不気味

検索結果:10件

  • Νεκρός Όνειρα-ねくろすおーにら-

    これは全部、私が実際に見た夢。

    9,200

    0


    2021年4月16日更新

    ヒュプノス《眠り》とタナトス《死》は双子の兄弟。 そしてオネイロス《夢》はその弟。 眠りの中で見る夢のその隣には死が身構えている。 その夢は、幻想《パンタソス》か、それとも空想《モルペウス》であろうか。 いや、それはまごう事なき恐怖《ポベートール》――。 ここにあげる短文はすべて「いつか見た夢物語」です。 実在する人物場所組織などとは一切関係ありません。 今宵も良い夢を見られますように……。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • ミアの指環

    萬堂院としの処女作です。

    1,000

    0


    2021年3月29日更新

    その日は出張の最終日だった。自分への土産探しを兼ねて、まだこの田舎町で行ったことのない場所へ向かった。そこで不思議な雑貨屋を見つけた。主人の口車に乗せられて、三万円の指環を買わされてしまった。出張から帰った久々の本社出勤日。ふと買わされた指環を嵌めて会社へ向かった。その道中で俺はひったくりの自転車にぶつかり、病院へ搬送された。こんな不吉な指環は一生嵌めないようにしよう。そう思ったのだが・・・・・・その事故が影響して、思わぬ形で大金を手に入れたのであった。 しかしこれは、この不思議な指環の力の、ほんの序章にすぎなかったのである。 /// ここはマイカズ島という王国。ある時、王女は外国の王子のところへお嫁に行くことになりました。心配な王様は王女にお守りを与えました。それはただのお守りではありません。マイカズ島を守る、国宝だったのです。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む

  • 不気味な少年マーレ

    ──いつだって子供達は見ている。

    3,900

    0


    2020年11月21日更新

    幼少期に不思議なモノを見た経験はありませんか? あれは、記憶の片隅に今も眠る……触れてはならないモノだった。 不気味な少年マーレと真面目な性格のエルメラは、いつも公園で遊んでいた。 大きな大きな湖のある公園のベンチに仲良く座り、2人のやり取りの中にソレらは何食わぬ顔でいつも居る。少年は笑い、いつもいつもエルメラにこう言うんだ「気味が悪い……」

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 黒川不気味短編集

    不気味で気色の悪いオリジナル短編集です。

    0

    0


    2020年9月23日更新

    1年ぐらい前に別サイトで投稿した作品です。 ふと思い浮かんだ不気味な作り話が集まっています。 ジャンルホラーですが、怖くないです。 ただタイトル通り不気味で気色が悪い内容になっていると思うので そういった内容に態勢のない方は読むことをオススメしません。 現在残っているストックが全て投稿され次第完結となります。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間38分

    この作品を読む

  • 水面ノ灯火

    岐阜県にある飛騨民俗村「飛騨の里」が舞台

    1,100

    0


    2020年8月21日更新

    鏡水月――― 水面に映る月鏡 揺れる水鏡 幻の月 儚く 映し世の鏡は消えて溶け 言霊を濡らす 今宵 静寂の玉響 追憶を食む――― 開かずの幣殿で見つかった不思議な掛け軸。 それは彼らを、太古より続く負の連鎖へ誘う……。 誰も覚えていない姉の記憶に苛まれる者。 誰も覚えていない最愛の人の為に、神に宣戦布告する者。 解けない謎に取り込まれた彼らは、少女に記憶を食べられる……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間23分

    この作品を読む

  • 浸透圧

    実験的な短編です。

    1,600

    5


    2020年8月3日更新

    "おばあちゃんが塩をナメクジに振りかける。その様子はなんだかとっても素晴らしくて、わくわくした。おばあちゃんは手際よくナメクジを粉雪に晒すようにして、死の灰を降らせた。"

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 腐った卵が割れたから。

    些細な一つの出来事と不気味な記憶――

    0

    0


    2020年7月26日更新

    夏のある日。彼女の家に久しぶりに遊びにきたスーツ姿の男。 チャイムを鳴らすが、彼女が出てくる気配がない。 仕方ないので合い鍵で開錠し、部屋に入る。 そして、冷蔵庫を開けると、一か月前の日付が印字された未開封の卵があった。 男は手を滑らせて、一つ卵を落としてしまう。 そこから、思い出される不気味な記憶。 記憶を思い出して、良かったのか。 それとも、全て忘れ去ってしまっていたが、良かったのか……。 最後まで読んだ後、あなたならどちらを選びますか。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 親友の家

    十年ぶりに、親友の家に遊びにいった

    0

    0


    2020年5月16日更新

    十年ぶりに訪れた親友の家。私は不可解さを感じつつも、それを表現することなく、つぶさに見つめていく。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 北魚稲荷の仏像

    怪談の本のオマージュです。

    1,000

    0


    2020年3月12日更新

    両親が離婚をして、悲しみに暮れる一人の少年が、北魚町に引っ越してきた。 北魚町は宿場町を抱える古い町だ。 あちこちに狐の像や、弘法大使の像や仏像があり、お寺とお墓があちこちにあり町中線香臭い。 町の中央にある、朽ちた北魚稲荷。その上の方にある、滝のあたりに、小さな仏像が建っていた。 涼はその近くによると、なんだか不思議な声が聞こえてくる… 怪談です。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 匣匣匣匣EB

    奇妙な見世物小屋の話、続編です。

    310

    0


    2019年7月19日更新

    これは不思議な匣の物語。 雨の日にのみ開店する見世物小屋では、『匣』を紹介してくれる。 匣の中を覗くと、様々な物語を楽しむことができるがー……。 前作『匣匣匣匣-コウヒツハコクシゲ-』 同様連作ホラーとなっております。 どうぞごゆるりとお楽しみください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む