世界

検索結果:36件

  • トハクシンク

    記憶と「主人公」、そして決意の寓話です。

    6,000

    4


    2022年6月25日更新

    町では都市伝説が流行していました。 都市伝説の内容は、「ウサギの服を着た女に関わるな」。 伝説の正体である「白の少女・トハク」は、人語を話す奇妙な「猫」と共に、町の中をさまよい歩いていました。 トハクの目的は、自分の左目を奪った「赤の少女・シンク」を見つけだす事。 一方のシンクはトハクとの接触を避ける為、町の住人に自分の力を付与していました。 住人は心の弱みをシンクに付け込まれて、狂気に陥ります。そして誕生する「可能性ノ獣」……通称「可生獣(カイジュウ)」は、トハクの行動を阻止する為に暴走していきます。 トハクは「可生獣」と戦いますが、それは町全体を巻き込む壮絶な戦闘となっていくのです。 果たして、トハクはシンクを捕まえられるのでしょうか? 「可生獣」の存在意義とは何なのでしょうか? そもそも、左目を取り戻した後には何が起こるのでしょうか? あらゆる謎を解明する為に、トハクはさまよい続けます…… 前作「自殺願望カップル」では寓話的な文章表現を重要視しましたが、本作でもそれを主流とする「おとぎ話然とした作風」を目指していきます。一話1000~1100字程です。 ローファンタジーではありますが、前作と同じく捻った作風になっておりまして、暗喩的な描写・伏線も多いです。謎を追いかける形でご愛読をいただけますと幸いです。 キーワードは「猫」「可生獣」「タップダンス」です。 僕の抱える仕事の都合上、執筆スピードが激減する可能性がございます。 投稿頻度はランダムですが、間が空きすぎないように努力します。 何卒、よろしくお願い致します。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:55分

    この作品を読む

  • 妄言の朱殷

    個性的なキャスト達の脱出譚です。

    100

    0


    2022年6月8日更新

    人っ子1人、虫1匹も居ないような閑静な集落に住まう少女、シスター。そんな彼女のいつも通りの何気ない日常。その隙間を切り裂き現れたのは、うさぎの被り物をした粗暴な男。なんとそいつは名を馳せた殺人鬼であるらしく、少女を殺そうとするが… (不定期更新となります。)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間17分

    この作品を読む

  • 愛がカタチになった世界

    書いてるうちに自分で混乱してきてしまった

    2,555

    0


    2022年5月16日更新

    ここは愛がカタチになり、目に見えるようになった世界。そんな世界はどう変わり、これからどうなっていくのだろうか。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 灰色世界と空っぽの僕ら

    人間に限りなく近い“彼ら”の足掻き

    6,600

    0


    2022年5月16日更新

    この世界には光がなかった。比喩的な表現ではない。 かつて世界中を照らしたという“太陽”がなかった。 かつて夜を彩ったという“月”が、“星”がなかった。 この世界には命がなかった。 動物が、虫が、自然が生きることは許されなくなった。 かつて世界中を支配したという人間はその姿を維持できなくなった。 ※※※※※ あらゆる生命が息絶え闇に覆い尽くされた世界……通称“灰色世界”では、人間を模して造られた存在である“ホロウ”が生活を送っていた。 そんなホロウの1体である青年シヅキはある日、昔馴染みのソヨから新たなホロウの迎えを頼まれる。群衆でごった返した船着場でシヅキが出会ったのは、白銀の髪が印象的な女性、トウカだった。 何気ないはずだった彼女との出会いは、惰性で日々を送っていたシヅキの未来を大きく動かす。彼だけではない。灰色に染まりきった世界すら巻き込んでーー

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間31分

    この作品を読む

  • 世界の中心を探す旅――それがあったとして

    世界のパワーバランスについての私見です。

    7,200

    0


    2022年5月7日更新

    日本在住の一般人が知る限りの情報に基づいた現代社会についてのエッセイ

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 言葉足らずの詞たち

    詞とも呼べないくらい短い言葉たち。

    8,300

    21


    2022年5月1日更新

    ふと、浮かんだ言葉たち。 何かがあなたに届けばいい。 補足やそれに対する思いなどは、あとがきか後日に投稿する予定です。 不定期投稿です。 今まで、投稿したお話の中の人からのメッセージもあったりします。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 欠けら

    バラバラのピースが集まれば一枚の絵になる

    200

    2


    2022年4月1日更新

    生まれた時から喜怒哀楽といった感情を持ち合わせていない少年。陽太が両親に連れられて訪れたのは一つの施設だった。ついに親に見捨てられたのだと思った少年はこの施設での生活を受け入れる。そこで出会ったのは自分と同じ何かが欠けた個性豊かな少年少女達だった。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 無念無想

    自分の心に、知らないヤツがいる。

    1,800

    0


    2022年2月26日更新

    人の心を理解できるスーパーコンピュータ『FUGO』の発明によって人の心象風景にアクセスすることが可能になった時代。 外で大勢と遊ぶよりは一人で静かに過ごすことが好きな少年・悟(さとる)は毎日のように自身の精神世界に没入していた。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 初めて知る世界を選び、愛そう。

    未来から別次元へ、世界すら選んで愛す答え

    11,000

    120


    2022年2月4日更新

    星錬暦3858年。 現在の地球では、統一された国は『一つ』しか存在しない。 『星錬帝国』のみしかないのが現状でもある。 また全てから、勝ち残った唯一の帝国でもあった。 現在、それを全て纏めるのは『帝王』の『龍星』18歳。 また、『総帥』である『妖華』18歳。 二人は『二卵性の双子』であり『この世界』全ての権力者でもある。 龍星は随分前から、妖華をだった。 妹でもあるが、もう親愛と異なる事。 『愛してる事』にだった… けれど、もうお互い18歳にもなるにも関わらず… 妖華は『恋』すらしない。 更に妖華の場合、『能力』が強過ぎるのも大きく出た事もあった。 他の『異性への愛情』は全く興味すら出さないまま… 妖華が唯一、出すのは双子の龍星に対する『肉親への親愛』だけ。 確かに『愛情』ではあるが『異性への愛』を知る気配すらない妖華。 そんな中で初めて妖華は出会った! 『別次元』に居た、自分より強い相手を… 初めて知った『感情』もだった。 判らない中で別次元の世界に居た者へと興味を初めて出す。 けれど龍星も気付いた。 そして妖華を一切、離す気もない。 更に龍星は、その相手が誰でも同じ『理由』すらある… それを妖華に気付かせるべきでもない。 それだけは許せない。 だが、知らない妖華も初めてだった。 その相手が言う事で知る『感情』に戸惑いながらも… 何が正しいのが、何かも全て判らず、知ろうとする。 妖華は殆どの感情が『欠落』している事でもあった。 それも気付いていない中で知り変わっていくが… 徐々にと妖華の『感情』が出始める事に、すぐ龍星も動き出した。 その妖華の出す答え… 『世界』すらも選ぶ選択を決める事になった。 それは時間や次元、世界すら変わる選択にと。 新たに、また様々な事を知っていく中でだった。 初めて知る愛も、世界も、全て知らないからこそ出す『感情』を。 妖華の『心』が知っていく事で変わる。 そんな妖華が選び出した答え。 『愛する者が居ても、笑えないなら、意味がない。』 『この世界すら愛そう。』 未来型恋愛ファンタジーを。 ※素敵なイラストはマイナー様に作成して頂いたものです。

    読了目安時間:14時間57分

    この作品を読む

  • O DOIS MUNDOS / 二つの世界

    初めまして!初心者ですが宜しくお願いしま

    400

    0


    2022年1月30日更新

    これは二つの世界に生きる私の物語だ

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 魔術的詩集

    一編の詩に神は宿っている

    41,100

    625


    2022年1月17日更新

    詩人は簡単に言葉を信じない なぜなら芸術こそが真の言葉だと 信じて疑わないからである

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • ミキシングは零時過ぎ

    終わりがないのが終わり

    0

    0


    2022年1月7日更新

    ――やってみる価値は大いにある? ――やってみるリスクは大きすぎる? 低温純文。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • バトンを渡すときがきた

    僕の思いついた感想を日記的に書いてます

    400

    0


    2021年10月20日更新

    あらすじを書くほどのものではない。 感想くれたら嬉しいですけど、もちろん。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • ロマ 〜幻想の檻〜

    終わらない世界に果てはあるのか

    200

    0


    2021年7月13日更新

  • ロマ 〜永遠の春〜

    果ての魔女のため息

    100

    0


    2021年6月25日更新

    光と花の精霊の恋に、永遠の春が訪れる

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 勇者はただただ塔を積む

    魔王を倒した。世界は滅んだ。だから――

    500

    0


    2021年6月20日更新

    ……その後どうなったかって? 知らない、だから塔を積んでいる。 異世界ファンタジー系低温純文。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 山椒の国の青虫

    広い広い虫の世界

    200

    0


    2021年6月4日更新

    青虫はてんとう虫の壮大な夢物語にため息をついた

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 黒く染まる世界

    黒く染まる世界で生きている。

    800

    0


    2021年4月24日更新

    僕は人間にもロボットにも満たない半端者だ。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 時間とお金

     時間とお金は、切っても切れない関係だ

    0

    0


    2021年4月22日更新

    時間があるのが幸せなのか? お金があるのが幸せなのか?

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • カナリア

    たかが世界に終わりが来たくらいで

    0

    0


    2021年3月24日更新

    終わりゆく世界で、カナリアと出会う静かな時間。 イメージ曲:カナリア / ReoNa ※この作品はTwitter(@ojitw)・カクヨム・アルファポリス・小説家になろう・ステキブンゲイ・エブリスタ・ノベルアップ+・Novelism・pixiv等に掲載しています。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • この狭い世界で、ただ小さく

    青春は爆発しろ。

    1,100

    0


    2021年2月9日更新

    主人公の少年・ユウは、戦時中に町の地下に軍が用意していた自爆装置のありかを示す地図を偶然発見する。 それぞれに悩みを抱える幼馴染のシュン、ハルキ、ツバサにユウは提案した。 『俺達で、この町をぶっ壊そうぜ』

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 聖戦の楽園

    世界が君を追い詰めようとも、必ず君を助け

    100

    0


    2021年1月26日更新

    太陽の光が眩しい早朝。高等学校1年生の黒羽出雲は窓から降り注ぐ光によって目が覚めた。その日は出雲が楽しみにしていた音楽グループのライブ当日であったため、気持ちが高揚しているようである。出雲はライブ会場に到着をすると、突然巨大な地震と思える揺れが発生してしまう。ライブ会場にいた出雲を含めた人々は揺れの激しさから立っていられず、地面に手をついて揺れが収まるのを待つことにした。 突然発生した揺れが数十分間続き、周囲の建物の外壁が崩れる程の揺れが収まるとライブ会場から見える空の空間が割れた。その空間からは異形な姿をしている人型の怪物が数十体出現し、その中には言葉を発する怪物も混ざっていた。 ライブ会場にいた人々は、その怪物を見ると悲鳴を上げてその場から逃げていく。人を押し退けて逃げる人、その場に蹲ってしまう人など様々である。出雲はライブ会場の外にいたためにすぐに逃げることが出来た。出雲がライブ会場の側に交差点に逃げた時、一台の黒塗りのトラックが猛スピードで到着する。黒塗りのトラックから出て来た少女は一振りの刀を手にして怪物と対峙をし始めた。出雲と少女が出会った時、出雲の運命が動き出す。 他サイト様にも投稿をしています。

    読了目安時間:57分

    この作品を読む

  • 世界の終わり、そしてはじまり。

    伝えたいことがあります

    500

    0


    2021年1月11日更新

    はじめまして。nonです。 小説の書き方は知りませんが、 伝えたい物語があります。 話をまとめたく、 お力いただけますと幸いです。 ご指導ご鞭撻のほど、 よろしくお願い申し上げます。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 徒然なるままに

    思いに浮かんだ どうでもいい言葉

    2,483,692

    81,652


    2020年12月31日更新

  • ブレイキング・ルーズ

    この世界は残酷だ。

    1,000

    0


    2020年12月1日更新

    ──な、なに?何が起きてるの!? いつもと変わらない1日を迎えるはずだった。 暗い、とても暗い場所で。 「これ以上侵入を許すな!こいつら最近他の園も襲った──」 そんな声のあとに聞こえるのはうめき声。 影がよこぎる。 私は近くにいたまだ4歳ほどの逃げ遅れた男の子を守るように覆いかぶさり、小さくなった。 足音が近くで止まった。 息を殺し、じっとしていると上から声が降ってきた。 「驚かしてごめんね?」 優しく、温かい声に勢い良く顔を上げる。 「私は──。あなた達を助けに来た。」 そう言って手を私に向かって差し伸べた。 深く被ったフードから、赤毛が垂れる。 半分だけのぞく顔は、まだ幼い。 自分よりひと回りは年下だろうか? そんな少女が助けてくれるなんて…そう思った。 はずだった。 ──気がつけば、その少女の手を握っていた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 二十パーセントの『L』

    WORD + L = WORLD

    2,900

    0


    2020年11月26日更新

    この世界は八十パーセントの『言葉』と二十パーセントの『L』でできているらしい。 ※表紙画像はあさぎ かな(@Chocolat02_1234)さんにご提供いただきました。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 世界の涙

    少年と空ーーふと考えるキッカケになればと

    3,700

    0


    2020年10月29日更新

    少年の生きる世界は、狭く、灰色に覆われた空の下 今日も少年は言います 「今日も世界が泣いている」

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 名も無きヒーロー

    それは、こういう時代の正義のおはなし。

    200

    0


    2020年10月11日更新

    今日もどこかで、ヒーローが生まれる。 そして、みんなで力を合わせて戦う。 わるものを退治する為に。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • タスウケツ ~善悪の化け物~

    歌詞調にしてあります。お好きなリズムで♪

    1,700

    0


    2020年7月6日更新

    この世界のいろんな物事は、表の世界と裏の世界があって 正しいとされる行いも、情報規制や歴史の改編で、捻じ曲げられた事だったりします。 アイヒマン問題ではないですが、 正しいと、すべきと思った事が、知らない誰かを傷づけているかもしれない。 それを私たちは忘れちゃいけない。 そんなちっぽけな思いから作った作品です。 ――――――――――――――― ※今回は素人ながら、歌詞調にしてみました。お好きな曲に合わせて、お好きなリズムで読んで下さいませ。 ※それと、ショートです! ※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体名等とは一切関係御座いません。 ※無断転載・転用禁止 お時間御座いましたら、スキマ時間などにご覧いただければ幸いです。 プロフィールのリンクから、以下のサイトに移動できますので、もし宜しければご覧くださいませ♡ 《はなのまつり 各投稿・告知先一覧》 ・小説家になろう ・ノベルバ ・ノベルアップ+ ・アルファポリス ・カクヨム ・エブリスタ ・Youtube ・Twitter ・Instagram 《各投稿先リンクサイト&SNS》 https://linktr.ee/hanano_matsuri ・Twitter(@Hanano_Matsuri) https://twitter.com/Hanano_Matsuri ・Instagram https://www.instagram.com/hananomatsuri/ ・Youtube https://www.youtube.com/channel/UC4DzmYh-0YImxDE0zvKrNkg/

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 幸せな国の少女

    幸せって何だろう?

    1,500

    0


    2020年6月26日更新

    正しさって何だろう、幸せって何だろう。 今の近代化社会で、タダでさえ満たされているはずなのに、足りないと叫ぶ人々。 その際限のない欲望の果てに、我々はどこに行きつくのだろう。 ――――――――――――――――― 最近色々なことを知る機会があって、世界一幸せな国と、私たちの住む国の違いって何だろうって考えたときに、思ったことを書きました。 私たちは多くを求め、知って、比較し、追及する。それを繰り返す中で、妥協というかなんというか、今あるものにもっと感謝しなきゃいけないんじゃないかなと思います。 簡単なことじゃないけれど、目の前の事象をどう認識するかで、きっと私たちも幸せになれる。そう信じたいですね! ※超ショートショートです! ※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体名等とは一切関係御座いません。 ※無断転載・転用禁止 お時間御座いましたら、スキマ時間などにご覧いただければ幸いです。 プロフィールのリンクから、以下のサイトに移動できますので、もし宜しければご覧くださいませ♡ 《はなのまつり 各投稿・告知先一覧》 ・小説家になろう ・ノベルバ ・ノベルアップ+ ・アルファポリス ・カクヨム ・エブリスタ ・Youtube ・Twitter ・Instagram 《各投稿先リンクサイト&SNS》 https://linktr.ee/hanano_matsuri ・Twitter(@Hanano_Matsuri) https://twitter.com/Hanano_Matsuri ・Instagram https://www.instagram.com/hananomatsuri/ ・Youtube https://www.youtube.com/channel/UC4DzmYh-0YImxDE0zvKrNkg/

    読了目安時間:1分

    この作品を読む