マトリ

検索結果:1件

  • フェリシアン・シンドローム

    欲望の果て、人はどこへ行き着くのだろう…

    40,200

    0


    2021年11月27日更新

    警察官だった兄が不審な死を遂げた。死因は薬物の過剰摂取による中毒からくるもの。 あまりに突然のことに茫然とした日々を送る群司は、次第にその死因に不審の念をおぼえはじめる。 そんなあるとき、大学の同級生たちから偶然耳にした噂。 人間のありとあらゆる欲望を叶える魔法の薬―― 兄の死に疑問を抱いた群司は、独自にその噂について調べるうち、ある製薬会社の存在へとたどり着く。そして浮かび上がる疑念。 兄は、違法薬物を巡る事件に巻きこまれて殺されたのではないか。 真相を探るため、研究アシスタントとして会社に潜りこんだ群司は、そこでひとりの研究員と出会う。一見したところ、地味で目立たない存在である早乙女という名のその男は、会社役員に名を連ねる社長令嬢に目をかけられ、社内でもごく一部の人間しか知らない極秘プロジェクトのメンバーに選ばれていた。 異なる部署の学生アルバイトに過ぎない郡司を、出会った当初から目の敵にする早乙女。 だがその素顔は桁外れの美貌の持ち主で、人知れず、兄の墓前にも参っていた。 社内での立場を次第に確立していった郡司は、翌春からの新卒採用枠での内定が決まり、評判を聞きつけた社長令嬢によって極秘プロジェクトのメンバーにも抜擢される。 しかし、なにもかもが順調に見えるその裏で、世間では特権階級の者たちによって引き起こされる凶悪事件が急増していた。 魔法の薬の正体とはいったいなんなのか。 亡くなった兄と早乙女の関係は。 人類にいま、なにが起ころうとしているのか。 着実に事件の真相へと近づいていく中、郡司はやがて、人類社会を揺るがす陰謀へと巻きこまれていく―― BOYSFAN: BLコミック原作小説コンテスト「バディ」

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間0分

    この作品を読む