仮想戦記

検索結果:13件

  • 国虎の楽隠居への野望・十七ヶ国版

    何となく書きたくなった作品。不定期です。

    568,200

    202


    2022年8月10日更新

    信長以前の戦国時代の畿内。 そこでは「両細川の乱」と呼ばれる、細川京兆家を巡る同族の血で血を洗う争いが続いていた。 勝者は細川 氏綱か? それとも三好 長慶か? いや、本当の勝者は陸の孤島とも言われる土佐国安芸の地に生を受けた現代からの転生者であった。 史実通りならば土佐の出来人、長宗我部 元親に踏み台とされる武将「安芸 国虎」。 運命に立ち向かわんと足掻いた結果、土佐は勿論西日本を席巻する勢力へと成り上がる。 もう一人の転生者、安田 親信がその偉業を裏から支えていた。 明日にも楽隠居をしたいと借金返済のために商いに精を出す安芸 国虎と、安芸 国虎に天下を取らせたいと暗躍する安田 親信。 結果、多くの人を巻き込み、人生を狂わせ、後へは引けない所へ引き摺られていく。 この話はそんな奇妙なコメディである。 設定はガバガバです。間違って書いている箇所もあるかも知れません。 特に序盤は有名武将は登場しません。 不定期更新。合間に書く作品なので更新は遅いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:18時間18分

    この作品を読む

  • ハジマリハ深い谷底から

    BADENDまっしぐらな物語

    22,900

    100


    2022年7月30日更新

    世界大戦の終わりは平和ではなかった。世界規模で行われた人類史上最大の戦争は、ラング帝国の敗北という形で一応の終わりを迎える。戦いに疲れた人々は、ようやく訪れた安寧に胸をなでおろし、失った友、肉親に涙し別れを偲んだ。 ――が、それも永くは続かなかった。世界大戦から10年余り過ぎ、人々が戦いを忘れ始めた頃、それは現れる。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • アンダーブルー・クロスロード ~そして二人は、結晶に喰われ果てた世界を駆ける~

    結晶世界、争う人々、人型兵器、望む二人

    2,000

    0


    2022年7月3日更新

    ある日を境に、世界は変わった。 地上の大半が突如として謎の結晶に覆い尽くされ、同時に多くの人々がそれに呑まれて亡くなった。 これが、後に『不可成結晶体(クリスタル)』と呼ばれるようになる物質によって発生した一連の大災害、もしくは破滅。 ――通称『大析出(ブロウ・アウト)』。 この大災害によって、各地の都市は一つの例外を除いて見る影もなく壊滅した。 そうでないところは、やはり一つの例外を除いて不可成結晶体が原因である結晶病が蔓延し人口が激減した。 そして来るある日。 人類にまつわる何もかもが限界に達した。 居住可能な土地と食料を巡る戦争が、一つだった世界なんかお構いなしに、互いに互いを喰らい合う戦争が世界規模で始まったのだ。 ――そんな、世界群発戦争が集結して三十年。 一度砕けた世界は二つの勢力へと大きく二分化され、互いに対立し、そして冷たい戦争の最中にあった。 海上都市国家『エリュシオン』に住む静馬エトは、友人の研究の手伝いのために赴いた大析出の爆心地で一機の人型機動兵器VAFと邂逅し、そして一人の少女と遭遇する。 謎の少女を保護したエト。 しかし、それはエリュシオンをそして、結晶に喰われゆく世界にまつわる紛争と巡礼の始まりでもあった。 結晶の御世に於いて、人は結晶と共にあった。 結晶から産まれし少女と、その少女に救われた青年はやがて共にあることを望んだ。 結晶に喰われながらもそれでもなお、互いに戦い続けるこの世界で、二人は何を継いで、何を願う――?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間5分

    この作品を読む

  • 南溟の晩鐘

    「鉄底海峡の砲撃戦」続編

    1,100

    0


    2022年6月3日更新

    戦艦大和以下、水上砲戦部隊の活躍によって勝利を収めた第三次ソロモン海戦。 その後も、日本海軍はルンガ沖海戦などでの勝利を続ける。 そして、第三次ソロモン海戦から二ヶ月後の一九四三年一月、日本海軍は南太平洋全域での通商破壊作戦「い号作戦」を発令。 これによって、南太平洋のアメリカ軍はさらなる窮地に陥った。 ガダルカナルに残る三万名の海兵隊将兵を救うため、南太平洋方面軍司令ウィリアム・F・ハルゼー提督は再度のガダルカナル突入作戦を決意する。 迎撃するは、第三次ソロモン海戦での殊勲艦夕立を始めとする日本海軍の精鋭水雷戦隊。 今再び、鉄底海峡で死闘の幕が上がる。 (本作は、「小説家になろう」様にて掲載した作品を分割して転載したものとなります。)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間6分

    この作品を読む

  • 堀口明日香の仮想戦記、ミッドウェー海戦

    堀口明日香の仮想戦記シリーズ1

    4,600

    0


    2022年3月23日更新

    実験潜水艦の実験結果をもとに帝国海軍では新型潜水艦の建造に着手した。 異例の速さで建造された新型潜水艦はイ201と命名された。呉海軍工廠で艤装を終え、引き続き公試を終えたイ201は、昭和17年4月1日付で竣工し直ちに第6艦隊に編入された。艦長はもちろん艤装委員長を務めた堀口明日香中佐、副長は鶴井静香少佐である。5月26日早朝、イ200型用に開発された深深度酸素魚雷を定数積んだイ201が母港呉からミッドウェー攻撃主隊に先行して出港した。イ201のミッドウェーでの活躍や如何に? 堀口明日香の仮想戦記シリーズ1ですが、シリーズ2があるかは不明。

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 鉄底海峡の砲撃戦

    昭和17年11月、戦艦大和出撃。

    2,500

    55


    2022年2月12日更新

    一九四二年六月、ミッドウェー海戦において日本海軍は赤城、加賀、蒼龍を失うという大敗を喫した。 そして、その二ヶ月後の八月、アメリカ軍海兵隊が南太平洋ガダルカナル島へと上陸し、日米の新たな死闘の幕が切って落とされた。 熾烈なるガダルカナル攻防戦は、ついに日本海軍にある決断を下す。 戦艦大和。 日本海軍最強の戦艦が今、ガダルカナルへと向けて出撃する。 だが、対するアメリカ海軍もまたガダルカナルの日本軍飛行場を破壊すべく、最新鋭戦艦を出撃させていた。 ここに、ついに日米最強戦艦同士による砲撃戦の火蓋が切られることとなる。 (本作は「小説家になろう」様に投稿した「鉄底海峡の砲撃戦」を加筆修正したものです。)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間22分

    この作品を読む

  • ニュー・クリアと灰燼の列島

    之は、あり得たかもしれないもう一つの日本

    0

    0


    2022年1月25日更新

    太平洋戦争。 大日本帝国は8月14日に発生した玉音放送の阻止事件と、それに伴う戦争終結の見送り、さらに継戦派によるクーデターによって、太平洋戦争を続行。その結果、長野大本営に移った陛下による降伏の勅が出される1949年1月5日まで本土決戦を行い続け、戦後日本は分割された。 数多の悲劇を残して。 そして1962年、事態は大きく動き出す。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 【仮想戦記×異世界】奴らは月からやってきた ―喪われた戦争― 1941年、大日本帝国とアメリカ合衆国は太平洋の覇権をかけて一触即発の状況にあった。 合衆国主導の石油制裁により、窮地に陥った日本はついに状況を打破するため対米開戦を決断する。 太平洋の波濤を越えて、日本海軍はハワイ沖に空母機動部隊を送り込んだ。 現地時間12月7日、真珠湾に駐留する合衆国艦隊を奇襲するため、183機の攻撃隊が飛び立って征く。 しかし彼等の奇襲は未遂に終わった。 そこで彼等が目にしたのは、異形の怪物に蹂躙される合衆国艦隊の惨状だった。 その日を境に世界は回転した。 ドラゴンに、クラァケン、ヒュドラ……空想上の化け物が次々と出現し、人類は試練の時代を迎える。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間51分

    この作品を読む

  • 暗黒のノクターン

    失った者を取り返すべく男は潜入した…。

    200

    0


    2021年11月18日更新

    空気が薄い。 私は喘ぎながら目的の頂上を目指した。 日暮れ前には何とかたどり着いた。 岩陰から向こう側の山稜をビノキュラーでそっと覗き見た。 夕闇迫る一望に山々の稜線が拡がっている。 ひときわ目立つ山頂上に置かれている巨大な黒い円筒の数は3体。 あれらの中身は人格なのだ。 彼らはサイバー戦に負け、身体を奪われ、入出力は何も無い。 いや、私の居るこの秘密の高みからのみ彼らの出す音が聞こえる。 あれは音楽だ。 悲しくも美しい調べが響く。 彼らを解放する機会を待ちながら私は只、その切ない旋律を聴き続けた。「必ず助けてみせる…。」 私は密やかな声で誓った。 アクションサイバーパンクSF。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 白兎敗走記(改訂)

    『白兎敗走記』の改訂版です。

    7,400

    0


    2021年9月18日更新

    マーガレット公国に住むイナバ族の少女、イベリス。 平穏に暮らす学生であった彼女だが、徐々に戦火に巻き込まれていく…。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • ある不慮の事故で命を無くした冴木 美鈴は、目が覚めるとなぜか見知らぬ世界に転生していた。 そして、聖女の家系として生まれレイナ・アストレアとして育てられ、現代の知識を受け継ぎ勉学で秀でていく。 現教王国の体制も腐敗しきり、民たちは苦しんでいた。 今まで籠の中の鳥状態だったが、結婚の前日に世の中を見るチャンスを得るも、細かく目を向けると、そこは想像していた世界とは違い酷く穢れている。 結婚相手の第二王子も性格が歪んでおり、婚約を破棄すると今度は終われる立場になってしまう、お城から抜け出しなんとか砂漠に逃げると、そこには砂漠の民を率いる人物が待ち構えていた。 その人物とは、今の体制に嫌気がさし教王国を自ら抜け出した第一王子であった。 彼は砂漠の民たちを率いて、いずれはこの世界を救うために活動を行っている。 しかし、それを邪魔と考えた教王国側はレイナたちの討伐へと行動を移していった。 そして、初代聖女の力を使いレイナは腐敗しきった世の中を正すために砂漠の民たちを率いて教王国と戦っていく、その中で待ち受ける魔の気配、伝説上の生物。 自ら聖女の地位を捨て、迫りくる敵を倒し続けるレイナたち「大丈夫……私は一人じゃないから!」 前世の知識を駆使し、初代聖女であるソマリの力も受け継いだ彼女たちのアラビアン冒険譚! ここに開幕!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間7分

    この作品を読む

  • Re:信長下剋上伝

    信長VS秀吉のif戦記

    20,500

    100


    2020年5月28日更新

    もし本能寺の変で、織田信長が死んでいなかったら……。 何もかもを失った信長が『下克上』を目指したら……。 時は豊臣秀吉が天下人に王手をかけた頃。 全国の大名たちが関東へと集まる中、突如として歴史の表舞台に舞い戻ってきた信長は、電光石火の奇襲で、とある城を制圧する。 彼が目指すのは「日本の天下布武」ではなく「世界の天下布武」。 領地も兵もない彼が、とある天才軍師と無双の戦乙女の二人と出会ったことを機に、世界の覇王となるべく下剋上を目指す。 ※この物語はフィクションです

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間22分

    この作品を読む

  • 明を復興させた男 ~国に殺された名将の甥が英雄になるまで~

    蜀漢が愛される様に復興モノは浪漫なのです

    1,350

    0


    2019年9月26日更新

    叔父上、そして途中で散っていった者達のために私は祖国を再興すると決めた__ 時は17世紀。 暗君による贅沢と軍事費の増大、そして後に『清』となる新興国『後金』の圧迫を受けて危殆に瀕していた大帝国『明』 そんな斜陽の帝国に、一人の男が現れた。 男の名前は袁崇煥。 明末にその名前を轟かせた名将であり、後世で諸葛孔明などと並び称賛された稀代の傑物である。 しかしその英雄は、敵の計略にかかった自国の皇帝により逮捕され、刑場に命を散らした。 これはそんな彼の遺志を継いで、滅びゆく祖国の復興を成し遂げた彼の甥の物語 漢文少ししか読めない・中国語少ししか分からない中で、十二単アイコンのためだけに頑張った作品。 処女作なのでお察し

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む