世界大戦阻止計画

検索結果:1件

  • 天壌無窮

    斯くて、彼は古今未曾有の国難に立ち向かう

    43,800

    0


    2021年5月7日更新

    昭和三年二月、大日本帝国において初めて普通選挙が行われた。このときに当選した男達の中に、ある逆浦転生者が存在していた。彼は、幼い祖父を置いて早世したはずの自身の曾祖父に何の因果かは解らないがなってしまったらしい。 男の目的はただ一つ。大魔王ルーズベルトを何らかの手段で葬り去ることによる世界大戦の阻止である。無論、大東亜戦争が起きなければ植民地解放はますます遠くなるのだが、日露戦争で勝った以上はいずれ彼達は立ち上がるだろう。 そして、彼が逆浦転生したことにより大日本帝国は遂に平和ぼけから目覚めることになる。信じられないことだが、この時期の大日本帝国は現代日本同様、軍人を虚仮にし、平和の中で惰眠を貪っていたのだ。 それでは、勝てようはずも無い。そんな中、その逆浦転生者は来るであろう未曾有の国難の原因はフランクリン・ルーズベルトにあると見抜いていた。そして、彼はある世紀の大謀略を練り始めた。そして大日本帝国に置いて普通選挙が行われ、彼は無事当選し、国会議員となり国を動かす立場となった。 これから一体どんなことが始まるのか。それは神すらも、凡そ見当のつかないことである。 そしていよいよ、今後長きに亘って繰り広げられる、前人未到の連続戦争が始まったのであった。 それはあり得たかも知れない、もう一つの栄光の歴史。

    読了目安時間:4時間19分

    この作品を読む