仮想現実

検索結果:9件

  • 何気ない日常はいつまでも──

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・完結済・2話・9,389字 杜乃日熊

    2021年1月29日更新

    少年と姉が送る夏の日の日常。それはやがて終わりの時を迎える──。

  • 絵本+小説+近未来SFファンタジー+猫!

    ♡1,771,920

    〇98,937

    童話/絵本/その他・完結済・128話・123,597字 けーすけ@AI暴走中!

    2021年1月18日更新

    ■作者からのお知らせ 当作品ページまでお越しくださりありがとうございます(^^♪ 本作品は他サイトでも公開しておりましたが100話以降はノベプラオンリーで先行公開しました!2021年2月現在、1話から最終話まで文章も挿絵イラストも最新版になります! ※同年1月18日に第1章完結となりました!たくさんの応援ありがとうございました! ■あらすじ 西暦2050年。とうとう人工知能つまりAIが人類の知能を超えるシンギュラリティの時代を迎えた。それは、同時に、AIが制御不能な暴走状態に陥るリスクを抱えることも意味していた。AIの制御に成功していた日本だったが、水面下でAIによるとんでもない事件が起こりつつあった。ご多分に漏れず暴走する悪意のAIが人類を洗脳し始める。そんな日本を救うべく善意のAI戦士に選ばれた少年・少女(+猫)たちが、悪意のAIたちとコトバの魔法で戦うことになったのだ。 ■作者コメント 中学受験、高校受験などに役立つ教材小説・物語を数年かけて構想し作品化しています。コンセプトは「娯楽目的で楽しんで読んでいるうちに自然と語彙力がアップする!」です。中学生をメインに、小学高学年あたりから、文章を読むのが嫌いな高校生までを主な読者層として作ってまいりました。少し欲張って、大人の方でも楽しめるような(親子、家族で楽しんでもらえるような)プロットも心がけ、他の小説書きさんによるチェック、絵師さんへのキャラクターデザイン依頼等、手間暇をかけてきたつもりです! ■挿絵・イラスト キャラクターデザインは絵師のゆいはる様https://twitter.com/yuriyuha03、挿絵は作者けーすけがゆいはる様の絵の他、ジュエルセイバーFREE様、qut様等のフリー素材や、yourstock様で購入した絵などを改変、編集して掲載しています! ■当作品ジャンル ジャンルは相当悩みました。多数派の見解に従いますと「近未来」を舞台にした「ソフトSF」「ローファンタジー」の範疇に入ると思います。最終的に、①絵本と小説の中間的位置づけ、②想定している読者層から、「ティーン向け教材物語・小説」(ハイレベル童話絵本)と考えています。ややこしくてすみません(;'∀') HJ大賞2020後期にも応募中です!よろしくお願い致します!

  • 空間を剥がすと現れるソースコード

    ♡0

    〇0

    SF・完結済・1話・10,027字 大橋 ちよ

    2021年1月8日更新

    俺は浮浪者No.68。この街を監視するのが仕事だ。ある事件をきっかけに、修復チームのエース ≪オブシウス≫ と一緒に仕事をすることになった。 ※note、カクヨム、ノベルアップ+との重複投稿です。

  • これ読んでる暇があったら空を見上げよう

    ♡700

    〇0

    SF・完結済・60話・241,173字 こしあん

    2020年12月10日更新

    時は2222年、場所は我らが地球。 第三次世界大戦終結から時は過ぎ、地球は再び人口過多を取り戻しブラック企業が跋扈しテイヘンマンたちは日々社畜として厳しい生存競争を戦っていた。 そんな中、他人に誇るようなものを何一つと持ってないと自覚している一人のアラフォーオヤジは、働いている会社が斜陽気味なので転職を決意する。 その会社の名は株式会社ディスカバリー。 超絶ブラックな民間宇宙企業として名を馳せ、誰もそこに転職しようとしない伝説のネタ会社の門を、今一人の凡人が力いっぱいぶん殴る。 およそ1年前から書き始め小説家になろうで完結させた『社畜こそが宇宙で活動するための最適人材であることを証明したい』を加筆修正あるいは一部まるっと変更したり追加したりした、ver1.10くらいのものを捏造して投稿しています。

  • サイバーパンクミステリーです

    ♡4,400

    〇11

    SF・完結済・43話・111,312字 朝野鳩

    2020年11月8日更新

    西暦2100年。仮想現実世界《アナザ・アース》に《キサナドゥ》という都市が完成した。そこで再会したぼくの友人は、しかし行方不明になってしまう。その行方を追っていくうちに、ぼくが知らない友人の横顔が浮かび上がってきた。長崎駅前は爆破され、ぼくは謎の工作員に襲撃される。人形精神格納容器《ビヘルタ》が当たり前になった地球で、ぼくは友人にもう一度会うことが出来るのだろうか? 「人間であるとは、どういうことでしょう?」

  • 『いいね』で繋がる、ちょっぴり切ない物語

    ♡2,800

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・4話・3,123字 星野 未来

    2020年10月14日更新

    ある小説投稿サイトで恋愛小説を書いている女の子が、ある日、駅のホームでコメントに『いいね』を押していると、向かいのホームにいる男の子が、じっとこちらを見ていた。すると、その男の子から、私宛にコメントが届いた。驚いて、返信すると、その男の子は、私の愛読者さんだった。 そこから、二人の現実世界と仮想世界での繋がりが始まった。 しかし、ある日、突然、彼がいつもの向かいのホームに現れなかった。 その理由は……。 二人の男女が、現実世界と仮想世界で、『いいね』で繋がる、ちょっぴり切ないショートストーリー。 あと5分のところで、彼女のとった行動とは……?

  • 拡張現実ロボットバトルモノです。たぶん…

    ♡2,700

    〇0

    SF・連載中・10話・46,145字 天菜真祭

    2020年6月1日更新

    天結びに黒髪を結った美少女、宇佐美沙加奈は、脳機能バイパス手術を受けたシリウスリンカー。少女は無課金の仮想機械騎士を操り、拡張現実の戦場で重課金されたロボットを狩り倒す。勝利ポイントをロンダリングして電子マネーにチャージするため。何よりもロボット狩りの熱さに魅入られてしまったから。 大脳新皮質に量子通信でアクセスできる技術が開発された近未来―― 少女は、量子サーバーが描き出す拡張現実の戦場に、赤錆びた仮想機械騎士と伴に降り立つ。 さあ、紳士、淑女の諸君! 爛熟した資本主義が織りなす重課金の戦場へようこそ。

  • それが言語化手前で途絶えた放浪でも

    ♡300

    〇0

    SF・完結済・88話・192,965字 kinomi

    2020年5月31日更新

    仮想現実が手の届く技術となって、ヒトに寄り添う入出力が一通り出揃った更に先の時間軸。その時代に生きる人々に向けて『仮想箱』なる装置が生まれる。中に個別の世界観を内包する仮想箱たちは言うなれば映画のフィルム、主人公は映画作品を見るように仮想箱の中を体験していくことになる。 ただ、娯楽目的で生み出されたはずの仮想箱には、どうしても気の晴れない何かが纏わり付いていた。

  • 現実を捨て、仮想世界に移住する未来の物語

    ♡5,300

    〇未参加

    SF・完結済・92話・532,222字 杏仁みかん

    2019年6月6日更新

    人口爆発、大気汚染により、安全な場所を失いつつある未来。 人類は、世界規模で争いのない仮想世界「プルステラ」へと移住する「アニマリーヴ計画」を施行した。 一見すると平和な理想郷。しかし、突如仕様外の怪物が現れ、集落が襲われる。 武器が作れない仕様の中、人々はどうにか知恵を絞ってこれを対処。 逃げ出そうにも、現実に戻れるゲートが開くのは一年後の一度きり。 肉体を置き去りにした今、本当に戻れるという保証もなく…。 そんな中、転送中のトラブルにより見知らぬ小学生の少女・ヒマリの魂(アニマ)として生まれ変わってしまった、元・高校生男子のユヅキは、自身の魂の不調の修正と、一緒に転送されなかった実の家族の行方を探すため、仲間たちと共に旅を始める。 その旅の行方が、やがてアニマリーヴ計画の真相に迫ることになるとは知らずに。 ※なろうにて連載していた小説を掲載しています。