ポストアポカリプス

検索結果:60件

  • 明日も見えぬ世界で、希望を求める人々の話

    ♡2,500

    〇0

    SF・連載中・7話 秋月

    2020年7月7日更新

    最終戦争が勃発し、世界は取り返しのつかない程荒廃した。 技術も命も、その多くが失われ、元凶の人間たちは宇宙へと逃れる。 残された人々は、何時終わるとも分からない、綱渡りの生活を強いられた。 そんなほそぼそと生きる者たちの間に、一つの噂が流れる。 "希望の都"。そこは、夜でも昼のように明るく、食べ物で争う必要もない、この世の楽園。 明日を信じられなくなった者たちは、最後の望みを抱いてそこを目指した。 しかし、都を管理する少女も、明日におびえるように生きていた。 これは、全てが失われた世界で"希望"を目指す人たちの―― そして、昨日を失った少女が、"明日"へと歩き出すための物語。

  • 僕と骸骨と少女たち。今日も走る装甲車生活

    ♡170,700

    〇25

    SF・連載中・114話 竹氏

    2020年7月6日更新

    文明が崩壊してから800年。文化や技術がリセットされた世界に、その理由を知っている人間は居なくなっていた。 彼はその世界で目覚めた。綻びだらけの太古の文明の記憶と機甲歩兵マキナを操る技術を持って。 文明が崩壊し変わり果てた世界で彼は生きる。今は放浪者として。 ※現在隔日更新中! ※表紙絵は寝娘様の作品です。 ※この作品は小説家になろうで連載中作品のブラッシュアップ版先行公開になります。同様の作品をカクヨムでも連載しています。

  • その日。俺は彼女と、そして妖精と出合った

    ♡4,500

    〇0

    SF・連載中・9話 弐逸 玖

    2020年7月6日更新

    かつて、人類が全てを失ってから二〇〇年。 残された技術を、資源を巡って、地球の連邦と宇宙の新共和 二つの陣営の争いは長く続き、ついには過去の遺産 人型機動兵器 バトルアーマー までをも再発明してしまう。 そんなある日。砂漠の真ん中で。 戦闘に巻き込まれた俺は、美人で可愛いおねえさん、 エマニュエル・クレセント特務少佐に命を助けられ、 そして冥界の妖精、【ランパス】と出合った……。 毎週月曜、17:00に投稿予定です。 カクヨムにも同一内容で投稿しております。 内容に差違はありません。 どちらか読み易い環境でどうぞ。

  • ポストアポカリプス、女主人公、荒野と銃

    ♡9,700

    〇300

    異世界ファンタジー・連載中・22話 Cabernet

    2020年7月5日更新

    戦前の物資を漁って生計を立てながら旅をしているスカベンジャーの少女・アリサ。 儲け話を聞かされて同業者たちと赴いた街は、戦時中の激戦区――今は無法者たちが占拠する廃墟都市だった。 差別や迫害にさらされながら過酷な戦いを続けるくず鉄拾いたち。 それでも生きる意味を求めて、少女は愛銃である散弾槍を手に取る。 ※三日、四日ごとの連載ペースを見込んでいます。 ※作中のイラストは山桃氏(twitter:@yamamomoplank)に描いていただきました。 ※イラストを掲載しているお話はタイトル右に★マークを付しています。

  • 十人十色の萌えミリタリー

    ♡77,550

    〇300

    SF・連載中・60話 春ノ嶺

    2020年7月5日更新

    ※この小説は8割とまではいかないまでも半分以上はギャグでできています。 世界は終わった、人が戦争をやめられなかったために。 少し先の未来、数発の核発射を伴って三度目の世界大戦は終結した。誰が勝ったという話ではない、戦い続けられる者がいなくなっただけの事だ。もはや地上に秩序はなく、細かく分かれた国々は武力だけを外交手段とした。 そこに寄せ集めで組まれた戦闘部隊があった。 あらゆる手段をもって戦争を止める為に存在する部隊が。 1チーム目、番号308、バカ騒ぎ担当。 2チーム目、番号666、無双担当。 3チーム目、番号72、雰囲気担当。 4チーム目、番号49、王道担当。 この終わりかけの世界で彼女らは暗躍する。

  • ファンタジー×スチームパンク

    ♡158,150

    〇未参加

    SF・連載中・15話 にしきた なつき

    2020年7月5日更新

    機械人の少女ソフィアは遺跡の奥深くにあったカプセルから古代の遺物カネヤを発掘した。青い髪と橙の瞳を持つ彼には油ではなく血が通い、世を支配する機械人とは違う思考回路を持っていた。機械人たちと交流を深めていくうち、手に入れられれば世界を支配できるという神の歯車『ギア・ハート』を集めるという己の使命を思い出していくカネヤ。カネヤを手に入れようとする帝国。機械の少女と人間の青年が『人間とは何か』を知る旅の果て。ソフィアとカネヤは、悲哀と愛憎に満ちた美しく愚かな兄弟による創星神話に辿り着く。 ※毎週土曜日更新 ※ノベルデイズ・エブリスタでも連載中 ※10万字前後完結予定 ※表紙画像は読者さまからファンアートとして頂きました。

  • 二人は目指す、世界の果てを

    ♡26,900

    〇0

    SF・連載中・7話 恋犬

    2020年7月5日更新

    そう遠くない未来。 世界は戦争によって滅びた。 空は常に雲に覆われ、海は干上がり、地上には動植物の姿もない。 動くものといえば、エラーを起こした戦闘用ロボットばかり。 世界は終末を迎えていた。 それはそれとして。 その世界を、バイクで旅する二人組がいた。 ロボット兵士、ゾルタン。 最後の人類、シーカ。 二人は旅をする。 世界の果てへと至る道、ビヨンド・ザ・ホライゾンを探して。 不定期連載。2~4日おきに更新。

  • 挿絵マシマシ!ファンタジーロボット短編集

    ♡737,650

    〇1,725

    SF・連載中・35話 操兵ワールド制作委員会

    2020年7月2日更新

    ------------ 「科学が魔法に成り代わったところで、人はちっとも変わらない。グズで愚かで煩わしくて、どこまでいっても人は人。 読めば分かるさ、世界の全てを記録した僕の魔導書【クロノファンタズマ】を、その指先で摘まんで開けば。」 科学は魔法へ、旧人類は新人類へ── 遥か未来の地球、人が作り出した魔力を駆使する異能の生命体「新人類」の反乱により、高い科学技術を極めた人類はその技術もろとも駆逐された。 その後も新人類同士の争乱が続く世界で生きる、人、亜人、魔族…そんな彼らを微睡みの合間に見下ろすのは、世界を司る三女神が一神【刻限の女神クロノス】。 その御手に収まる、世界の全てが記録された魔導書【クロノファンタズマ】には、遥かな時を重ねて尚「人」として生きる者々の物語が紡がれ続けていた。 魔導仕掛けの人型機械兵器・操兵を中心に広がるシェアワールド【操兵ワールド】による、記録者達のファンタジーオムニバス。 世界観wiki: https://w.atwiki.jp/souhei_world/ ※備考 ・こちらの作品は多人数参加形式の短編集になります。 ・作品ごとに作者が違います。 ・コメントへのリプライは企画代表者が行います。 ・基本的にどの作品から読んでも楽しめるようにできています。気になったタイトルをお手に取って頂ければと思います。 ・ご好評頂いていた『リサシリーズ』は単独作品として独立いたしました。 ------------

  • オムニバスSFです、よろしくお願いします

    ♡764,353

    〇24,957

    SF・連載中・293話 うぐいす

    2020年7月1日更新

    第三次世界大戦は、究極の生物兵器ゲヘナにより終結した。 地球上から国家が消失し環境が激変した世界で生きるのはキメラと呼ばれる獣人達だった。 そんなキメラ達が生きる世界を書いたオムニバス小説。 序章(完結) 人類が生み出してしまった最終生物兵器ゲヘナの暴走で滅んだ地球が再生するまでの話。 殺人鬼の作り方(完結) まだ世界大戦が終わってなかった頃の話。 元々気が弱い犬の頭を持つキメラ兵『ジャック』が殺人鬼に墜ちる。 かたつむりの観光客(完結) 世界大戦終結後、大陸の形すら変えられた地球に七つの大都市が出来た。 謎の美女プリデールと『なんでも屋』のスゥが世界を旅行する話。 甘いマイアズマータ(完結) 違法な人造人間を造り、それを売って暮らす男の下に娘を名乗る少女が訪れる。 男は娘の正体を察し、殺そうとするが……? くろいながれぼし(完結) 荒野で見つけた焼死体を埋葬しようとしたら、それは鉱物生命体だった!? 鉱物生命体クオリアの少女オニキスと、熟練の傭兵ガレスの奇妙な旅。 ほしをみるひと(執筆中) 世界大戦勃発前、田舎育ちの冴えない少年マーカスが出会ったのは不思議な喋る石だった。 激動する世界の中、一人と一個は生きていく。 オムニバスなのでどの話からでも読んで頂けるようになっています。 評価応援ブクマ、宜しくお願いします!

  • 第一部完結済!第二部から読めるロボ物!

    ♡525,039

    〇350

    SF・連載中・70話 芋太

    2020年6月28日更新

    国が滅び、二大勢力が世界を統べる時代。 地上が汚染されるほどに血を流し続け、それでも尚、人類は争いを見出し続けた。 長すぎる戦いの末、やがて戦場に立つ両足は装甲に覆われ、引き金を引く指はヒトを模した金属に成り代わる。 人型兵器“AW”が踏み荒らしてゆく地上は──今日も醜い。

  • 逆境に抗い、怪人から世界と色を取り戻せ!

    ♡53,910

    〇280

    現代/その他ファンタジー・連載中・52話 穂波じん

    2020年6月27日更新

    地球は青かった。そう、昔は青かった。しかし今は違う。灰色の惑星、それが今の地球である。 地球が灰色となってしまったのは、異世界から突如地球に襲来した人型の怪物にあった。その怪物達は、色を喰うのだ。 色を喰われたもの達は、人であれ、植物であれ、建物であれ、全て色が抜けて落ちていき、最後には灰となって散った。 人々はその侵略者を特撮番組の敵役になぞらえて、恐怖と共に『怪人』と呼んだ。 もちろん、各国は怪人達に対抗するも、しかし『色の力』という不可思議な能力を持つ怪人達は強く、どうにもならなかった。 それは、人類最後の希望と言われた虹の戦士アルカンシエルも例外ではなかった。 彼は怪人達よりも強力な七色の力を自在に操り、たった一人で多くの怪人を倒し、人々を救った。 だが、彼は首領との最後の戦いで敗北してしまった。そして怪人達の手に落ちた地球は灰色の惑星となったのだ。 それから十年。絶望的な状況の中で、それでも諦めず戦う者達が居た。 レジスタンスの少年、アキラもまたその一人だった。彼は父が遺した言葉を信じ、残されているという『希望』を探し続けていた。 少ない物資をやりくりしながら怪人達と戦う危険な日々。 そんなある日、アキラは遂にその希望と出会う。それは、力を使い果たして石像となっていたアルカンシエルであった。 石像となったアルカンシエルから力と想いを託されたアキラ。 敵は余りにも強大で、そして状況は絶望的。 それでも、少年はその証たる虹色のマフラーを強く握り絞め、覚悟と共に叫ぶのだった。 「変、身っ!!!」 いつか地球に色と平和を取り戻す、その日を信じて! ≪作者からのご挨拶≫ まずは、本作に興味を持って下さりありがとうございます! 本作は作者の趣味を大量に煮詰めて煮詰めて好き勝手に書いた作品です。 筆者の好きが、皆様の琴線のどこかに引っかかってくれることがあれば、これ程の喜びはありません。 それでは、逆境を覆す王道ヒーロー物語を、どうかお楽しみ下さい!初めからフルスロットルで行きますよ! ※なお、本作はMAGNET MACROLINK様、カクヨム様でも公開中です

  • 清く、正しく、見苦しく――戦え、童貞

    ♡55,800

    〇250

    現代/その他ファンタジー・連載中・24話 庚乃アラヤ

    2020年6月27日更新

    〈30歳を越えた童貞が“魔法使い”になる〉──そんな馬鹿げたファンタジーが何かの間違いで実現してしまった未来。 童貞は、最強の生物兵器になった。 今や、戦争の勝敗を分けるのは童貞の数であって、戦略や重火器などではない。 童貞だ。何はなくても、童貞が必要だ。 あらゆる国や組織が童貞を求めて奔走し、敵勢力にハニトラ要員を送りつける暗黒時代が到来したのだ。 この物語の主人公・ゼラン卿も、良い年こいてエロスの「エ」の字も知らない筋金入りの童貞である。 彼は退役を控え、婚約者であるアメリアとの結婚を予定していたのだが、結婚前夜にそのアメリアが消息不明に。 失意のあまり不能となった彼は、一度は魔法の力さえも失ったが、義理の娘・リリィを守る為、アメリアを取り戻す為、再び立ち上がる。 敵は当代魔王・ゴルダメイヤ。“非道帝”の名を冠する最強の悪魔。 対するは、怒りと愛に燃える最狂の童貞、ゼラン・T・ハーツホーン。 馬鹿みたいに熱苦しい、下ネタまみれな冒険譚が今始まる―― 【小説家になろう・アルファポリス 掲載中】【表紙絵:ヒロ㌧様より】 ジャンル別日刊ランキング第5位〈2020.1.9〉 ジャンル別日刊ランキング第2位/週間ランキング第10位〈2020.1.10〉 有り難うございます!!!

  • Все под богом ходим.

    ♡5,300

    〇212

    SF・連載中・5話 ゲタバコ

    2020年6月17日更新

    彼は追跡者である。 彼の後を追うのは薄汚い犬である。 彼は犬を愛し、犬も彼を慕う。 そして彼は犯された大地を延々と歩き続ける。 だが、そこは地獄よりおぞましい何か、地下より鬱屈した、死の世界である。 神は最早聖書の中にしか存在しない。 トンネルこそが、不潔で貪欲で狡猾な人類の最後の砦なのだ。 核戦争で破壊された地上世界の話です。 更新は遅々として進んでおりませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 小説家になろうでも同じ作品を掲載しておりますが、構成に違和感があるので改変していきます。 ご留意ください。

  • ポストアポカリプスと魔法世界と男受け

    ♡78,500

    〇30

    異世界ファンタジー・連載中・148話 アツユチカフ

    2020年5月30日更新

    急激な人工知能の進化で人々の暮らしが大きく変わってしまった世界でのこと。 VRMMOはまだまだ出てないものの、しかし代わりに「人工知能」が操作するヒロインたちと一緒に冒険ができるMMORPG「モンスターガールズオンライン」が発表された。 ゲーム正式サービス開始と共に大勢の人々がログインするものの、しばらくすると誰かを呼びかける声と共に画面は暗転――そしてプレイヤーと「ヒロイン」たちがゲームの世界に酷似したどこかへと転移されてしまう。 「モンスターガールズオンライン」にそっくりな世界で彼らは、そして彼女らは意外にもなんやかんやで普通に生きることになりましたとさ。 しかし一人だけ、同時に起動していた世紀末サバイバルシミュレーター「G.U.E.S.T」の世界へと流れ込んでしまった男がいた。 つまり……よくある「MMORPGの中にプレイヤーたちが転移」が始まる中、一人だけ「世紀末サバイバルシミュレーター世界に転移」してしまった主人公が本来行くべきだった剣と魔法の世界を目指して旅をする話。 剣と魔法の世界に少しだけ浸食された世紀末世界で戦い、生存し、歩み続ける……だけとは限らない。 時には殺され生き返り、時にはカルトや盗賊に立ち向かい、物言う短剣や犬を連れて異世界からまた異世界へ。 『また、この作品は小説家になろう」様にも投稿しております。』

  • 《2人ならきっと、何処までだって_》

    ♡8,114

    〇100

    SF・連載中・14話 白木蓮

    2020年5月24日更新

    既に何度も滅びた世界の小さな島国で、それは始まった。 これは、温かくも痛ましき二人の少女の逃避行。 きっかけは些細な事だった。 とある町で暮らす不思議な力の持ち主、『白』と『早紀』。 そんな2人はその力を使い、人・獣問わず殺す事で生活していた。 しかしそれが引き金となってしまい、街の権力争いに巻き込まれてしまう。 結果として、町から逃げ出さなければいけなくなり…? 終わった世界で愛し合う二人の物語が、今始まる。 __________________________________ 白木蓮 Twitter https://twitter.com/flora_magnolia 用語・設定集 https://novelup.plus/story/682424651 __________________________________ お知らせ 現在、黒玻璃町の推敲中につき、非公開部分などがある場合があります 推敲が終わり次第、2章の作成に取り掛かります ご了承ください

  • 少女の運命は、赤い糸によって紡がれる。

    ♡84,880

    〇210

    異世界ファンタジー・連載中・27話 サキ

    2020年5月24日更新

    聖刻歴83X年。 自由都市同盟の辺境の地、カミナの里では、土地神たるチノヨリヒメを祀る信仰が根付いていた。 里に住む少女チコ・カムイは今年、神を祀る巫女としての神職を正式に継ぐ。 その継承の儀の最中、不可思議な現象に巻き込まれたチコは、謎の少女、カンナと出会う。 2人の出会いが、絡み合う運命の糸を手繰り寄せるのだった。 操兵ワールドの裏側で巻き起こる、SF伝奇ファンタジー。 ちなみに本作品の執筆担当者はガンプラ作れないのでこの作品は小説専門です。 なので世界観と物語だけでも楽しんで頂けたら幸いです。

  • 良き青空を!

    ♡6,300

    〇0

    SF・連載中・39話 瑞雨ねるね

    2020年5月18日更新

    暦が新たに『星暦』と名を変えてから、二千年近くの時が流れた現代。 災害と公害により生物は死に絶え、世界は既に滅んでいた。 だがそれでも尚、人類は滅んでなどいなかった。 巨大な壁により外部と隔絶された尖塔都市――ヒュペルボレオス。人類最後の砦であり国家である其処は、発達した蒸気機関技術によって常に光で満ち溢れ、人々は自由に空を飛ぶ術を手にしていた。 そこでは全てが手に入り、あらゆる幸福を感受できるという。それはまさに楽園だった。 されど楽園を運営する人工知能、『マニトゥ』は警告する。 「馬鹿だねぇ。楽園なんてものが、本当にあると思ったのかい?」 これは、復讐と断罪の物語。 然して心せよ―――青空を見てはならない。 * * * 第一章 青空謳歌・完結 第二章 望郷迷路・開始

  • ポストアポカリプスものが好きなので

    ♡200

    〇0

    SF・連載中・4話 ゆゆゆ3

    2020年5月16日更新

    荒廃した世界、それでも人類はしぶとく生き残っていた。 世界は崩壊したが、武器と技術は残り、人間達は荒野を跋扈するクリーチャー達を相手取りながら、 文明の復興に精を出している。 欲を出し、時に足を引っ張りあい、そうかと思えば助け合いながらも、 人々は必死で生にしがみついている。 ウエストワールド──そう呼ばれる弱肉強食の荒野に一人の戦士がいた。 見た目は幼女、中身はおっさん、その名はアグニ! なろうでも投稿してます。

  • ポストアポカリプス・ロードムービー

    ♡1,700

    〇0

    SF・完結済・5話 寝る犬

    2020年5月8日更新

    巨大ロボ「グランドブレイカー」に追われていた少年クロエを救ったのは、白銀のグランドブレイカーを手足のごとく操る赤髪の少年ウィルだった。 すべての文明が赤い砂漠に飲み込まれた世界で、二人の少年はこの世界の根幹の謎へと迫る旅をする。 ポストアポカリプス・巨大ロボ・ジュブナイル・ロードムービー、始動。

  • カクヨムからの転載です。毎日更新

    ♡3,700

    〇0

    2020年5月5日更新

    寒冷化し雪の帳と化した地球の地上。その最後の15年の間に国営法人「日本メトロ商社」が掘り進めたトンネルが、日本人の「末裔」たちの住処だ。 沖縄ですら雪が舞い、関東以北は生存限界を超えた低温を記録する中、地下のある程度安定した温度と先進技術によって保たれた生命線を日々削りながら、人々は暮らす。 残されたヒューマノイドたちも、自らの体を犠牲にしながら鉄道やトンネルの保守・保安に明け暮れていた。 キタセンジュと呼ばれる東京北部のターミナル駅。そこに在籍する特別任務型87号、通称トニは、ミルクと呼んでいる女性と共に日々の保安にいそしんでいた。 そこに全日本管理統合人格から仕事の依頼が入る。 「人探し」 その仕事から、トニの人生が大きく変わろうとしていた。