不定期連載

検索結果:5件

  • 【11/27更新:不定期連載】好きな人にされたら嬉しい50のコト

    一生に一度しかない青春が詰まった物語。

    0

    0


    2021年11月27日更新

    高校二年になる前の春休みに【好きな人にされたら嬉しい! 50のコト】というネット記事を見つけた天椙(アマスギ)光依那(ミイナ)は、紹介されていた50の項目を、憧れの存在である同級生・由上(ヨシカミ)蒼和(ソワ)に、いくつしてもらえたか数えるためにチェックリストを作った。 しかし、完了項目が増えていくうちに蒼和にされたから嬉しいのか、完了項目が増えるから嬉しいのか、わからなくなってしまう。 光依那は本心に気づくことができるのか――。

    読了目安時間:2時間9分

    この作品を読む

  • 大江戸コボルト【WEB版】

    江戸時代? の大江戸にコボルトあり

    859,700

    390


    2021年11月24日更新

    時は貞享、天下の名君、徳川綱吉の時代。 空が割れて異界の門が開かれる。 門より溢れし犬小人の「こぼると」を一目見た綱吉は深く愛し、直ちに保護せよとの命を発す。 以後もえるふ、どわあふなどが次々に現れ、綱吉はこぼるとと同様に友好関係を築くことに注力す。 ―――そうして異界の知識と技術を得ることになった江戸の世は、異界の力による文明開化を迎えることになる。 それから時が流れて、享保。 八代将軍徳川吉宗の時代となり、江戸の世は飢え知らず、病知らずの太平の世を謳歌していた。 ……が、それはあくまで江戸の世だけの話。 海の向こうにある諸外国は、異界文明と接触したことによる混乱と対立と、異界からの侵攻を受けて大いに荒れてしまっていた。 そんな状況を打破すべく将軍吉宗は、海を渡っての平和を主眼とした介入を決意し、その為の技術と資源を得る為に、異界の門の残滓である『異界迷宮(ダンジョン)』の攻略の命を発す。 その命を拝領することになった御庭番であり武芸百般に通じていた『犬界(いぬかい) 狼月(ろうが)』は親友であるコボルト『ポチ』と共にダンジョンに挑むことになるのだった。 ※第二回アース・スター大賞、奨励賞を受賞、書籍化決定しました! 12月15日発売で絶賛予約中です! ※他サイトでも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間8分

    この作品を読む

  • 執筆のココロエ!……改メ、「文章読本・素人編」

    数年間ウェブノベルを書いてきた経験談

    2,100

    0


    2021年11月20日更新

    お前何個連載抱える気だ完結させろ、とか言われそうですが、まあ基本どれも不定期更新の部類に入りますのでご了承くださいな。素人連載なもんですし。 というわけで此処では、数年間ウェブノベルを書いてきた経験を基に、素人なりの執筆講座というものを考えてみたいと思います。とはいえ、私はまだプロではありません。それに、他人にはまねの出来ない執筆方法を採っている場合も御座います。それでも宜しければどうぞよろしくね、と。 ひとまず第一話は黒てんこさんへの返信となっています。よろしくお願いします。

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • 思い出が生き続けるこの世界で『空白の一日』を待つ私は『今日』を迎える。

    あなたには忘れたくない記憶はありますか?

    100

    0


    2021年11月4日更新

    ――ずっと記憶が残って、いつでも思い出せるのって残酷なんじゃないかな。 私、相川シュウは大好きな空を見上げて考えてました。なぜかって?それはこの世界にある機械が、辛いことも楽しいことも、悲しいことも切ないことも保存して、いつでも思い出せてしまうから。 ただどうやら私のだけ不具合があるみたいで、空白の一日が作られ、もう何度目かの空白を作った次の日。昔遠くに行ってしまった大切な人が、学校に転校してきました。 でもあの時とはずいぶんと印象が違っていて、久しぶりの再会に感動してくれなかったんです。そこで声をかけてみたら―― 「君、誰?」 記憶は、思い出は、忘れられないはずなのに。簡単に忘れちゃったその人。私にしかない『消えた一日』。どうにもなにか関係している気が――。 これは、多分、ちょっぴり切なくて、でも温かくて、色々と考えさせられる思い出の物語。 ※小説家になろう、カクヨムでも連載中※

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • サンドリヨン ~銀の勇者と灰の竜~

    剣と魔法の世界を旅する少女の物語。嘘は言

    12,290

    40


    2019年12月8日更新

    これは世界を旅する一人の女の子の物語だ。 一夜の食事を対価に魔物の軍勢を退け、肉親を助けたいと願う少女の焼いたクッキーで薬草を探し出す、強くて優しい女の子の物語だ。 「これ、美化しすぎじゃねえか?」 「広報の者に私もそう言ったんだが、嘘はついていないの一点張りでな」 「おじさん! これおかわり!」 「「お前も少しは気にしろ!!」」 ※『小説家になろう』でも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間58分

    この作品を読む