乙女チック原作コン

検索結果:177件

  • 幽冥月下の婚礼

    それは冥月のもとで交わされる魂の契り

    99,600

    0


    2021年9月20日更新

    あなたは幸せな人間だと思いますか? それとも不幸な人間? 今まで生きてきた人生の中で、どれほどの〝不幸〟を享受すれば幸せになれると思う? 人生の岐路に立つ度に、不幸の道を歩んできた私――四季みことは今日も一人で自分の生き方について嘆き思い悩んでいた。 自分のことを不幸体質な人間だと自覚しながら、それを変えることのできない意気地なしな自分。そんな生活に悩みながら過ごしていたある日、みことはたまたま目に付いた『願いを叶える心霊スポット』に足を向ける。 全てが嫌になり自暴自棄に落ちかけたみことだったが、その時偶然通りかかった男が交通事故に巻き込まれそうになるのを目撃する。 咄嗟に男を助けようと襲う痛みを覚悟したみことだったが――その時間は訪れることなく、恐る恐る目を開けると其処は見知らぬ場所。そして、みことが助けようとした男がいた。 「おまえは〝幽冥(ゆうめい)の月〟に見初められたのだ」 それは『冥婚』という名のもとに行われる、『魂の契り』。 ある理由から自分の〝メ〟を捜していたという男からの突然の求婚に戸惑い拒絶をするみことだったが、そんなみことに対して男は婚礼の意義を説き、必ず振り向かせることを約束する。 自分自身を許し、愛されることで得られる幸せもあるのだと説く男――冥一郎。 言葉はぎこちなく、行動は不器用。なのに――向けられる〝感情〟はただただ、優しい冥一郎に対し、初めはその言葉を信じられず疑心暗鬼に陥っていたみこと。 言葉だけでなく行動を以て示す冥一郎に対し、すれ違いながらも次第に心を寄せ合い互いに惹かれるようになる――。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む

  • 虐げられた少女は愛を歌ってドラゴンの番となる。

    愛を歌うと出逢える、和風ファンタジー。

    2,198

    0


    2021年9月18日更新

    美愛(ミエ)は、虐げられていた。継母と異母妹と、無関心な父によって。 長年虐げられて、美愛は笑うことも、泣くことさえもなくなり、人形のようになっていた。 ある日、異母妹に『愛の歌』を歌えと命じられる。逆らうことなく、ただ歌う。 すると、現れたのは、炎の支配者であるドラゴンだった。 「俺への愛を歌うのは、そなたか?」 ドラゴンは、美愛を連れ去るのだった。

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

  • 酸いも甘いも噛み分けて

    恋が仕事の支障にならないけど、予定はない

    3,000

    100


    2021年9月7日更新

    育った環境が微妙過ぎるため、恋愛方面には全く関心がない、自称他称《フリーズドライ女》の沙織。所属部署では紅一点という事も相まって、サクサクサバサバした仕事中心生活を満喫中。それに全く不満はなかったものの、最近の心のオアシスだったジョニーの来訪が遠ざかり、少々内心が荒んだ状態で飲みに行った先で思わぬ醜態を晒す事態に。心の広いできた上司には笑って許して貰えたものの、何故かそれ以降、その上司に何かと構われる羽目になった上、お互いのとんでもない秘密を暴露しあう結果になってしまう。 更に己のダメンズ好き疑惑が勃発すると同時に、元カレからのストーキング対策として社長令息である上司の家に居候する展開に。そこで妙に社長夫婦に気に入られ、沙織は上司との仲を温かく見守られる態勢になってしまい、更に困惑を深めることとなる。そしてなんとか無事に元カレを排除できたものの、その事がきっかけで社内の人間とは付き合わないと公言している上司との距離が、妙に近くなってきて……。 なし崩し的に始まった二人の交際だったが、紆余曲折を経て結婚を意識する間柄にはなったものの、沙織にはどうしても譲れない一線が。それをクリアするために互いの家族の同意を得て極秘事実婚生活に突入することとなる。しかしそれからは、それまで以上に波乱万丈の生活が待っていた。 色々あって恋愛不感症気味の沙織と妙な所で押しが弱い友之との、結婚に至るあれこれやと極秘結婚後の紆余曲折ストーリー。【夢見る頃を過ぎても】のスピンオフで、「カクヨム」からの転載作品です。

    読了目安時間:20時間37分

    この作品を読む

  • キスから始める政略結婚

    政略結婚した二人のラブストーリーです

    1,600

    20


    2021年8月30日更新

    北條尊、27歳。イケメン若社長なんてもてはやされてはいるが、仕事も認めてもらうためには利用できるものは何だって使う。努力家ゆえに自分への絶対的自信があるが、同時に家柄と優れた容姿に群がる人間に囲まれ周囲を見下してきたきらいがあり、自分自身を真っ直ぐ見つめて愛してくれる相手を求めている。 二階堂葵、23歳。美人で仕事も出来るが性格はキツい。更なる高みを目指すためには自分を売ることだって厭わない。誰しもが知っているホテルチェーンである二階堂グループ会長の孫娘だが、生まれながらに後継者として育ったわけではない為その立ち位置を確立させるべく奮闘中。恋愛を疎かにしてきたことによる経験不足を密かに気にしている所がある。 そんな二人に突如舞い込んできた政略結婚の話。利害は一致するが性格は不一致で――――? 見切り発車で結婚した二人が日々の暮らしや出来事の中で互いのことを少しずつ理解していき、次第に惹かれ合っていく……ハズだったが、早々に相手に惚れた尊に対して葵はなかなか好意を示さないし、嫌いじゃない態度を取っても恋愛感情が絡んでいるのかどうかは明らかにしない。結婚しているのに尊の片想いのような状態で、かつて自分がしてきた適当な恋愛の相手がどんな気持ちでいたのか身をもって実感する。葵を陥落することを目指し、試行錯誤を重ねていく。 コメディもシリアスも織り込んだ恋愛小説です。 大人同士の結婚生活を描く物語につきそれなりのシーンもありますのでご了承下さい。 また、実在の人物や団体などとは関係ありません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間42分

    この作品を読む

  • 巡愛〜お試しからはじまる運命の結婚

    ゼロから始まる結婚生活はドキドキの連続

    7,500

    0


    2021年8月29日更新

    主人公の秋乃井すすきはひょんなことから謎のイケメン葛葉葵と知り合う。親切な彼に感謝するも、なぜかお嫁さんになってほしいと言われ、気付けばお試し結婚生活をすることに。はたして彼は何者なのか。主人公を取り巻く因縁と恋の物語。 ※乙女チック原作コン応募作品

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間57分

    この作品を読む

  • 満月の夜に【貴方の愛するあの人の六万円のイラスト追加】

    恋愛漫画原作コンにエントリーしてます。

    6,400

    50


    2021年8月22日更新

    引きこもり児童のとももは高校最後の年も、学級委員の差し入れてくれるノートだけで、まん中くらいのテストの点で出席を誤魔化していた。母が夜間パートと父が遠方に出張中だから、バレずになんとかやってきた。ところが、ある日学級委員が黒猫の子猫を押しつけてきた。里親が見つかるまでと費用は学級委員持ちで、とももは悪戦苦闘しながらも子猫の家族になってゆく。お別れが寂しいねと話していたら、ある満月の夜に「次の満月の晩、最初で最後の結婚」をしようと、子猫ごろにゃぁから生えた男の人の生きす魂に申込まれる。さあどうする?対人恐怖症の、ともも。人間のごろにゃぁと最初で最後の契りをするのか?猫人のごろにゃぁとモフモフするのか? 満月の夜は近い。 そして二人の決めた最初で最後の結婚後、とももは母にごろにゃぁの事をちゃんと話し、健康寿命まで責任もって飼いたいとねだる。母はとももには引きこもりのとももの為に内緒で全て工作していた父から善きにと言われてたので、まんざらいい返事をしてくれた。幸せな未来しか見えないとももとあたたかい家族と学級委員に、とももの引きこもりは長い時間をかければ治るかもしれない?と誰もが思ったその時、とももに何かがおこり、メロウなエンディングにならないと涙する両親。いったい、とももには何がおこったのでしょう?そしてごろにゃぁととももの行く先はどーなるどーなる。 悲痛なごろにゃぁの叫びは、とももとごろにゃぁの縁組みを最後まで保証するのか?

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • ぷくぷくぷくん【貴方の愛するあの人の六万円のイラスト追加】

    恋愛漫画原作コンにエントリーしてます。

    1,100

    5


    2021年8月22日更新

    「ぷくぷくぷくん」とは? 七緒のはつ恋は実るのか? そして…… メロウなエンディングは? 兵庫の芦屋財閥の支配下の都市で、かってバイオリンのコンサートをおこなっていた七緒はニジンスキーに捧ぐを熱演中にドレスのフォックが外れてしまう。その時、1番側の観客の小学生だろう少年に「負けるな、ぷくぷくぷくん」と謎のあだ名で励まされ、ハンカチーフを受け取った。それを上手く飾り、七緒は曲を何とか弾き終える。渡航するバイオリンの先生にジャケットを借りた七緒だが、少年を見失ってしまう。そんなハプニングに上手く対応できなかった七緒も社会人として産休の音楽教師として働き始めるその時、廊下ですれ違った綺麗な顔をした少年に「ぷくぷくぷくん」と呼ばれる。すぐに彼だとは気づかないくらい精悍な面立ちになっていたので、自信もなく逃げられてしまう。そして初めての授業で先程の彼を華やかにした様な芦屋財閥御曹司の表の智久に出会う。無事に授業を終えた七緒は智久に「ぷくぷくぷくん」の話題を質問するが大笑いされて亮一に気が向く。 それが芦屋財閥の御曹司の影の亮一との再会だった。なのに芦屋亮一は音楽の授業を全部ボイコットする。他の授業も休み休みが多いのだが、音楽の授業は全滅だった。だから「ぷくぷくぷくん」が気になる七緒は亮一のあとをつけ始める。そして彼が芦屋財閥の影と言われる演技力を身につける為に、毎日毎日、頑張ってるのを知り、七緒は亮一に好意をよせる様になる。そんな亮一がトイレで同じ作りのハンカチーフを使っていたから、七緒は賭けをする事にした。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • さようなら、べーさん【貴方の愛するあの人の六万円のイラスト追加】

    恋愛漫画原作コンにエントリーしてます。

    3,500

    0


    2021年8月22日更新

    両親や友だち未満の理子にヘルプされて、不治の病で完全に管理された環境で、どうにか生きさせてもらってきた沙夜ちゃんは肺疾患の死期の近いべーさんに出会います。これは美しい南国を走るオレンジのバスの話です。 子供を残す事が体力的に許されないべーさんと不治の病の遺伝子を後世に残して良いのだろうか?という倫理的に許されない沙代ちゃん。この「二人の結婚」を見まもるお堅い医療従事者と真面目な(笑)運転手という仲間達にもちろん照れまくる二人なのですがそこには「愛があるので」メンタル豆腐でも耐える二人のしっちゃかめっちゃかな、ラブストーリーです。特にべーさんが沙代ちゃんを口説くシーンに共感していただけたら書いた甲斐があったというモノです。おぼこい沙代ちゃんがどうやって、べーさんのモノになるか?楽しみに読んでください。 南国の目まぐるしくかわる美しい景色。たとえば、昼頃の飛び魚達がとびかう綺麗な碧色の海。夕暮れの茜いろの豪奢な調べ。満点の夜空に輝くサザンクロス座。とても素敵な環境です。 便利なセレブ用の移動バスなので、前方は救急車みたく、後方はラウンジやキャンピングカーの様にくつろいだり、自炊が出来ます。 さようならべーさんなので、沙代ちゃんはべーさんと引き裂かれる運命です。それでも、二人の体や心の中には蓄積された愛がみなぎるかの様に溢れています。さて、この二人本当にこのまま運命に引き裂かれて、良いのでしょうか?

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 都会に疲れた僕は、田舎でスローライフを望みます

    過去に傷のある人たちの恋愛物語です

    95,800

    20


    2021年8月10日更新

    咲原和樹は埼玉県のとある町で働く営業兼プログラマー。 地元神奈川県を離れて一人暮らしをしながら、日々山のような仕事をしていた。 いくらこなしても終わらない仕事は彼の体を蝕み、ある日過労で倒れてしまう。 倒れたことをきっかけに7年間勤めた会社を辞め、療養を目的として地方の米農家の住み込み手伝いに転職することを決めた。 都会を離れて群馬県の中川町へとやって来た彼を迎えたのは、子供のいない田中夫婦。 夫婦は彼を快く迎え入れ、住み込みで働く彼を実の孫のように歓迎した。 彼はその優しさとのどかな雰囲気に、都会の喧騒と前職で負った心を癒されていく。 若者離れが絶えず過疎化が進むこの町に突如越してきた彼に、隣に住む内山響歌は興味を抱く。 彼女も一時はこの田舎町を離れた身だったが、ある事情で再びこの町に戻ってきたのだった。 年も近く、狭い田舎町の隣人ということもあって、二人はすぐに仲良くなりお互いに惹かれ合っていく。 だが二人はお互いに暗い過去を引き摺ってその一歩を踏み出せずにいた。 そんなある日のこと。 彼宛てに思いがけない人物から一通の手紙が届く。 憤慨する彼に寄り添う彼女…… まるで我が身のことのように考えてくれる彼女に、彼は彼女に告白する決心をする。 だがそう上手くいかないのが世の常。 過去の呪縛を断ち切り、人生のパートナーとして歩み始めた二人の前に、予想外の人物が現れたのだった…… この作品はフィクションです。 実在する企業、団体、地名や市町村名とは関係ありません。 また物語の舞台である中川町は、架空の町名を使用しておりますことをご了承下さい。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間0分

    この作品を読む

  • 私と独身婚してくれませんか?~結婚のハードルを下げたらなぜか夫に溺愛されてます~

    あなたの独身待遇は私が守ります!

    28,500

    1,220


    2021年8月5日更新

    【あらすじ】 柚子は貧乏だが両親に愛情いっぱいに育てられた一人娘。真面目でお人好しで「体を許すのは結婚する人と!」という母親の教えを忠実に守っている身持ちの固い女。親友はそんな柚子を心配し「いい子すぎる、もっと強かで狡い女にならないと!」とアドバイスするが、柚子はなかなかどうして変われない…。 東京に上京し、学費は奨学金で生活費はアルバイトで賄って専門学校をなんとか卒業し、念願の会社に就職。社会人開始と同時に奨学金返済という借金があるスタートだが、めげることなく「働いて借金を返済するぞ!」と逞しく生きてきた柚子。だが会社が倒産。住んでいた古いアパートは取り壊され立ち退きを迫られる。しかも彼氏に助けを求めたら、なんと彼は幼馴染と浮気していて振られてしまう!?。 そんな何も持っていない「持たざる者」代表のようなナイナイづくしの柚子だが、たった一つの心の拠り所が。それは半年前に拾った猫で、花子と名付け溺愛している。 ところがある日、柚子は見知らぬイケメンセレブ男性に声をかけられる。男性は柚子が飼っている猫の元飼い主だったのだ。しかも男性は猫を返せ!と連れて行ってしまう。 『私、真面目に一生懸命生きてきたよね?何か悪いことしたかな…?神様はどこまで私から取り上げれば気がすむの…!?』唯一の心の拠り所の猫まで奪われた柚子の心は、短期間ですっかりやさぐれ柚子の中で何かがプツンと切れた。こうして、柚子は狡い女を目指すことを決意!。 愛猫とどうしても離れたくない柚子は、男性宅に乗り込み逆プロポーズをする。それは結婚に多くを望まないハードルを下げた結婚の形だった。 だが根がいい子の柚子は狡い女になろうとしても…なりきれない。その可笑しなギャップは、女性不振で猫しか愛せなかったセレブ男性を振り回し、その心を溶かす。気が付くと柚子は誰よりも溺愛される存在に!?。 【作者からお知らせ】 ★お読みくださりありがとうございます!ブクマ、スタンプ、ポイントどれも励みになっています(♡╹ω╹♡)。

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

  • ここだけの話、大聖女になりたすぎて勇者の子どもを産んでしまいました

    シークレットベビー系、聖女と勇者の結婚譚

    3,300

    0


    2021年8月2日更新

    侯爵令嬢にして聖女であるレイティア・ミルフェンには、一つの許されざる罪がある。それは、大聖女になりたいがあまり、ある男性に媚薬を盛って強引に関係を持ち、彼の子どもを身ごもってしまったということだ。 レイティアは南部地域で一番優秀な聖女として知られ、自他ともに認める次代の大聖女候補であった。その強すぎるほどに強いプライドを持って、自分の優秀さを見せつけてやろうと王都に乗り込んできた彼女を待ち受けていたのは、この世には自分よりも優秀な聖女がたくさんいるという受け入れがたい現実。それでも腐らずに必死に努力を重ね、何とか他の聖女たちを追い抜こうと頑張った。だが、南部地域ではトップの魔力量を保有していてもここではその程度の実力者はざらにいて、レイティアはいつまで経ってもその他大勢の聖女の中の一人という立場から抜け出せなかった。 そんな折だ。現任の大聖女であるエクセラが話しかけてきたのは。彼女曰く、聖女は魔力の強い男性の子どもを産めば魔力量を上げることが出来るのだという。悪魔の囁きのようなそれを、平常であったなら笑って受け流せたかもしれない。しかし、精神的に追い詰められていたレイティアは、藁をも掴む思いで彼女の言葉に縋った。 レイティアが狙いを定めたのは、王弟殿下にして水の勇者であるアルファ・リルタージュ。国内で三本の指に入る高い魔力を持つ彼は、王都暮らしに適応できずにいたレイティアを気遣ってくれた人だった。彼の優しさにつけこむようにして、レイティアは媚薬を使って彼と関係を持ち、やがてその一度の交わりで身ごもったことが分かる。だが、そこで胸の中に去来したのは喜びよりもとんでもないことをしてしまったという罪悪感だった。 妊娠を誰にも告げることなく、レイティアは王都での職を辞し、密かに実家へと戻って息子を出産した。そして、贖罪の気持ちを込めて聖女の仕事の中でも危険なものを率先して請け負うようになる。 このまま母子で静かに暮らしていこう。そう思っていたレイティアのもとに、思いも寄らない知らせが舞い込む。未婚で父の知れない子を育てている状態の自分のもとに、子連れでも構わないと縁談が来たというのだ。 しかも、その相手の名を見て驚愕する。名乗りを上げたのは、他でもないあのアルファ。戸惑いの中で再会した夜、彼はレイティアに媚薬を盛った。一体、何が起こっているの――?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • 恋愛初心者、恋をする。

    鬼上司と天然部下のこれは恋か?

    4,700

    50


    2021年7月30日更新

    就職を控えた山崎ほのかは、目を覚ます。どうやら飲みすぎたようで、記憶も曖昧だった。 あろうことか見知らぬ部屋でぱんつ一枚のみを身に着けたまま、シーツにくるまれていた。そこに追い打ちをかけるように彼女のベッドには共に見知らぬ男が眠っているのを目にする。 結婚するまで清いままでいたい! 今時そんなことを思っている彼女にしてみれば、この状況は耐え難いことであった。 ほのかには大学時代から4年間片思いの飯塚幸也がいるというのに、得体の知れない男と一夜を明かしたほのかの不運はそれだけでは終わらなかった。 記憶を無くした夜、クラブに行った先で個人情報が書かれた免許証をどこかに失くしていたようだった。ひょっとしたらあの男の家に置き忘れてきたのではないだろうかと不安になる。更には就職先で鬼のように厳しい上司、真木悠介がほのかを担当することになる。無精ひげにヨレたシャツを着た彼は、仏頂面でいちいち怒ったような口調をしている。同期からも怖がられているような存在だった。 そんな厳しい上司が入社式の日に差し出した封筒には社員証ともう一つのカード。よく見てみると、どこかで失くしたはずの免許証が真木を介して彼女の元に返ってきた。ほのかに悪夢のような記憶がよみがえると共に、醜態を晒してしまったのが自分の直属の上司だと知る。 どうして鬼のように厳しい真木と一夜を共にしてしまったのか。 最悪。最低。自分の過去よ、消え去れ。 そう思っていたのだが、不器用な真木の様々な面を見つけ、ほのかは次第に彼に惹かれていくのだった。 少し天然の山崎ほのかと、仕事の鬼である真木悠介のコメディ恋愛物語。 「小説家になろう」にて同時公開

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間21分

    この作品を読む

  • ばばあスケルトン!

    婆ちゃん、たまに消えます

    68,000

    0


    2021年7月20日更新

    早乙女(さおとめ)家には”婆さんが消える”という奇妙な噂があった。 それも行方不明や家出ではなく、煙や忍者のようにフッと消えるらしい。ただそれを見た人は1人も居なく、噂がふわふわと一人歩きをしている。 中には百鬼夜行を一人で止めたとか、鬼を封印したとか、何をどうしたらそんな話になるんだという噂まで流れ始め、早乙女家の人間といえば地元では良くも悪くもちょっとした有名人だった。 そんな早乙女家の一人娘、早乙女音々(さおとめ ねね)は今年の春に花の女子高生になった。 彼女には誰にも言えない秘密がある…

    読了目安時間:57分

    この作品を読む

  • 大正ロマンシズム 二人の恋の行方

    食いしん坊の双子の姉と内気な妹

    0

    0


    2021年7月20日更新

    大正時代 火事で生き別れた 二人の双子の姉妹 姉は伯爵のお姫様 妹は孤児院で育ち 店の使用人 それとは知らない二人だが 食いしん坊の姉の食欲を妹は満たせるか?・・じゃなくて それぞれ二人は 大きな店の若主人 華族の子爵と恋をして・・ 茶目なフランスの貿易商の二人も絡んでの甘い御話なのかも

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 【完結】お金で買われてほどかれて~社長と事務員のじれ甘婚約~

    君はこれから、僕の婚約者だから――

    12,150

    370


    2021年7月15日更新

    都雪生(みやこ ゆきな)の父が抱えた借金を肩代わり―― そんな救世主・広宮美土里(ひろみや みどり)が出した条件は、雪生との婚約だった。 お香の老舗の一人息子、美土里はどうやら両親にせっつかれ、偽りの婚約者として雪生に目をつけたらしい。 弟の氷雨(ひさめ)を守るため、条件を受け入れ、美土里が出すマッサージ店『プロタゴニスタ』で働くことになった雪生。 働いて約一年。 雪生には、人には言えぬ淫靡な夢を見ることがあった。それは、美土里と交わる夢。 意識をすることはあれど仕事をこなし、スタッフたちと接する内に、マッサージに興味も出てきたある日―― 施術を教えてもらうという名目で、美土里と一夜を共にしてしまう。 好きなのか嫌いなのか、はっきりわからないまま、雪生は偽りの立場に苦しむ。 そんなとき、美土里から偽りなき本心、淫らな夢の秘密を聞かされる。 ようやく自分の心に素直になった雪生は、美土里と無事結ばれた。 しかし、店のライバルである野々宮貴江(ののみや たかえ)と美土里の元婚約者・木場紅子(きば べにこ)に揺さぶりをかけられ、不安ばかりが雪生を襲う。 挙げ句の果てには貴江の父・野々宮専務に目をつけられ、車で後をつけられたりする始末。 だがそれも、雪生と美土里の仲を深めるだけの出来事になる。 美土里の恋人という自信を取り戻したのも束の間、今度は『プロタゴニスタ』の大切なデータを、スタッフの一人・原が消し去ってしまうという事件が起こった。 それは全て、今まで他の従業員などを買収し、邪魔をしてきた貴江の父・野々宮専務の指示だという。 激怒した美土里は野々宮専務を叩くため、美土里の父・宗一(そういち)と専務たちとの会食の中、専務が野々宮グループの金を私的流用した事実を突きつけ、彼を撃退することに成功。 雪生は宗一に『偽の婚約者』を演じていたことを謝罪する。雪生のことも調べていた宗一は雪生の謝罪を受け入れ、二人の婚約を祝福した。 そして互いの顔合わせも無事に済ませた雪生と美土里は、皆からの祝福を受けて挙式する。 強く結ばれた二人は、幸せな未来に向かって歩き出すのであった。 (この作品は別サイト・別名義で掲載しているR18小説「私の社長はインキュバスっ!?」を元に新規作成・改稿したものです)

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間10分

    この作品を読む

  • イノセントRe:Life

    『愛』って一体、何ですか?

    10,800

    300


    2021年7月11日更新

    建築業に勤める三科ゆかりと、その同居人でネット小説家の綾崎渚。 3年に渡る二人の同居生活。 結婚もそろそろ意識し始めた二人の関係は、ある日突然終わりを告げる。 突然の別れに悲嘆にくれるゆかりの前に、突如現れた『自称・神』こと冥 恋玲。 彼女はゆかりに対し、渚の『魂』を賭けた勝負を持ち掛ける。 勝利条件は__100日後に渚との婚姻届けにゆかり自身がサインをする事、のみ。 意味不明、目的不明瞭、あまりに非現実な展開に戸惑うゆかりであったが、実際に『幽霊』となった渚と引き合わされた事でなし崩し的に勝負に挑む事になる。 全ては彼の魂を救う為……だが、『敵』は本当に『神』であったのだ。 降りかかるあまたの理不尽と急変するゆかりを取り巻く環境に、ゆかりの想いは、渚の想いは、すれ違わずにいられるものなのか……? 現実と非現実が交わる恋人たちの恋愛譚__ここに開幕 ノベルアッププラス「乙女チック原作コン」投稿作品です。 この作品はフィクションです。 登場する人物、団体、場所その他は全て架空の存在です。 表題のデザインバナーは『いる』さんからいただきました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間28分

    この作品を読む

  • 遠き縁の恋人 =二人のティルピッツ= Lange Ausführung

    オムニバス・ヒストリーズより抜粋の後改良

    0

    0


    2021年7月7日更新

    本国から遥か北、トロンハイム。 そこが彼女との出会いだった。 北欧独特の白夜の訓練の後、僕は彼女と出会った。 (また何か思いつき次第書いておきます) ……さて!無謀にもラブコメなるジャンルへ殴り込みをかけたはいいものの、右往左往で御座います。何せ作者の華研えねこさんは恋愛経験が欠片も無いときたものだ!舞台は何と、1942年のドイツ海軍軍港トロンハイム!北欧で御座いますよ。北欧といえば美術当たりなど有名では御座いますが、そこはそれ、ドンパチのまっただ中。主人公は一応、若き海軍将校、アルフレート・フォン・ティルピッツとなっておりますが、本作は応募要項を考えて頂ければ解る通り、女性向けでございますから、主人公や軍人というには優男、所謂アーリア系の所謂ショタというやつでございます。一方でヒロイン、というかまあ事実上の主人公としては、同じく名前はティルピッツ、そう、戦艦ティルピッツの戦魂、向こうではクリーグ・ズィーレというそうでございますが、を基軸に移り変わる景色、なんてものを皆様にご笑味頂きたく存じ上げる次第で御座います。 さて、5月5日は7時台に挙げたるラフスケッチはご覧頂けたと思いますが、今後はこれに沿って、できるだけ話を膨らませつつ、短編枠で取ってはいますが、長編になるかも知れない鵺のような作品で御座います。そもそも、結婚がテーマだというのに何をとち狂ったか結婚するまでの足跡を書き記すという、まあ有り体に言えばそういった作品で御座います。 何にせよ、皆様方にはずずずぃっっと、ご覧頂けたらと存じ上げます。それでは、除幕ーっ!!

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • ハワイな南国か?楽園での戯れを

    南国・・・

    400

    0


    2021年7月6日更新

    ハワイ そこは南国の楽園 しかし・・

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 声だけでいいって言ってるでしょう!

    鼓膜が幸せならそれで十分なの

    9,400

    0


    2021年7月6日更新

    「私の婚約者になりなさい! 拒否権はないわ!」 日比野美嶺(みれい)は由緒ある日比野家のお嬢様。彼女は男性の低い声をこよなく愛する偏愛者、いわゆる声フェチだった。 日比野家のしきたりでは、不純異性交遊を防ぐため、十六歳を迎えた女子は速やかに婚約者を決めることとなっている。 親が選んでくるお見合い相手はどれも素晴らしい男性だったが、美嶺は声が気に食わずことごとく拒否。やっとのことお見合いに漕ぎ付けた男性側からしたら、「はじめまして」の第一声で「もう結構よ」と突き返されるのだから、たまったものではない。 外見と家柄は最高峰なのに、性格は高慢、高飛車。そのうち美嶺には『高嶺の徒花』などという浮き名まで流れ、十七歳になっても婚約者が決まらないという日比野家としては異例の事態となっていた。 そんな中、通学途中にたまたま出会ったごく普通の高校生、鏑木天真(てんま)の声に美嶺は雷に打たれたような衝撃を受ける。陰気で貧乏で天パ眼鏡といった一見良いとこなしの天真だが、美嶺はすっかりその声に惚れこみ、付きまとい、公衆の面前で何度もプロポーズをかます執着ぶり。 一方、高校でいじめを受けていた天真。始めは美嶺を迷惑に思って遠ざけていたが、彼女の自由奔放さに次第に惹かれていく。 美嶺の婚約者になると決めた天真は、自分の声以外には興味を示さない美嶺を振り向かせようとするが、日比野家の数々のしきたりが邪魔をする。結婚するまで、キスはおろか手を繋ぐことすら許されないのだ。しかも、しきたりを破ったことが本家に知れたら美嶺の婚約者としての資格を剥奪されてしまうという。 「いいこと天真。私の婚約者でいるために、しっかりと理性を保ちなさいよ?」 声だけ聴かせてくれればいいから近寄るなと言う美嶺を、しきたりの範囲内で真っ直ぐに愛し続ける天真。高飛車なようで恋愛経験ゼロのうぶな美嶺はすっかり翻弄されて、いつしか声だけでは満足できなくなっていく。 天真が結婚できる十八才になるまであと一年。先に禁を犯すのはどちらなのか!?

    読了目安時間:1時間36分

    この作品を読む

  • 兄と義妹が恋に落ちたら…

    すれ違いまくる兄と義妹のストーリー

    3,000

    0


    2021年7月5日更新

    妹ができた。とは言っても両親が第2子を授かったわけではない。 それは突然のことだった。どこにでもありそうな話で家族でドライブに行ってきた時、妹となる舞と両親を乗せた車が居眠り運転のトラックに轢かれて舞の両親は亡くなってしてしまった。舞は重症でありながらも一命を取り留めた。両親の死というショックで記憶喪失になってしまった。 そして、拓海の両親が舞の両親と仲良くしていた縁もあって生き残った舞を養子として引き取ることとなった。記憶喪失だったのが良かったのかずっとその家で育ってきたって思いこんでいる。そうして神崎舞から東郷舞となり拓海が兄になった瞬間だった。 東郷に引き取られた舞と拓海はちょっと仲が少し良すぎる兄妹で世間では通っていた。拓海は普通の兄妹がどういうものかわからなかったから距離感を間違っていたのか分からず過ごしたためだ。そうして年月は自然と過ぎていった。 本当は二人とも異性と見ていて両思いなのに兄妹という関係のせいか次々に起こす勘違い。拓海は兄妹だからって言葉で自分の思いを押し留め、舞は兄妹だもんねと思い込み諦めて進展のない関係だった。 そんなことも知らず大学生と高校生だから大丈夫だろうと家に置いて、両親は長期出張に出かけてしまう。 二人きりに家に残されてた時に事件は起きた。誰にも相談も出来ない。お兄ちゃんがもし知ったら甘やかしてくれない。そんなのヤダッと塞ぎ込んでしまう。 そんな一筋縄ではいかない二人が結婚するまでのストーリー

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間25分

    この作品を読む