中世ヨーロッパ

検索結果:4件

  • 暗黒の中世ヨーロッパ×医療×サスペンス!

    ♡30,000

    〇220

    ミステリー・連載中・219話・487,415字 澁澤まこと

    2020年9月28日更新

    【毎日0時更新!】 北の塔に棲んでいるのは悪魔なのだという…… ある帝国の北方にて。 異邦の血を引く少女は、領主の城でメイドとして働いていた。 しかしある日、彼女はいつもと違う仕事で『北の塔』へ行くことを命じられる。 そこで出会った『悪魔』の気紛れで、以降彼の側仕えをすることとなった。 『悪魔』の名はヨハン=アルブレヒト、その残虐さを咎められ、城主イェーガー方伯によって幽閉された次男であった。 彼は少女に魔女『ヘカテー』の名を与え、自分が『悪魔』と呼ばれる真の意味を教える。 世の革新を願う『悪魔』ヨハンと、彼に感化され手助けを始めるヘカテー。 二人の前に立ち塞がるものは…… 12世紀ルネッサンス前夜の中世ヨーロッパを舞台に、医学と陰謀が交錯するゴシック・サスペンス! 耽美にして時に残酷な、知の迷宮へようこそ。

  • タイムトラベル系サイコホラー百合!

    ♡1,200

    〇70

    ホラー・完結済・1話・2,410字 まり雪

    2020年9月17日更新

    直接的な描写はありませんが、グロが苦手な方はお気を付けください。 Twitterの方でちょっとだけ裏設定語ってます。

  • 俺の尻をなめやがれ!最強の鉄腕騎士誕生す

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・完結済・50話・206,363字 名月明

    2019年11月30日更新

    舞台は、16世紀初め――宗教改革の嵐が吹き荒れる前夜のドイツ。 慈悲も救いも一切ない、暴力と迫害の闇が世界を覆った乱世である。 主人公のゲッツは、誇り高き帝国騎士の子として生まれたが、その喧嘩っ早い性格が災いして主君の元を去り、盗賊騎士タラカーの一味とつるんで諸侯や騎士相手に私闘<フェーデ>に明け暮れる日々を過ごしていた。 そんなある日、ゲッツは、私闘<フェーデ>に巻き込まれていたドロテーアという少女にひと目惚れして、彼女を助ける。その出会いが、おのれの誇りと愛をかけたゲッツの戦いの始まりだった。 ランツフートの戦場でゲッツを襲う、人生最大の衝撃。そして、絶望との闘い。 ゲッツは、かつてない試練を乗り越え、再び戦場に立つことができるのか? これは、「鉄腕ゲッツ」とあだ名されて人々に恐れられた、ある戦士の再生の物語である! ※1:ゲッツは史実の人物ですが、一部この小説オリジナルの設定(おもに父親のキリアン関連)もありますので、ご了承ください。 ※2:「鉄腕ゲッツ」という人物を描くうえで、人体の欠損表現などがどうしても出て来ます。ですから、それをご了承いただいたうえで読んでください。 ※3:下ネタ(および暴力的なセリフ)がたまに飛び交うのでそれが苦手な方、主人公ゲッツの巨乳趣味と相いれない方はご注意ください。 なにせ、ゲッツの有名な言葉が、「俺の尻をなめやがれ!」とお下品なので……。

  • 16世紀パリ―この街には魔女が隠れている

    ♡23,200

    〇0

    歴史/時代・完結済・41話・132,686字 名月明

    2019年11月14日更新

    第7回角川春樹小説賞一次選考通過&第26回電撃大賞二次選考通過作品 ガスコーニュの田舎貴族の次男ファンはパリに上京し、聖バルブ学院の学生となった。パリのどこかにいる、父トマによって生まれてすぐに捨てられた姉を捜すことがファンの目的だった。姉は、母カトリーヌがジルダという悪魔の医者によって妊娠させられて産んだ不義の子で、生まれながらにして恐ろしい魔力を持っていたため、捨てられたのである。 学生生活をしつつ姉を捜す中で、ファンは、本屋のジャネット、娼婦のリリー、修道女のソフィーが自分の姉である確率が高いことを知る。 一方、聖バルブ学院とモンテーギュ学院の学生同士の対立が激化し、放火魔騒ぎも多発して、学生の街のカルチェ・ラタンは物騒になっていく。ファンは、聖バルブ学院の学生がモンテーギュ学院に放火をしたという疑いをかけられたことから、グベア博士に放火魔の捜査を依頼されるが……。 ※カクヨム、小説家になろう、エブリスタなどでも掲載中。 ※毎朝7時30分に更新予定です。