ヴィクトリア朝

検索結果:5件

  • THE PALE

    不定期更新ですが、完結に向けて頑張ります

    2,000

    0


    2022年8月14日更新

    十九世紀末ヴィクトリア朝。文化の中心であるロンドンから長閑なカンタベリーへ向かうレオンハルト・ハワードはロンドン橋である一人の少年と出会う。レオンは、少年の正体を突き止めようと試みる。しかし、それは階級社会によって築き上げられた大いなる負の遺産を目の当たりにする事を意味していた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • DachuRa 1st story-ivy-

    最低で残酷な、ハッピーエンドを今。

    1,400

    10


    2021年7月25日更新

    19世紀末、大英帝国ロンドン。 誰もが羨む地位を生まれと共に手にした名家エインズワース家の令嬢エルは、教育という名の洗脳を受けて育った。 両親から与えられた深い×××と愛情は、彼女の心を少しずつ狂わせていき、やがて周囲の想いにすら気づく事が出来なくなっていく。 そんな彼女は、自身の18歳の誕生日パーティーで不思議な男性と出逢った。 ――これは1人の女性の、長い人生を描いた物語。 永遠に覚めぬ幻覚を。 ―― 自主制作で書籍にしました https://www.seichoku.com/item/DS2001506 ―― 彼等は美しい夢を見る。 ある者は身分差の恋を。 ある者は親子愛を。 ある者は依存愛を。 ある者は狂気愛を。 それが全て 偽りだと知らずに。 DachuRaシリーズ1作目 -ivy- -- この物語はヴィクトリア朝の英国を舞台にしておりますが、街や建物、人物などは全て架空です。 多少の性描写が含まれる為、レーティング設定をしております。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間52分

    この作品を読む

  • 対錬金生物法の正しい執行方法

    違法錬金生物『キメラ』を取り締まれ!

    0

    0


    2021年6月28日更新

    世界は体験した。自分達が作りだした生物兵器が暴走し、滅び掛けたことを。 そこで各国は、この戦争の教訓から、生物兵器の開発の制限、および戦地での使用中止を名目にした『錬金生物拡散防止協定』通称、キメラ協定と呼ばれる協定を締結した。だが……そう、表向き、各国はキメラ協定の元、キメラの開発や保有は制限している……はず。しかし、未だ、一個人から国レベルまでもが、密かにキメラを開発、保有しているという噂が絶えないのが現状だ。不法な武装集団や犯罪組織も密かに保有しているという。 この物語は、そんなキメラ協定違反を取り締まる人達の物語である。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • そんなの嘘に決まってる

    似非ヴィクトリア朝が舞台の結婚騒動。

    30,300

    50


    2021年3月23日更新

    女王が君臨する薔薇と紅茶の大帝国。 この国の上流階級は、富と権威を我が物とした貴族や富裕層が、その知識と品性を活かして日ごとに優雅な交流を重ねる、絢爛なる社交の世界に身を置いておりました。 美酒に葉巻。 ドレスに扇。 礼儀と格式。 詩と哲学。 庶民には手の届かぬ上質な品々に囲まれ、庶民には真似できぬほどの数々の趣味と決まり事に縛られ、上等の衣服を鎧のように纏い、自分と同じ富裕層との親しい付き合いを続ける。 社交は貧民への奉仕と同じ、高貴なる者の義務でございました。 そんなジェントリの家に生まれたクローディアは、生来の人見知りで、お茶会でも夜会でも失敗ばかり。 自分が嫌いになるばかりの毎日に、ある日変化が訪れます。 美しくも堅苦しい社交界で、人と話すのが苦手だったら? 狩猟の話題に入れなかったら? そんな、上流階級で生きにくい男女の、小さな恋物語。 前に作った話の改訂版です。

    読了目安時間:58分

    この作品を読む

  • 慈父

    おもいっきりクトゥルフ

    12,900

    0


    2020年2月9日更新

    精力的な実業家であったフィリップは、五十六歳の誕生日を境に、少し様子がおかしくなってしまう。 やがて引退し、購入した土地に建てた別宅に生活の場を移したフィリップは穏やかな隠遁生活を営む。しかしある時領地を原因不明の霧が包み込み――

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む