだった。 マルセイユは食事も美味く街の人も親切であり、日夜飛び交う銃弾の音もない。 私の気持ちの半分は、バカンスだった。 そう。1944年8月25日。あの日までは……。 ――――――――――― ※この作品は ・ハーメルン ・アルファポリス ・ノベルアップ+ ・Novel Days で掲載されております。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • フランスのマクロン大統領が第三次世界大戦に言及したらしい

    第三次世界大戦が近付いているようです

    1,000

    0


    2021年5月7日更新

    本日のニュースを見ていたら、表題の話がありました。 簡単に発言内容をまとめただけです。 関連作品: ・【陰謀論】新型コロナは計画された生物兵器なのか【第三次世界大戦】 novelup.plus/story/503725346 ・新型コロナ(武漢肺炎)ワクチンについて novelup.plus/story/820308903

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • ソラノトビカタ (Comment Voler Dans Le Ciel )

    見苦しく足掻け。美しくクタバレ。

    600

    0


    2021年3月21日更新

    生まれもわからぬ一人の少年が、荒ぶるパリの裏社会で必死に生き抜いていくハードボイルド作品。 ★こちらは初稿版です。完全版はノベルデイズで連載しております。 https://novel.daysneo.com/author/omy_runbird/ ★ 毎日21時更新 ★ 実在する人物、建物、団体とは一切関係ありません。

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む

  • 14歳年下男子が好きですが何か問題あります?

    よろしくね

    300

    0


    2020年12月5日更新

    飛んでる帰国子女が、真面目に仕事ばかりしようとすると、どうゆうわけか、14歳以上年下男子に攻め込まれあたふた。 でも、嫌いじゃないの。若い男子たちのういういしいアプローチが可愛すぎてね。不倫のおっさんとか興味ないし。独身だから自由に恋愛して何が悪いの?ぎりぎり20歳以上には、するように気をつけてはいる。 しかし、相手が私のことを好きなら、プラトニックラブならありかもね。意外と心はピュアだから。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む