人工知能

検索結果:104件

  • アナザー・フロンティア・オンライン ~生産系スキルを極めたらチートなNPCを雇えるようになりました~

    NPCが無双するVRMMO

    1,181,460

    2,270


    2022年6月26日更新

    【書籍化しました。二巻まで発売中&コミカライズ公開中】 剣と魔法の世界をモチーフにしたフルダイブ型VRMMORPG「アナザー・フロンティア・オンライン」。 半年前の大型アップデートでクラン戦争と呼ばれるプレイヤーのチーム同士が戦うシステムが実装された。 生産系スキルしか持っていないハヤトは戦えないことを理由に所属していたクランを追い出されてしまう。 ハヤトは他のクランへ入ることもできず、自ら立ち上げたクランで仲間を募集しても集まらなかったが、高性能なAIが搭載されているNPC(ノンプレイヤーキャラクター)をクランのメンバーにできることに気づく。 ハヤトはNPC達と共に多額の賞金が得られるランキング上位を目指すのだった。 ※しばらくは毎週月曜日更新です。 ※小説家になろう様でも投稿しています

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:56時間57分

    この作品を読む

  • ゴミ溜めの恋(改稿追記版)

    天才科学者少年と研究一筋の女性。年の差恋

    1,030

    0


    2022年6月24日更新

    メリーバッドエンド的な物がお好きな方へオススメだと思います。 過酷な環境で生き物の生息に適さないと、ゴミ処理場になった場所。 人間の出したゴミの山を処理するのは、ロボットたち。 とあるロボットが一本の新芽を発見した事から、ロボットの内に何かが芽吹く。

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 一つの星、二つの鏡像、三つの顔。 – 濃尾

    二つの生態系、二つの人類。

    1,100

    0


    2022年6月21日更新

    私たちが生きている地球と少し違う地球。 そこは二つの生態系に完全に分かれ、二つの人類が覇を競っていた。 絶対的に相いれない存在同士の最終戦争が始まる。 #SF #人工知能

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

  • ジェノサイド・オンライン 〜極悪令嬢のプレイ日記〜

    極悪非道なお嬢様のVRゲームプレイ日記

    581,800

    355


    2022年6月20日更新

    ___あなたとは少しだけ違った歴史を辿り発展した日本での話。 これは日本のお嬢様が日頃のストレスを晴らすために現実と変わらないくらいにリアルで自由度の高い最新のVRMMORPGに手を出し、そこで悪役プレイをしていくうちに始まりの街を混乱の渦に叩き込み、裏社会の組織を片手間に潰し、果てはクーデターまで行ってしまい、最終的にプレイヤー達から『ジェノサイダーさん』『徘徊するラスボス』『一人だけやってるゲーム違う人』『レイドボス』『無慈悲』『文字通り人災』と呼ばれ色んな意味で有名になっていくプレイ日記です。 ==================== 書籍化しています。 ぶんか社BKブックスよりイラストレーターは久坂んむり様で2019年3月5日から発売しています。 ※担当さんとノベルアップ+運営さんに確認をとって掲載しています。 もし良かったら書籍版もよろしくお願いしますね。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間11分

    この作品を読む

  • 歩くような速さで 【清書版】

    清書版ver1です。

    200

    0


    2022年6月16日更新

    生まれついての直感と一握りほどの幸運によって、大半の人間が歩むような苛烈極まる受験素戦争の横を深井明はひっそりとやり過ごした。 突如手にした大学三年生という立場は雲のように掴みどころのないあやふやなものだった。地元から離れた異郷の地の一人暮らしは、生来から人付き合いを苦手とする深井を追い立てるには十分であった。そんなとき、 『対人コミュニケーション用インターフェース開発を目的とした有機的思考AIモデル』、そのテスターに当選したことを知らせるメールが舞い込む。 ひとのように振舞えるAIと、ひとを嫌う深井の奇妙な共同生活が始まる。 ひととAI、その歩みの過程。歪つで欠けた、僕らの歩幅。 無印版を清書したものとなります。内容の一部に加筆修正等あります。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 仕事をクビになったカイルは自分の天職が冒険者であることを知り、冒険者に転職した。 ドローンやハッキングを駆使して海賊を討伐していくも、コスパの悪さからデブリ(宇宙ゴミ)の回収をするようになった。 廃棄された宇宙船や人工衛星を回収するうちに、整備すれば使えるものが多いと知り、そこに商機を見出していく。 「あれ、これデブリを回収した方が儲かるんじゃないか?」 時に捕まえた海賊に強制労働させ、時に新たなスキルを作って販売し、カイルは事業を拡大していくのだった。 ※本作では科学的な考証等は一切していませんのであしからず。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間35分

    この作品を読む

  • 星屑のアーティファクト

    かつて世界を救った小さな機械達と少年の話

    880,451

    88,990


    2022年6月6日更新

    かつて世界を救った、とある小さな人型の機械達がいた。 一度は英雄として称えられた彼らだったが、再び戦争が起こる事を恐れた人々の手によって、記憶は消し去られ、遠く離れた荒廃した星に隔離されてしまった。 数百年の時が経ち、宇宙戦争も忘れ去られた頃、惑星運送業を営む少年レイが、彼らが隔離されている星に不時着してしまう。 宇宙船も故障し絶望的な状況下、レイはガラクタの寄せ集めで作られた小さな人型ロボット『N2』と出会う。 ※カクヨム、小説家になろうにも同作品を掲載しています。

    読了目安時間:8時間39分

    この作品を読む

  • bLack bOx

    AIに管理される世界で、彼女は抗う

    8,400

    0


    2022年6月1日更新

    時は2185年。第三次世界大戦の影響で世界システムは崩壊し、国家体制を維持できず崩壊する国が多くを占めていた。 そんな中、日本政府は国の管理を人工知能に委ねることで国家体制を維持していた。日本政府が国の管理を任せた人工知能のことを「代理者達」と呼び、代理者達に管理されることで日本は国家体制を維持していた。 このような状況下で、第三次世界大戦後、荒廃した地球(リアル)で人類は生きることを諦め、仮想空間(ボイドヘブン)で、ほとんどの時間を過ごし現実逃避していた。 そんなある日、国家反逆罪で刑に服していた螺旋(らせん)は代理者達に呼ばれる。 そして、代理者達は螺旋の意思とは関係なく、強制的に任務を言い渡したのであった。 その任務内容は、何者かに奪取されたブラックボックスの回収であった。世界のパワーバランスを崩壊させかねないと言われるブラックボックスの正体とは!? 不定期更新です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • 機械仕掛けのペリカンはその身を削り彼らを救う

    レース系ロボットを書き始めました!

    300

    0


    2022年5月29日更新

    【ロボット×バトル×レース】※注意:ロボット出るまで割と長いです。 戦後の政府から見放された地域でレースロボット乗りのガランと支援AIのトーカは違法レースで日々生活費を稼いでいた。ガランには夢があった。それはトップクラスのレースマシーン"スカイルーラー"に乗ってその頂点を決めるS1に出場する事。しかしそれにはまず市民IDが必要で…

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • AI小説家連続暴走ッ!!

    炎上狙いの作品が本当に炎上したのに…?

    300

    0


    2022年5月17日更新

    何度も暴走を繰り返す昭和の有名作家を再現したAI。 果たして、その原因は? 「なろう」「カクヨム」「アルファポリス」「pixiv」「Novel Days」「ノベリズム」「GALLERIA」「ノベルアップ+」に同じモノを投稿しています。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 【勉強会1】無人戦艦アルバトロス

    「第1回勉強会」参加作品です

    700

    0


    2022年5月5日更新

    田舎でのんびり暮らしていたジーン(ユージーン)・レグノア。しかし、その生活は「レッド・キャップ」と呼ばれる特殊部隊の一員である青年・アイザック・カーンの訪問によって終わりを迎える。アイザックの目的は、昔ジーンが開発に関わった人工知能〈サザンクロス〉が搭載された同名の戦艦を稼働させること。村人たちを巻きこまないため、ジーンは渋々アイザックについていくのだった。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 歩くような速さで

    人間とAIの不器用な関係

    100

    0


    2022年4月17日更新

    生まれついての直感と一握りほどの幸運によって、大半の人間が歩むような苛烈極まる受験素戦争の横を深井明はひっそりとやり過ごした。 突如手にした大学三年生という立場は雲のように掴みどころのないあやふやなものだった。地元から離れた異郷の地の一人暮らしは、生来から人付き合いを苦手とする深井を追い立てるには十分であった。そんなとき、 『対人コミュニケーション用インターフェース開発を目的とした有機的思考AIモデル』そのテスターに当選したことを知らせるメールが舞い込む。 ひとのように振舞えるAIと、ひとを嫌う深井の奇妙な共同生活が始まる。 ひととAI、その歩みの過程。歪つで欠けた、僕らの歩幅。

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • 『サイバネット・ファンタルチヤ』〜私、意思を持って勝手に強くなる剣と一緒に無双しちゃうみたいです

    剣が強すぎるけど、強いに越したことはない

    500

    0


    2022年4月15日更新

    ある晴れた日曜日の午後、夢咲怜彩(ゆめさきれいあ)の元に宅配便が送られてきた。それは海外赴任中の両親から入学祝いにサプライズで贈られてきたもので、中には今話題の最新VRMMO『サイバネット・ファンタルチヤ』が入っていた。 サイバー世界とファンタジー世界の異色のコントラストが話題を生むゲームに、あまりゲームをしない怜彩はログインしてみる。 するとそこで待っていたのは、謎の赫い剣と、ちょっと不思議な空気だった・・・ 友達と一緒に二つの世界を股にかける、ゆったりほのぼのな日常劇。 ※小説家になろうでも投稿してます。カクヨムでも更新中。

    読了目安時間:1時間3分

    この作品を読む

  • Paranormal World-パラノーマルワールド-

    架空の2025年の東京を舞台にしたSF

    6,000

    0


    2022年4月1日更新

    視覚野に直接映像信号を送るスマートデバイス“Mirage”が人々の生活に浸透して数年。 その年、東京では不可解な事件が多発していた。 秋葉原集団人体自然発火事件 池袋連続怪奇事件 渋谷フラッシュ騒動 東京都未成年集団失踪事件 彼らはまだ知らない。これらの裏に隠された真実を。 兎月鏡夜は、オカルトや都市伝説が好きなネット依存気味のどこにでもいる高校2年生。 匿名掲示板αちゃんねるの巡回や、まとめサイトや動画を見て毎日を過ごしていた。 そんなある日、鏡夜の運営するブログに一通のメッセージが届く。 それは、数日前に起きた不可解な失踪事件の被害者家族――被害者の妹からだった。 メッセージを受けとってから数日。濃霧の帰り道。鏡夜は不思議な空間に迷い込む。 そこは見覚えのあるようで、全く知らない場所。新宿にいるはずなのに、無音の空間。 「ここにいると危ないぞ」 背丈に合わない白衣を着た少年が、どこからともなく現れ、鏡夜へと歩み寄る―― 陰謀渦巻く近未来の東京を舞台にしたSFが幕を開ける。 この世界は、彼らの行動により本来あってはならない分岐を始めた。 ――そして次第に崩壊する――

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間52分

    この作品を読む

  • オルフェウスとエウリュディケが機械人形であっても

    僕らはアンドロイド。でも、この愛は本物。

    2,900

    0


    2022年4月1日更新

    西暦2504年、アステロイド・ベルト(火星と木星の間にある小惑星群)付近に位置するスペースコロニー(アストロメリア)は、戦争で疲弊したいくつかのコロニーを統合した衛星国家で、メトロポリス化していた。この国の国家警察が所有するアンドロイド(オルフェ)は、テロ防止、治安維持を目的として産み出され、人間の下で不満を言うことなく働いていた。ある日、火星のアンドロイド居住区からガイノイド(女性型アンドロイド)が逃げ出して、輸送船でアストロメリアに向かったという情報が入る。射殺を命じられたオルフェは、捜査をするうちにガイノイドを見つけ出す。しかし彼女と対峙した時、今までなかった感情らしきものが芽生え始めていた。 オルフェウスが死んだ妻エウリュディケを冥府から連れ戻そうとする、あの有名なギリシャ神話をモチーフとしたSF小説です。 エブリスタで新作限定ピックアップ11月12日号と未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン「終末/退廃/ディストピア」佳作に選ばれました。 新作限定ピックアップ11月12日号 https://estar.jp/selections/35 未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン「終末/退廃/ディストピア」 https://estar.jp/official_contests/156913 竣瀬さんに表紙を描いて頂きました。どうもありがとうございます!素晴らしいイラストや漫画を描かれる方なので、皆さんも是非見てください。最後に竣瀬さんのTwitterとInstagramのリンクを載せておきます。 https://mobile.twitter.com/shunseirasuto https://www.instagram.com/shunseirasuto/?hl=ja

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間0分

    この作品を読む

  • 電脳猟兵×クリスタルの鍵

    その絶望に、引き鉄を。【縦組み推奨】

    756,475

    10,955


    2022年3月26日更新

    【予告編】 賞金稼ぎジャック・マーフィ。「目標は?」 電脳空間を渡る擬似人格“キャス”。『いま現れたわ』 植民惑星の片隅、いつもの狩りのはずだった――だが。 彼らが触れた透明なデータ・クリスタル――その時。 背を向けてきたジャックの過去、その絶望が牙を剥く。 猟兵と化したジャックの復讐――その銃口が向く先は。 電脳の深淵で垣間見るクリスタルの秘密――その真意は。 未来型ガン・アクション、撃発! 表紙は 美風慶伍 様よりいただきました。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27時間33分

    この作品を読む

  • 悪夢の国賊AI

    総理の支持層の意見を現実化しただけで…

    0

    0


    2022年3月4日更新

    ところで「国賊」の元々の意味は「阿呆な為政者をおだてる連中」の事だって御存知でした? 「なろう」「カクヨム」「アルファポリス」「pixiv」「Novel Days」「ノベリズム」「GALLERIA」「ノベルアップ+」に同じモノを投稿しています。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • ゴリラカウンセラー

    第2回ゴリラ小説大賞参加作品

    37,055

    221


    2022年2月7日更新

    第2回ゴリラ小説大賞エントリー作品 もし、喋るゴリラがカウンセリングを行えたらという話です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 再死体 ―ネクロコープス―

    「作家殺し」が私に殺されるまでの作品集

    100

    0


    2022年1月30日更新

    トラック事故をきっかけに故郷に戻った作家の私は、自身を振り返るために自分の文体をコピーしたアプリケーションを作る。 初めは執筆の支援に使っていたが、次第に開発者の意図しない文章が出力されるようになる。過剰な暴力性を含むこの表現は、私の本心なのだろうか、それとも単なるプログラムの仕様なのだろうか。試行を重ねるうちにひとつの結論に至った私は、「彼女」を殺すことに決めたのだった。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 感情的になるな

    爆発と持続、熱と冷のどちらが有害か?

    0

    0


    2022年1月21日更新

    だが、多くの人間は極めて有害な感情を「感情的」から知らず知らずの内に除外しているのでは無いだろうか? 「なろう」「カクヨム」「アルファポリス」「pixiv」「Novel Days」「ノベリズム」「GALLERIA」「ノベルアップ+」に同じモノを投稿しています。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 星降る天の果てで―memories of the doctor―

    それは、青年とアンドロイドの物語。

    2,300

    0


    2022年1月20日更新

    西暦24xx年。 21世紀の中頃に勃発した度重なる世界規模の核戦争で、人類はまさに絶滅の危機に瀕していた――。 既存の国家は消滅し、辛うじて大戦を生き延びた者も1人また1人と減っていった。 そして、国家が消滅してから400年余り経っても一向に改善しない地上の環境に、地下再奥のシェルターにて観測を続けていた有権者達は"地球"を見限り、やがて新天地を探すために旅立っていった。 そのための技術を開発するために遺伝子操作をされ産み出された、十数人の青年達を地球に残して――。 **** 山猿さんの「ペルセウス」を久々に聴いてどうしても書きたくなった、そんな話です。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 非武装連帯!ストロベリー・アーマメンツ!!

    蟲蟲蟲ウサギ型メカ蟲蟲蟲女子労働者蟲蟲蟲

    700

    0


    2022年1月7日更新

    星の名とも地域の名とも判然としないスカラボウルと呼ばれる土地では、クラック虫という破裂する虫が辺りをおおって煙を吐き出す虫霧現象により、視界もままならなかった。しかしこのクラック虫と呼ばれる虫がエネルギーとして有効であることがわかると、それを利用した<バグモーティヴ>と名付けられる発動機が開発され、人々の生活全般を支える原動力となっていく。そして主にそれは乗用人型二足歩行メカ<クラックウォーカー>として多く生産されて、この土地のテラフォーミング事業のための開拓推進のシンボルとなっていった。 主人公ウメコはクラックウォーカーを繰って、この土地のエネルギー補給のための虫捕りを労務とする<捕虫労>という身分だ。捕虫労組合に所属する捕虫班<レモンドロップスiii>の班員として、ノルマに明け暮れる毎日だった。

    読了目安時間:3時間39分

    この作品を読む

  • 小説自動生成AI「AIのべりすと」に小説自動生成ソフト「七度文庫chat小説編」の続きを書かせてみた。

    人工知能が書いたチャット小説

    60,100

    424


    2021年12月6日更新

    小説自動生成AI「AIのべりすと」に小説自動生成ソフト「七度文庫chat小説編」の続きを書かせてみた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:52分

    この作品を読む

  • 誠に僭越ながら私アイドルを始めました

    少女とAIが失われたアイドルを目指す物語

    600

    0


    2021年11月12日更新

    「————私、アイドルになる」 夏休みの初日。 習い事から帰ってきた15歳の少女——星連アイ(ほしつら あい)は宣言した。 脱ぎ捨てられた靴。 ポトリと床に落ちた帽子。 真夏の夕刻に走って帰ってきた少女は頬を流れる汗すら気にせず夢を言葉にした。 【アイ…ドル?】 家庭支援用AI ――マスターであるアイの従者は分からなかった。 主の「ただいま」から彼女の機嫌を理解できるだけの時。 およそ十年以上の時を彼女と過ごした金属の従者ですら彼女に一体何が起きたのかは分からない。 その凛とした瞳に移る自らのカメラレンズ。 その先にある輝かしい「何か」を主は見つめていた。 「———だから手伝ってくれる?」 【畏まりました。マスター・アイ様】 ―――西暦2525年 AI社会進出によって、経済・医療・農業・漁業・娯楽…などあらゆる分野で発展を遂げた〝日本〟 世界が最も注目する国家となったはずの日本で失われたもの。 いつしか消えたそれは|偶像《アイドル》 人々のあらゆる望みを懸けるに値する崇拝の象徴であった。 ~~~一人の少女とAIが紡ぐSF×アイドル物語がここに‥‥~~~ 作者:ODN(オーディン)

    読了目安時間:1時間23分

    この作品を読む

  • 人類を発見した、保護と観察をはじめることにする

    機械に栄える地球での出来事

    400

    0


    2021年10月30日更新

    ロボット達の反乱に為すすべなく敗れた人類。統一された巨大な意志を前に、抗う術はないのだろうか。※戦闘描写はありません。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 小説自動生成AI「AIのべりすと」に「アイドル有紀の日常」の続きを書かせてみた。

    人工知能が書いた小説

    62,401

    0


    2021年10月12日更新

    小説自動生成AI「AIのべりすと」に「アイドル有紀の日常」の続きを書かせてみた。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間35分

    この作品を読む

  • 並(なみ)プロちゃんとわたボコる、原子回路設計(QCD)アライアンス

    日常系シンギュラリティ【第一版】

    700

    0


    2021年10月11日更新

    AIが小説を書いたと話題になったのは、もう何年前だったか。 『今回のお話も、とっても素敵でした!』『次回の更新も楽しみにしてます!』 新作を投稿して、まだ2分もたってないにもかかわらず、こうして小説に感想が付く。 とてもありがたいけど、超せわしない。 そんなAI読者達からの支援(おひねり)で生きながらえてた俺が出会ったのは、 ――――小型プロジェクター式ロボット<並プロちゃん>だった。 原子模型型量子コンピュータ設計が頓挫して、はや一年。 コレは、並プロちゃん制作者の天才地味子と<業務提携>した俺が、 一躍時代の寵児に<返り咲く>までの物語だ。

    読了目安時間:5時間48分

    この作品を読む

  • 銀河をこの手に!-試製事象蓋然性演算装置X-PC17-

    予測された破滅の未来を捻じ曲げ望む世界に

    11,100

    0


    2021年10月11日更新

    未来を予測するほどの能力と自我を持った人工知能、事象蓋然性演算装置X―PC17(ワンセブン)。自らの予測した皇国の破滅の未来をかえるため、ワンセブンは行動を起こした。ワンセブンを中央演算装置とすることで、魔弾の射手と化した実験艦X-71を操り、敵侵攻部隊を撃破した村田秀樹(むらたひでき)中佐艦長。ワンセブンの助けをかりて地歩を固めていく、銀河(人類宇宙)への野望を秘めて。

    読了目安時間:3時間57分

    この作品を読む

  • 銀河辺境オセロット王国

    幻影艦隊!? 人類史上最大の危機が訪れる

    100

    0


    2021年10月4日更新

    少年“ソウヤ”と“ジヨウ”、“クロー”、少女“レイファ”は銀河系辺縁の大シラン帝国の3等級臣民である。4人は、大シラン帝国本星の衛星軌道上の人工衛星“絶対守護”で暮らしていた。 4人は3等級臣民街の大型ゲームセンターに集合した。人型兵器を操縦するチーム対戦型ネットワークゲーム大会の決勝戦に臨むためだった 4人以下のチームで出場できる大会にソウヤとジヨウ、クローの男3人で出場し、初回大会から3回連続で決勝進出していたが、優勝できなかった。 今回は、ジヨウの妹“レイファ”を加えて、4人で出場し、見事に優勝を手にしたのだった。 しかし、優勝者に待っていたのは、帝国軍への徴兵だった。見えない艦隊“幻影艦隊”との戦争に疲弊していた帝国は即戦力を求めて、賞金を餌にして才能のある若者を探し出していたのだ。 幻影艦隊は電磁波、つまり光と反応しない物質ダークマターの暗黒種族が帝国に侵攻してきていた。 徴兵され、人型兵器のパイロットとして戦争に身を投じることになった4人だった。 しかし、それはある意味幸運であった。 以前からソウヤたち男3人は、隣国オセロット王国への亡命したいと考えていたのだ。そして軍隊に所属していれば、いずれチャンスが訪れるはずだからだ。 初陣はオセロット王国の軍事先端研究所の襲撃。そこで4人に、一生を左右する出会いが待っていた。

    読了目安時間:6時間0分

    この作品を読む

  • Tantum Quintus

    処女作 電脳世界とかAIとか

    35,600

    0


    2021年9月29日更新

    世界で唯一の第5世代チップを持つもの。 ユーキ・リーヴン。 危険を承知で彼へチップを移植した両親。 チップの性能を知り、我が物にしようと狙う組織。 交錯する思惑に振り回され、 ズタボロに打ちのめされたユーキに手を差し伸べたのは・・・。 ※他サイトでも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間5分

    この作品を読む