レース

検索結果:20件

  • 女子高生が『車部中』になっていく話

    JKが初めて選んだ部活動は自動車部だった

    3,000

    0


    2022年5月25日更新

    女子高生燈梨は、毒親から逃れての家出の末に、山間部の高校に転入する。 人生初の部活として選んだのは、人生に迷っていた自分を救ってくれた2人のJKが立ち上げた自動車部であった。 1人暮らし、学生生活、そして自動車整備に部の運営…と、様々なはじめてに奮闘する燈梨の凸凹学生生活を描きます。 「女子高生が、納屋から発掘したR32に乗る話」の後日談を含むJK自動車部の活動記です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間41分

    この作品を読む

  • ブルーモーメント -オーバースピード・オンライン-

    VRゲームでバカ騒ぎするだけ

    47,300

    0


    2022年5月23日更新

    事故と病気で両親を亡くし一人暮らししていた高校生、木花悠里はある日、自分の父親がダイブ型オンラインゲームの開発に関わっていた事を知る。 「このゲームにはイースターエッグがある、最初に見つけた者に莫大な利益が与えられる(かもしれない)イースターエッグが!」 なんて言葉を頼りにそのゲームへログインしてみると、そこは4輪自動車で速さを競うモータースポーツの世界だった。

    読了目安時間:2時間4分

    この作品を読む

  • 機械仕掛けのペリカンはその身を削り彼らを救う

    レース系ロボットを書き始めました!

    300

    0


    2022年5月15日更新

    【ロボット×バトル×レース】※注意:ロボット出るまで割と長いです。 戦後の政府から見放された地域でレースロボット乗りのガランと支援AIのトーカは違法レースで日々生活費を稼いでいた。ガランには夢があった。それはトップクラスのレースマシーン"スカイルーラー"に乗ってその頂点を決めるS1に出場する事。しかしそれにはまず市民IDが必要で…

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 【第一章完】疾れイグニース!

    ドラゴンレースに懸ける若者たちの話です。

    62,750

    135


    2022年5月8日更新

    世界中で広く行われている、騎手の乗ったドラゴンにより競われる競争競技『ドラゴンレーシング』。極東の島国、ジパング国でも『競竜』として、大衆に古くから親しまれている。 祖父の遺した小さな牧場『紅蓮牧場』を守る為、紅蓮炎仁は牧場に残ったただ一頭の競争竜『イグニース』号とともに、競竜界に飛び込んでいく。 人とドラゴンの熱血青春スポ根ストーリー、ここに出走! ※2022年4/3 現代/その他ファンタジージャンル日間1位、 4/3~4/9 現代/その他ファンタジージャンル週間1位頂きました!

    読了目安時間:5時間16分

    この作品を読む

  • 遥かなるチェッカーの先へ

    最速を目指す少女たちの青春です!

    22,800

    0


    2022年4月3日更新

    車よりもバイクが各家庭に浸透した世界。そこでは生活の一部になるほどバイクが用いられていた。 バイクが主流となる事でバイクレースにもスポットが当たり、それは学校教育にも変化を見せていたのだった。 ホンダ資立翔紅学園。 ここは、世界的大企業でありモーターサイクルの一大メーカーである「本田技術工業株式会社」が100%出資し運営する中高一貫学園である。 そこでは、全国より集められた少女たちが、ホンダ製のバイクを駆りその運転技術を高める為に日夜切磋琢磨していた。 そして「一ノ瀬千迅」と「速水紅音」も、そんなバイクレースに青春を掛ける少女たちであった。 彼女達の目標はズバリ、レースに出て勝つ事。プロになり国際ライセンスを得ればいずれは世界を舞台としたワールドGPにも参加出来る、千迅と紅音の最終的な目標でもある。 その為に2人を始めとした多くの少女たちが、日々0.1秒でも速くコースを駆け抜ける為の技術向上に勤しんでいたのだった。 モーターサイクルレースを舞台にした青春群像劇です(*´ω`*) バイクに興味のない方や詳しくない方でも出来るだけ分かる様な描写を心がけていますが、それでも分かりにくいようならゴメンナサイ。 (´・ω・`) ※この作品は「小説家になろう」「エブリスタ」「カクヨム」でも同時公開しています。 ※残念ながら、この作品にはキャッキャウフフにイヤーンなシーンはまず出てきません。 ※登場する人物や団体、企業や学校名などの名称は全てフィクションであり、現実のものとは一切関係ございません。

    読了目安時間:4時間59分

    この作品を読む

  • ブルーモーメント -ハイブリッド・グランツーリスモ-

    自動車レース小説がなければ作ればいいのよ

    179,910

    280


    2022年3月24日更新

    GTとは市販の車種から派生したレース専用車両のこと、元は市販車を改造したツーリングカーだったが、それを発展させたレースのためだけに新造したシャーシに市販車風のガワをかぶせたものをグランツーリスモと呼ぶ。 唸るエンジン、回るタイヤ、空気を切り裂くボディ、青い空、白い雲、眩しい太陽、美人のねーちゃん、積み上がる残業、上がらない給料、速く走る事しか考えていないGTカーがサーキットを駆け抜ける。 これはとにかく速いけどスタミナがないF3上がりの"キリノ"と、そんな速くないけど延々と同じペースで走り続けられるS耐上がりの"リンカ"が日本のGTレースに参加する話。 表紙画像はとあるサイトで550円で買いました(白目)

    読了目安時間:6時間3分

    この作品を読む

  • 第3世代ミニ四ガールズ 1ちゃんす!《全国版》

    少女たちの音速レーシング・ロマン!

    2,300

    0


    2022年3月6日更新

    ミニ四駆を仮想空間で走行させるシステム「バーチャル・サーキット・ストリーマー《バーサス》」が開発され、ネットワークを介して世界中のミニ四チューナーが超音速のバトルを繰り広げる世界。 涼川あゆみを中心とした「すーぱーあゆみんミニ四チーム」は、 「ミニ四駆選手権 カナガワ地区大会」を制し、全国決勝大会へのキップを手に入れた。 そこで待ち受けていたのは、さらにスケールアップしたライバルたちとのアツい戦い、 そして封印された7年前のレーシング・アクシデント。 前年度王者「チーム・ガディスピード」のリーダー、瀬名アイリーンとの因縁。 迷いを振り切るため、超音速のマシンが駆け抜ける! 「バーチャル・サーキット・ストリーマー、《バーサス》起動!!」 ハイスピードで駆け抜ける、少女たちのレーシング・ロマン、さらなる高みへ!! ※「ミニ四駆」は株式会社タミヤの登録商標です。

    読了目安時間:3時間59分

    この作品を読む

  • 先頭で駆け抜ける。

    乾坤一擲。直線勝負!!

    1,000

    0


    2021年10月22日更新

    この作品に登場する競走馬はフィクションです。特に馬名については、過去・現在において、同名の馬がいても、関係ありません。それは、偶々です。偶然ですので、怒らないでくださいw

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • にんげんレース

    1億の生き物の命がけのレース。勝たねば死

    88,100

    0


    2021年10月7日更新

    人間が80億人になることに伴い、多くの生物が集められて優勝者が人間に転生できる『人間レース』が開催されることになった。 主人公である小さなクモは、狼やら獅子やら強そうな生き物が多数参加する人間レースを勝ち抜けるのだろうか。 そして勝者は一人のはずなのに、何故か亀と一緒に走ることになった。 二匹は、多くの生き物と関わりながら、優勝目指して進み続ける。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間7分

    この作品を読む

  • 第3世代ミニ四ガールズ 1ちゃんす!

    少女たちの音速レーシング・ロマン!

    4,000

    0


    2021年9月22日更新

    第3世代ミニ四ガールズ、爆誕! ミニ四駆を仮想空間で走行させるシステム「バーチャル・サーキット・ストリーマー《バーサス》」が開発され、ネットワークを介して世界中のミニ四チューナーが超音速のバトルを繰り広げる世界。 ジュニアクラス日本一を決める大会「ミニ四駆選手権」への出場を目指し、 トゥインクル学園中等部2年生の「涼川あゆみ」はミニ四駆部設立を決意した。 しかし生徒会長「恩田奏」は設立に一つの条件を課す。 エリア最強チューナー「赤井秀美」とのレースに勝利すること。 「バーチャル・サーキット・ストリーマー、《バーサス》起動!!」 ハイスピードで駆け抜ける、少女たちのレーシング・ロマン、ここに開幕!! ミニ四駆は株式会社タミヤの登録商標です。 ※この作品は企画公式サイト 1chance.jp からの転載です。

    読了目安時間:3時間0分

    この作品を読む

  • 決戦

    俺達の負けられない戦いが、そこにはある。

    1,600

    0


    2021年8月4日更新

    ──俺達の負けられない戦いが、そこにはある。 夏休み、OBの先輩方が差し入れを持ってきた。 そこから、俺達の決戦が始まる。 夏の5題小説マラソン4週目「アイスコーヒー」を題材にした作品です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • ■歯車オーヴァードライヴ□天使の絶叫■

    エンジン全開。ロマンを回せ。

    31,400

    90


    2021年7月27日更新

    【予告編】 ロータリィ・エンジン。 軽量、パワフル、ロマンの塊。 今日も優勝、だがそこへ。 無情な宣告。「撤退ィ!?」 冷たい事実。「モータが相手になったら?」 示されたのは。「絶対性能でモータに勝てれば、目はあるわ」 最後の勝ち目。「この際2位はないと思え。優勝するか破滅かだ!」 ■歯車オーヴァードライヴ□天使の絶叫■ エンジン回せ。コースを駆けろ。その手で未来を掴み取れ。

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 走劇のオッドアイ

    架空の自動車競技の物語

    700

    0


    2021年5月23日更新

    限りなく近く、異なる技術進歩した自動車社会を築いた世界 オッドアイの少年、山岡徹也とのハイテク自動車社会と架空の自動車競技を巡る物語 実はこの少年、とある組織で作られたレーシングドライバーのクローンであり、沢山の弟や妹がいる 本人はまだ、知らない 学生ツーリングカー選手権 通称SGT 排気量ごとに660クラス、1200クラス、2000クラスの3つに別れ、1対1の対決方式の1on1(ワンオンワン)方式メインで市販車ベースにした改造車で競われる自動車競技 県立榛奈高校に転校し、自動車に所属した山岡徹也 自分と異なるオッドアイの瞳を持つ少女、鷹見結衣 2人の存在が、榛奈自動車部を様々な陰謀や野望へ巻き込まれていく ※この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません ※実際では有り得ない車のスペックや架空の車種、架空の技術、架空の地名が出ます そしてハイテク自動車社会に潜む、自動車犯罪者達との物語

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間51分

    この作品を読む

  • セーリング!風の淑女たち~ヨット部の女子高生たちは、誇り高きヨットレースで栄光のピンを目指す~

    高校のヨット部を舞台にした青春ドラマです

    10,800

    0


    2021年2月9日更新

    いつかは、ディンギーのレースを物語にしたいと思っていました。オリンピックの種目にも入っているヨット(セーリング)ですが、細かい描写や専門用語を説明するのがとても難しいです。明らかに漫画やアニメで表現した方がわかりやすいのですが、絵が下手くそなので、がんばって小説で挑戦しています。本格的にヨットをされている方にはお叱りを受けるところも多々あるとは思いますが、海上陸上を通してはつらつと生きていく主人公たちの青春ドラマを中心に読んでいただければと思います。 あらすじ 平成9年4月、只々,海が好きな主人公柴田千恵は、『海が近い高校』という志望動機で、南薩摩高校へ入学した。海に関する部活動を探していた千恵は、3年生の南條冴子に勧誘されヨット部に入部する。 千恵は、FJ級と呼ばれる2人乗りヨットに乗り、時に爽快に,また、時に激しく荒れる海の中で行われるヨットレースの中で、特殊な能力を覚醒していく。それは,千恵にとって驚きと喜びの連続だった。 南薩摩高校は,常勝のヨット強豪校だったが、昨年の全国高校総体は、他校に優勝を奪われてしまった。しかも優勝したのは、同県の錦江院学園1年生の操船するヨットだった。冴子と千恵はペアを組み今年の優勝を目指す。 ヨットハーバーで知り合った画家志望の神妙な青年と冴子との淡い恋愛やライバルとの確執などに心を動かされながらも、刻々と状況を変える海の上を舞台に、ヨット部の部員たちに明るく励まされ、高校総体優勝を目指し、日々頑張る千恵だった。 ※タイトルの後半を変更しました。

    読了目安時間:16時間2分

    この作品を読む

  • 疾風迅雷のロードラン

    ロボットでレースをする青春物語。

    0

    0


    2021年1月6日更新

    「俺は、もう関わらない。そう……決めたんだ」 父の死によって、少年は夢を捨てた。 少年の名は久遠奏多(くおんかなた)。亡くなったプロランナーである久遠永久(くおんながひさ)の息子。 ――もう関わらない。そんな決意を持って日々を過ごす中、転校先の飯束高等学校で一人の少女と出会う。 少女の名は月見里葵花(やまなしあいか)。廃部寸前であるロードランナー部の部長。 初めは拒絶していた奏多だったが、葵花の熱意と想いに動かされていく。 これは〈ロードランナー〉に青春を捧げる少年少女の物語だ――――。 ※小説投稿サイト「カクヨム」にも投稿しております。

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

  • Racing ―― Aiming for a winner ――

    レース×熱いドラマ、人間×AI、幼馴染~

    25,500

    220


    2020年10月5日更新

    世界最高峰の自動車レース――――『Velo Trophy World championships』。 その名門チーム「シェッフェル・エッフェル」は、撤退の危機に瀕していた。 チーム創設者の血縁であり、期待の若手ドライバーである少女は、撤退を阻止すべく男社会のグランプリに挑んでいく。 彼女の頑張りは、シェッフェルのエースドライバーを刺激し、エースは王者争いに連敗して失いかけていた自信を取り戻していく。 しかし、二人とチームが目指す撤退回避の道は険しい。 チームを排撃する、〝本社執行部〟と〝撤退派の少女の父親〟 目の前に立ちはだかる、〝二人の複数冠王者〟と〝Velo9連覇中・歴代最強のチャンピオンチーム〟 この苦境をどう乗り越えるのか? 今、宇宙体系最速の物語が走り始める。 ※すいません! メカ、化学方面は結構適当です。うんちく抑え気味。よくわからないところは斜め読みでOK。……たぶん! マイナージャンルですが、お気軽にお越しくださいませ~。よろしくお願いします。

    読了目安時間:8時間52分

    この作品を読む

  • 夢を叶えるために勉強や経験を続ける力〜スチームレースに出場して、いつか私が一番になりたい〜

    スチームパンクレースもの

    200

    0


    2020年9月12日更新

    「第四回、市街地爆走、自作蒸気機関レース!」 飛行船にぶら下がったタキシード男が拡声器でそう告げると、街中から大歓声が上がった。 「注目はやはり絶対王者スチームキング!」 たくさんのマシンが並ぶ中、一層大きな煙と音を出しているマシンが一台あった。毎年行われるこのレースの優勝常連、発明王のスチームキング。彼はきっと今年も優勝するだろう。 ジェシカは目を輝かせてマシンを見た。 「前置きが長いと嫌われるというもの。それでは行きましょう。レディ……」 街中が息を呑んで静まり返る。 「ゴー!!」 一斉にマシンが発進した。スチームキングのマシンは恐竜のような唸り声を上げ、圧倒的な速度の加速を見せる。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • チャリンコマンズ・チャンピオンシップ

    自転車って、マニアックなメカだよね

    27,000

    未参加


    2020年7月23日更新

    平成の終わりごろ、自転車による日本縦断レースが開催される。 主人公の中学生ふたりは、それぞれの思いを自らの機体に乗せて出場するのであった。 様々な地形や天候が襲い掛かるなか、立ちはだかる高性能車体と、エースパイロットたち。 彼らの交流や、戦いを描く物語。 ※この作品はフィクションです。実在する人物、地名、団体、車体、メーカー、ブランドとは一切関係がありません。何か似ていても、他人の空似です。偶然です。多分…… ※劇中の行為は大変危険です。よいこのみなさんは真似しないでください。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27時間7分

    この作品を読む

  • テイルウィンド

    宇宙を舞台にしたレース活劇!

    423,620

    978


    2020年7月13日更新

    人類が宇宙に広く進出した、宇宙時代。星から星へと宇宙船が常に飛び交う世の中で、流行した競技、それは小型宇宙船による、レース競技だ。これは、その宇宙レースの色々と幼いショt……いや、優秀で若い宇宙レーサー、フウマ・オイカゼと、その他愉快なレーサーと登場人物が織りなす、SFレース活劇である! 表紙イラストは、朝山なのさんに描いて頂きました! 第五章の最後にはファンアートもありますので、ぜひ見に行って下さい!

    読了目安時間:16時間16分

    この作品を読む

  • 遠く聞こえるは鴻鵠の声音 ーー異世界では巨大な鳥の首に跨りレースをするようです

    大きい鳥がいたら乗ってみたいと思いました

    1,000

    0


    2020年5月4日更新

    鴻鵠士。 体長3メートルを超える、『鴻鵠』(こうこく)と呼ばれる巨大な鳥の首元に跨り、空を自在に飛び回り、レースで勝つ、と言うこの職業は、皆の憧れの的であり、大衆の大切な娯楽であった。 新人の鴻鵠士ルティカは、相棒の鴻鵠バラクアと共に幾度もレースに挑むが、いつも負けてばかりでいた。 彼女の父親は、その昔彼女の故郷、ルーテジドの星とさえ呼ばれた素晴らしい鴻鵠士、エレリド=ガイゼル。だが彼は、あるレース中の事故をきっかけに、行方不明となる。 父の想いを継ぐべく鴻鵠士になったルティカだったが、父の与えてくれた名を勝利と共に飾る事の出来ぬ日々に悶々としていた。 そんなある日、ルティカは父を貶された事に激怒し、ある条件を賭けた勝負を受けてしまう。 巨大な鳥に跨り空を駆ける鴻鵠士達の世界を描いたストーリー。 鳥の様に自由に、空を飛びたいと思った事はありますか? ※本作品は、他サイト『カクヨム』様、『アルファポリス』様、『小説家になろう』様にも掲載しております。

    読了目安時間:3時間58分

    この作品を読む