侵略

検索結果:7件

  • 混沌の邪神のしもべ3 祭壇の少年

    邪神のしもべ、ネクトーの運命を見よ

    9,000

    0


    2023年2月7日更新

    善神<パリャード>と邪神<ハーオス>がせめぎ合う剣と魔法の世界。 たった一人の家族である妹ジェーニャを怪物に攫われた少年レブは、邪神と契約をし妹を救おうとする。 深夜、今まさに邪神の祭壇で、自らの身体に短刀を突き立てんとした瞬間、レブの前に、虚空から男が降ってきた。 その男ネクトーは、驚くレブに、「あいつに頼み事をしても無駄だ」と言い、自分が妹を救うことを約束する。 邪神のしもべとなりすべての記憶を失った男ネクトーの彷徨と冒険。第3弾!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間49分

    この作品を読む

  • アビスゲート2200 深淵から来る者たち

    劇場未公開SFって感じです

    80,400

    1,233


    2022年7月16日更新

    火星周回軌道で建造中の巨大ステーション・アビスゲート。 それは火星の古代遺跡で発見された未知のテクノロジーを利用した星間移動用のシステムだった。 航宙艦キリシマは月で建造されたアビスゲート用のハイパー核融合炉を輸送する輸送船の護衛任務につく。 月の演習に参加していたパイロットのフェルミナ・ハーカーは航宙艦キリシマの航空部隊にスカウトされ護衛任務に参加する事になった。 そんな中、アビスゲートのワームホールテストと同時に月と地球半球に広範囲の電子障害が発生したが……

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • 虚実の女

    男装の麗人、川島芳子。

    200

    0


    2021年8月13日更新

    ――私があの方について語れるのは、これだけで御座います。 非命に斃《たお》れた「男装の麗人」の真相。 *monogatary.comのお題「『信頼できない語り手』で書いてみた」からの創作です。 *他サイトとの重複投稿です。 *一部、現在では差別用語になっている言葉を使用しておりますが、戦前の物語ということでご了承下さい。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 殺戮ジパング ~元寇・九州本土防衛戦~

    ユーラシア最強VS獰猛すぎる鎌倉武士団

    310,100

    1,668


    2020年11月27日更新

    ユーラシア大陸の覇王、クビライハーンは黄金の国ジパングを狙う。 征服した高麗を尖兵として日本に向かう未曾有の大艦隊。 精強無比、大陸を席巻した蒙古の兵団。そして抑圧され鬱屈しまくった高麗兵。 迎え撃つは、騒乱の中で武を磨き続け、殺しの技を極めつくした鎌倉武士団。 重装騎馬弓兵の突撃が蒙古・高麗軍を蹂躙する。殺戮する。殺しまくる。 なぜ、クビライは日本を狙ったのか? 通説を完全無視したエンタメ「元寇」小説。 ■参考文献■ 戦争の日本中世史 呉座勇一 異国合戦 岩井三四二 日朝中世史恨みの起源 室谷克実/監修 アンゴルモア・-元寇合戦記- 1~10巻 たかぎ七彦 井沢元彦の激闘の日本史 北条執権と元寇の危機 モンゴル襲来と国土防衛戦 北岡正敏 蒙古襲来の真実 北岡正敏 モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島 森平雅彦 本当に悲惨な朝鮮史 麻生川静男 時宗の決断 北条氏と鎌倉幕府 細川重男 鎌倉武士の実像 石井 進 モンゴル襲来と神国日本 三池純正 蒙古襲来 新井孝重 蒙古襲来と北条氏の戦略―日本国存亡の危機 「蒙古襲来絵詞」を読む 大倉隆二 襲来上下 帚木蓬生 鎌倉時代医学史の研究 服部敏良 悪党 小泉宜右 世界史のなかの蒙古襲来 宮脇淳子 モンゴル帝国の興亡 上下 軍事の日本史 本郷和人 北条時宗 川添昭二 中世社会の基層をさぐる 勝俣鎭夫 歴史群像 2014年8月号「蒙古襲来」中西豪 歴史群像 2016年6月号「武者の世①弓矢と騎馬」樋口隆晴 渡辺信吾 歴史群像 2016年8月号「武者の世②大鎧」樋口隆晴 渡辺信吾 戦争文化論 上下 マーチン・ファン・クレフェルト 新時代「戦争論」 マーチン・ファン・クレフェルト 兵器と戦術の日本史 金子 常規 戦争の世界史上 ウィリアム・H・マクニール 戦国の軍隊 西股総生 錯覚の心理トリック 清田予紀 暴力の人類史 上下 スティーブン・ビンカー 世界史の新常識 文藝春秋/編

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間34分

    この作品を読む

  • 変な宇宙人が俺の夏休みをメチャクチャにするっ!

    ぬいぐるみ型宇宙人襲来で大パニック!!

    11,800

    0


    2020年6月24日更新

    ヤツがウチに来たのは、暑い暑い夏の夜だった。トリビーと名乗る、ぬいぐるみのような宇宙人。無表情でつかみ所の無い、とてつもなく嫌なヤツ! 頼んでもないのに、余計なことばっかしやがって、俺の夏休みは一気に台無し。いや、いなくっても、たいした夏休みにはならなかったわけだけど……とか、言ってる場合じゃないんだって。悪いけど、俺はお前のこと、大ッ嫌いだからな!

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む

  • 女王の葬列

    或いは、

    0

    0


    2020年1月9日更新

    女王が死ぬと遺骸は運び出され 民草はそれを莚に包み 葬列が始まる 通常遺骸を担ぐのは三人の高官で それ以外の民はその後ろに列になって続く 葬列は全ての民が力尽きて死ぬまで続けられる 葬列には全ての民が参加し 元の城には何も残らないとされる それは女王が死んだことによる民の哀悼とされ 数人の民を引き離したところ 分断された民はその場でぐるぐると廻り続けたという 葬列の目的地は不明とされる 女王の遺骸と民の移動先から推測される程度にすぎず 目的が判明しないからである それが民の本懐であるかも分かっておらず 民等は葬列跡の先に知らぬ何かを見るだけで ある葬列は国を縦断しその先まで続いたことが分かっており 墓地を目指していたとか あるいはどこも目指していなかったとも考えられる 葬列は長い時には数キロにも及び 葬列跡は非常に脆く 瓦解すると直後に消滅する 葬列跡を発見するのは非常に困難である 遺骸を担ぐ高官が死んで脱落すると 担ぎ手は交換され 徒に女王は鎮魂され 葬列は続行される 女王の遺骸を地に落さないよう 臨時の高官が存在するとされる 葬列跡で発見されるのは主に女王とは毛色の異なる民である

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • ゲートK~狐による狐のための異世界侵略~

    狐の尻尾を愛する全ての人へ捧げる

    1,210

    0


    2019年6月8日更新

    2019年三月――東京に現れたのは大量の狐の尻尾だった。 人間に寄生し、人間を狐娘へと変えてしまう異世界からの侵略者。 後にKと称されるそれにより、崩される人々の日常――これはその最初の日を描いた物語である。 ※小説家になろう様、カクヨム様にも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む