ラブラブ

検索結果:25件

  • 恋がしたくなる言葉

    毎日あなたに恋焦がれる

    1,737,231

    6,396


    2021年10月24日更新

    ドキドキしたり、きゅんとするような句を毎日投稿しています。 読んだ人それぞれに思いを馳せて頂きたいので、短歌の説明はあえて書いておりません。 「詩/短歌」のジャンル別累計1位になりました!(2021年3月11日) ブックマーク数100を超えました(2021年6月26日) 「詩/短歌」のジャンルで、五冠を何度もとっております。 累計1位をとるために短歌を書き始めたので、とても嬉しいです。 応援してくれている方、読んでくださってる方、本当にありがとうございます。 これからも、言葉を磨いていきます。

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • ブラコンの妹達は、俺以外には塩対応。

    主人公の『樹山湊』は義妹に愛される。

    2,900

    0


    2021年10月21日更新

    主人公の『樹山湊』は、義妹の『澪』と『梓』に溺愛されている。 だが、澪と梓は俺以外にはめちゃくちゃ塩対応な上に、自分達以外に女を近付けない様に奔走する。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間17分

    この作品を読む

  • 稀代の魔導士は皇太子の溺愛に微笑む

    チート魔導士ミレイアのまったり人生

    50,100

    0


    2021年10月14日更新

    「ミレイア、お前との婚約を破棄させてもらう!」 王国の由緒ある学園の卒業パーティーで、突き付けられた婚約破棄。 婚約者である王子の隣には、『渡り人』であるマリナの姿があった。 王家からの強引な婚約であったにも関わらず、婚約破棄を宣言されたミレイアの心は冷めている。 心にあるのは「貴様如きが」という感情。 けれども、王子との婚約を無かったことにしたかったミレイアにとっては、渡りに船。 婚約の白紙を受け入れ、かねてから計画していた通りに、領民とジュピタル公爵家に所属している者を連れて、隣国である皇国に移住した。 そこには、ミレイアの事を可愛がってくれる皇族、そして一心に愛してくれる婚約者になった皇太子がいる。 稀代の魔導士、聖女の生まれ変わりとも言われるミレイアは、自分の非常識さを棚の上にあげて、自分の周りには非常識な人しかいないのだろうかと悩みつつ、マイペースに暮らしていく。 一方、ミレイアを、その実家であるジュピタル公爵家を失った王国は、『渡り人』のマリナを担ぎ上げるもうまくいかず、国民は不満の感情をあらわにしていく。 焦った国王が、ジュピタル公爵一族を取り戻そうと、皇国にミレイアの元婚約者のマロンと、その婚約者になったマリナを使者として送り込んだが、ミレイア達が頷くわけもなく、さっさと帰れとぞんざいに扱う。 しかしながら、ミレイアの新しい婚約者であるワーグナーに一目惚れしたマリナが、「あたしと結婚してください。聖女であるあたしと結婚したほうがいいですよ」と言い始めた。

    読了目安時間:3時間15分

    この作品を読む

  • 冴えない?大学生がイケメン会社役員に溺愛される

    いい大人(会社役員)と大学生の甘々ラブ

    0

    0


    2021年9月2日更新

    付き合っていた相手から別れを告げられた大学生の山村朔弥は、行きつけのバーでやけ酒している時に声を掛けられた。優しく話を聞いてくれたその人、倉掛柾人に付き合って欲しいと言われ戸惑うとキスをされた。熱く口説かれ、付き合うことに。 優しく甘く束縛する柾人は何度目かの朝に同居を提案する。いつも一緒にいたい、帰ってきて一番に朔弥の顔を見たいと懇願され、朔弥は戸惑いながらも受け入れる。 けれど、大人の余裕でどこまでも優しく愛され甘やかされて、生活のすべてを見てもらう、まるでシンデレラのような日々が始まった。けれど容姿も性格も自信のない朔弥は、柾人の隣に立つのに自分は相応しくないのではないか、こんなに愛されて本当にいいのだろうかと落ち込んでいくのだった。 反対に柾人はどんなに彼の美しさを訴えてもどこまで愛情を注いでも、遠慮してどんどんと暗い顔になっていく朔弥の気持ちが掴めず、もどかしさを感じていくのだった。 柾人の会社の面々に頼もしいちょっかいをかけられながら巻き込みながら、不器用な二人が少しずつ心の距離を縮めていくのだった。 ※早い段階から身体は繋がりあう二人が、ゆっくりゆっくりと心を繋ぎ合わせていく話です。 登場人物 ---主役--- ☆山村 朔弥(やまむら さくや) 20歳 大学進学を期に上京した、人付き合いが不得手で生き方が不器用。前の彼氏に貢がされ冷たい態度を取られたせいで、恋愛が少し怖くなっている。 ☆倉掛 柾人(くらかけ まさと) 28歳 IT会社の常務取締役をしている。恋人をどこまでも甘やかし束縛し自分だけしか見えないようにしたくなるため、社内では変態の二つ名を与えられている。 ---その他--- ☆蕗谷 将一(ふきや しょういち) 柾人の会社社長 ☆和紗 奈都美(かずさ なつみ) 柾人の部下 ☆宮本 真由里(みやもと まゆり) 柾人の会社の部下 ☆市川(いちかわ) 朔弥の元恋人 ※ BOYSFAN: BLコミック原作小説コンテスト「お題フリー」応募作品。 ※ムーンライトノベルズ様、アルファポリス様で掲載しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間44分

    この作品を読む

  • パフェと先輩

    甘い、ただただ甘い。

    16,000

    25


    2021年7月31日更新

    桂木さんは、同じ職場の頼れる先輩だ。可愛いって感じよりも、カッコいいって感じで、正直俺は彼女に惚れている。まさか、そんな彼女とデート出来るなんて……

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 甘々なアイスコーヒーが良いに決まっている

    甘々なラブラブカップルのお話です!

    6,100

    60


    2021年7月30日更新

    私はこれまでずっとカズヤに軽くあしらわれてきた。 いつの日か、何とかして、カズヤをギャフンと言わせたいと思っていた。 今回、ついにそのチャンスが巡ってきたのだ! 今こそ、完璧な計画を実行すべし!! ※ カップルのちょっとした微笑ましいエピソードを描いています。甘さ注意です。 夏の5題小説マラソン 4週目「アイスコーヒー」参加作品

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 婚約者令嬢vs聖女vsモブ令嬢!?

    恋愛ラブコメ。前後編となります。

    500

    0


    2021年7月4日更新

    どうしてこうなった。 伯爵家としては末端に位置する、モブ中のモブ令嬢は頭を抱える。 目の前には火花を散らす、王太子の現婚約者である公爵令嬢と、新たな婚約者候補の聖女。 甲乙付けがたい美女二人は、ギロッとこちらを睨んできて。 「「勝負ですわあ!!」」 と叫んだ。 果たして勝者は誰の手に? ================ 突如思いついて勢いで書きました。まさかの甘い展開に自分でもビックリです。 ※他サイトにも投稿してます

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • ドラマティクスとは無縁な恋の話

    草食系男子と肉食系女子の思い出話と

    47,400

    717


    2021年6月10日更新

    「おとーさんとおかーさんは、どうして結婚したの?」 娘・愛里紗からの問いかけに、父・和義は目をぱちくりさせる。もうそんなことが気になるような年頃なのかあ、と娘の成長になんとも言えない顔をしながら、そうだねえ、と言う。 「好きだから、結婚したんだよ」「ふーん?」 すこぶる興味のなさそうな娘。興味がない、というよりはあれだ。もっとドラマティックな理由があると思っていた、と言うのが近いかもしれない。最近、娘は少女漫画にどっぷりハマっているものだから。 「ねえ、結婚するまで、どのくらいかかったの?」「そうだなあ、一年くらいかなあ」「そうなんだ。ねえねえ、いっぱい大変なことあったの?」 少女漫画にあるようなことを期待している娘に苦笑しながら、和義はそんなことないよ、と言う。えー!と文句をいう娘を落ち着かせながら、そうだね、と和義は切り出す。 「結婚するまで、毎月何があったか教えてあげよう」「わあ!気になる!」「そうだねえ……まずは付き合うところからだね」 出会いは大事だもんね。そう和義が笑うと、そうだよ!と娘はしっかりと同意した。 山も谷もドラマティックも、全部フィクションに任せればいい──和義の妻・葉月がいうように、二人の恋路にドラマティックなものはない。そう、これは、少女漫画のようなドラマティックな話はなく、恋愛ドラマのような大逆転劇もない、どこにでもいるありふれた大学生だった二人が織り成した恋愛の思い出なのだ。 毎日16時半更新予定です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間10分

    この作品を読む

  • ラブリー、だけれどそこはかとなく不気味な

    私たちの朝はおはようのキスから始まります

    1,000

    0


    2021年4月2日更新

    3ヵ月前の夕方のこと、突然自宅に現れたその男性に、私は一目惚れをしてしまった、不甲斐なくもいちころで。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 『21回目』の『好き』

    『最低』で『大嫌い』な『アナタ』へ…。

    0

    0


    2021年3月22日更新

    いつも、『ダメ』な『アナタ』…。 『空気を読まない』し、『卑怯』だし、『嫌味』だし、 もう、ホント、言葉が全然追い付かないくらいに『ダメ』な『アナタ』…。 ホントに『最低』で『大嫌い』…。 そんな『アナタ』に伝える……『本当』の『想い』…。 この『想い』が…『アナタ』との『世界』を『彩る』から…。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 『運命の恋人』

    時代が進んで来てるんですね!

    0

    0


    2021年3月22日更新

    一応、ラブコメ(?)な内容になっています。 一応、女性主人公が、男性パートナーに『デレデレ』になる話です。 散りばめられた『ギャグ』が、めちゃ『苦め』ですが。(笑)

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 『白い記念日』の『桃の花』

    『綺麗』な『下ネタ』は、如何ですか?

    0

    0


    2021年3月14日更新

    今日は、『ホワイトデー』…ッ‼ 『ホワイトデー』って言ったら、『アレ』だよね…ッ⁉ 男から、愛のお返しに、 『超絶ホワイト…ッ‼』な『激甘スイーツ…ッ‼』が貰える日だよね…ッ⁉ 私…もう…ッ‼ 『心』も『身体』も『期待』で『キュンキュン』で、 もう、『オーライ‼ バッチコイ‼』なんだから…ッ‼ 早く、アイツに、この『白い記念日』に相応しい、 『真っ白なアレ』で、『私』を『超激甘』にして欲しい~~~ッ‼ ----------------------------- アイツが好きすぎて、『アレ』な、『妄想』満載、 だけど、ホントの本気に、アイツに激ラブな、この子の、 『白い日』の『奇跡』…。 色々、危険な『ネタ』が飛び交うけど、 それは、『好き』だから出ちゃう、 『大好き』が溢れた、優しくピンクに色付いた『下ネタ』なの…ッ‼ 『ホワイト』な『デー』にお届けする、 『ちょっとアレ』で『危険』な、超絶ラブコメディー…ッ‼ 『下ネタ』だって、『綺麗』に色付けるって『魅せて』あげるんだから…ッ‼

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 恐怖のチョコレート? そんなのってないよ!

    恐怖のチョコ。たぶん何人かやる気がする

    800

    0


    2021年2月12日更新

    私は、今日いよいよ告白するの! チョコだって手作りよ。え、チョコは溶かして固めただけだって? そうかもしれないけど、愛があれば問題なんて何にもない!!

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • ファンタジーは突然に

    このヒロインとだけは関わりたくないです

    800

    0


    2021年2月1日更新

    飛び交う電波、萌え上がる劣情、 禁断のフェチ、そして日常の瓦解…… あなたも変人目指して、 この小説を読む事にチャレンジしてみませんか? 投稿小説「ファンタジーは突然に」・・・・・・通称「ファン突」は、 妹に性欲をもてあます 『お兄ちゃん』や『お姉ちゃん』を募集中です☆ 該当する皆さんは、 どうか是非読んで行って下さいね☆ 内容としては、ロリ物の、健全(?)、電波系、恋愛/ラブコメ物になってます! 「怖くないよ~! みんな、おいで! おいで!」

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

  • 誰もそばにいない?お姉さんがいるじゃない、甘えたっていいんだよ?♡

    イチャイチャ系、お姉さん、糖度500%!

    1,700

    0


    2020年12月20日更新

    日本での生活に憧れていた日本人とカナダのハーフ、大塚和樹(おおつかかずき)は26歳になり家族の元を離れ、念願の日本での一人暮らしが始まった。 そんな彼を待ってていたのはただ仕事をし帰ってくるだけのつまらない生活。毎日、寂しい日々が永遠と続くと思っていた彼と元にやってきた、お隣の美人なお姉さん雪森雫(ゆきもりしずく)だった。 「私の前では頑張らなくってもいいんだよ?よしよし♡」 やたら和樹を甘やかそうとする。 「なんでこの人はこんなにも俺に構うんだよ…」 しかし、時には、 「かずくん、構って〜」 と、和樹に甘えたりもする。 二人のイチャイチャ、ピュアピュアで、バットエンドは絶対に無い!そんな感じの糖度500%の甘々ラブコメです。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む

  • 空蝉に忍ぶ恋

    大人だって乙女のように恋していいよね。

    21,700

    0


    2020年12月18日更新

    伝奇小説風味のラブコメ(?) 忍者も出るよ! 少女漫画のような恋愛を三十路男ふたりで!というのをテーマに書きました。ハッピーエンド見届けて貰えたら嬉しいな。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:52分

    この作品を読む

  • ロリ〜君と居た幸せな日々〜僕はキミと夢想する

    ロリな彼女と萌え萌えしちゃいます☆

    600

    0


    2020年5月30日更新

    僕は決して、ロリ好きじゃない。だけど…。 「正太郎さま…お食事が出来ました…」 料理はめちゃ上手いし。 「あ。それは…あの。あたしがやりますから、大丈夫なのですよ。正太郎さまはどうぞお座りになっていてくださいね?」 何これ、この子、めっちゃ良い子!こんな可愛い子が、僕なんかのシモベ? ロリ、というケモ耳少女と僕との、ちょっとエッチな?ラブコメディ!

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 会うたびにハグしてくる可憐な女の子は匂いフェチの変態だった

    純愛です

    200

    0


    2020年4月23日更新

    会うたびにハグしてくる女の子は匂いフェチの変態だった。タイトル通りです。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 魔法使いの弟子っ!〜エイリークの話🎵〜

    俺とティオ王子の話をしましょう。

    900

    0


    2020年4月9日更新

    俺。エイリークって言います。貧乏で取り柄がないんですけど、ずっと探していました。いつか、貴方に会いたいと願っていました! だから…俺。頑張ります。安心してください、ティオ様。 魔法使いの弟子っ!エイリーク側からのお話しです(*^o^*)

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 影に日向に。執事ごっこ〜僕と遊さんとの内緒の関係〜

    僕たちは秘密の執事ごっこをしています。

    900

    0


    2020年3月30日更新

    「ひなぁ〜」 「はい。遊さん」 僕は結城日向。幼馴染の許嫁、一ノ瀬遊季さんと一緒に暮らしています。そんな僕たちは秘密の関係があります。それは、 執事ごっこ。 二人だけの、秘密の関係なんです。 遊さんとの純愛甘々♡ラブストーリーです。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む