ミステリー要素あり

検索結果:6件

  • 魔法使いは○○をうたわない ~自称・最強の魔法使いは、押し掛け助手です!~

    ちっちゃくたって強いんです! ……たぶん

    370,050

    4,581


    2021年7月29日更新

    ケモノ・マモノと呼ばれる、人を食らうものが存在しつつもそれなりに平和な世界。 ケモノから人々を守る警護隊の手が届かない山道で、狩人・カガリが拾ったのは、完全脱力状態に陥った奇妙な子供だった。 彼はレギ。小柄で一見普通の子供に見える、……男の子? 女の子?だ。 「自称・最強の魔法使い」を名乗り、"あるもの"を探し集める旅の途中だという。 目的のものがカガリのそばにいると集めやすそうだと判断したレギは、そのままカガリの押しかけ助手になってしまう。 果たしてレギは、助手をしつつ、いじられたり、遊ばれたりしながら、目的のものを見つけられるのか? レギが狩人登録で手にした証石が示す、ひび割れた黒い石の意味は? 基本的にのんびりした話です。でも、たまに戦いますよ! えらいものまで呼んじゃいますよ! だって、最強の魔法使いですから。 * 一章完結の話です。どこから読んでも大丈夫。 お好きなところからどうぞ! レギとカガリの出会いから! →「赤い髪の狩人」 日常まったりが好き→「観察記録」 モフモフとミステリー風味→「小包の言伝」 マモノうようよ魔法戦→「浄化の器」 にゃーんな日常小ネタ→「幕間」【全5話+おまけ】 もどかしいやつ→「ままならないっ!」(公開開始・R-15) 2021/6/12 幕間を第5章『よくある一日の話』に変更 2021/3/30 プロローグを新たに書き起こし中。「誰かの記憶1」と「2」を移動。 2021/3/25 プロローグを「誰かの記憶1」に変更し、幕間「誰かの記憶2」を追加挿入。 2021/3/8 章の構成を見直しました。 第1章「小包の言伝」と第2章「赤い髪の狩人」を入れ替え。 表紙絵:Kamaneko(ときの)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間24分

    この作品を読む

  • 交番を見張る男

    交番をめぐるノンストップ・ホラーです!

    4,900

    0


    2021年1月30日更新

    とにかく事件の起こらない交番に勤める後藤と大久保。あまりに時間を持て余した二人は、大久保が戸棚から発見した古びた原稿を読むことに。しかし、その内容は、交番の前に怪しげな男が見張るように立ち尽くしている、という何とも奇っ怪なものであった。 さらに、次から次へと戸棚から怪しげな記録が発見される。不穏な空気に包まれた交番が、其々のエンドを迎える… そして後藤達にも…!? 背筋をぞわっと震わせるノンストップ・ホラーを堪能あれ!

    読了目安時間:1時間14分

    この作品を読む

  • プレアデスの鎖を解け

    キセキが彩る少年漫画風恋愛ファンタジー

    44,400

    0


    2020年12月27日更新

    お姫様の口づけは、蛙を王子へ戻す 王子様の口づけは、姫を千年の眠りから覚ます それでは、魔術師の口づけは――? 機械仕掛けの大時計と、大陸一の科学技術を誇る都市サブリエ。 懐古症候群と呼ばれる病が流行り初めて十数年、サブリエでは「懐古症候群を患った人間は魔術師に殺される」という奇妙な噂が流れていた。 ある日のこと、娼婦として働く少女ラナは、娼館の中に懐古症候群の人間がいることを知る。時を同じくして彼女の前に現れたのは、アランと名乗る美青年の客。謎めいた彼を追って娼館を抜け出したラナは、宵闇に沈む街で目撃する。 懐古症候群の真実、煌めき砕ける輝石の欠片、そして魔術を扱うアランの姿を――。 終末を刻む大時計、交錯する科学と魔法、終わらぬ願い。 全てが渦巻くサブリエの都市で、輝石の魔術師と孤独な少女が紡ぐ、時を賭ける恋愛ファンタジー。 【カクヨム、なろうでも連載しております】 【表紙写真:Photo by Phil Botha on Unsplash】

    読了目安時間:16時間35分

    この作品を読む

  • ふたりと一匹の純愛ラプソディー【BLフェア2020】

    BLと犬が好きな同志たちに捧ぐ

    3,900

    0


    2020年12月5日更新

    ※トリマー×駆け出しモデル。女性も少し物語に絡みますが、端役です※ 仕事後にカメラマンからセクハラを受け、思わず殴ってしまった駆け出しモデルの沓見真也(20)。 勢いで飛び出した彼は、帰宅途中で柴犬の赤子を抱いている青年と遭遇する。青年は宮越透(20)と名乗り、職業はトリマー。このまま柴犬の子を飼うという彼に、思わず真也は自分にも面倒を見させて欲しいと言ってしまう。 大和と名付けられた柴犬(♂)は、真也と透を主人と認め成長する。 ふたりの間に揺蕩う感情は、友情か愛情か。 ※R15の性的表現ありのエピソードは、タイトルに記してあります 表紙は写真AC様よりお借りしました。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間13分

    この作品を読む

  • ミステリーを書きたいヒロインは賭けをする

    賭けといってもギャンブルではないので……

    6,300

    0


    2020年9月21日更新

    月岡照は「どんなことにも8割まで出す」という全力を出さない信念をもって高校生活を過ごしていた。しかしどこか刺激的な日々を求めている自分もいることも自覚している。 ある日、月岡照は喫茶店「あふろ」でバイトをしていると、同じクラスの美少女、常盤京がその店やってきた。そして、彼女から「財布を忘れた」と告白を受けて仕方なく肩代わりをすることになる。 ミステリーを書きたいヒロイン常盤京はその日の出会いをきっかけに月岡照にあるお願いをして2人はある盟約を交わすこととなる。 ラブコメですがエッチな要素ないです。ほんとすいません。 この作品はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 夏色の砂時計

    脱出ゲームみたいなミステリーです

    2,100

    0


    2020年8月13日更新

    2016年7月 京都 仕事帰りの澤木 寿人(サワキ カズト)はある物を追いかけて駅のホームに転落、列車に跳ねられてしまう。 しかし奇跡的に生きていたらしく、線路から起き上がった寿人だったが─── 「…夏江田川駅?」 そこはまったく知らない場所だった。 夏の京都で今、彼と知らない町の物語が動き出す。 ※本編内に表記されている一部の地名、事件、人物等はフィクションであり、実在するものではありません。 また、他の小説投稿サイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:16分

    この作品を読む