不具合

検索結果:1件

  • 「そもそも俺はゲエム自体したことがない」 クラスの女の子と話をしたこともない真面目一徹お堅い高校生・流人(リュート)。彼はゲームそのものをやったことがない絶滅危惧種。 ある日、親友からゲームの話をもちかけられた時、 「あなたたちもやるの?」 と学校一の美少女が話しかけてきた。 リュートは気になるあの娘がゲーム好きだとわかり、国内初の本格フルダイブ型VRMMO新作の抽選販売に申し込む。 抽選に当たり、ログインした『TheAncientScrollsGreatestWould(ジ・エンシェント・スクロールズ・グレイテスト・ワールド)』は思っていたよりも自由な場所で大変すぎ。キャラメイクでさっそく一悶着。レア種族『竜人』とハイエルフとダークエルフのクォーターという謎のアバターで挑む羽目に。さらに追い打ちをかけるようなチュートリアルなし、ゲームオーバーになるとアイテムや所持金を全て失う鬼難易度でスタート地点から進めず心が折れかける。 しかし、自由ならば全部やるまで、とセオリーにない行動を始めるリュート。 スキルレベルアップ、ハウジング、風雲〇〇〇城とどんどんエスカレートしていき…… 初心者のムチャクチャなプレイに振り回されるプレイヤーたちはいつしか彼を『魔神』と呼んだ——— ゲエムを支配しコントロールするブラックボックスAI≪アルゴ≫は人間に興味を持ち、人間を知るために『TheAncientScrollsGreatestWould(ジ・エンシェント・スクロールズ・グレイテスト・ワールド)』を進化させていく。 法の番人を自称する「TAS警察」との戦い。南方の無法地帯に跋扈する盗賊ギルドや暗殺者クランを巻き込んだ大規模戦闘。 そしてTAS一の強者を決める武闘大会への参加。 その中でゲエムを知らない初心者の男の子が、仮想現実を通じて知る人間模様。 少しずつ積み上げていく自信と力。リアルじゃない仮想の現実で出会う存在はリュートに大きな影響を与え、そして彼もまた与えていきます。 ※バトル成分は薄め ※生産系シーンあり ※たまに掲示板挟む 【不定期更新】【自分がこういうゲームやりたいっていう】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間42分

    この作品を読む