世界

検索結果:31件

  • 好きな世界ぐらい描きたい。

    活動記録や更新情報や設定、思いなども…

    1,100

    0


    2021年7月18日更新

    ここでは公開してる作品の更新など… 活動記録としてのブログです。 何気ない事も書いていくかも… 私の場合。 全ての作品には願いも、思いも、ある。 だからこそ、書こう!!

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • ロマ 〜幻想の檻〜

    終わらない世界に果てはあるのか

    200

    0


    2021年7月13日更新

  • 初めて知る世界を選び、愛そう。

    未来から別次元へ、世界すら選んで愛す答え

    9,800

    120


    2021年7月2日更新

    星錬暦3858年。 現在の地球では、統一された国は『一つ』しか存在しない。 『星錬帝国』のみしかないのが現状でもある。 また全てから、勝ち残った唯一の帝国でもあった。 現在、それを全て纏めるのは『帝王』の『龍星』18歳。 また、『総帥』である『妖華』18歳。 二人は『二卵性の双子』であり『この世界』全ての権力者でもある。 龍星は随分前から、妖華をだった。 妹でもあるが、もう親愛と異なる事。 『愛してる事』にだった… けれど、もうお互い18歳にもなるにも関わらず… 妖華は『恋』すらしない。 更に妖華の場合、『能力』が強過ぎるのも大きく出た事もあった。 他の『異性への愛情』は全く興味すら出さないまま… 妖華が唯一、出すのは双子の龍星に対する『肉親への親愛のみ』だけ。 確かに『愛情』ではあるが『異性への愛』を知る気配すらない妖華。 そんな中で初めて妖華は出会った。 『別次元』に居た、自分より強い相手を… 初めて知った『感情』もだった。 判らない中で、別次元の世界に居た者にと、興味を初めて出す。 けれど龍星も気付いた。 そして一切、妖華を離す気もない。 でも龍星は、その相手が誰でも同じ『理由』すらある… それを妖華にと気付かせるべきでもない。 それだけは許せない。 けれど知らない妖華も初めてだった。 その相手が言う事で知る『感情』に戸惑いながらも… 何が正しいのが、何かも全てが判らず、知ろうとする。 妖華は殆どの感情が『欠落』している事でもあった。 それも気付いていない中で知り変わっていくが… 徐々にと妖華の『感情』が出始める事に、すぐに龍星も動き出した。 その妖華の出す答え… 『世界』すらも選ぶ選択を決める事になった。 それは時間や次元、世界すら変わる選択にと。 新たに、また様々な事を知っていく中でだった。 初めて知る愛も、世界も、全て知らないからこそ出す『感情』を。 妖華の『心』が知っていく事で変わる。 そんな妖華が選び出した答え。 『愛する者が居ても、笑えないなら、意味がない。』 『この世界すらも愛そう。』 未来型恋愛ファンタジーを。

    読了目安時間:9時間21分

    この作品を読む

  • 魔術的詩集

    一編の詩に神は宿っている

    37,100

    625


    2021年6月29日更新

    詩人は簡単に言葉を信じない なぜなら芸術こそが真の言葉だと 信じて疑わないからである

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ロマ 〜永遠の春〜

    果ての魔女のため息

    100

    0


    2021年6月25日更新

    光と花の精霊の恋に、永遠の春が訪れる

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 勇者はただただ塔を積む

    魔王を倒した。世界は滅んだ。だから――

    500

    0


    2021年6月20日更新

    ……その後どうなったかって? 知らない、だから塔を積んでいる。 異世界ファンタジー系低温純文。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 重狭

    重いから狭いのではない。狭いから重いのだ

    2,001

    0


    2021年6月6日更新

    大切な人を失った彼がふと思ったこと。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 山椒の国の青虫

    広い広い虫の世界

    200

    0


    2021年6月4日更新

    青虫はてんとう虫の壮大な夢物語にため息をついた

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 黒く染まる世界

    黒く染まる世界で生きている。

    800

    0


    2021年4月24日更新

    僕は人間にもロボットにも満たない半端者だ。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 時間とお金

     時間とお金は、切っても切れない関係だ

    0

    0


    2021年4月22日更新

    時間があるのが幸せなのか? お金があるのが幸せなのか?

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 不老不死

    旅はいつまで続く。

    500

    0


    2021年4月12日更新

    この世界に真実など無いのだ。あるのは悲しい事実だけだ。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 言葉足らずの詞たち

    詞とも呼べないくらい短い言葉たち。

    4,600

    21


    2021年4月1日更新

    ふと、浮かんだ言葉たち。 何かがあなたに届けばいい。 補足やそれに対する思いなどは、あとがきか後日に投稿する予定です。 不定期投稿です。 今まで、投稿したお話の中の人からのメッセージもあったりします。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • カナリア

    たかが世界に終わりが来たくらいで

    0

    0


    2021年3月24日更新

    終わりゆく世界で、カナリアと出会う静かな時間。 イメージ曲:カナリア / ReoNa ※この作品はTwitter(@ojitw)・カクヨム・アルファポリス・小説家になろう・ステキブンゲイ・エブリスタ・ノベルアップ+・Novelism・pixiv等に掲載しています。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • この狭い世界で、ただ小さく

    青春は爆発しろ。

    100

    0


    2021年2月9日更新

    主人公の少年・ユウは、戦時中に町の地下に軍が用意していた自爆装置のありかを示す地図を偶然発見する。 それぞれに悩みを抱える幼馴染のシュン、ハルキ、ツバサにユウは提案した。 『俺達で、この町をぶっ壊そうぜ』

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 聖戦の楽園

    世界が君を追い詰めようとも、必ず君を助け

    100

    0


    2021年1月26日更新

    太陽の光が眩しい早朝。高等学校1年生の黒羽出雲は窓から降り注ぐ光によって目が覚めた。その日は出雲が楽しみにしていた音楽グループのライブ当日であったため、気持ちが高揚しているようである。出雲はライブ会場に到着をすると、突然巨大な地震と思える揺れが発生してしまう。ライブ会場にいた出雲を含めた人々は揺れの激しさから立っていられず、地面に手をついて揺れが収まるのを待つことにした。 突然発生した揺れが数十分間続き、周囲の建物の外壁が崩れる程の揺れが収まるとライブ会場から見える空の空間が割れた。その空間からは異形な姿をしている人型の怪物が数十体出現し、その中には言葉を発する怪物も混ざっていた。 ライブ会場にいた人々は、その怪物を見ると悲鳴を上げてその場から逃げていく。人を押し退けて逃げる人、その場に蹲ってしまう人など様々である。出雲はライブ会場の外にいたためにすぐに逃げることが出来た。出雲がライブ会場の側に交差点に逃げた時、一台の黒塗りのトラックが猛スピードで到着する。黒塗りのトラックから出て来た少女は一振りの刀を手にして怪物と対峙をし始めた。出雲と少女が出会った時、出雲の運命が動き出す。 他サイト様にも投稿をしています。

    読了目安時間:57分

    この作品を読む

  • 世界の終わり、そしてはじまり。

    伝えたいことがあります

    500

    0


    2021年1月11日更新

    はじめまして。nonです。 小説の書き方は知りませんが、 伝えたい物語があります。 話をまとめたく、 お力いただけますと幸いです。 ご指導ご鞭撻のほど、 よろしくお願い申し上げます。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 徒然なるままに

    思いに浮かんだ どうでもいい言葉

    2,480,592

    81,652


    2020年12月31日更新

  • O DOIS MUNDOS / 二つの世界

    初めまして!初心者ですが宜しくお願いしま

    300

    0


    2020年12月28日更新

    これは二つの世界に生きる私の物語だ

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • ブレイキング・ルーズ

    この世界は残酷だ。

    1,000

    0


    2020年12月1日更新

    ──な、なに?何が起きてるの!? いつもと変わらない1日を迎えるはずだった。 暗い、とても暗い場所で。 「これ以上侵入を許すな!こいつら最近他の園も襲った──」 そんな声のあとに聞こえるのはうめき声。 影がよこぎる。 私は近くにいたまだ4歳ほどの逃げ遅れた男の子を守るように覆いかぶさり、小さくなった。 足音が近くで止まった。 息を殺し、じっとしていると上から声が降ってきた。 「驚かしてごめんね?」 優しく、温かい声に勢い良く顔を上げる。 「私は──。あなた達を助けに来た。」 そう言って手を私に向かって差し伸べた。 深く被ったフードから、赤毛が垂れる。 半分だけのぞく顔は、まだ幼い。 自分よりひと回りは年下だろうか? そんな少女が助けてくれるなんて…そう思った。 はずだった。 ──気がつけば、その少女の手を握っていた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 二十パーセントの『L』

    WORD + L = WORLD

    1,900

    0


    2020年11月26日更新

    この世界は八十パーセントの『言葉』と二十パーセントの『L』でできているらしい。 ※表紙画像はあさぎ かな(@Chocolat02_1234)さんにご提供いただきました。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む