便利屋

検索結果:5件

  • 愛嫌ロンリーズ

    エンタメ性を重視して執筆しています。

    110

    0


    2021年11月29日更新

    *BOYSFANコン応募作。選択したお題は「バティ」です。 前科者の便利屋・平子マサカズは、ある日一世を風靡しているシンガーソングライター・粟屋シローのボディガードになるよう依頼を受けた。 シローは一部の狂信的なファンとおぼしき人間達から、悪質なストーカー被害を受けていたのだ。 マサカズはBランクのDomであり、SランクのSubであるシローと初めて対面したときは圧倒されてしまう。しかし、同時に惹きつけられもし、「前科についてのネット記事を削除する」という対価の提示もあって、契約に応じる。 そして同居生活が始まる。凸凹なコンビではあるが、少しずつ互いのことを理解していく二人。 しかし、シローのワンマンライブの夜に事件が起こる。音楽プロデューサーの男に、シローが襲われたのだ。マサカズが最悪の結果になる前に駆けつけ事なきを得るが、その後シローは精神的ショックから入院を余儀なくされる。 退院の迎えにいったマサカズは、病床で生気を失ったシローの様子にショックを受け、衝動的に「すきだ」と告白する。 だが、シローはかつてユニットを組んでいた黒沢樹――愛称・クロキから受けた暴力のためにそれを受け入れることを拒否する。 その後、マサカズは密かにシローの過去を探り、クロキの存在にたどり着く。ネットの闇掲示板でシローへのストーカー行為を煽る書き込みを繰り返す“B”がクロキだと直感し、メッセージを数回やりとりした後、直接会う約束を取り付ける。 【※ネタバレ防止のため中略】 そうして、情報屋としての人脈も活かしただまし合いの末、クロキを捕らえることに成功。 危害を加えられるリスクが下がったシローは堂々と外を歩けるようになり、マサカズの思いを受け入れる。 マサカズは過去の罪を消すことを選ばず、自分と向き合って生きていく。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • ディープキス

    上玉のスケに誘われたら断れねえよな

    500

    0


    2021年3月14日更新

    安酒場に黒のサテンのドレスを着た上玉のスケがいた 彼女が俺を誘ってきた そして、モーテルにしけこんだ…

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • nano―穢れなき魂は狂気と眠る―

    少年たちは、何に蝕まれたのか――?

    100

    0


    2020年6月4日更新

    二〇七〇年、超少子化と外国人労働者増加が生み出した、決して平和とは言い切れない日本。未成年保護法により守られた少年たちによる残忍な事件が世間を震撼させていた。連続して発生する少年事件の真相に迫ろうとする警察。無垢な少年たちが次々に狂い出す原因が、徐々に明らかになってゆく。そこに巻き込まれたひとりの少年と、便利屋の男との暑い夏の話―― ※2009年執筆のため、作中では20歳未満を未成年としています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間40分

    この作品を読む

  • 穢れなき子供たちへ

    少年達はいつ、幸せになる権利を失ったのか

    1,300

    0


    2020年5月10日更新

    都市鉱山の発掘を行う便利屋の流は、そこで乳児の遺体を発見する。21世紀末、「未成年保護法」監視下の日本。死刑か終身刑の重罰が科せられるとわかっていても、こうした事件は絶えない。事件に巻き込まれた流は、殺人犯や都市鉱山を狙う姿なき者との攻防を機に、自身の過去と向き合うことになる……。 ※2008年執筆のため、作中では20歳未満を未成年としています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間2分

    この作品を読む

  • 便利屋スターフィッシュ/スターフィッシュ・ジャックオブオールトレイズ

    アクション・ライトノベル

    1,000

    0


    2019年11月17日更新

    ★アクション・ライトノベル。 ★見所はキャラクターの掛け合いや物語の展開。反発しあっていた便利屋と依頼人が互いを認めあう過程。 ★概要 主人公は街の老舗便利屋スター・フィッシュに所属している青年、犬養誠。「ある男」を探して全国を放浪している依頼人、申谷定嗣とともに街にある男の「痕跡」をたどるうちに危険な事態に巻き込まれて行く。 ★あらすじ 便利屋スター・フィッシュの所員・犬養誠は所長である牛尾正義とともに、依頼人と合流するため駅を訪れていたが、ひとりの男とトラブルを起こしてしまう。 しかしその青年こそが依頼人・申谷定嗣だった。 互いに第一印象は最悪だった。 申谷が求めている「とある男の痕跡」を巡り、犬養がナビゲーターとなるが二人の足並みは揃わない。 頑なな態度を取り続ける申谷に犬養は手を焼いていた。 だが、痕跡を追う過程でしだいに申谷の心情がわかりはじめる。 一方で申谷も、犬養の仕事への矜持に理解を示すようになる。 ◆長編作品。原稿用紙三百枚程度をめざしています。 ◆更新は不規則。 ※ときおり修正を加えます。 ※タイトルは迷走しています。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む