レトロ

検索結果:4件

  • 淫靡で耽美な、根暗な文学的作品。

    ♡500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 瀬川なつこ

    2020年3月12日更新

    兄と、妹の、禁断の愛。 ちょっと文学的な雰囲気を臭わせつつ、重苦しい不幸な家での、狂った愛を描く。 兄は人を殺したことをあると嘯き、妹の私は病弱で血を見たがる女王様。 父は死に、書斎には、般若のお面や猟奇の本だらけで、母は父の死に気が狂う。 高校三年の三月の終わりごろ、兄は、桜の木の下に、妹の私を誘い… 淫靡で耽美な暗い文学的物語。

  • ちょっとした不思議なお話。

    ♡0

    〇0

    ホラー・完結済・1話 瀬川なつこ

    2020年3月12日更新

    「私」と「叔父」の不思議な和の家での話。 とても、郷愁的で、不思議な雰囲気の作品。 私は、風邪を引いたが、家のすき間の合間から、薄荷に似たすごく気持ちのよい風が吹いてくる。 その風は開かずの庭である、裏庭から吹いてきている。神主の叔父は、一体なにを隠しているのか。

  • 迷い猫と怪奇のことならお任せ下さい

    ♡84,970

    〇1,250

    ミステリー・連載中・50話 水深 彗

    2020年2月22日更新

    「霊能力者」。それは霊的な能力を持つ者の総称。 霊視は勿論、魂と会話のできる者や、特殊な能力を持つ者もいるという――。 ここは水の都・水柿町。 その商店街の一角に、二人の霊能力者が務める、一風変わった探偵事務所があった。 ◇◇◇ レトロな和風ファンタジーで、少しホラーで、猫ちゃんが出てくる、推理とバディものです。 各章のあらすじ ■猫の巻■ 真面目な男・夏虫と、真面目じゃない男・露草は、霊能力者であり、探偵であり、仕事仲間である。 秋のある日。彼らの探偵事務所に、飼い猫を探してほしいという少女が訪れるが……。 ■鈴の巻■ 初夏、水柿町に来た夏虫と露草は、事務所として借りられる部屋を探していた。 そんなとき、二人が霊能力者であることを知った喫茶店の店主が、彼らにとある依頼を懇願する。 ■湯の巻■ 家の風呂が壊れてしまい、夏虫と露草は知り合いの銭湯に赴く。 しかしその二階で、男の変死体に遭遇し……。 ■花の巻■ 女子校で、生徒の連続自殺が起きた。 しかしそれは自殺ではなく、怪奇が原因との噂が流れ……正体を突き止めるため、夏虫と露草は学校へ潜入捜査を開始する。

  • 興梠探偵社へようこそ!

    ♡12,900

    〇15

    ミステリー・完結済・8話 sanpo

    2019年12月10日更新

    帝大で美学を修めた孤独な探偵と毒舌の美少年助手の出会いのお話…