メタフィクション

検索結果:24件

  • 歴戦リズムゲーマーVS素人バーチャルリズムゲーマーVer2

    全てはコンテンツ業界を変える為

    1,700

    0


    2021年7月27日更新

    西暦2020年、リズムゲーム人気が飽和状態になった日本――多様化していくリズムゲームは、やがて一つの山場を迎えた。『リズムゲームVS』、過去にも数バージョンが出ている長期シリーズだが、ここにきて人気の低下は避けられなかったという。 このゲームでも『自分が目立ちたい!』等の自己中心的なプレイヤーは存在しており、こうしたプレイヤーの暴走がゲーム人気を下げているとネット上で言及されている。 その状況下を何としても打開しようと考えている一人の歴戦リズムゲーマーこと南雲ヒカリ――。彼女は一連の自己中心的ゲーマーをゲーマーと似た違う能力を持った者として『デミゲーマー』と呼称する。この呼称がネット上で拡散する事はなく、逆に南雲は炎上危機を迎える事に――。 その一方で他のジャンルを開拓しようとしていたのは、バーチャルゲーマーと言う2.5次元ゲーマーの村正マサムネ。彼女は『オケアノス・ワン』草加店で発見したリズムゲームVSに興味を持つのだが、最初はゲーム内容を見てめまいを起こしてしまう。 それとは別にリズムゲーム素人であるユニコーンも参戦、ここにきてバーチャルゲーマーにもリズムゲームVSが知られる事となった。バーチャルゲーマーは他ジャンルでゲーム配信が可能な作品を探しているとも言われていたが――それは、あくまでも一般論である。 更には、別のゲームからこちらへと乗り換えたガーベラ、ゲームのルールには厳密に従おうとするビスマルクと言ったプロゲーマーも進出する。新たなるプレイヤーの出現は、ゲーム環境の変化に貢献するのだろうか――? ※リズムゲームで割り込み等は行わないでください。マナーを守って、みんなで楽しくプレイしましょう。 ※ゲーム筺体的には某弐寺ですが、ARゲームテイストよりはVRに近いかもしれません。 ※小説家になろう、カクヨムでも掲載しております。ノベプラ版はリ・アレンジをベースとした細部調整版となります。 ※あらすじ全文は文字数の都合上、詳細なあらすじを参照ください。

    読了目安時間:2時間28分

    この作品を読む

  • いつかを実現させたい

    SNS炎上のない未来へ

    1,700

    0


    2021年7月23日更新

    バーチャル配信者が、炎上のない世界になるように願って、SNS上でWEB小説を発表する。そのきっかけは、浜辺に漂流した巨大ロボットの映し出されたゲーム画面にあったのだが……。 ※本作品はフィクションですが、SNS炎上はやめましょう。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 打ち上げ阻止した打ち上げ花火

    本編

    1,000

    0


    2021年7月17日更新

    ・あらすじ これは、SNS炎上という大きな打ち上げ花火を阻止しようと立ち上がった、とあるバーチャル配信者のメッセージである。 ※この作品はフィクションです。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 神装戦騎ザンバスター

    これは、小説のための「小説」である。

    82,700

    210


    2021年7月17日更新

    自分の考える、「メタフィクション」の表現と、その手法についての実験場です。 いちおう、R15相当とさせていただきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間10分

    この作品を読む

  • THE INVINCIBLE WANTAMAN

    爆速思考、素粒子疾走――そして神は死んだ

    3,500

    0


    2021年7月16日更新

    ――怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。 長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ by.ニーチェ 究極の知能を持つ少年が転生した先はアニメの世界だった。視聴者のイメージによって維持され、放送が終われば消えてしまう世界を救うべく、彼はご長寿アニメ化を目指して奮闘する。 彼の最大の武器はその演算能力を応用した素粒子操作。 人と違う自分の有り様に悩みながらも、世界の存続のため、苦痛に耐えて素粒子操作を行使し、迫りくる脅威に立ち向かう。 そんな中、徐々に彼の本性が露わになっていく……

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間59分

    この作品を読む

  • 非現実の秘密基地

    これは、ある意味でも逆の現象である

    200

    0


    2021年7月10日更新

    ・あらすじ とあるバーチャル配信者はネット上で見た動画から、自分が伝えたい事を視聴者に伝える為、秘密基地を公開するのだが……。 ※ある意味でもメタフィクションと言える展開ですが、この作品はフィクションです。 ※本作は現状でノベプラオンリーになります。状況によって変化するかもしれませんが、他所への掲載予定はありません。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • イースポーツオブサンダーボルト

    イースポーツという名の非日常。

    1,600

    0


    2021年7月6日更新

    ・あらすじ 海外では熱狂的なプレイヤーが出るまでに進化しようとしているイースポーツ。しかし、日本では発展途上と言わざるを得なかった。その状況下で、ゲーマーである照月アスカは知人である秋月千早の勧めでヒーローブレイカーをプレイする。 ゲームの内容及びストーリーを検索した照月は、このゲームに秘められた大きな事件に巻き込まれようとしていた。ゲーマーの照月、ヒーローブレイカーの生みの親であるヒュベリオン、この二人がヒーローブレイカーだけでなくイースポーツに対する考え方を変えていくきっかけを生み出していく。 舞台は埼玉県のARゲームエリア、そこで日常を非日常へと変貌させる出来事が起こったのである。 ※この作品は「プロジェクトアニマ」の「キッズゲームアニメ部門」へ投稿予定だった同名作品の小説化です。 ※カクヨムはラストまで掲載した企画書を投稿済みとなっておりますが、企画書通りになっていない変更箇所もありますので、企画書を見た後でも楽しめるようにはなっています。 ※小説本編は小説家になろう、カクヨムでリリース済みです。 ※なろうでは「VRゲーム」、カクヨムでは「現代ドラマ」ですが、ノベプラでは「SF」で設定しております。VRゲームが新設された場合はジャンル変更予定です。

    読了目安時間:7時間53分

    この作品を読む

  • パルクール・サバイバー++

    全てはここから、始まった

    10,600

    2


    2021年6月11日更新

    ・あらすじ 西暦2017年1月、突如として足立区内で次世代ARゲームであるパルクール・サバイバルトーナメント(ファン名称はパルクール・サバイバー)の開催宣言が拡散した。 内容は従来のパルクールを大幅アレンジし、『より安全に、よりスタイリッシュに』を合言葉にした物であるが、VRゲームやARゲーム以上に危険なパフォーマンスを行うプレイヤーや団体等は後を絶たない状態が発生した。 それが放置されるのは大事故につながると運営は考え、ランニングガジェットという安全を更に強調するようなパワードスーツを開発、それを運用する事で怪我人が続出して社会問題になるような事態は回避しようと考える。 2月のARゲームを巡る事件、3月には違法ガジェットを使用したチート集団等がランキングを独占――ARゲームに社会問題が叫ばれるような事案が次々と発生し始めていた。 チート集団一掃の為、運営が取った手段はチートを超越したトップランカー勢でランキングを塗り替えるという手段だった。 4月1日、パルクールのデモムービーを見た少年、蒼空かなではパルクールの世界へ足を踏み入れようと考える。そんな時、彼は阿賀野菜月という謎の女性と遭遇する。それが全てのARゲーム事件の幕開けになろうとは、この時点では気付かなかった。 ARゲームは本当に人気コンテンツとなるのか――ネット炎上等を含めた敵勢力との戦いが、今、始まろうとしていたのである。 ※本作品はフィクションです。実在する地名なども出てきますが、基本的に架空の物です。 ※pixivで掲載しているVer2.0をベースに、加筆修正等を加えたバージョンです。 ※世界線シリーズとしてではなく、新日常系拡張現実シリーズとしてのリブート版となります。 ※小説家になろうにも『パルクール・サバイバーRe:System』として掲載中です。 ※本作の舞台は西暦2017年ですが、リアルの2017年とは大きく異なりますのでご注意ください。

    読了目安時間:12時間23分

    この作品を読む

  • 少女漫画のような恋をする話

    いつものタイトル詐欺です。

    6,400

    0


    2021年5月21日更新

    女子高生の私は、少女漫画のセオリーどおり、イケメンと恋におちます。 「家族の物語」というお題で、ざくっと書きました。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • オケアノスオブイースポーツエリア

    イースポーツが世界標準となった世界で

    600

    2


    2021年5月5日更新

    ・あらすじ 西暦2010年、デスゲーム禁止が世界的に拡散し――ある程度の業界でゲームが世界を動かす時代となった世界線――。やがて、イースポーツは五輪以上に注目されるようになり、やがてはイースポーツが世界の全てを決めるというライトノベルの様な事が現実となった。 しかし、日本はその波に乗り遅れていた。日本政府もこの動きは感知していたのだが、完全な出遅れである。数年後にはソーシャルゲームが人気となるのだが、海外ではあまり支持を受けるような物ではなく一種のマニア受けで止まっていた。 そこで、注目されたのがAR技術だったのである。草加市の拡張ゲームエリア『オケアノス』では、密かに無数のARゲームが開発されていたと言う。 そして、様々な炎上案件やガーディアンなどによる活躍を経て、2020年に新たな戦いが始まろうとしている。 ※小説家になろう及びカクヨムにも掲載済みです。 ※本作はフィクションです。 ※本作のカクヨム掲載時あらすじはこちらでは文字数オーバーになる為、第1話の前書きでご覧ください。 ※5月5日付でタイトルを修正しました。「オケアノスイースポーツエリア」→「オケアノスオブイースポーツエリア」 ※投稿当時は現代/その他ファンタジーでしたが、ノベプラ上では適切なゲーム系ジャンルがない為、SFに変更しております。(2021年5月29日付)

    読了目安時間:3時間39分

    この作品を読む

  • リズムゲームクロスレッドダイバー

    レッドダイバー、それは……

    2,000

    0


    2021年5月2日更新

    ・あらすじ その昔に人気となったコンテンツ『レッドダイバー』。その内容は時代を先取りしたようなSNS炎上を題材にしていた。 「この世界で起こった出来事は、フィクションである。しかし、これらの事件が全てフィクションとして片づけられるかどうかは定かではない」 番組ラストで表示されるテロップ、それは誰もが本編から現実へと引き戻されるようなメッセージだったのは間違いない。 それから数十年が経過した西暦二〇二〇年、年号は平成から令和になったタイミングで類似する様な炎上案件が起こる。SNS炎上自体は物珍しいものではなくなっていたのだが、今回に限っては明らかにレッドダイバーの『ソレ』と同じ物だった。 ARゲーム『リズムゲームクロスパルクール』に出現したレッドダイバーアバター、それは明らかにあのメッセージを現実にしたような物と言えるだろう。だからこそ、様々な勢力がレッドダイバーは存在する、存在しないでSNSはヒートアップしていき――やがて、炎上する事になる。 レッドダイバーの存在に驚きつつもゲームをプレイするシオン、レッドダイバーを否定しようと動く勢力、それ以外にも――。全ては『リズムゲームクロスパルクール』の開発スタッフに踊らされてしまうのか? 全ては炎上商法と片づけられてしまうのか? しかし、レッドダイバーは本当に存在した。その事実を突きつけられた時、ARゲームは埼玉県だけでなく各地へと広まっていく。 ※本作はフィクションです。ゲームはルールを守って正しくプレイしましょう。 ※カクヨム、小説家になろうでも掲載中です。 ※投稿当時は現代/その他ファンタジーでしたが、ノベプラ上では適切なゲーム系ジャンルがない為、SFに変更しております。(2021年5月18日付)

    読了目安時間:3時間13分

    この作品を読む

  • レッツプレイ!リズムゲーム

    リアルとSNSの温度差、それは…

    2,500

    0


    2021年4月29日更新

    「そのリズムゲームには――今までの知識は通用しない」 ・あらすじ 草加市で行われようとしていた『リアルゲームプロジェクト』、その正体は――リズムゲームを題材としたゲームで世界を征服しようと言う物だった。ネット上では2.5次元舞台や聖地巡礼イベントと思われていた中で――日本中が衝撃を受けたのである。悪用しようとした芸能事務所は――音楽業界を変えようと動きだすが、方法を巡ってネット上で大炎上、消滅してしまう。 西暦二〇一九年、世界ではデスゲーム禁止法案が可決し、これによって戦争や紛争と言った物が全面禁止。日本ではこのニュースが流れるも大きく取り上げられる事は――ネット掲示板ではあったかもしれないが、今回のニュースはそれさえも霞むような物だったのである。しかし、このニュースもリズムゲーマーの間では、便乗して悪目立ちする方が逆に炎上の原因――と認識された。 リズムゲームをプレイするプレイヤーをリズムゲーマーと呼ぶのだが、『オケアノス』で活動する彼らは他のリズムゲーマーとは明らかに違っている。様々なリズムゲームをプレイしていた蒼風ハルトは、オケアノスにおける噂を聞き――新たなリズムゲームを探す事にする。その中で発見したひとつの動画、それは一見してリズムゲームとは思えない光景だったのだが――彼はいくつかのシステムを持っている事を踏まえ、リズムゲームと認識した。 実際にプレイして――情報を仕入れていく内に、それはリズムゲームのシステムは使っているのだが、実際は新しいジャンルのリズムゲームだったのである。次第に、様々なゲーマーや謎の人物レーヴァテイン、動画で目撃したリズムゲーマーのスノーホワイト等と遭遇する事で『リズムドライバー』はただのゲームではない事を自覚していく。 ※この作品はフィクションです。リズムゲームにおけるチートプレイや不正行為は絶対にやめましょう。 ※小説家になろう、カクヨムでも掲載中です。 ※投稿当時は現代ファンタジーでしたが、ノベプラでは適切なゲーム系ジャンルが発見できなかったため、暫定でSFに変更します。(2021年5月18日付)

    読了目安時間:4時間55分

    この作品を読む

  • ニューリズムゲームエピソード

    リズムゲームは、新世代へ

    1,100

    0


    2021年4月24日更新

    ・あらすじ ヴァーチャルレインボーファンタジーの一件が未だに熱を帯びている八月のある日、それは突然姿を見せた。新たなリズムゲームを生み出す為に計画は進められ、そこへ再びまとめサイト等の炎上勢力が介入しようとしている。 そうした流れとは無関係にゲームを初め、無謀にもプロゲーマーになろうとしていたのは、ツバキと言う初心者ゲーマーであり、コスプレイヤーの女性だった。 ※この作品はフィクションです。 ※カクヨム、小説家になろうでも同時掲載しております。 ※ヴァーチャルレインボーファンタジーの外伝という位置づけになっております。ある意味でもセルフ二次創作ともいえなくないのですが……。 ※投稿当時は現代/その他ファンタジーでしたが、ノベプラ上では適切なゲーム系ジャンルがない為、SFに変更しております。(2021年5月29日付)

    読了目安時間:2時間39分

    この作品を読む

  • ヴァーチャルレインボーファンタジー

    コンテンツ業界を変えるファンタジー

    2,000

    0


    2021年4月21日更新

    『これは、令和の時代に動き出したコンテンツ流通を変える為のプロジェクト――』 ・あらすじ 異世界から転移してきた一人の青年、彼の名はマルス。帝国軍に追われていた所で転移に巻き込まれ、何の因果か埼玉県草加市に転移したのである。 彼を呼んだとする『蒼流の騎士』は「七つの鍵を集めよ」と告げた。空を見上げると、そこには七つの大陸が浮かんでいる。あの大陸は間違いなく、自分のいた世界なのではないか――そう彼は考えていたのだ。 七つの鍵を持つのは、彼と同じように異世界から転移してきた名のある英雄であり、間違いなく激戦は避けられないだろう。それでも、草加市の様子はマルスが想定している物とは全く異なっていた。 そして、彼は出会う。あの時にはぐれてしまったマイアと似ている少女、舞風と――。 この出会いが、一連の争いが命を賭ける規模の物ではないと知る事になるとは、マルスも気付かなかった。 ※既にプロット素案をカクヨムで公開済ですが、本編はプロットと若干異なる箇所もあるのでチェック不要です。 ※この作品はフィクションです。 ※カクヨム、小説家になろうでも同時掲載中です。 ※ノベプラ移植に際し、ルビの配置を変更、その他にも微調整を行っていますが本編内容の変更はございません。

    読了目安時間:6時間50分

    この作品を読む

  • 文学を愛する俺の作品が「なろうで無双できないわけがない」と思っていたら女子中学生にすら論破されて死にたい

    文学文学、しませんか?

    4,100

    0


    2021年4月16日更新

    主人公:五島モヨコは文学賞受賞を目指す、大学中退作家志望のフリーター、25歳! web小説を馬鹿にしきっていた彼だったが、ある日出会った少女によって、web小説家としてデビューすることに! 自分の文章力に自信があり、当然無双出来ると思っていた彼だったが…… そこに待っていたのは、目を背向けたくなる現実だった! web小説という怪物に挑む青年と、その仲間達による、シュールを通り越して脳味噌をくすぐる新感覚ハートフル文学メタフィクションラブコメディ! おまけになんか時々文学論! ここに爆誕!! お試しということでなろうで連載しているものをこちらにも順次写していきます! よろしければ感想やら評価やらしてって下さい! ・こんな物が読みたい人におすすめ! 「ポプテピピ○ク」や「ぱに○に」を文字で読みたい 他では読めない物を読みたい 笑いたい 言葉が好き 自由が好き 文学したい

    読了目安時間:4時間2分

    この作品を読む

  • ボクは『神様』が大嫌いだけど、『神様』はボクが大好きらしい

    『神様』に最も近い操り人形のお話し

    3,600

    0


    2021年1月21日更新

    とある私立高校に存在する報道部の部員たちが出会ったのは、この世界が何者かによって作られた世界だと言い切る少年。 彼は自分の事を『神様に最も近い人間』と自称し、今まで彼らが目を逸らしてきた『現実』を容赦なく突き付ける──。 ──『貴方』はこの物語を、どうしますか? ※『ハーメルン』様『小説家になろう』様にマルチ投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 中心蔵

    自己中心的?な忠臣蔵、略して中心蔵。

    31,700

    16


    2020年12月19日更新

    赤穂浪士討ち入りを基にした古典的な時代劇である忠臣蔵。 古典的であるが故に最近では取り上げられにくくなったり逆方向に再解釈の対象等になりつつあるこの忠臣蔵について、再解釈の再解釈とでも言うべき超解釈を決行。 それぞれの登場人物の自己中心的?な視点から、この古典を多面的に、そしてこれまでには稀な形で書く奇作! 新旧の解釈と登場人物たちにひねくった複雑な愛とオマージュを捧げ、この古びつつあると言われる物語に新たな新風を齎さんことを願います。 ※あえて特異な解釈を行っている為、そしてまた「赤穂浪士討ち入り」ではなく「忠臣蔵」の小説である為(前者に言及する事もありますが)、史実とは異なる部分や時代考証を放棄した部分がある事をご了承下さい。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 博元裕央巨大ロボット作品アイディア短編集

    何故巨大ロボットが存在するのか

    26,000

    245


    2020年11月25日更新

    何故巨大ロボットが存在するのか、その様々な思考実験! 巨大ロボット。アニメや漫画やライトノベルの一隅を確固として占め続けてきたジャンル。その歴史は、巨大ロボットが何故その世界には存在するのかという理由付けの歴史でもあったと言えます。 今改めて巨大ロボットものを創作するのであれば「巨大ロボットが何故その世界に存在するのか」の理由は中々避けて通れないでしょう。 本作品は、それについて様々に考えてみた結果を纏めて見たもの。 色々な世界の色々な巨大ロボットが存在する理由、その理由を中心に、それぞれの世界と物語の始まりを少しづつ描写した、言わば独立した長編となりうる作品案のプロローグを集めた短編集で、各短編のタイトルはその世界の巨大ロボットが存在する理由とその世界が巨大ロボットもの作品となった時のタイトルとなっております。 千変万化、様々な巨大ロボット、様々な世界。 面白いと思う世界があれば、そして色々と参考になれば幸いです。それでは、よければどうぞ。

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 【1周年公式創作フェア】黒百合さんと白百合さんに秘められた謎

    可能性は無限大(ΦωΦ)

    1,000


    2020年8月27日更新

    黒百合さんと白百合さんに隠された、驚天動地の秘密とは……。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 人脳機兵バイドロン対英勇閃奏Vリーナ対破戒神魔ゴッデビロン

    三つの平行世界のロボが戦うメタバトル!

    6,200

    5


    2020年8月13日更新

    ※この紹介文は大半がフィクションです。詳細は注意書をご確認下さい。 今、三大異色ロボットアニメの奇跡の共演がOVAで幕を開ける! それは全く新たな物語にして伝説の完結編! 非情の超人電脳『42』に滅ぼされ行く世界で明日亡き戦いに散る少年兵を描いた問題作、<人脳機兵バイドロン>。 ゲームのオリジナルキャラから人気によりアニメ化、その活躍ぶりは描かれたものの複数の物語を繋いだその謎は未だ明らかになっていない<英勇閃奏Vリーナ>。 世界を侵略し滅ぼす悪のロボット軍団の視点から描き、しかもその悪が勝利するピカレスクロボットアニメ<破戒神魔ゴッデビロン>。 救いは無かったのかという疑問と、明かされなかった謎、その答えが今明かされる! 上中下巻、各巻30分、合計90分の完全新作。21世紀のロボットてれびまんが祭り、開幕=発売中! ※注意・上記紹介文はあくまで「架空のロボットアニメが共演する架空のOVAとしての本作品」を紹介した内容です。小説としての本作品は、架空のOVAのノベライズというイメージで書かれた、全く別々の世界観を持つ三種類のロボット達が登場するロボットアニメ風小説、ハイスピード疑似クロスオーバー小編です。 ※人脳機兵バイドロン等過去作品で触れられているものもありますが、知らなくても一切問題なく読めます。過去に触れた作品でも描写は無いも同然でしたし、一部設定も少し異なる所もあるかもです。それでも一応気になる方は、同作者の小説【UNBALANSTORY】をご覧下さい。但し、同作品は非常に実験的な問題作である為ご注意下さい。気になりましたらもしよければどうぞ。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む