メリバ

検索結果:9件

  • 戦場の彼女を俺は知らない

    望んでいたのは、こんな再会じゃない――

    2,300

    0


    2021年10月26日更新

    未知なる異形「ペッカート」との戦いは熾烈を極め、人類は未曾有の危機に瀕していた。 「逃げる」ことよりも「戦う」ことを選んだシュウは、入隊した組織の中で予期せぬ再会を果たす。戦場で目にしたのは、忽然と姿を消したかつての恋人だった。 あんな彼女は知らない。捜していたのは、望んでいたのはこんな再会じゃない。 だが困惑するシュウをよそに、戦況は刻一刻と変わっていく。 抗えぬ宿命に翻弄される若者たち。彼らを取り巻く人々の思惑と絡み合う愛憎。 「ペッカート」とはなんなのか。戦いの真意と人類に残された宿命。 鍵を握るのは、神の力を秘めし至高の宝石。それは「希望」か。それとも「絶望」か。 すべてが明かされるとき、そこに未来はあるのか――。 現代×ダークファンタジー

    読了目安時間:1時間51分

    この作品を読む

  • 水槽で出来た柩

    BL作品です。近未来の軍人のお話です。

    1,900

    5


    2021年9月2日更新

    近未来。 機械薬学という技術が発展している世界。 日本は、日本連邦と名前を変えた。 その日本連邦の国防軍の軍人である亘理大尉は、帰宅すると必ず通話を行う。相手は、戦禍の届かない場所にいる妹だ。それが日課だった。日中、私腹を肥やす上司の大貫中佐を手伝い悪事に手を染めていることを隠しながら、いつも笑顔で妹と通話をしている。 そんな亘理の存在をを邪魔だと思った森永少佐は、亘理大尉の弱みを探ろうと試みる。 だが調べた結果、疑問が浮かんだため、直接接触する事に決める。 結果として森永少佐は、何故亘理大尉が大貫中佐を手伝っているのか知る内に、自分達が協力関係を構築できるのではないかと考える。亘理大尉はそんな森永少佐の提案を受け入れる。それを契機に、次第に二人の距離は近づいていき、当初は協力関係にある事を隠すために恋人と偽っていたのだが、実際にお互いに惹かれあう。次第に密談が無い場合であっても二人で過ごすようになっていき、お互いの好みを知るようになる。 ※シリアスです。軍人×軍人。 ※主人公的には幸せ(概念)という、メリーバッドエンドなお話です。 【キャラクター】 ◆メイン 受け:亘理 依月 大尉。 機械薬学の研究者だった。 攻め:森永 昭吾 少佐。 情報漏洩をする大貫を迷惑におもっているので、その手伝いをする亘理を排除したいと考えていた。 ◆その他の登場人物 ・沙月:依月の妹 ・大貫:亘理の上司 ・高瀬:森永の部下 ・遇津:病院経営者 ・御倉:亘理の同窓生だった研究者 等 ※お題フリー 『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間15分

    この作品を読む

  • 紙芝居と小芝居で巡るファンタジーライフ

    一話完結で『ざまぁ』から『ほのぼの』まで

    300

    0


    2021年8月30日更新

    ときには「ざまぁ見ろ」、あるときは「メリーバッドエンド」。 そんなお話を魔法で描いた紙芝居を見せながら旅をする。 ピクトマンサーのユカと手乗り白竜のミカ。 「もしも、面白かったら、この飴玉ポーションを買ってくださいな。」 旅の途中に辿り着いたのは『アーテルダム』の街。 路銭を稼ぐためにしばらく留まるこの街で、色々な人の出会いが待っている。 ◆ 一話一話完結の短編と少しずつ大きなストーリーが進んでいく形式の物語です。 ユカの見つけて来る紙芝居のお話、ミカとユカの掛け合いを楽しんで頂ければと思います。

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • ゴミ溜めの恋

    メリーバッドエンドがお好きな方、如何?

    1,030

    0


    2021年8月1日更新

    メリーバッドエンド的な物がお好きな方へオススメだと思います。 過酷な環境で生き物の生息に適さないと、ゴミ処理場になった場所。 人間の出したゴミの山を処理するのは、ロボットたち。 とあるロボットが一本の新芽を発見した事から、ロボットの内に何かが芽吹く。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 波間に咲く桔梗

    【夏の5題小説】お題:浜辺の漂流物

    4,600

    100


    2021年7月29日更新

    「お前ってさ、たまに海のほうを見てるよな」 友人からそう言われた建人(けんと)。 海が気になるのは、きっとあのひとのせいだ。彼女はまるで、白い桔梗の花のようなひとだった。 十七歳の夏に出会った、忘れられない女性との記憶。 ※ややホラー風味ですが、ホラーではありません。 ※表紙画像は「写真AC」様からお借りしたものを加工しています。 ※カクヨムに同じ作品を掲載しています。 (https://kakuyomu.jp/works/16816700426418025303)

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • RE:夢

    どん底から見上げた夢はとても綺麗で――

    1,700

    0


    2020年9月26日更新

    落ちぶれて、堕落して、どうしようもないほど見捨てられて。 それでも、もう少し生きる理由を。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 謝罪国家

    ゴメンで済んだら警察はいらない。

    400

    0


    2020年7月25日更新

    ゴメンで済んだら警察はいらない。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 不仕合わせに咲く花

    私達は愛を希う、耐え難く相容れない形で。

    19,000

    0


    2019年12月1日更新

    あらゆる面で完璧な妹に、劣等感を抱き続けてきた姉。 溜まりに溜まった鬱屈が限界点を超えた時、彼女達の関係も大きく変わる。 歪んだ愛憎の果てにあるのは、破滅か――――それとも? ※表紙画像はテマリさんにいただきました。 ※菖蒲あやめ様主催の病みアンソロジー『やみのまにまに』に寄稿させていただいた作品です。 ※カクヨムにも掲載しております。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 君の手渡す残酷な花

    君に出会えて、愛しい残酷を知った。

    6,250

    0


    2019年6月15日更新

    シリカーー美しい彼女は珪素生命体だ。 僕の目は、脳は、血は、命は、彼女に恋をした。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む