マルチ投稿

検索結果:7件

  • クレア〜貴女に出会えて

    若い頃に書いた作品です(多少改編)

    2,100

    0


    2021年9月21日更新

    目を覚ました時、僕は屋外にいた。 痛みが身体を襲い、羞恥が込み上げる。 それらから逃れるよう早く家に帰ろうとするが、家の場所が思い出せない。 そして、思い出せないのはそれだけではなかった。 全てを思い出せなかった。 僕は記憶を失っていた。 記憶を失った男が親切な女と出会い、記憶を取り戻すために動き出す。

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • 夢幻の道標〜神皇帝新記 第一章の下〜

    読んでみて下さい。よろしくお願いします。

    1,400

    0


    2021年3月24日更新

    全世界を統べるバルマドリー皇国の皇子であるデルソフィア・デフィーキルは、ある悩みを抱えていた。 そこへ、未だ見ぬ世界各地を見聞して回りたいという思いや、民の暮らしを顧みない神皇帝一族への憤懣などが重なり、焦燥や怒りを募らせていた。 ある日、デルソフィアの前に初代神皇帝を名乗る亡霊が出現する。 そこから、デルソフィアを巡る物語は大きく動き始めていく。 全六章から成る物語の第一章の下。

    読了目安時間:2時間25分

    この作品を読む

  • ヴァンピール・ファミリア!

    人怪入り交じる愉快魔都にようこそ!

    220,200

    4,118


    2020年11月28日更新

    「もしも伝承の存在でしかない生き物が、現実にいたならば、そこはどんな世界だろう」 ──2020年、人と人ならざるものが手を取り合い暮らす街、ニューヨーク。 連続串刺し殺人犯『壊滅卿』の謎を追っていたWebライター・リリィはその過程で、私立探偵を営む吸血鬼・シルヴィア、その助手・ナルミと知り合い、彼女らと親交を深めつつ、異常ながらも平穏な日常を過ごしていた。 ある日シルヴィアのもとに、彼女の妹・タルメラがやって来るという報せが届く。タルメラはかつて一万人規模に渡る虐殺を嬉嬉として行ったことで、『悪辣卿』と畏れられるようになった最凶吸血鬼。しかも、来訪の目的はなんと『シルヴィアの抹殺』だった!? 美少女吸血鬼シルヴィアと雄弁で無口な従者ナルミが繰り広げる、痛快奇怪・ブラッディ・バトル・アクション!

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間5分

    この作品を読む

  • 夢幻の道標〜神皇帝新記 第一章の上〜

    完結しました。よろしくお願いします。

    3,300

    0


    2020年9月25日更新

    全世界を統べるバルマドリー皇国の皇子であるデルソフィア・デフィーキルは、ある悩みを抱えていた。 そこへ、未だ見ぬ世界各地を見聞して回りたいという思いや、民の暮らしを顧みない神皇帝一族への憤懣などが重なり、焦燥や怒りを募らせていた。 ある日、デルソフィアの前に初代神皇帝を名乗る亡霊が出現する。 そこから、デルソフィアを巡る物語は大きく動き始めていく。 全六章から成る物語の第一章。

    読了目安時間:4時間7分

    この作品を読む

  • BORDER 虚構管理局オカルト3課特別対策班事件簿

    オカルト大爆発バトルアクション。

    281,000

    1,330


    2020年8月25日更新

    虚構管理局・ボーダー。幽霊や妖怪といった、世間一般に「虚構」と認識されているものが様々な要因により実体化した存在、“スケア”を迅速に回収・捕獲することを目的とした法規組織。 就活生・六道音々(りくどう・ねおん)は、ボーダーの戦闘エージェントとして働く幼馴染・八谷七詩(やたがい・ななし)と再会したことで、自らもボーダーの精鋭部隊、特別対策班の一員として、現実と虚構入り交じる数奇な戦いに身を投じることになる。 ある時、管理局から最凶最悪のスケア『ブルズネクロン』が何者かの手引きにより脱走するという事件が起こった。音々たち特別対策班は総力を結集し、スケアの脅威から人々を護る為、虚構を虚構であらしめる為に、ブルズネクロン討伐戦に臨む。 ※この作品はフィクションです。実際の人物・団体・事件・幽霊・妖怪・都市伝説とは一切関係ありません。 2020/6/18より、カクヨム様でも投稿を開始しました。よろしくお願いします。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間47分

    この作品を読む

  • キレてる僕ら

    頭空っぽ状態でよろしくお願いします。

    8,650

    0


    2019年8月27日更新

    ある日、唐突に聞こえた声。 疲れから来る幻聴だと思いたいそれは、やたら筋肉オシだった…… 自分がやってるブログとのマルチ投稿です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 共鳴せし想いの多重奏

    諦めないからこそ起きる、想いの連鎖の軌跡

    400

    0


    2019年8月27日更新

    これは、まだ人と人ならざるものに明確な違いがなかった時代。 双子が忌み嫌われる風習が残る世界にて、双子の兄として生まれたエース・フォンバレン。弟であるミスト・スプラヴィーンと共に、今なお尾を引くその風習の影響を受けながら、育成学校にて一人前の魔導士になるべく技能を磨いていた。 ある日、エースは校長のパードレから生徒が襲われていることを伝えられ、その日の放課後には中学時代からの知り合いであるフローラ・スプリンコートが、ローブ姿の人間に襲われている場面に遭遇する。さらにその2日後、フローラを父親からの依頼で自宅にて保護することになったエースは唐突な環境の変化に戸惑いつつも、依頼をこなすことになるのだった。 たった一つの出来事が、己の未来を変える可能性があることなど、知るはずもないまま。 ──例え世界に忌まれても、想いは確かにここにあるから ──命を賭けても、大切な人に届けに行く ※タイトルの多重奏はアンサンブルと読みます。また、暁、ハーメルン、なろう、カクヨムにて同タイトルで投稿しております

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間40分

    この作品を読む