両片思い

検索結果:40件

  • ふたつ名の令嬢と龍の託宣 ~魔王な婚約者の庇護のもと、残念なりに異形を祓っていこうと思います~

    焦れまくりの異世界オカルトラブ♡

    38,600

    112


    2021年7月23日更新

    「このまま家には帰さない。覚悟はいいな?」 気づいたら異世界の令嬢でした! 何もないところで転ぶようなドジな伯爵令嬢・リーゼロッテは、領地のお屋敷に閉じこもりで引きこもりな深窓の令嬢生活を送っていた。 使用人たちから『妖精姫』と慕われる一方、リーゼロッテは『悪魔の令嬢』と噂され!? 日本で生まれ育った知識がありながら、チートなんてみじんも発生する様子もなく、自由度ゼロの毎日に、脳内突っ込みをいれつつ過ごしていたけれど……。 リーゼロッテが十四歳のある日、王城からお茶会の招待状が。 王妃様主催のお茶会だけど、その実、女嫌いの王太子殿下のお見合い大会。 そこには会いたくない婚約者がいたから、さぁたいへん! 待ってましたのラノベっぽい展開に、退屈な日々が変わりそうな予感です? 【チート×伏線スクランブル! 異色の異世界オカルト・ラブコメディー参上です!】 ※ふたつ名の令嬢と龍の託宣【 全年齢版】毎週金曜更新中 ※じれじれを楽しみたい乙女のための物語♡ ※少女漫画いけちゃう殿方にもおすすめです! ※小説家になろうグループムーンライトノベルズ【R18】で第5章先行投稿中♪ ※ 11月くらいまで予約投稿してあります。闘病中のため反応鈍かったらすみません

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:19時間34分

    この作品を読む

  • 私色の花火で染め上げてあげる

    諦めなくて良かった。

    600

    0


    2021年7月18日更新

    群衆が苦手な引っ込み思案な女の子の目に止まった、サプライズ花火大会のチラシ……。 諦めることが当たり前になっていた彼女に対して、彼がとった行動は――。 夏の5題小説マラソン 参加作品 (君がいるから呼吸ができる スピンオフですが単独でも楽しめます)

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 記憶に上がる花火はバニラの味を舌の奥に残す

    飲むアイスが溶けるまで

    18,520

    30


    2021年7月18日更新

    ヒュ、と空気を切る音 光が消えて、一瞬の静寂 パ、と光の花が咲いて 耳を劈く音が鳴る 音と共に思い出すのは 私を笑顔にしたいと言った君。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 僕がいない秘密基地

    君との冒険はまだまだ始まったばかり

    1,700

    0


    2021年7月11日更新

    夏の5題小説マラソン参加作品 テーマ「秘密基地」 あの子と幼馴染が体験したあの夏の「秘密基地」 その当時を一緒に過ごしてみたいと一瞬でも思ってしまった俺のワガママが消えなくて。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 人でナシ

    我等人に有らず、人でナシに御座います

    105,450

    1,510


    2021年7月10日更新

    天界。そこには神と呼ばれる存在とその神に愛された一部の生き物が住んでいる。 だが、一方ではその天界の監獄、通称『天獄』という人の世界で人に危害を加えた者、災いをもたらした者が己の罪を償う為に気の遠くなる時間を過ごしていた。 神とは何か、人とは何か、そして人でナイ化け物とは何か・・・ それぞれの思いを胸に秘めて、今日も人でナシの一日が始まる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間21分

    この作品を読む

  • 陰キャ兼天才マジシャンの少年、隣の席の元気っ子美少女に懐かれてしまう

    屋上で2人きりのマジックショーを!

    188,900

    770


    2021年5月30日更新

    藍野隼也《あいの しゅんや》は陰キャで人見知りの少年である。けれどそんな藍野には『マジック』という、誰にも負けない特技を持っていた。 藍野はその持ち前の器用さと発想力で『超天才マジシャン少年』と呼ばれる程の実力者に上り詰めるのだったが……とある事件がきっかけで、人前でマジックを披露しなくなってしまった。 ……それから数年後。高校生になって更に陰キャを拗らせてしまった藍野は、誰に見せるわけでもなく授業中にこっそりコインをイジって遊んでいた。 そんな時……隣の席の元気っ子美少女、雨宮陽菜乃《あまみや ひなの》と目が合ってしまう。 その時は特に気していなかった藍野だったが……何故かそれ以来すっかりと懐かれてしまい、毎日話しかけてきたり、藍野にしか伝わらないような暗号を黒板に書いたりするようになった。 そして最終的にマジシャンであることに気付かれてしまった藍野は陽菜乃に「マジシャンであることを黙っててくれ」とお願いをする。そしたら陽菜乃は。 「いいよー! でも1人でコソコソやるくらいならさ、私にもっと見せてほしいな!」 「え?」 「マジックをだよ!」 それから放課後の屋上で藍野のマジックショーが定期的に開かれるようになって……次第に2人の距離が縮まっていき、お互いに惹かれあっていく。そんな2人の甘々青春物語。 ── マジック要素は少しだけあります。小説家になろう、カクヨムにも掲載しています。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間15分

    この作品を読む

  • 悪役道化師はトマトがお好き

    元魔法少女と元敵の再会ラブ

    51,800

    100


    2021年5月22日更新

    6年前、13歳の朱都まといは魔法少女として地球侵略集団ガベィジ・サーカスと戦い、勝利を収めていた。そんなまといの心に深く残るのは、ガベィジ・サーカス大幹部・ジョーカーこと塩川流のことである。塩川は怪人組織の中で唯一の人間だった。まといとの戦いを経て改心した塩川は、異能を使う犯罪者たちを収容する刑務所へと連行されていく。 「戻ってきたら伝えたいことがある」 その一言を残して。 時は流れて現在。19歳になったまといは、時折届く塩川からの手紙を楽しみに、日々を明るく生きていた。 ある日、ふと塩川との思い出の公園に立ち寄ったまといは、服役を終えて戻ってきた塩川と再会する。喜ぶまといだったが、塩川には何やら「大切なパートナー」がいるらしい。自分との約束は忘れてしまったのだろうかと不安になりながらも塩川邸に向かうまとい達。道中、銀行強盗に遭遇する。そこで、塩川の大切なパートナー、坂月士と出会う。まといは坂月と共に塩川邸でお茶をすることになった。大切なパートナーとは恋人ではないと聞き、まといは安堵する。坂月は塩川の刑務所時代の友人で、命を懸けて同じ任務にあたったとのことだった。三人で話すうちに、いつの間にか夕方に。結局伝えたかったことは何か聞けなかったが、また今度聞けばいいとまといは塩川に送ってもらいながら思っていた。そんな時、男友達から話しかけられ、少し話す。まといはそれを見る塩川の瞳が悲しみに満ちていくことには気づかなかった。帰り道、塩川は思い出の公園に行こうと提案する。そこでまといは思い切って伝えたかったことは何かと聞くことにしたのだが……。 元敵×元魔法少女の再会ラブ! この小説は小説家になろう、カクヨムにも掲載しております

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 舞い降りた天使 ~たとえ、明日が見えなくても~

    この気持ちをなんて呼ぶのか、僕が知るのは

    200

    0


    2021年5月2日更新

    “ 悪役令嬢と十三霊の神々 ” シリーズの読み切り短編です。 ※ この作品だけでも独立した物語として読めるように書いています。 本編で救世主になる少年と、生贄として神様に白羽の矢を立てられた少女の、優しく切ない恋の始まりの物語。 ~ この気持ちをなんて呼ぶのか、僕が知るのはずっと後。その呼び名は ~ 【絵】カゴ様

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 螺旋のきざはし

    迫害されて生きて来た少女の軌跡

    460,429

    9,300


    2021年5月2日更新

    物心ついた時からソフィアの世界は小さな集落の中の物置小屋だった。 村の人々から存在を否定され続けて十数年。 ある日、村の流行病の元凶という濡れ衣を着せられ、刃を向けられる。 無我夢中で逃亡し、“別の世界へと繋がっている”という謂れのある「奈落の滝」を落ちたソフィア。 次に彼女が目を覚ますと、そこは本当に異世界だった。 ――ソフィアの世界が色付き始める。 閉ざされた世界では触れたことも無いような人々の優しさ、色とりどりの景色、食べ物、 そして、初めて知る愛情。 これは、迫害されて生きてきた少女が数奇な運命により異世界へ渡り、ゆっくりと変化していく物語。 ------------------------------------------------------ ※「きざはし」とは「階段」の事です。 主人公のソフィアが螺旋階段を登る様なイメージでタイトルをつけました。 ※序盤はソフィアが外の世界を知る事がメインの為、恋愛要素は薄いです。 ただ、回を追うに従って間違いなく恋愛があります! 恋愛要素が苦手な方はご注意ください。 逆に、恋愛要素が好き! という方はお楽しみください(#^.^#) ※自作の挿絵が入っています(【挿絵あり】表示) また、2019年11月21日にラフ絵も追加しました(「★」表示)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25時間42分

    この作品を読む

  • 婚約破棄した転生聖女は、異世界で初恋の騎士と恋に落ちる

    幼馴染みのふたりが異世界で結ばれる!

    700

    0


    2021年4月27日更新

    お互いが幼馴染で初恋の相手だと知らないうちに、劇的な再会を果たしたはずのリンとトオルであったが…… 残酷な運命は、ふたりの『心』を中世西洋風異世界へ飛ばしてしまう。 異世界転移したリンは、少女の頃に婚約破棄し、修道院へ押し込まれた神に仕える美しい聖女に、 一方トオルは魔物の群れと戦い、王国を守護するたくましい騎士となってしまう。 果たして!幼馴染みのふたりは再び巡り会い、記憶の底に埋もれた淡い初恋を成就させる事が出来るのか? ※相坂リン視点、大門寺トオル視点、交互に物語が進行します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間38分

    この作品を読む

  • テレパシーの両片思い~俺と幼馴染のあいつはお互いの心が読めるけど絶対に告白しない~

    両片思いの甘さとじれったさを煮詰めてみる

    93,600

    9,270


    2020年12月30日更新

    「もうっ、さっきから人のことをかわいい、かわいいって何なのっ?」 「……っ。それは口に出して言ってないだろ?」 「伝わってくるんだから仕方ないでしょ」 同い年で幼馴染同士の中野陽大と花棚亜月はテレパシーのような力でお互いが考えていることが分かる。だから互いに互いが好きなことを知っているのだが、どちらも告白をしようとはせず付き合ってはいない。 そんな2人は高校に入学するあたってルールを決めた。 ――お互いに心を読み合っても、実際に口に出さないものは知らなかったことにする。 円滑な高校生活を送るために決めたルールだったのだけれど、頭の中に聞こえてくる声から耳を塞ぐことはできなくて、どうしても陽大と亜月はどぎまぎしてしまう。 こうして、甘くてじれったい両片思いのラブコメが幕を開けた。 ◆◆◆は陽大視点、◇◇◇は亜月視点、◆◇◆◇は三人称視点です。 (小説家になろうとカクヨムにも投稿しています)

    読了目安時間:3時間33分

    この作品を読む

  • 革命終わった空の下

    生き返ったら全て終わっていた

    0

    0


    2020年12月30日更新

    目が醒めると勇者に斃されてから「百年くらい」が経っていた。 山で一人暮らす不老不死の人間の前に現れたのは、かつて魔物対人間の戦争の首謀者となった「魔王」だった。しかし復活したものはいいものの、今はとうに戦争は終わり、魔物と人間たちは平和に暮らす「魔王が必要とされていない」世の中。魔王が不要となった世界で、彼はどう生きていくのか。そして魔王を治療する奇妙な不老不死の人間との行末は如何に。 【生き返ったら全部終わってた魔王と、終わりを失った不老不死の物語】

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む

  • 【両片思い】で【三角関係】!? 幼馴染との約束を想うボクが、なぜか学園一の美少女なお嬢様と同棲することになった。

    両片思い+幼馴染+イチャラブ+甘々+お嬢

    146,900

    4,900


    2020年12月24日更新

    『ハルアキくん、大きくなったら結婚しに行くから待っててね』 『うん、ヒナちゃんが来るのをボクずっと待ってるから』 ボク――古賀春明は、幼い頃にかわした約束を今でもずっと大事に覚えていた。 いつヒナちゃんが帰って来てもいいように、それなりに頑張って生きてもきた。 そんなボクの前にある日突然、鴻池陽菜(こうのいけ・はるな)というお嬢さまが現れ、なぜか1か月間『お試しお付き合い』をすることに――!? ヒナちゃんとの淡い初恋の「思い出」と、陽菜と過ごす楽しい「今」に揺れるボクは、1か月後どんな選択をしているのだろうか――。 ーーーーーーーーー 「ハルアキくん♪ お・待・た・せ♪」 お洒落な私服に着替えた陽菜がぴょこっと顔を出した。 「えっと今、陽菜はどこから入ってきたの?」 「もちろん隣の部屋からですよ?」 「隣って確か陽菜の寝室だったよね?」 「いちいち廊下に出てから行き来するのでは同棲感がないので、わたしの部屋と寝室、そしてハルアキくんの部屋をつなげてもらったんです」 「ええっ!?」 慌てて陽菜が顔を出したドアから隣の部屋を覗き込むと、 「つ、繋がってる……!?」 「どうです? これで同棲の雰囲気が上がってきませんか?」

    読了目安時間:3時間2分

    この作品を読む

  • 【BL】恋する薬のつくりかた

    【BL】鈍感ショタ×クール眼鏡ショタ

    5,000

    0


    2020年12月20日更新

    いつも図書館で分厚い本を読んでいるオト。彼は誰よりもたくさんの知識を持っている。 そんな彼に、ある日、友達のエリクが声をかける。 「ねえ、薬を作るのを手伝って」 夜の草原、鬱蒼とした森、ドラゴンの棲む洞窟。 二人は薬の材料を求めて小さな冒険を始める。 ※全年齢向け。性的な描写はありません。 ※画像は「写真AC」様「イラストAC」様からお借りしているフリー素材を加工したものです。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 余す事なく 飲み込んで

    抱きもしないのに手を差し伸べるな の続き

    4,600


    2020年12月4日更新

    BLフェア2020参加の自作 「抱きもしないのに 手を差し伸べるな」 の続編であります! 旧華族の跡取り息子、邪気眼ぱいせん。 その従兄弟である燃え尽き先生。 幼少期に特別な時間を共有した二人は、辛い別れを経て、再会した。 邪気眼中学一年生。燃え尽き高校三年生。夏休み。 という処から、今回のお話が始まりますよっと。 表紙の素敵イラストは、くら桐さん! 素敵! ありがとうございます。 (ご利用希望は、くら桐さんの「ノベ+ファン+イラスト倉」にて詳細が記載されております)

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 心なんていらない ~縛魔師の少年が蒼竜に溺愛されるまでのお話~

    和BL人外×人。執着と嫉妬の両片思い物語

    57,780

    0


    2020年11月26日更新

    「……教えてほしいもんだ。どうしてお前から『俺の物の証』である甘い香りがするのか」 国を術力で護る縛魔師の香彩は、自分の養育者であり、国に守護の『力』を齎す蒼竜、竜紅人のことを密かに想っていた。 だが想いは十八の歳になって霧散する。 竜紅人には既に想い人がいたのだ。 ある夜、香彩は一夜の思い出を求めて、竜紅人に眠り薬を飲ませて身体を繋ぐ。 それで全て終わらせて、思い出にするはずだった。 だが香彩から蒼竜のものになったという証でもある『御手付き』の甘い香りが漂い始めて……。 竜×人のじれったい和風系異世界ファンタジー。 ※両片想いの、かなりこじれたすれ違いもので、少年へのこじらせた想いを持つ竜×素直になれない少年の物語です。 ※ストーリー重視。 ※ムーンライトノベルズ、エブリスタ、アルファポリス、Fujossyに連載している作品の、いわゆる『ソフト表現』バージョンです。 ※性描写のある回は★印がついています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間29分

    この作品を読む

  • 茨の指輪をあげましょう

    縛られたのは誰なのか

    11,900

    5


    2020年11月23日更新

    聖人は直之のことを何かと理由をつけていじめているが、自分がなぜこんなことをしているのか理解できずにいた。 薬指の真っ赤な歯型が気づかせる、執着の原因のお話。 表紙画像は「簡単表紙メーカー」で作成させていただきました。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 眩暈

    【和風BL】鬼×人の両片想いのお話です

    1,400

    0


    2020年11月17日更新

    麗国国主、銀糸の髪を持つ鬼族である者。 麗国唯一、漆黒の髪色をした、はにわりである者。 お互いに想い合っているのに、今の関係が壊れるのが恐くて、踏み出せない一歩。 恵みと衰退の季節に、彼は何を思うのか……。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 見つけたのは僕でしょ?

    声をかけたのは僕からだった。

    4,700

    200


    2020年11月15日更新

    馴染みの居酒屋で見かけた彼に声をかけた主人公。仲良くなる為にたくさん話しかけ、ついに……。 BLフェア2020参加用。二作目。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 【BL】好きだけど踏み出せない

    俺の思いに気づいて、ぐちゃぐちゃになれ。

    1,600

    0


    2020年11月13日更新

    二十八歳になった俺は、高校の同窓会に参加した。帰り道、ずっと好きだった浅田と駅まで歩いた。浅田は、安定した俺との関係をぶっ壊すようなひとことを放つ。 しかし結局、俺たちは踏み出せない。……ヘタレだな。俺も、おまえも。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む