万人向け

検索結果:98件

  • まばたき怪談

    まばたきをする前に読み終えられるかも。

    3,639,291

    25,015


    2023年2月7日更新

    まばたきをしないうちに読み終えられるかも。そんな短すぎるホラー小説をまとめました。どうぞ、お気軽に御覧ください。 ラスト一行の恐怖。ラスト一行の地獄。ラスト一行で明かされる凄惨な事実。 一話140字以内なので、別名「ツイッター・ホラー」。ショートショートよりも短い『まばたき怪談』を公開します。

    読了目安時間:5時間40分

    この作品を読む

  • イクシード✕ドミナント

    硝煙の臭いと鉄の味がするライトノベル

    81,800

    150


    2023年2月6日更新

    ――ドミナントは生き残る才能だ―― 第三次世界大戦――【最後の戦争】から数百年、荒廃した世界で人々は、要塞都市を築き上げ逞しく生きていた。 傭兵の青年【アオバ】と妹分の【パピィ】は、遺跡調査の最中に自律兵器の暴走に巻き込まれる。 絶体絶命の彼らを救ったのは人型の超兵器【イクシード】――その黒い機体を動かしていたのは記憶喪失の少女だった。 記憶喪失の少女【トウシロウ】は「一宿一飯の恩義」を理由にアオバたちと行動を共にする。 ★2022年10月17日に日間SFランキングで1位をいただきました。 ※アラサー社会人チーム(@otofu_0141yummy)が頑張って書いてるので応援よろしくお願いします。 ※コメントいただけると作者がとても喜びます。 ※第3回HJ大賞に応募するので、更新頻度を繰り上げていきます(第1部は2月13日に完結予定)。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間59分

    この作品を読む

  • 藤色の心の魔法使い

    「実はね、私、闇の魔法使いなの」

    1,000

    0


    2023年2月6日更新

    たまに誰かが魔法使いとして目覚め、たまに魔法使いに遭遇する世界。 魔法使いのほとんどは、人間と共存していた。 対して人間は、魔法使いに羨望したり、畏怖の念を抱いていたりする。 しかしほとんどの魔法使い達は、人間のことが嫌いでもあり、大好きでもあり。 そんな日常を描いた物語。 カクヨム様にて転載しています。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • こぼれゆくものたち

    いわゆる詩です。

    400

    0


    2023年1月30日更新

    落ちてくるものを落ちてくるままに。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 田舎者と馬鹿にされた最強ヒーローは全てを救う~クズ野郎でも助けます。助けを求めるのなら~

    理由なんてないよだってそれがヒーロだから

    0

    0


    2023年1月29日更新

    バイトで生計を立てるぼっち田舎者のアイザワ ミオは、バイト帰りに身投げの場面に遭遇する。そこでミオは自身の持つ『ヒーロー』の力を使って少女を救い出した。 しかし、助けた少女は自らを不死者だと言い張り、罵倒こそすれど感謝の言葉ひとつ言わない。 後日、感謝の代わりに送られてきたのは学園への招待状だった。不信感を抱きながらもその招待を受けたミオ。彼女を待ち受けていたのは都会の喧騒と男尊女卑のクズ野郎だった。 クズ野郎の罵倒に晒されながらも、クラス分けの測定をこなしていくミオだったが、そんな彼女の耳に悲鳴の声が鳴り響く。 危険にさらされていたのはクズ野郎だった。けれど、そんなクズ野郎でも助けを求めるならばそこへ駆けつける。 だってそれが『ヒーロー』だから…… 測定の結果、最底辺のクラスに振り分けられたミオ。クズ野郎にも惚れられてしまった彼女の学園生活は一体どうなってしまうのか…… これは――― すべてを”救う”ための物語――――

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • そんなに遠くなくても

    のんびり、一話完結のお話です。

    0

    0


    2023年1月27日更新

    まったり、のんびり。たまにはシリアス? 一話完結のお話たちです。

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • 闇の証

    この証は愛する人への道しるべ。

    0

    0


    2023年1月15日更新

    この世は、 闇の世界――テネストラ――、 光の世界――ルライトリア――、 人界――ノスラデルス――、 魔界――アストラロッド――、 それぞれの世界が調和を保ち秩序を守ることで成り立っている。 …………。 その調和が乱れたらどうなるのか? …………。 秩序が崩れたら何が起こる? …………。 その疑問に芽生えた破壊神は、世界に混沌を撒き散らし始めた。 やがて、混沌を広めようと、名世界に混沌勢が生まれる。 この物語は最後の闇の王、マイゼンの許嫁、リーリが記した道しるべの証。 この証は……最後の闇の王の道しるべだ。 とてつもない奇才に恵まれて生まれた次期闇の王マイゼンは、感受性のない無頓着な子だった。 彼は幼い頃に両親を亡くし、最年少で闇の王となる。闇の世界が動乱する最中、”調和と秩序を取り戻す”、という重大な責任を背負わされたマイゼン。無頓着な彼を導くと、リーリが決断する。 「私が方針になろう。私の気持ち、感情、思考と思想、心も全部あなたの道しるべだ」 果たして調和が保たれるのか、混沌が支配するのか……。 ――これは私の物語でもなく、私の証でもない。闇を歩んで背負う、全ての者の証である。 **************************************** この物語の過去作である『光の証 1』がAmazon Kindleストアで販売中です! 『光の証 1』では、太古の光の世界が舞台となっており、『闇の証』とはまた違った物語が楽しめます。 よろしければ、ぜひご覧頂けると嬉しいです。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • ご都合主義で生きてます。-商売の力で世界を変える。カスタマイズ可能なストレージで世の中を変えていく-

    現代知識を使い生産チートを目指します。

    1,250

    0


    2023年1月2日更新

    28歳でこの世を去った佐藤は、異世界の女神により転移を誘われる。 その条件として女神に『面白楽しく生活でき、苦労をせずお金を稼いで生きていくスキルがほしい』と無理難題を言うのだった。 困った女神が授けたのは、想像した事を実現できる創生魔法だった。 この味気ない世界を、創生魔法とカスタマイズ可能なストレージを使い、美味しくなる調味料や料理を作り世界を変えて行く。 はい、ご注文は? 調味料、それとも武器ですか? カスタマイズ可能なストレージで世の中を変えていく。 村を開拓し仲間を集め国を巻き込む産業を起こす。 いずれは世界へ通じる道を繋げるために。 異世界『エニワン』のもう一つの開拓物語。 ※「残酷描写」「暴力描写」「性描写」は保険です。 カクヨム様にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

  • 【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-

    村をおこし生産チートを目指します

    1,800

    0


    2023年1月2日更新

    魔法は5属性、無限収納のストレージ。 自分の望んだものを創れる『創生魔法』が使える者が現れたら。 35歳でこの世を去った佐藤は、異世界の女神により転移を誘われる。 そして女神が授けたのは、想像した事を実現できる創生魔法だった。 安定した収入を得るために創生魔法を使い生産チートを目指す。 いずれは働かず、寝て暮らせる生活を目指して! 冒険者?いいえ無理です。 生産系に走ります。 ※カクヨム様にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間4分

    この作品を読む

  • 【進】ご都合主義で生きてます。-通販サイトで異世界スローライフのはずが?!-

    通販サイトを頼んだはずなのに…

    700

    0


    2023年1月2日更新

    32歳でこの世を去った相川涼香は、異世界の女神ゼクシーにより転移を誘われる。 断ると今度生まれ変わる時は、虫やダニかもしれないと脅され転移を選んだ。 彼女は女神に不便を感じない様に通販サイトの能力と、しばらく暮らせるだけのお金が欲しい、と願った。 通販サイトなんて知らない女神は、知っている振りをして安易に了承する。そして授かったのは、町のスーパーレベルの能力だった。 お惣菜お安いですよ?いかがです? 物語はまったり、のんびりと進みます。 ※カクヨム様にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間15分

    この作品を読む

  • 詩集

    ちょっと一休み

    5,800

    0


    2022年12月20日更新

    不定期に載せる詩を纏めたものです。 ぜひ好きなものを探してください✨

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • ながれ星におりぼん

    のんびりふんわりの童話たちです。

    6,100

    0


    2022年11月30日更新

    ふわふわ きらきら ながれぼし おりぼん かけたら とんでった つぎの おりぼん どうしよう きらきら つぎの ながれぼし

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 異世界転移! 転移! 転移! カズキの冒険

    いきてかえりし、ものがたり

    0

    0


    2022年11月20日更新

    俺は、イセカイテンイしたらしいんだって。 異世界転移者、カズキの物語! ※「小説家になろう」「カクヨム」にも投稿しています。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 彼女の未練は

    俺があの時肖像画なんて持っていかなければ

    1,000

    0


    2022年11月16日更新

    大学生の元希は母親に頼まれて祖父の荷物を取りに祖父の家までやってきた。中に入り頼まれていた荷物などをまとめていると、そこには風呂敷に包まれた肖像画が飾られていた。それに魅せられた元希はつい無断でその肖像画を持ち出してしまう。 作者初めてのホラー作品となります。診断メーカーであたった「青空」「足首」「肖像画」をもとにして書きました。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • モノクロ世界でもぐらが語る

    人目を気にするには理由がある。

    0

    0


    2022年11月12日更新

    友人と喧嘩をしてしまった倉持佳代子は、手紙を書いた。 不用意な発言をして悪かったことを謝り、どうしてすれ違いをしてしまったのかを語る。 人の目を気にしすぎて自分の行動を制限するのはもったいないかもしれません。でも、誤解が誤解を招いて無実の罪を着せられた経験をしても、同じことは言えるでしょうか。 そんなに人は、強くなければならないのでしょうか。 太陽のようなあなたを前にすると、私は自分の影ばかり見てしまいます。陽光を直視するだけの目を持たない、土竜のような存在が私なのです。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 短編集

    さらっと読める!

    10,800

    0


    2022年11月8日更新

    5000字以内の短い話を不定期に載せていきます!! 基本的に、一話完結。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 異世界のいやし

    ここはあなたが行く異世界かも

    49,700

    0


    2022年10月29日更新

    主人公・宇津保 聰〈うつぼ さとし〉は都会での生活に疲れ果てた青年。務めている会社に休職届を提出し、懐かしき故郷へ帰ってきた。 トンネルを抜けると…そこには変わらない町、変わらない風景があった。しかし、段々と周囲とのズレを感じ始める聰。同級生のあか里と共に真相を究明していく、と思いきや…。

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 自殺から始まる物語〜〜自殺した少女の青春〜〜

    自殺した少女が繰り広げる青春ここに始まる

    11,100

    0


    2022年10月25日更新

    10才の誕生日、テロにより目の前で母親を亡くした少女、姫舞清華(ひめまい せいか)。彼女は親を亡くしたトラウマにより人と関わることを自ら避けるようになっていった。 時は流れ、高校生になっても彼女はトラウマを引きずっていた。 一方、生きるためにテロリストに加わった少年がいた。天河珠音(あまかわ あかね)。彼は時に生きるために人を殺してきた。 どんな運命か皮肉かいたずらか、同じ高校に入学した2人。 元テロリストとテロの被害者。 高校生という多感な、心が揺れ動く時期に出会ったことで物語は静かに、しかし確かに動き出す。 この物語は主人公、姫舞清華が心の傷を克服し、成長、やがて恋する物語 ※当作品は既に投稿されている、自殺から始まる物語の文体、語り方を変え、つまり加筆修正したものになります。 ※当作品にはいかなる個人、集団を批判、攻撃する意図はございません。 ※当作品にはいかなる政治信条を批判、攻撃する意図はございません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間44分

    この作品を読む

  • 四季と晴明の陰陽奇譚 〜神と妖の棲う京屋敷〜

    ようこそ、バケモノ屋敷へ……。

    446,665

    13,419


    2022年10月24日更新

    「――魑魅魍魎が棲みつく化け物屋敷がある」 それは、京都府宇治市に存在する噂。 藤原四季が京都へ引っ越してまもなく、両親は飛行機とともに消息不明になってしまった。途方に暮れていたところ、不思議な雰囲気を持つ学校の養護教諭・龍崎青葉に導かれ、四季はあけぼの屋敷へ足を踏み入れてしまう。 しかし、その店の住所はまさかの異界「三途」 さらにバケモノ屋敷のオーナーはかの有名な陰陽師・安倍晴明で、養護教諭の龍崎青葉の正体は東を司る四神の青龍!? 晴明から自分自身が陰陽師の末裔であると知らされた四季は、あけぼの屋敷でのアルバイトを勧められる。 噂の通り存在した化け物屋敷。 一階は東を司る四神・青龍が経営する不思議な喫茶店兼探偵事務所。彼岸花の咲き乱れる庭や御池、上階は妖や神達、摩訶不思議な住人たちの住処となっていた。 そして、この世の不思議を知ってしまった四季の周りで突然起こる神隠し事件。 そんな折、探偵事務所・古都織に人魚の妖から兄を探してほしいという依頼が舞い込んだ。晴明に頼まれ、青龍とともにアルバイトのお試しで調査することになった四季。 事件を調べていくうちに四季のクラスメイトのひらりが巻き込まれていることが発覚! 容疑者は人魚の妖・弦。弦は恋人を人間に殺され、現世に強い恨みを持っていた。 水族館が原因で死んだ恋人の復讐のため、弦は人間で水族館を作ろうと目論んでいた。そこへ、弦の妹・弓が弦を連れ戻しにやってくるが、弦は、弓は既に死んでいると言い……!? 弓の正体は、弓を喰らった化鯨という最恐の妖だった。青龍が四季を守りながら弦や化鯨と戦うが、状況は劣勢。とうとう四季は化鯨に喰われてしまった! 共に化鯨に呑み込まれた晴明は、 「助かる方法はただ一つ。僕を取り込んで本物の陰陽師の力を得ること」 そのとき、四季がくだした決断は……。

    読了目安時間:10時間33分

    この作品を読む

  • 能力戦争

    ──すべてはゼロに還元される。

    1,200

    0


    2022年10月16日更新

    誰も彼も動かない「固着」した世界の中に迷い込んだ在原 環。この世界に迷い込んだ人間は、理不尽にも「能力戦争」という異能力での殺し合いを「世界」に強いられる。 在原 環は最後まで生き残ることができるのか、そして、その後の世界の結末とは……?

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間3分

    この作品を読む

  • カラフル

    少女の成長物語 人はもっとカラフルで良い

    0

    0


    2022年10月11日更新

    「松島愛莉ちゃん」は私の憧れだ。 みんなの人気者で過度に媚びず、見え透いたお世辞は言わない。それで反感を買ったら堂々と立ち向かう。 地味な私が化粧品を選ぶ姿を、「似合っていないのに」とバカにしたりもしない。 美容については自分の方が詳しいなどと、人を下に見るような真似もしない。 ある日、私は、愛莉ちゃんが気に入ったマニキュアに一目ぼれをしてしまう。 憧れの女の子に一歩でも近づけたらいいのにと、同じものを購入しようとするけれど……。 「どうして私達はこの狭い教室内でしか判断材料がないのに、その人の性格をひとつの色に当てはめたがるのだろう。教室の外に出たら、もっと素敵な彩を放つ人かも知れないのに。」 「その人“らしい”って、何だろう。外側から見たその人のイメージは単一かもしれないけど、本当はもっと多彩で当たり前だと思うんだ。人ってきっと、すっごくカラフルな生き物なんだよ。」

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 不幸を背負って、親父は笑顔で逝った

    幸せを人に譲りつづけた、親父の人生の話

    300

    0


    2022年10月11日更新

    親父が死んだ。有名人でも、企業の重役でもない、タダの田舎の、お調子者のくそオヤジ。ただ、親父には、家族でさえも知らなかった、「自分の幸せを切り売りする能力」があったのだ―― 神奈川県のとある港町を舞台に展開する、「幸せを切り売りする力」に翻弄された、不器用な親父と家族の物語。 あなたは、大切な人のことを、どれくらい知っていますか。 第一章 親父の背中 父親の葬儀の準備をすすめる中、息子である俺は、親父の日記帳と、不可解な内容が書かれた芳名帳を見つける。そこには、親父が家族にも隠していた、ある能力の事が書かれていた。なんでも芳名帳に自分の幸せを与えたい相手の名前を記載すると、自分の幸せを相手に譲渡することができるというのだ。 そんなことをして、親父は、幸せな人生を生きられたのだろうか。 悲しみの底の中で、俺は一枚一枚、芳名帳と、幸せを譲る経緯が書かれた日記帳をめくっていく。 第二章 消えない傷と、あなたへの想い 自分の幸せを家族のために犠牲にしてきた夫。妻である私は、夫の優しさや思いやりにあぐらをかき、最後の最期に彼を大事にしてあげられなかったことを心から悔やんでいた。 後悔と懺悔を繰り返しながら亡くなった私は、その後の世に、前世の記憶を持ったまま生まれ変わる。 運命の悪戯か、夫の生まれ変わりと再会した私は、複雑な思いを抱えながらも、再び彼に好意を持ち始めた。――しかし、「元夫」のもとには、前世の因縁から再び不幸が襲い掛かろうとしていた。 第三章 白い猫と神主 かつて「呪いの道具」として人間相手に猛威を奮ったワシは、術者の死によって、自由の身となった。永遠に続くとも思われる生に飽き飽きし、戯れに人を殺し、災厄の権化と化した。 ただ殺すだけでは飽き足らず、とある「道具」を生み出したことで、運命の歯車は思わぬ方向へ回り始めた。 ――「幸せを切り売りする力」が生まれるまでの経緯と、それを巡る人間と「神主」の悲哀を描く、もうひとつの「幸せを切り売りする力」の物語。

    読了目安時間:1時間18分

    この作品を読む

  • 灰色の花 (☆改稿版☆)

    右手に異能を持つ女の子のお話。

    125,886

    10,309


    2022年9月29日更新

    ジルコ王国の軍事警察署で働く20歳の娘、メレンケリ・アージェ。 彼女の右手には触ったものを「石」にする力が備わっていた。触れたら最後、全てが石になるまでその力は止まることはない。そのため、取り調べを受けるために捕まえられてきた男たちの脅しとして、彼女の力が重宝されていたのである。 「祖父も、父もしてきたことだから」 それがメレンケリの口癖だった。彼女は自分が軍事警察署で働くことは、家系的に義務のようなものであり、「石にする力」を容疑者の真相を暴くため「脅し」として使うことも納得していた。 しかし、彼女は西の王国サーガス出身の青年、グイファスと出会ったことで彼女の考え方が変わる。 石にする力は、本当に人を不幸にすることにしか使えないのか。石にしてしまったら、本当に二度と元に戻すことができないのだろうか。 人とは違う特別な力を持った、メレンケリのお話。 *こちらは2019年8月30日に完結した『灰色の花』を元に改稿したものです。 *カクヨムさんでも投稿しています。 *適度に更新。(火曜日と金曜日に更新していましたが、難しくなってきたのでエピソードが溜まったら更新しています。2022.3.1) *随時、細かいところを修正しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間56分

    この作品を読む

  • TRACKER

    心理戦・策略と共に超常現象に溺れろ

    28,300

    60


    2022年8月28日更新

    2590年代後半から2600年代初頭にかけてサイクス(超常現象を引き起こすエネルギー)を持つ超能力者が出現した。 生まれつき膨大な量のサイクスを持つ主人公・月島瑞希を中心として繰り広げられる心理戦を絡めた超能力バトル小説 コミックポルカよりコミカライズ版が5/20より連載されております! ニコニコ漫画でも更新されているので是非そちらもチェックしてみて下さいね!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間44分

    この作品を読む

  • 王立魔法省に課されたミッションは月へ行って石を持って帰ること。隣国よりも先にね!

    #まほつき で応援よろしくです!

    2,200

    5


    2022年8月19日更新

    《注意》残酷な描写はありませんが、メインキャラの一部に欠損表現が含まれます。そうした表現を不快に思われる方は、ご注意ください。 ☆ ☆ ☆ ☆ 大賢者による「月へのゲート」を開く試みは、賢者本人や王を巻き込む大惨事を引き起こした。それから十年。国力の衰えた城塞都市国家シュタークが隣国との戦争を回避するために、王の孫娘リルム王女は、隣国との間で契約を交わす。それは、どちらの国が先に月の石を持ち帰るかで勝負するというものだった。 リルム王女は賢者の孫のカイトを王立魔法省に招きいれ、彼の転移魔法の力を借りて月へ行く方法を模索するのだった。 「どうやって?」 「行くのよ。転移魔法でね」 「転移って……いったい月までどれだけの距離が……」 「知らないわ。まずは、そこからよね」 この世界の魔法は決して万能と言うわけではない。あくまで、この世界の理(ことわり)の中にある。たとえ転移魔法を使っても、そう易々と月へ行くことなどできない。しかし、国を守りたいと願う王女の決意は固かった。 実験により、月に空気がないことを突き止め、測量により月までの距離を割り出す。魔法と科学を駆使して、宇宙や自然の法則への理解を深め、遥か彼方の月を目指す。 そんな魔法と科学が共存する世界を舞台に、少年と少女の月を目指す挑戦が、いま始まる。 ☆ ☆ ☆ ☆ 毎週金曜日18時更新予定。 短縮名「#まほつき」で応援してくださると作者が小躍りしながら泣いて喜びます。どうぞよろしくお願いします!

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • リリカル・ライターズ・ジャーニー

    作家のためのハッピー・ストーリー

    3,000

    0


    2022年8月18日更新

    第1話「902号室」 執筆を営む日本人———僕は、訪れた国で「彼女」と出会う。 不定期投稿。短編。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 二度目の初恋。

    呆れるほど純粋な二人の『恋のお話』です。

    1,000

    0


    2022年8月16日更新

    記憶喪失になってある老人施設にやって来た老婆。 誰とも心を交わすことなく過ごす彼女だが、その施設の職員である初老の男性にだけは不思議と心を開いていた。 ふたりは治療の一環として一緒に小説を考え、書き始める。 記憶を無くした老婆。 無条件に優しい初老の男性。 彼らが想う物語は再び、始まろうとしていた。 ※全四話の短編です。 ※コメディ要素はありません。 ※カクヨム、小説家になろうでも公開しています。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 某人間、鈍色と化す

    その少女、帰る場所を失い、生命を知る

    8,800

    0


    2022年8月13日更新

    どこかの街にソレはある。自我を見失った者達は、皆そこへ辿り着くらしい。私は導かれてしまった。必死に生きようと努力しましたが、きっとこういう運命だったのでしょう。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 猫をお迎えしたくなった理由

    うちの猫、頭は黒で背中はオレンジと黒です

    100

    0


    2022年6月18日更新

    猫をお迎えしたくなった理由です

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 灰と流星

    私だけの夜空に、ひとつの星が落ちてくる。

    0

    0


    2022年6月13日更新

    癌で入院している父が、私たち家族に言った。 「生きている間に一度くらい、月に行ってみたかったんだ」 呆れている母に、冷静な兄。 そして私は、ふわふわと月面歩行をする父の姿を想像していた。 ※コバルト短編小説新人賞に落選した作品を加筆・修正したものとなります。 全4話です。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む