リアル

検索結果:7件

  • あふれる思いを伝えたい

    ♡4,300

    〇0

    詩/短歌・完結済・52話 うめみづき

    2020年7月6日更新

    あらすじは特にありません。 でも恋に関する詩が多いかな。

  • まいんさんが創作を始めたわけ🎶

    ♡3,600

    〇0

    ブログ/活動報告・連載中・5話 雛乃まいん

    2020年7月4日更新

    まいんさんが創作を始めたわけをお話ししましょう(^○^) かなりリアルですよ。よろしくお願いします(^○^)

  • ぶっ飛び王子様に振り回される従者は?

    ♡2,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話 雛乃まいん

    2020年6月22日更新

    サイネリア王国の第1王子、サーシャはかなりはちゃめちゃな王子様。 レッスンだというのに、抜け出したり。妹姫、リオナ姫のぬいぐるみを隠してしまったり。街を見たいと、こっそりと抜け出したり。従者リトは毎日胃が痛い日々。 そんなある日…⁇

  • まいんさんの日常ブログです(*^▽^*)

    ♡3,300

    〇0

    ブログ/活動報告・連載中・109話 雛乃まいん

    2020年6月13日更新

    幸せだなぁと思ったり。悩んだり。落ち込んだり。 欲しいもの買ったり。 お仕事の事。恋愛について。 好きな事。アニメ、漫画、読書、創作、執事、お菓子、ハーブ育てる事、婚活笑、パグ、BL、ハムスターなどなど(*^^*) 出来るだけ楽しく書きます(*^^*) よろしくお願いします!

  • ごちゃまぜジャンルだけど一貫して現代舞台

    ♡19,050

    〇200

    文芸/純文学・連載中・5話 小野木もと果

    2019年8月25日更新

    小野木もと果の短編集です。 これまでバラバラに投稿していましたが、何だかそれも微妙なので、これ以上増やすのもなあ、と思っていたのですが。 もう、思い切ってくっつけました。 今までポイントをいただいた方々、ごめんなさい。 でも、これで心置きなく、別のところに放置のものも持ってこられます。 既にノベプラで公開していたものは、作成・発表順に並べ替えてみました。 このあと追加するものに関しては読者さまが混乱されるかと思いますので、順序不同とさせていただきます。 ※レイティングに関しては、そういう作品も あるっちゃあるかもしれないので、念のためです。 基本的にそんなに強い表現はないはずです。

  • 無気力男子、学級委員になる。

    ♡450

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・27話 みやりく

    2019年8月2日更新

    あらすじ: 何事にも興味がない、やる気がない。高田湊、16才。 そんな彼が迎えた高2の新クラス初日。学年で一番人気の女子と言われる山本楓から、突然呼び出しを受ける。 彼にとって名前も顔も知らなかった彼女にいきなり連れられたその理由とは、告白、なんて甘ったるいものではなかった。 それどころか、何故か敵視されていて、なんと「私と一緒に学級委員をやれ」と命じるのだ。 学級委員を通してクラスを作り上げ、自らの成長も目指す(強制的に)、大体リアルな青春群像劇! ご挨拶: 初めまして、みやりくと申します。 本作のきっかけは、ラブコメではすっかりと定着した「ハーレム」「ぼっち」という視点からは少し外した所で書いてみよう、という考えから始まりました。 主人公の湊くんは、普通に友達がいて、普通の学校生活を送っている。 だけれども、青春と呼ぶには何かが足りない。 そして彼は別にそれを求めてもいない。むしろ避けてすらいる。 そういった設定です。 もしかしたら、ラブコメといえば、もっと甘々な世界を作品に求めていらっしゃる方が多いのかもしれません(もちろん私自身そういう作品も大好きです)。 しかしこの作品は意外と、青春の暗い部分についてもスポットを当てるつもりです。 誰かが楽しんでいる裏で、複雑な思いを抱いている人だっている。 そんな思春期の難しい部分を、現在進行形の学生さんにも、大人になった方々にも、伝えられたらなあ、なんて思っています。 ただ、もちろん恋愛要素も絡ませるつもりです。そうじゃ無いとやっぱり、「ラブコメ」にはならないですからね。 あとは、現在覇権を握っている「異世界」「転生」「無双」みたいなジャンル群に抵抗したい!という私の細やかな野望も含まれています(別にディスとかそういう事じゃないです笑、面白い作品もたくさんあります)。 そんなわけで、気長に連載が続けられたらな、と思っておりますので、興味のある方は是非読んで頂けると幸いです。 最後に: 感想がありましたら、何でも言って頂ければと思います。それがきっと、創作のモチベーションになると考えておりますので。

  • 調律師に恋をした。恋だと思い込んでいた。

    ♡4,550

    〇0

    文芸/純文学・完結済・2話 志茂塚 ゆり

    2019年6月28日更新

    あの頃、高校生だった私は、うちの担当だった調律師に恋をしていた――それが恋だと思い込んでいた。 少女時代の甘酸っぱくほろ苦い思い出が、ピアノの旋律とともによみがえる。 純文学に乗せた恋の調べをどうぞお楽しみください。 前編/後編の二部構成でお届けします。 なお、本作は「小説家になろう」にも掲載しております。 表紙画像はあさぎかな様から頂いたファンアート。 大切な宝物です。