事件

検索結果:69件

  • 合理的な彼女と為になるラブコメ

    世界一為になるラブコメ

    200

    0


    2022年11月30日更新

    世の中には知らない事だらけだ。 右へ倣えで皆が思うこと、そうであるべきだという姿になろうとする。 そうでない者には椅子取りゲームのように席が失われる。 だから俺も、そうであろうとした。 流行の音楽を聴いて、流行の言葉を使い、共に有ろうとする。 人間とは弱い生き物で、一人では生きていけない。 そう教わってきた。いや、そう信じ込んでいた。 しかしそうではなかったのだ。 そんな常識は非常識だと笑えるものがいる。 席がなければ自分で椅子を作る。 いや、そもそも椅子取りゲームになんか参加していないのだ。 どれだけ多くが彼女を否定しようと意味がない。 彼女には空気を読むだなんて虚無の世界は存在しない。 遠回しな話になってしまった。 率直に言おう。俺は、学園カーストから外れた存在・茜ヶ崎澪の事が好きだ

    読了目安時間:2時間30分

    この作品を読む

  • フェイクニュース

    フェイクを見破れ

    300

    5


    2022年11月21日更新

    芸能人のゴシップネタを担当する雑誌記者・風祭遊輔。 ある夜バーで酔い潰れて目を覚ますと、後ろ手を縛られて床に転がされていた。 カウンターに腰かけているのは新しくバイトで入ったバーテンダー、富樫薫。 一見好青年に見える彼は、遊輔を見下しこう言った。 「週刊リアルなんて名前のくせに載ってる記事は全然リアルじゃない。大半はフェイクだ」 嘘が結ぶ二人の意外な関係とは?

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 大好きなパパ

    パパがママをいじめてる?

    0

    0


    2022年10月9日更新

    「来週の水曜日に決行と決まった。東京タワー近くの仁久という店の裏に9時集合だ」 「あなた・・・・」 「もし何かあった場合に足が付きやすいから、これからは一切スマホを使ったやり取りは行われない。何か連絡がある場合は山崎か、その連れが直接ここに来る。俺がいない時は代わりに話を聞いておいてくれ」

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 僕は悪くないです。

    自分は悪くないと証明したかった少年の話

    600

    0


    2022年10月6日更新

    「いじめられるほうが悪いってはっきり口にしたんですよ、あの教師は」 いじめっこを殺した少年(自覚的サイコパス)と、少年にほのかな恋心を抱く女教師(年下好きの変態)の話。 さて、悪かったのは誰でしょう…… 僕でしょうか? あなたでしょうか? それとも…… 『僕は。シリーズ』第7弾 ※小説家になろう、アルファポリスにも掲載中 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 異常調査部〜院内発砲事件〜

    異常調査部〜廃校幽霊殺人事〜の続編2弾

    100

    0


    2022年9月30日更新

    東京都・警察署にある刑事課、特別部署ーー【異常調査部】異常なのは事件ではなく所属しているその3名。 廃校舎での一件を終え、異常だと言われている黎ヰ(くろい)に曳汐(ひきしお)、芥(あくた)と共にこれからも働く事を決めた監視係の蔡茌(さいし)紾(めぐる)。 果たして彼は常識を逸脱した彼らと共に上手くやっていけるのか…

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間53分

    この作品を読む

  • 嘘のつけない世の中で

    本当の嘘つきは誰だ。

    5,830

    50


    2022年9月9日更新

    奇妙なパンデミックが起こった世界。取調室で、刑事は容疑者と対峙する。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • たとえ"愛"だと呼ばれなくとも

    サスペンスホラー×純愛×ヒューマンドラマ

    8,700

    15


    2022年9月1日更新

    この物語はとある事件をテーマに構成されている。重要人物も当たり前のように亡くなり、主要人物の恋事情のハッピーエンドも確約できない。しかし、この物語は彼等の純粋な恋を描いた物語なのだ。 「貴方は"これ"を愛だと呼べますか?」 【あらすじ】 日々繰り返す刺激のない生活に退屈していた愛斗。ある日、部活の帰宅途中、人気のない路地で「誘拐」されてしまう。はじめは恐怖で怯えていたが、他愛もない会話で誘拐犯の過去や誘拐した意図を知り、次第に愛斗の誘拐犯への気持ちは「愛」へと変化していく……。 世界に退屈している青年がストーカーの誘拐犯と出逢い、愛を交えていくストーリー。 *一部BL、GL要素と思われるものが含まれます。 *此方の作品はアルファポリスで先行公開しております。 *『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む

  • 机の下を覗いたことがあるかい?

    一平方メートルに満たないその暗がり

    900

    0


    2022年7月28日更新

    俺は毎年恒例の会社の忘年会に来ていた。そこで足に違和感を覚え机の下を覗き込むと...

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ありがとうまぁ兄…また逢おうね

    不幸に打ち勝ちながらも生きたある男の物語

    1,000

    0


    2022年7月16日更新

    『ありがとうまぁ兄…また逢おうね…』 眠った彼に掛けられた最期の言葉… わたしは彼に幾度も助けられ、尊敬し、 それがいつしか『愛』に変わっていき… 幼い頃に出逢い、血の繋がりなど関係ない… そんな4人の兄妹の物語。 児童養護施設で育った4人… それぞれ、親の愛を知らないものたちが… 家族の愛を育み、互いを支え合った。 その中でも長男のまぁやんは特別で 常に強くて、漢気があって、優しくて、温かくて… そんなまぁやんが、病魔に蝕まれ、余命宣告を受けた。 わたし達家族は、どんな事をしても、彼を助けたかった。 身体がきつく、痛みと闘う彼の癒しになりたかった。 だが彼は、自分のことよりも人の事を考えることは変えず。 最期まで、遺される人たちの事を考えて、想い、この世を去りました。 「みんな…ごめんな…そして…弟妹でいてくれて…ありがとう」 彼の最期の言葉を…何か形にして遺したい。 彼の人生を…色んな人に知ってもらいたい… そんな想いから、この処女作 『ありがとうまぁ兄…また逢おうね』 の執筆を始めました。 彼の生い立ちから…わたしたち家族それぞれの生き様まで 余す事なく綴ってゆきます。 生きる事の大切さを… 生きられる事の喜びを…

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間19分

    この作品を読む

  • 佐々木洋平の事件簿

    さまざまな事件が起こります。

    3,650

    90


    2022年7月3日更新

    高校生探偵の佐々木洋平はさまざまな場所で事件の現場に居合わせる。 そして、洋平は頭脳を駆使して事件を解決していく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 海にさらわれた娘

    海は何もかもを飲み込むのかも知れませんね

    1,400

    0


    2022年6月29日更新

    ひとりの少女が、海辺で行方不明となった。 近隣の住人に聞いて回ってもその行方は杳として知れず、やがて風化していくことになる。これは、その過程の物語。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 虹の色はいくつ?

    日々感じたことの呟きです。

    700

    0


    2022年5月19日更新

    虹は本当に七色? 心を揺さぶるものは一体、何? 感銘を受けた作品や衝撃を受けた事件についての文章もあります。 *他サイトとの重複投稿です。

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む

  • 桜花千恋

    久々に書き始めたオリジナル作品です。

    200

    0


    2022年4月10日更新

    千年の歴史が今よみがえるファンタジー。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • 夜の結者 

    自殺願望がある人は読まないでください

    20,750

    154


    2022年4月6日更新

    通り魔が多いことで有名な街に住む青年、行方彼方(いくえ かなた)。ある日カナタは、死にたいと思い、夜の街をひとりで歩いた。通り魔に出会い、自分を殺して欲しいと願ったからだ。 だが、夜の街で出会ったのは通り魔ではなく、もっと奇怪な存在だった。 感想、評価、レビュー、もらえると喜びます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間52分

    この作品を読む

  • サウナでの事件

    処女作です

    1,600

    0


    2022年3月12日更新

    自殺志願者である私は、拘置所の面会室へと向かっていた。ニュースで見たあの事件の話を聞いてから、死のうと思う。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 鬼の卵

    苦しみから逃れるため、人を殺す

    1,900

    0


    2022年3月10日更新

    ある事件の前夜、生まれつき話すことができない莉子は、幼馴染の部屋にいた。 どうやら、大事な話があるらしい。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 見習い魔女を雇ってください!

    魔法のないはずの世界で魔女娘は奮闘する

    1,100

    0


    2022年1月24日更新

    「魔女を残しなさい。この地にいる精霊を守りなさい。それがリゼットのやらなければならないことです」 山の中に隠されていた集落が、その日燃えた。一人逃されたリゼット・ハーウェルは、祖母であり師匠である偉大な魔女エリーネから託された魔女と精霊の命運を守ろうと決意する。しかし、そもそもその方法すらわからない。初手から前途多難なリゼットは己の直感を信じて進む。その直感が正しいのか狂っているのか、行く先々で事件に巻き込まれ、たくさんの人と知り合い-- リゼットが魔女と精霊を守るために行き着く先とは?

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

  • 犯人は“絶対”この中にいる

    檀上でやっているコントなノリです

    2,100

    0


    2022年1月5日更新

    凄腕刑事が部下Aと共に難事件を解決!? 銭形勘吉の事件簿、ココに開幕!

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 香坂薫は謎を愛している

    謎は解明する為じゃなく、楽しむ為にある。

    23,200

    10


    2021年11月4日更新

    僕には香坂薫《こうさかかおる》という従姉妹がいる。彼女は他のなんでもなく謎を愛しているのだ。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • マリー・ウィンゲートのおてんばライフ

    日常系恋愛ファンタジー……多分。

    200,200

    9,830


    2021年10月29日更新

    わたくしは、わたくしに生まれて良かったと思うわ。 わたくしで無いと、出会えなかった人、出会えなかった出来事が沢山あるのですもの。 生まれたときが、マイナスだからって何だというの。 生きているのでしょう? だったら、プラスに書き換えれば良いじゃない。 楽しみましょう。せっかく、ここにいるのだから。 あらすじ 『王妃候補のなり損ない、田舎に捨て置かれたご令嬢』の異名を持つマリー・ウィンゲート公爵令嬢。 片や『剣を振るわせれば、一振りで4~5人は斬り殺せる』という噂の剣豪指揮官エドマンド・マクファーレン辺境伯。 年の差は15歳。王妃様の命令で、報奨品としてエドマンドと婚約をすることになったマリー。 最初は、戸惑いつつも素朴で女性に対し不器用なエド様に惹かれ『いつか私が妻で良かったと思って頂けるように頑張るわ』という意気込みを見せるマリー。 そんなマリーをいつしか、切なく愛おしく想い包み込むように守りたいと思うエドマンド。 そんな中『お前、俺の女にならないか?』という大悪党があらわれる。 王妃様ですら、物事に素直に感謝できる心が愛しいと言われるマリーの、波乱万丈なおてんばライフ。 毎週火曜日 20時更新(2021年末まで、お休み中) ※子供の就活が始まりました。 PCがある部屋をあけるため、執筆活動が思うように進まないと思います。もちろん、書ける時は書きますが、不定期に上げるのも何ですので、書き溜めたいと思います。 すみませんが、よろしくお願いします。

    読了目安時間:5時間33分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第7弾】潤一郎~怨念のサークル~

    宜しくお願いします。

    200

    0


    2021年10月10日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 競合他社を蹴散らしたい。 そんな思いで、赤字続きの会社を絶ち直したい社長の染澤潤一郎は悪の道であると分かりながら、サタンを崇拝するカルト宗教へとのめり込んでいく。一心不乱になってもなお、事態が打開できず、もう会社の立ち直りは出来ないと分かった1974年7月23日に事件が起きて潤一郎はこの世を去ってしまう。決して消えることのない潤一郎の中で宿った怨念は、何十年経っても癒えることは決してないだろう。そして潤一郎による惨劇が再び繰り返されることになった。

    読了目安時間:3時間10分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第5弾】克哉~闇に葬られた真実~

    宜しくお願いします。

    0

    0


    2021年10月2日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 1975年1月1日に虹の松原で首吊り自殺を図った、ソメザワ・マテリアルの副社長にまで上り詰めた福冨克哉が生前に社長だった染澤潤一郎の事件とモチヅキ・ドリーム・ファクトリーの社長の望月裕による事件の真相を記録した8mmフィルムを入れた金庫を虹の松原の中にある場所に金庫ごと土の中に埋め隠した後に自らの命を絶った。潤一郎、裕、そして樹(しげる)の怨霊としての凶悪性が増していく中、闇に葬られた真相を暴く必要があると見た心霊現象研究家の鬼塚と樹(しげる)の子孫にあたる饗庭が、福冨が金庫に入れて隠した8mmフィルムの行方を追い、呪いと闘いながら挑んでゆく。

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第4弾】樹(しげる)~この世の復讐~

    宜しくお願いします。

    100

    0


    2021年10月2日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 1974年12月28日 兄の望月裕が経営するモチヅキ・ドリーム・ファクトリーの倒産と共に、兄の裕は妻の絹子夫人を絞殺した後、息子の哲也君と和保君をナイフでメッタ刺しにして殺害後、家中にガソリンを撒き火を放った後車で逃走し、観音の滝で自殺を図った。実名報道により弟の樹(しげる)は様々な人々から罵倒され、就職活動を始めるもどの会社から不採用と言われる始末。精神的にも肉体的にも追い詰められた末、樹(しげる)が進んだ道は七ツ釜へ自殺を図り、そこでこの世で果たせられなかった復讐を果たすことだった。

    読了目安時間:1時間41分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第3弾】潤一郎~呪いの輪廻~

    宜しくお願いします。

    100

    0


    2021年10月2日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 1974年7月23日午後23時過ぎ、妻と息子達を自らの手で殺害した後、死ぬ間際に8mmフィルムに遺したダイイングメッセージで「俺は小鳥遊を悪魔になってでも復讐を果たしてやる。地獄できっとサタン様が俺のことを見守っていて下さっているだろう。怨念で漲るこの俺に大いなる力を授かるためにはこうするしかなかった。誰かに殺され怨念を抱きながらこの世を彷徨うより、怨念を抱きながら自らの手で殺したほうが、より悪の力が増す。霊の存在は俺は信じないが、本で読んだこの内容だけは俺は信じてならない。俺は死んで悪魔になる。そしてのうのうと生き続ける小鳥遊悟を追い詰めてやる。今迄支えてきてくれた、皆ありがとう。」と言い放った染澤潤一郎。一度は成仏をしたかのようにも見えたが、潤一郎の世間に対する怨みの念はまだ消えてはいなかった。

    読了目安時間:1時間41分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第2弾】裕(ゆたか)~呪いの拡散~

    宜しくお願いします。

    300

    0


    2021年10月2日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 1974年12月28日に経営していたモチヅキ・ドリーム・ファクトリーの倒産と同時に多額の借金を抱えた望月裕は凶行に走る。玄関で夫の帰りを待つ絹子夫人を絞殺した後、息子2人を刺殺した後に買ってきたガソリンを家中にまき散らすと、リビングのソファに火をつけ、逃走した。その後、車で唐津市内の観音の滝へとやってきた望月は23時45分頃に観音の滝の滝面へと身を投じて自殺を図った。生前の最期の望月が映し出された8mmフィルムによる動画がYouTubeにより拡散され呪いの犠牲者が広がってしまう。

    読了目安時間:1時間24分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第1弾】怨念~怨みの念~

    宜しくお願いします。

    300

    0


    2021年10月2日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 宮崎県串間市から佐賀県多久市内へ引っ越してきた荻窪一家。5LDKでありながら、中古で賃貸の家賃7万円の魅力に取りつかれすぐ賃貸契約をしてしまうのだが、その家には以前住んでいた一家の父親による無理心中事件が起きたという悲しい過去があった。荻窪一家が住んでいくにつれ、普通の家ではありえない怪奇現象が立て続けに起こり始め、次第に住むことがトラウマと化していく。

    読了目安時間:2時間5分

    この作品を読む

  • 死刑執行班・ユーラシア大陸支部

    人殺しが許された職業のお話です。

    26,600

    0


    2021年10月1日更新

    この世界で唯一、人殺しが許された職業。 死刑執行人。 世界に3つしかない死刑執行班。俺はそのユーラシア大陸支部に勤めている。 犯罪に対する法律に革命が起き、1人殺した瞬間に即死刑。そして、死刑囚は被害者と同じ殺され方で人生の幕を閉じなければならないという法律が新しく制定された。これはその死刑囚を殺し、世を平和にするために人を殺す職に就く1人の男の話。 掃除屋────それは、大陸を震撼させている犯罪組織の呼び名だ。突如として活動を始めた組織、そしてもう一つの謎のグループ。死刑執行班は、正しき者のみを地獄に送ることを命じられ、三つ巴の戦争を始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:16時間2分

    この作品を読む

  • confessions

    見てもらえる嬉しさがあります。

    400

    0


    2021年9月25日更新

    娘の誕生日は妻の命日だった。

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 花街警ら隊、特別任務中!

    明治時代の警官と世界観モチーフ作品

    13,400

    160


    2021年9月24日更新

    警察官練習所時代からの同期、新人巡査の悠と金城は花街を警ら中に不審な大男と遭遇、戦闘となるが取り逃がしてしまう。 ふたりには特別任務が下され、その男を捜し出すことに。 だがいくら捜査しても手がかりさえ見つからない。 悠にはかすかに身に覚えのあることだが、まだ確証が得られてなかった。そして相棒の金城にそれは伝えていない。 金城のほうも悠が何かを隠してるのかは気付いていたがあえて詮索はせず、ただ悠を守ろうとする。 警察練習所時代から金城は悠に想いを寄せていたが、それを本気で伝えられないでいた。 伝えてしまえば、今の関係が崩れてしまうことを恐れていた。 ある日、いきつけの茶館で女給から恋文を渡された悠は犯人の手がかりをつかむ。 悠と金城は女給を尾行していると、犯人と再び遭遇する。 悠はこのときの戦闘で確信を得た。犯人は人間ではなく、自分の幼い頃より数年周期で現れる怪異であると。 その怪異は自分に向けられた好意や妄執によって力や姿を変えるものだった。 力を合わせ、怪異と戦う悠と金城。 怪異は茶館の女給や金城の姿へと化けていく。 戦いに決着がついたとき、怪異は意外な人物の顔へと変わっていた。 戦いを終え、特別任務から通常の交番所勤務へと戻ったふたり。 金城は結局はっきりと想いは伝えられなかったが、悠のほうからこの先も一緒に、側にいてほしいと伝えられる。 明治時代の警官と世界観をモチーフとした、ちょいBL、ちょい怪奇ものになります。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • その花を見ている私を、わたしは見つめる。

    私の中のわたしはいつも不満足なまま

    0

    0


    2021年8月12日更新

    産まれてから私は私という人生を歩んできたはずだった。 だけど、いつの日か私の中で新たなわたしがいることに気づいた。 何歳の時だっけ? でも中学生の時くらいだった気がする。 理想の自分なのか、本当にもう一人なのか これは今も探りながらうまく生きていくしかないと思っているんだ。 これが思春期によくある思想のまま終わってくれたらよかった。 これから書くのはもっと後の話 私がしっかり意思を持ち、家を出て独り立ちしてからの話 私の中のわたしが大きな意思を持ち大きな事件にしてしまったお話 これが実話だと思っても作り話だと思っても どちらでもいいです。 私が生きていることを分かっていただければ、それでいいです。 ごめんなさい、 この話が終わるときにしっかり謝ります。 チューベローズを飾りながら。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む