依頼

検索結果:6件

  • 東雲とばりは諦める

    高校生が何かを『諦める』青春ストーリー!

    163,700

    433


    2021年6月4日更新

    【電撃大賞3次選考進出作品(一部改稿しています)】 「生きるということは、諦めることよ」 天文部部長、東雲とばりはそう言って、部室で『諦め屋』を営んでいた。 『諦め屋』――そこを訪ねれば、なんでも諦めさせてくれると噂される場所。 だが、同じく天文部員であり後輩の宵山晴人は、天文部が『誰かを諦めさせる場所』として使われることを好ましく思っておらず、今後の部の在り方を決めるため、東雲とばりと『賭け』をする。 そんな時、晴人の幼なじみである星宮夕月が、ひとりの女子生徒を連れてくる。 彼女はここへ来た理由は『諦め屋』を訪れるためであり、『何かを諦めるため』だった。 東雲とばりは彼女の依頼を聞き、『諦め屋』の活動が始まる。 一人、また一人とやって来る依頼者。彼らが『何かを諦める』のを見ていくうちに、晴人は「諦めるということは何を意味するのか」、「諦めた先に何があるのか」を知っていく。 揺れ動く晴人の心。 東雲とばりはなぜ『諦め屋』をしているのか。 そして晴人たちは最後に何を『諦め』、何を『諦めない』のか――

    読了目安時間:3時間18分

    この作品を読む

  • 神に会った冒険者

    ちょっとエッチな中年冒険者のお話し

    100

    0


    2020年11月19日更新

    そこは魔物の住むダンジョンが存在する世界、魔物を倒し戦利品を持ち帰る冒険者たちの居る世界。 一度は自分の目標に到達したが、世界の広さを実感し、絶対に勝てない存在を認識し一度絶望した。 そんな彼は、とある国の長に会い心を救われ、新たな目標を探しながら日常を送るのであった。 日常に癒しは必要である。癒しを求めつつ色々な依頼を受ける。いつか幸せが訪れるように。 少しエッチで変態な中年冒険者のお話です。主に女性の依頼を受けて報酬を……。 色々な依頼を受ける俺だが、この町で碌な噂をされてない。スケベ、変体、体目当て、女好き、もろもろ中には口にする事を憚はばかれる様な噂まである。ただ金の無い女は報酬を体で払える利点はある。チートレス?ハーレムとは行かないまでも少しは楽しめると思います。 少しエッチな医療的診察をしたり、可愛い者を可愛いと思う主人公。 色々な依頼を受けて、依頼人さえ気付いていない心の棘を抜く様な話。 一話毎に楽しめて、数話毎に感動の波が押し寄せる! 「小説家になろう」でも掲載

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間32分

    この作品を読む

  • 相応

    AMG夢コン参加作品9

    3,500

    0


    2020年9月11日更新

    僕が勤め先である探偵事務所に行くと雇い主はご機嫌だった。どうやら入れ替わりで出て行った男が高額報酬の依頼をして行ったらしい。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 小説書いてるフォロワー! 小説執筆有償依頼受けようぜ!!!!!!!!

    タイトルがすべてです。

    6,600

    0


    2020年5月23日更新

    4年くらい前に小説依頼受付やって結構案件来てたので その時のことを書いていこうかと。 その当時のことだけでは今の情勢に合ってなさすぎるかもしれないので 今現在小説依頼受付ができそうなサービス・手段もあわせてご紹介。 ----- この記事と似たような感じで、「受注生産サービス型の同人誌を作る」をテーマに note書いたのでよかったらどぞ。有料ページとかないのでぜんぶ普通に読めます。 https://note.com/hzs/n/n704d31f86961

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • イラスト依頼について考えてみた ―― 絵描き兼字書きの人間による相場感と依頼に適切なサイト、依頼の仕方など

    安価で or 安心して依頼できる場は? 

    15,700

    640


    2019年12月23日更新

    絵を依頼する側にも、描く側にも回ったことがあるため所感の覚書をば。 ノベプラIN率低めなので 気になることがあればついったー@sgw_zのDMまでどうぞ。

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • ファンタジー生物保護ってなんですか?

    心はどこにあるのでしょうか?

    2,760

    0


    2019年8月5日更新

    ある日、皐月誠(さつきまこと)はクラスメートである宮下アヤメ(みやしたあやめ)から「心はどこにあるのか?」と尋ねられる。 しかし、授業をサボり、頭の良くない誠にとって簡単に答えられる質問ではない。誠は直感的に心臓と答えることにした。だが、彼女はその答えを気に入らないようだった。 ちょうどその日、誠が所属するファンタジー生物保護部に一件の依頼が届く。 誠はその依頼に巻き込まれながらもはアヤメの言う心の在り処を探し、成長していく。

    読了目安時間:4時間56分

    この作品を読む