亜人

検索結果:10件

  • 知恵と拳をもって異世界不条理を覆す物語。

    ♡288,351

    〇5,455

    異世界ファンタジー・連載中・117話 ぼたもちまる

    2019年9月22日更新

    青年は一人の少女に恋をする。 ある日、ゲーム中に寝落ちした久坂 灰人は、唐突に異世界大迷宮【重積層迷宮都市ラトレイア】に迷い込んでしまった。この世界で彼は、異貌のロボット【鉄棺種】に襲われ、人々の運命を操る“三位一体の偽神”に弄ばれ、“この世界”の不条理を知る。 「ならば、そんな不条理は僕が覆す!」 男が動く動機は単純、惚れた女のために。危機に陥る彼を救い出した、笑わない龍血の姫リシィティアレルナ ルン テレイーズ。彼女を笑わせたいと、彼は銀灰色に染まった神器の拳を振り上げる。 これは、世の不条理を拳と知恵をもって覆し、一途な男が一途なままに思いを遂げるまでの物語。 日常パートはほのぼのと、戦闘パートはシリアスに、メリハリのある物語を書いています。ヒロインの、主人公視点ではツン、本人視点ではデレを、ザッピング視点でお楽しみいただけたら幸いです。 ©️ぼたもちまる2018.無断転載禁止

  • 吸血鬼とパンダの異世界旅行

    ♡1,450

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・120話 怪獣大熊猫

    2019年9月22日更新

    転生したらパンダだった。 弱いけど不死身のパンダと無敵の吸血鬼のゆるゆる異世界旅行。 仲間を増やして楽しく冒険しよう。 小説家になろうで同時投稿中

  • 闇に堕ちながら、少女は世界を産み落とす

    ♡107,100

    〇35,460

    異世界ファンタジー・連載中・109話 あずM

    2019年9月21日更新

    この作品は先行して「小説家になろう」にて現在も更新中です。 「ノベルアップ+」では毎晩9時20分、1話ずつ先行する「小説家になろう」連載に追いつくように更新しています。 なお本編の内容、文章表現に差異は一切ございません。 シオリは姫神に転身し、他の六人の姫神と戦うことにした。 ある日、女子高生のシオリは山中で目を覚ます。 そこで勇敢なアマン、怪力のウシツノ、博識のアカメという三匹のカエルと出会う。 魔女によればシオリは七人の姫神の一人、白姫としてこの地に降臨したらしい。 同じく獰猛なトカゲ族の元には、女子大生のレイが黒姫として降臨していた。 姫神の力は人智を超える。 降臨した姫神を利用しようと各地で戦争が勃発。 カエル族はトカゲ族の襲撃により、あえなく滅亡してしまうのであった。 北のクァックジャード騎士団の赤き鳥タイランの助力を得て、三匹のカエルと白姫はトカゲ族、そして黒姫と戦うことに! 裏で暗躍する金眼の魔女オーヤ、火竜の力を宿す紅姫アユミの暴走! 様々な思惑が交差する戦略群像劇。 そして姫神システムの真実とは……

  • 祭り中ですが、王子は命を狙われています。

    ♡1,400

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・32話 鈴女亜生

    2019年9月19日更新

    アスマは今日も自由で、ベルは振り回されてばかり。 メイドとしての仕事もあるのに、カフェに行ってお茶したり、祭りを一緒に回ったり。 アスマは王子であり、立場もあるはずだが、ベルの忠告など聞かずに、ベルを常に連れ回している。 けれど、それもベルにとっては悪くない日々だった。 メイドとして働くことも、アスマに振り回されることも、それまでの日々と比べればとても楽しいものだ。 それもこれも全てアスマのお陰だ。 こっそりとだが、ベルはアスマに感謝していた。 ただ、それを本人に言ってしまえば、調子に乗るので、絶対に言ってやらない。 今日もベルはアスマを適度に邪険に扱い、楽しい日々を送っている。

  • ショタ化したと思ったら獣人達の世界へ

    ♡10,490

    〇110

    SF・連載中・35話 塩谷さがん

    2019年9月15日更新

    ひとりの運び屋との出会いから、全てが始まった。 ごく普通の男子学生、東郷歩(とうごうあゆむ)は、突然変わった世界の様相に愕然とする。 見知らぬ獣に襲われ、助けられたのは虎の頭を持つ男。広がる大地は荒れ、自分の知る人間とは一味違うおかしな住人たち。縮んでしまった己の体と、見覚えのない異相の右腕。 元の世界に戻る手がかりを求め、虎の獣人、運び屋ジェスラ・バートンと行動を共にすることに。 その仕事の中、ひとりの人間の少女に出会う。

  • 人とケモノの学園バトル!

    ♡7,910

    〇10

    現代ファンタジー・完結済・45話 桑白マー

    2019年8月31日更新

    昔々、あるところに神様が住んでいました。 神様たちはみな天高い空の、更に上に住んでいましたが、 何人かの神様が地上で暮らそうという話になって、土地を探し始めました。 色々あって綺麗な島を見つけた神々は、島にアンジャという名前を付けて、そこで暮らすことにしました。 神々の住まう島となったアンジャは祝福に溢れ、花は舞い、果実は滴り、楽園のように栄えます。 その実りの元には獣達が集まりました。獣たちは神々の恵みを受け、とても大きく強く育ちました。 次に島に訪れたのは、人間です。人間はとてもちっぽけでひ弱で、神々と獣々は「これは我らで護らないと」と考え、 人々はその加護のもと楽しく暮らしていました。 ところが、そんな楽しい日々は突如現れた敵、“闇の軍勢”により破られてしまいした。 光に満ち満ちたアンジャを妬んだ闇の軍勢が、地底より這い出しアンジャを襲ったのです。 神々はその知恵で、獣々はその力で闇に対抗しました。しかし、闇は強大で手に終えません。 そこで人々が立ち上がりました。ですが、神々と獣々は止めます「やめとけ。お前らは弱い」と。 確かに神や獣に比べて弱々しい人々でしたが、その心には“愛”という奇跡の光が秘められていたのです。 神の知恵、獣の力、そして人の愛を集めたアンジャは遂に闇を祓い、再び平和を取り戻しました。 神々と獣々は、島を治めるのは愛を持った人こそ相応しいと考えました。 神々はその身を大きな神樹に変えて根を張り、人々を見守ることに決めました。 獣々はその身を光の聖獣に変えて散らばり、アンジャの大地を見守ることに決めました。 それ以来、人々は神と獣の祝福を受け、平和に暮らしましたとさ。 めでたしめでたし。

  • ちょこちょこ更新していきます

    ♡400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・3話 柊 ツカサ

    2019年8月31日更新

    トラン暦666年に開幕される王座争奪戦の為、シルル帝国では密かに6人の王候補が旅だった 王候補が王座争奪戦参加する為の資格は、開催日までに9人の忠臣を連れ戻ってくること そんな中、9人の忠臣を求め旅に出ていた争奪戦の参加者であるアルルファス・シルルに助けられアルルファスの家臣となった1人の名もなき奴隷 奴隷はアルルファスの元、様々な個性的な家臣と共に忠臣を求め旅に出る ギュルギュルギュルルル〜 「ご主人様、ご主人様!ムシさんがパンを求めています!」 「⋯⋯」 これは緊張感の欠けらも無い奴隷と寡黙な王の物語 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※話によってはグロテスクなもの、暴力的なシーン等があります。 できるだけ、前書きにてその都度お知らせさせていただきますが苦手な方は他の作品へお願いします

  • 少女が幸せに生きる為の物語。

    ♡12,780

    〇50

    その他・連載中・126話 四つ目

    2019年8月30日更新

    ある日、奴隷商に男の客がやって来て訳アリの少女の奴隷を買った。 少女の頭には大きな角が一本在り、その世界では他に見ない珍しい物。 だというのに少女は売れ残り続け、男に買われようやく主人を得る。 これからどうなるのかと不安に駆られながら、なす術のない少女は流れに身を任せ、良く解らない主人と変な使用人達、そして少女の変な日々が始まった。 男は何故少女を買い、何故少女は奴隷になってしまったのか。 珍しい角持ちにも拘らず、なぜ売れ残って来たのか。 これは自分の事すら解らない少女が、自分を知り大好きな人と生きていくほのぼの物語。

  • おっぱい好きは『変態』に含まれますか

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・8話 天界聖夜

    2019年8月29日更新

    これ作品はどうしょうもないバカな人間が、一生懸命書きあげた作品です。 そのため内容もとてもおバカなモノになっています。 おバカなものが腹立たしい方は、決して読まないでください。 お願いします。 そしてそんなどうしょうもないおバカな人間を愛でられる……。 心優しい人間だけが……どうかお読みください。

  • 人狼へと覚醒した少年は吸血鬼と闘う

    ♡5,520

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・12話 重弘 茉莉

    2019年7月16日更新

    身寄りのない高校生、大神 昂は夜遅くまでバイトに明け暮れていた。 ある日、人気のない廃工場でクンフー使いの少女と吸血鬼のチンピラとの戦いに巻き込まれ、人狼として覚醒する。 吸血鬼の殲滅を目指すヴァチカン教会を牛耳る修道女、そしてその修道女の命令を受けて動く”人外”クンフー少女。 それぞれの利害や対立が、昂を中心にして動き出す。 最初はただ巻き込まれただけ。 だが昂は己と吸血鬼達との因縁を知る。そして吸血鬼達との闘いへと身を投じるのだった。