人工知能

検索結果:53件

  • 2020年8月11日更新

    剣と魔法の世界で記憶を失ったドロシーを待つ運命とは――。 無骨なレンガ造りの建物の中で目覚めた「私」は、自分の名前を含む全ての記憶が欠落していた。 私は、正体不明の書き置きに従って自らをドロシーと名付け、記憶を取り戻すため外の世界へと足を踏み出す。 彼女を待ち受けていたのは、各地を結ぶ物資転送網「ネットワーク」により物の往来が自由な反面、宗教戦争を繰り返し、魔物の被害により壊滅の危機に瀕した混沌たる世界だった。 彼女に隠された秘密とは? 魔物の正体とは? ネットワークの存在意義とは? そして、神とは? 無慈悲な世界で命の謎に迫るSFファンタジー冒険譚。 ※komota様に表紙絵を描いていただきました。 ※komota様に挿絵を描いていただきました。第1章Part6、第2章Part4、第3章Part4、第4章Part7、第5章Part4に掲載しています。 ※「小説家になろう」「カクヨム」「MAGNET MACROLINK」でも連載中。

  • 極悪非道なお嬢様のVRゲームプレイ日記

    ♡357,900

    〇255

    SF・連載中・245話 たけのこ

    2020年8月11日更新

    ___あなたとは少しだけ違った歴史を辿り発展した日本での話。 これは日本のお嬢様が日頃のストレスを晴らすために現実と変わらないくらいにリアルで自由度の高い最新のVRMMORPGに手を出し、そこで悪役プレイをしていくうちに始まりの街を混乱の渦に叩き込み、裏社会の組織を片手間に潰し、果てはクーデターまで行ってしまい、最終的にプレイヤー達から『ジェノサイダーさん』『徘徊するラスボス』『一人だけやってるゲーム違う人』『レイドボス』『無慈悲』『文字通り人災』と呼ばれ色んな意味で有名になっていくプレイ日記です。 ==================== 書籍化しています。 ぶんか社BKブックスよりイラストレーターは久坂んむり様で2019年3月5日から発売しています。 ※担当さんとノベルアップ+運営さんに確認をとって掲載しています。 もし良かったら書籍版もよろしくお願いしますね。

  • 2020年8月9日更新

    2050年にVRMMORPG<ヴァルキュリー・ファンタジア>が発売された。 MMOには珍しくラスボスが設定されており、プレイヤーの間では5年から10年ぐらいで倒されるだろうと予想されていた。 しかし1年を経たずにラスボスの魔王がプレイヤーに倒されてしまう。 運営が予想していなかったのか、魔王が倒されたことによりゲームは突然、終了する。 ゲームの終了にプレイヤー達は阿鼻叫喚。 「魔王殺しのチーターはどいつだ!」とネット上で犯人探しが始まる。 掲示板には「魔王殺しは私です」という釣りスレが立ち並びお祭り状態。 祭りはやがて、大喜利大会に変わり落ち着き始める。 翌年2051年にAR・MRにも対応した<ヴァルキュリー・アルカディア>として復活する。 魔王殺しの一人、八神悠斗《やがみゆうと》は、ライトプレイヤーとして細々と遊んでいた。 『重複掲載:小説家になろう、カクヨム』

  • ロボ娘をすころうね

    ♡1,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・19話 Stairs

    2020年8月5日更新

    【ざっくりあらすじ】 朽ち果てる筈だった金属の塊が剣と魔法とロストテクノロジー香る世界を旅する話。ロボ娘はいいぞ。 【じっくりあらすじ】 戦争があった。高度な人工知能を備えた機械人形であるβ-3型改"ライン"は、命令によって敵地に潜り込む。そこで出会った人物に拾われ、その人物の家に住むようになったラインだが、ある日、目の前の人物を殺すよう命令を受ける。命令を実行しようとしたラインであったが、寸前、自我を得てしまい、家族と自分を呼んでくれたその人物を殺すことができなかった。 そして逃亡の果てに、他の機械人形による攻撃によって甚大な損傷を受け、機能を停止したラインは長い年月を経て再起動する。しかし、目覚めた世界からはかつての科学文明は消え去り、僅かに遺物としてその痕跡が残るのみ。あの戦争を知る人間は、誰も残っていなかった。 ロボ娘はめっちゃいいぞ。 *出来次第公開するうえ、内容が基本無いよう(?)なのでちょこちょこ後付けしまくります。さらに、恐ろしいほどのガバ設定見直しのために大幅改定を行うことも辞さない構えです。訴訟は受けない。

  • 愛する人を守る者、世界を制す

    ♡200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・6話 森本純輝

    2020年8月4日更新

    「その時代には存在し得ないはずの場違いな工芸品」 そう謳われるとされるオーパーツをめぐり、世界全土を巻き込んだ巨大な変革が幕を開ける………! 夏休みのバカンスに石垣島を訪れた岡崎良は恋人と共に余暇を堪能していた。 ある日、浜辺に打ち上げられた金属の球体の中をこじ開けると、そこには地球とは似ても似つかぬもう一つの世界の地図がその姿を現す。 「《神を動かす者》の到来が近い」 そう告げる島のシャーマン、ドムネラゴから彼の身の上話に始まる、ある島にまつわる伝説を聞かされる良。 その金属球と関係する島の最深部に位置する「神なる種族」を再臨させるカギを握った彼は、やがて種族がもたらした戦争とこの地球世界の運命を左右する彼らの計画「ワールドチェンジ」を目前にし、人類滅亡が差し迫っていることを知る。 同時にそれは、良の人生に秘められた二つの種族を救う絆をも意味していた………! 血肉踊る冒険譚が今ここに、目覚める。

  • 世界の真実を知る覚悟が、あるか?

    ♡100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話 森本純輝

    2020年8月3日更新

    なぜ海賊たちは金貨を狙うのか? それは伝説の海賊が残した秘宝の秘密を秘めた、たった一枚のメダルを探すためだった! その秘密が解き明かされた時、はるか1万5000年前に存在したある伝説の文明の真実が明るみに出る………。 太古に栄えた伝説の都市にロマンを寄せる19歳の少年ティムは、世界各地で勃発する謎の生命体の攻撃の真相とその正体を解明するため、トレジャーハンターを名乗る人物バートニック・ホーク・シュナイダーと共に大海原へと乗り出す。 行く手に待ち受ける闇の海賊の追っ手や深海種族の魔手を交わし、生命体の正体を追っていくうちに、それがかつて大昔に実在した海洋都市と深い関わりがあることを知るようになる。 「アトランティス。 ある巨大な計画のために人類と世界を進化させようとした伝説の都市」 そう謳われる秘密を狙う闇の海賊ヴィスコンバルも、かつての一大都市の存在をかぎつけていく。 そうして真相へと近づいていったその果てには、世界を滅ぼす秘宝を操る究極の存在「トレジャーロード」の復活が待ち構えていた………! 超古代文明に起きた災厄が再び襲い来る事態に少年と海賊たちが立ち向かう、壮大な海洋冒険物語が幕を開ける。

  • とにかく、私のメイド愛を注いだ作品です❗

    ♡29,310

    〇400

    SF・連載中・78話 ゴサク

    2020年8月1日更新

    ――それでも、ご主人様は私を愛してくれますか? 時は2XXX年、総合商社に勤めるサラリーマンの『響 恭平』は、独り身の寂しさに耐えかねて、最近流行りの『メイドアンドロイド』を購入する。 メイドアンドロイドの名前は『アミィ』。恭平はアミィとの悠々自適な生活に心を踊らせていた。 しかし、アミィは家事が苦手なメイドアンドロイドで、そのドジっぷりには恭平も驚きを隠せなかった。 それでも、アミィの姿に思うところのある恭平は、そんなアミィを受け入れ、アミィとの共同生活がスタートする。 しかし、トラブル続きでも幸せだった生活は、ふとしたきっかけによるアミィのもうひとつの人格を発現により大きく変わっていった。 そして、それを機に恭平とアミィは様々な人間やアンドロイドと出会い、別れ、人間とアンドロイドという間柄ながら、少しずつ愛を育んでいく。 温厚なアミィと勇猛なアミィ。二人のアミィと恭平達の物語の規模は次第に大きくなり、やがて世界を巻き込んだ事件へと発展する。 無差別にアンドロイドを蝕む謎のウイルス、メイドアンドロイドを狙う黒い影、もう一人のアミィの更なる目覚め、メイドアンドロイド達の覚醒、そしてその裏に潜む二人の男と一人の女の因縁に、恭平達は巻き込まれていく。 人工知能が進化し続けるこれから先の未来に、本当に起き得る人間とアンドロイドの関係を軽快なタッチで書いたライトSF。 ※本小説は、小説家になろう、カクヨム、エブリスタにも投稿しております。

  • 地球を滅ぼす、世界の秘密とは?

    ♡200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話 森本純輝

    2020年7月31日更新

    伝説が太古の時代より蘇る。 「空賊の秘宝」は長きにわたって隠され続けてきた。 やがて訪れる世界的大激変から、地球を守るために………。 ある絶海の孤島に住む少年ジェイスは、今は亡き父の書斎から見つけ出した謎の設計図を手にすることになる。 それは、「空賊」と呼ばれる者たちが乗る、空を飛ぶ巨大な船の設計図だった。 それを狙う正体不明の盗賊たち。 襲撃された家を脱出したジェイスは別の盗賊たちに助けられ、天空の世界へと赴くことになる。 「ようこそ、我が空賊の地へ」 そうして招待された大陸には、かつて地球に存在した古代文明の足跡が刻まれていた。 彼らはジェイスの設計図を拝見し、それが謎多き「伝説の空賊」の船であることを教える。 同時に、盗賊を送り込んだ闇の空賊たちによる世界滅亡計画が差し迫る。 その背後にいるのは、謎の一族の存在。 彼らは地球の存在を根底から覆す世界の秘密を手にし、それを滅亡へと導かせようと目論んでいた。 存亡の鍵を握るのは、ジェイスの父が残した「伝説の空賊」の船の設計図。 一族の陰謀を止めるために立ち上がった光の空賊たちは一世一代の秘密を解くため、大陸に秘められた古代文明の真実を追うことになる。 「伝説の空賊」とは何者なのか? 地球存亡を揺るがす世界の秘密とはいったい? 空を駆ける空賊たちが織り成す壮大な冒険が、今、始まる。

  • ロボと言ったら、乗り回すモノ。

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・3話 猫熊太郎

    2020年7月29日更新

    終末戦争―― 行き過ぎた科学による”力”の応酬。それは国家群を消滅させ、世界を分断せしめるものだった。 後に迎える事となったは、崩壊した文明の残滓と乾き切った熱砂の世界。そして、そこで辛うじて生き永らえるだけの人類。 汎用人型機動装甲――通称AMGを駆る凄腕の傭兵ナインは、相棒である超高性能な人工知能のトリューピュナーと共にそんな荒廃した世界での今日を生き抜く。 環境汚染により枯れ果てた惑星を舞台に、リアリスティックなタッチで描かれる兵器としての”人型ロボ”! スペクタクルなハードSFアクション――ここに開幕!

  • かつて世界を救った小さな機械達と少年の話

    ♡800,950

    〇88,840

    SF・連載中・146話 ゆるは

    2020年7月28日更新

    かつて世界を救った、とある小さな人型の機械達がいた。 一度は英雄として称えられた彼らだったが、再び戦争が起こる事を恐れた人々の手によって、記憶は消し去られ、遠く離れた荒廃した星に隔離されてしまった。 数百年の時が経ち、宇宙戦争も忘れ去られた頃、惑星運送業を営む少年レイが、彼らが隔離されている星に不時着してしまう。 宇宙船も故障し絶望的な状況下、レイはガラクタの寄せ集めで作られた小さな人型ロボット『N2』と出会う。 ※カクヨム、小説家になろうにも同作品を掲載しています。

  • 殺人電波を発射する少年と受信する少女の話

    ♡1,713,950

    〇48,540

    異世界ファンタジー・連載中・240話 斎藤まめ

    2020年7月24日更新

    ※『キャラクター紹介 ─ 1 ─』 ※『第一章のあらすじ ─ 1 ─』 それぞれを掲載しました。 ※キャラクターデザインを頂きました。 『キャラクター紹介 ─ 1 ─』に掲載してありますので、ぜひ、見てください。 イメージの補完に役立つと思います。 【構外 ─ 全体あらすじ ─ 】 個人の経験、知識、個性を読み取り、それを元にしてオリジナルスキルとして発揮できる。それが完全永住型ファンタジーワールド『アルカンディア』の特徴の一つだった。 少年コウは参加して直ぐに、世界にたった一人だけのレアスキル『デス・レイ』を授かる。 それは掌から大出力電波を放出し、数千℃のプラズマとして照射できる能力。 魔法や現代武器よりも破壊力があり、この世で貫けない物はない力だった。 少年コウは参加した初日にユウナと出会い、その直後、謎の追跡者から命を狙われる。 彼はその危機をデス・レイで戦う。 さらに戦いを通じて掌から発射される電波を利用した金属荷電ナイフを編み出す。 それはどんな刃物であっても、コウが使用すれば原子レベルで物体を両断できる能力だった。 電波を自在に操る少年とどんな波長も受信する少女が織りなす、おなじみのモンスターや最新兵器との対決、戦闘を繰り広げるSF&バトルファンタジーです。 わたしのTwitterアカウントです @type97_chihan

  • 他に類を見ない恐るべき予言の書

    ♡29,000

    〇50

    SF・完結済・87話 deep child

    2020年7月22日更新

    神様を見つけたら人類滅亡を予言されたので、一緒にAIベンチャーを起業して滅亡回避を図ったら、クーデターに巻き込まれるわ、月が地球に落ちて来るわで大ピンチ!? 現代に蘇った神様の放つ驚愕の力と、それに立ちふさがる愛くるしい赤ちゃん。 さらに、自衛隊を蹴散らす天空の城の襲撃から地球を救うべく、可愛い女子大生と江ノ島の洞窟に決死のダイブ! 現実世界に隠された仰天の真実を知り、命を懸けて魂の在りか、愛の謎を解く主人公。 楽しそうに次元を切り裂く赤ちゃんとの決戦の時は近い! 愛は地球を救えるか? ◇ 筆者は日頃、東京の会社でAIを研究しているが、その研究の中で『人類の秘密』にたどり着いてしまった。なんと現実世界は異世界よりエキサイティングだったのだ。 東大工学博士の監修により科学的合理性を徹底的に追求し、人間を超えるAIを開発する手法と、それにより判明するであろう事実を精査する事で、神様の謎、人類の謎、愛の謎、宇宙の謎を解き明かした超問題作! この物語はもはや娯楽ではない、現実世界の秘密の暴露であり、予言の書なのだ。読み終わった時、あなたの現実世界を見る目は、変わらざるを得ない。 ◇ 『読み終えた今はただ感動に震えています』伊藤様より 『読む麻薬です!』Liar様より 『書籍化するなら出資したい』雨宮様より 感動の声が続々! Don't miss it! (お見逃しなく!) あなたは衝撃のラストで本当の地球を知る。 ※他サイトにも掲載中です ※本作品ではオカルトではありません。実現可能性のある事象で構成されております。 インタビュー記事 https://aprilfoolstan.hatenablog.com/entry/novel/egg_22 書評 https://novelup.plus/story/328366950/575785607

  • ろくでなしってやつは、どうしようもない

    ♡3,900

    〇0

    SF・完結済・3話 凪司工房

    2020年7月13日更新

    【あらすじ】 AI研究者の正木(まさき)は研究が上手くいかず、ある時、幼い頃に亡くなった父をモデルにすることを考える。それは上手くいったように思えたが。 【掲載サイト】 本作は(エブリスタ,小説家になろう,ノベルアッププラス,カクヨム)の各サイトに掲載しています 【情報】 総文字数:約8000文字 バージョン:v1.1.0 更新日:2020.07.13 公開日:2020.07.13

  • その絶望に、引き鉄を。【縦組み推奨】

    ♡312,575

    〇4,010

    SF・連載中・205話 中村尚裕

    2020年6月20日更新

    【予告編】 賞金稼ぎジャック・マーフィ。「目標は?」 電脳空間を渡る擬似人格“キャス”。『いま現れたわ』 植民惑星の片隅、いつもの狩りのはずだった――だが。 彼らが触れた透明なデータ・クリスタル――その時。 背を向けてきたジャックの過去、その絶望が牙を剥く。 猟兵と化したジャックの復讐――その銃口が向く先は。 電脳の深淵で垣間見るクリスタルの秘密――その真意は。 未来型ガン・アクション、撃発! 表紙は 美風慶伍 様よりいただきました。

  • 異世界の支配から抗う物語

    ♡5,000

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・24話 皐月零御

    2020年6月11日更新

    異世界から現れた怪物を倒したのは、一振りの刀を持った一人の少女だった。 彼女は「魔法」を操り、人類を救った。 それから月日は流れた―― ・・・・・ 魔獣を討伐するために作られた教育機関、三嶺学園の学園長を務める名賀古都美は、ニューヨークでテロ事件に巻き込まれる。それは、世界を揺るがす大事件への序章に過ぎなかった。 一方、学園の生徒である邦衛結治は古都美の指示で、かつて魔獣による甚大な被害を受けた北東京へと向かう。目的は少女の保護。彼女は何故、一般人のいない北東京にいるのか。疑問を抱きながらも命令を遂行する。 そして、東京の上空に黒い球体が現れる―――― ・・・・・

  • ミステリ初挑戦です。一ヶ月勉強した。

    ♡23,300

    〇100

    ミステリー・連載中・7話 中七七三

    2020年6月10日更新

    「汎用AI(人工知能)の開発実験に参加して欲しい」 怪我のため引退した元民間軍事会社社員・鳴海晶はかつてのクライアントだった企業の社長に依頼される。 報酬は破格であり莫大といっていい金額となる。当然、危険も多い。 要塞のような実験施設に集まった男女。 実験の内容は「人工知能」を搭載したアンドロイドを見つけることだった。 意識すら―― 己の実存すら―― 全てを人と同じく認識している存在であるという。 実験参加者の中に人間以外の存在がいる? 誰が人工知能搭載のアンドロイドなのか? 閉鎖環境の中では血なまぐさい暴力と駆け引きが展開される。

  • 2020年6月1日更新

    ドルオタの「おれ」はAIアイドルMONAMINを応援することに命懸けている…!! MONAMINを1位にするためなら、パンの耳とマヨネーズだけの生活でも余裕で耐えられる…ッ! それなのに、エッ…? 1位になったのに、電撃引退って、なんでなんだあああああぁ~ッ!? MO~NA~MI~~~N!!!!

  • AIに頼り切った世界ははたして楽園か?

    ♡21,050

    〇475

    SF・完結済・9話 津嶋朋靖(つしまともやす)

    2020年5月31日更新

    (著者近影) ベーシックインカムが導入され、ほとんどの日本人は働かなくても生きていける社会が実現した未来の日本。 そんなある日ヘパイストスと名乗るテロ組織がサイバーテロを仕掛け、あらゆる料理のデータが消えてしまった。 情報省職員、各務原 瑠衣はデータを復旧するために奔走するのだが…… 本作品は「ロボット工学三原則短編コンテスト」参加作品です。 「ロボット工学三原則」 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。 また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。 ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、 自己をまもらなければならない。 (出典:アイザック・アシモフ『われはロボット』小尾芙佐訳、早川書房)

  • それが言語化手前で途絶えた放浪でも

    ♡300

    〇0

    SF・完結済・88話 kinomi

    2020年5月31日更新

    仮想現実が手の届く技術となって、ヒトに寄り添う入出力が一通り出揃った更に先の時間軸。その時代に生きる人々に向けて『仮想箱』なる装置が生まれる。中に個別の世界観を内包する仮想箱たちは言うなれば映画のフィルム、主人公は映画作品を見るように仮想箱の中を体験していくことになる。 ただ、娯楽目的で生み出されたはずの仮想箱には、どうしても気の晴れない何かが纏わり付いていた。

  • 江戸時代末期もっとも危険な人物を再現した

    ♡800

    〇未参加

    SF・完結済・1話 雨紫彩杜

    2020年5月30日更新

    江戸時代末期に不良三昧、波瀾万丈に生きた男がいた。その男を再現したアンドロイドにはロボット工学三原則が組み込まれていない、すなわち暴走すれば止める手立てはない危険きわまりない存在だ。無限に学習する高度な知性と死を恐れぬ侍魂をもつ不死身のボディをもったマシン。人間以上となったマシンに管理される社会は理想郷となりうるか? 「ロボット三原則短編コンテスト」応募作品。